キャッシングを複数社からする際の注意点【申し込みや返済は?】

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

 この記事はこんな人向けです 
  • あ、限度額が足りない...
  • 他社に申し込みをしたい...
  • 複数社からキャッシングできるの?

お金の悩みを解決する目的で利用されているキャッシング。しかし、あらかじめ設定された限度額を使い切った場合、さらにお金を借りることができません

このような際に、他社からの借り入れを考えていませんか。今回は、複数社からキャッシングするための条件と、複数借りることのリスクを解説します。

キャッシングの複数借入は注意が必要!

他社に申し込みをしたら、必ず利用できるとは限りません。利用をするには、審査に通過する必要があり、現在の自分の状況によっては借りられないこともあるのです。

まずは、他社からのキャッシングを検討する際に注意するべきポイントを確認しましょう。

他社借入件数や申込件数が多いと審査に影響する

キャッシングの審査では、他社借入件数他社申し込み件数が多いと落ちる可能性が高くなります。
借入件数や申し込みが多いと、返済が困難な多重債務者になる恐れがあるとして、審査落ちに繋がるのです。

具体的に、4社以上からの同時借り入れがあったり、1ヶ月以内に4社以上に申し込みをしたりした場合は、審査に通過する見込みは薄いと言えるでしょう。

自分の年収の1/3を超えるキャッシングはできない

複数社から借り入れをする際には、今現在、キャッシングしている総額にも注意が必要です。消費者金融や信販会社は、借りる人の年収の1/3までしかお金を貸せないと「総量規制」という制度で決まっています。

金融機関は、この制度を守る義務があるため、審査に通過したとしても、現在のキャッシング額と合わせて年収の1/3を超えない限度額しか設定されないことを覚えておいてください。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

借入総額が100万円超えなら収入証明書が必要

複数社から借り入れをする際には、収入証明書の提出が必要になるケースが多いことを覚えておいてください。提出するケースは大きく2つ挙げられます。

収入証明書が必要なケース
50万円以上の融資を希望する場合
他社借入額と希望額の総額が100万円以上の場合

※上記のケース以外でも、場合によっては提出を求められることもあります。予めご了承ください。

複数社からキャッシングをする場合、100万円を超える場合もなきにしもあらずと言えます。必要書類の提出ができないと、希望する金額を借りられなかったり、場合によっては審査に落ちてしまうでしょう。

収入証明書の例
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • など

キャッシングの複数借入はなるべく避けるべき

支払いや返済が困難な場合でも、複数社からキャッシングするのは回避した方がよいと言えます。

複数からキャッシングをしてしまうと、返済日的にも返済する金額的にも管理が大変になることが見込まれます。そのため、安易に複数社にキャッシングの申し込みをするのは得策と言えません。

複数社からのキャッシングは返済負担が大きい

複数社からキャッシングは、返済負担が大きいと言えます。

各金融機関、返済日は異なるでしょう。そのため、返済日に合わせたお金の管理をすることで、気がいっぱいいっぱいになる方も多くいます。返済が複数になると、場合によっては返済日や返済金額を勘違いして、遅延してしまうという事態もあるでしょう。

また、賢いキャッシングの使い方は、返済計画をしっかり立てることです。しかし、複数社から借り入れをしていると金利も毎月の返済額も違うため、返済の見通しも立てづらいのです。

Q.複数借り入れをなるべく避ける理由とは

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

返済に負担がかかるためです

複数社から借り入れを避ける理由としては、月々の返済負担が大きくなる事が挙げられます。金額の負担ももちろんですが、振込での返済の場合、全ての業者の返済日が同じ日とは限らない為、何度も振込するという事を行う必要が出てくる為、体力的にも負担がかかるといえます。一社一社の返済金額、現在の残高も常に頭に入れておく必要がある為、極力複数社からの借り入れは避けた方が良いといえるでしょう。

どうしても複数借入をする場合は人気のカードローンを選ぼう

今あるお金の悩みが、どうしてもキャッシングをしないと解決できない悩みである場合は、大手のカードローンを検討してください。

大手のカードローンは、利用者も多くて対応が親切です。借入を検討する場合は大手からと認識しておきましょう。

選択肢1|アコム

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • すぐお金が必要な方におすすめ
  • 初めてのお借入れにおすすめ
30日間金利0円でお借入れ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムは「三菱UFJフィナンシャルグループ」のグループ会社であり、キャッシング業界でも人気の借り入れ先と言えます。

TVCMを始めとした広告でも「はじめてのアコム」というように、キャッシング初心者でも使いやすいようにサービスを徹底しています。
審査スピード成約率、共に定評があり、悩みを抱える多くの人が利用をしています。

無利息期間という、契約した翌日から30日間は利息が0円になるサービスもあるので、利息節約という面でお得と言えるでしょう。

公式サイトへ

選択肢2|プロミス

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査時間 最短30分
限度額 最大500万円 融資時間 最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスは、SMBCグループの「SMBCコンシューマーファイナンス」から出ているキャッシングサービスです。

プロミスの強みとしては、最大金利が他の消費者金融よりも少し低いという点です。そのため、利息を少しでも節約したいという方に利用されています。

口座振り込みも評判で、三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座であれば、24時間365日振り込みの申し込みができます。初回の借り入れから30日間は、利息が0円になるのサービスがあるので、利息の面でもお得と言えるでしょう。

公式サイトへ

※他のカードローンへ新規申し込みをする際は、返済の計画をしっかりと立てて、無理のない範囲で利用してください

まとめ

この記事では、複数社からキャッシングをするための条件とリスクについて解説しました。

おさらい
  • 他社に申し込む前に専門機関への相談も検討する
  • 複数社からのキャッシングには注意が必要
  • 借り換えも検討してみるのが大事

追加でお金が必要な場合でも、安易に複数社からのキャッシングを考えると、事態が悪化する場合もあるでしょう。

複数社からのキャッシングには、それ相応のリスクが伴うため、まずは別の解決策がないか振り返ることが大切です。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

返済が厳しい場合は以下の機関に相談してください

既にキャッシングを利用していて、返済が厳しい場合は、他社からの借り入れを考える前に、相談することを考えてください。

「ひとりで問題解決をしよう」と思うと、場合によっては状況が悪化もすることもあります。カードローンやクレジットカードの支払いに関する悩みを相談できる機関もあるため、お金の悩みがある場合は相談しましょう。

下記が、お金に関する悩みを相談できる専門機関です。

 国民生活センター・消費生活センター 
現在の状況に至る経緯を相談
カードを使った内訳、支払い状況、支払い可能になる日時など説明してみてください。相談に乗ってもらえます。

※最寄りのセンター・連絡先は公式サイトで確認してください
独立行政法人 国民生活センター

 金融サービス利用者相談室 
金融商品やサービスの相談窓口
預金・融資・保険商品・保険制度・投資・証券・貸金業など、お金に関しての適切なアドバイスをしてくれます。

金融庁:金融サービス利用者相談室

 日本弁護士連合会 
借金・債務状況の相談
カード会社への支払い総額・その他お金関連の悩み等を相談してみてください。

日本弁護士連合会 公式ページ

おすすめの特集ページ

他社借入に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る