みずほ銀行とソフトバンクが出したJ.Score(ジェイスコア)の低金利ローン

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人におすすめ
  • J.Score(ジェイスコア)について知りたい
  • AIスコア・レンディングってどんな審査?
  • J.Scoreを検討してるけど、どうなの?

みずほ銀行とソフトバンクが合同出資して設立した、新しいスタイルの金融商品『J.Score(ジェイスコア)』が、2017年9月25日に商品発表をしました。

現在公表されている情報を徹底的に紹介すると共に、利用者にとってお得な情報・審査に関する情報を見ていきましょう。

AIスコア・レンディングの商品概要

J.Score (ジェイスコア)

限度額 最大1,000万円
金利 0.8~12.0%※1
審査 最短30分※2
融資 最短即日融資※3

低金利に借入したい方におすすめ。
借入金を指定口座に振込んでほしい人におすすめ。

公式サイト
※1.みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。
※2.仮審査最短30秒
※3.申し込みの時間帯によっては最短翌日以降の対応になります。

AIスコア・レンディングの商品詳細における最大の特徴は、なんといっても業界トップクラスの低金利というポイントでしょう。

下限金利の年0.8%といえば、住宅ローンや事業用のプロパー融資レベルに勝るとも劣らない数値です。

また借入上限額も1000万円と高額であり、AIといったテクノロジーを駆使した新しいスタイルの消費者金融だからこそ実現できた優秀な商品です。

借入限度額がわかりやすい

AIスコア・レンディングのもうひとつの特徴といえば、AIスコア・レンディングと呼ばれる先進的な融資・審査方法です。

みずほ銀行とソフトバンクが持つビッグデータを、多角的な方面から申込者の返済能力を点数化(AIスコア化)します。

AIスコアはいつでも確認することができて、自分の点数ならいくらまで借りられるのかが、非常にわかりやすくなっています。

借入方法は振り込みのみ

J.Scoreでの融資は、すべて振り込みとなります。

そのため今日中にお金を用意するためには、銀行の営業時間中(14時45分まで)に申し込まなければなりません。

すべてスマホで操作可能

基本的にJ.Scoreはスマートフォンによる利用を想定しており、AIスコア・レンディング・申し込み・融資依頼まで、すべてスマホで対応できるようになります。

2017年9月現時点でスマホ向けのアプリはリリースされていませんが、2018年早期中にはJ.Scoreのアプリリリースをする予定です。

公式サイトへ

AIスコア・レンディングで借りるメリット

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで借りるメリットは業界トップクラスの低金利や、柔軟に対応できる融資可能額だけではありません。

従来の無担保ローンのスタイルから一新されているので、そのひとつひとつを確認していきましょう。

借り入れ前にAIスコアが確認可能

J.Scoreでは実際に借り入れの申し込み(契約申し込み)をする前に、AIスコア・レンディングのAIスコアだけを見ることが可能です。

AIスコアの最高得点は1,000点ですが、600点に達しなければ申し込んだとしても借り入れをすることはできません。

申し込み前に自分のAIスコアとAIスコアあたりの金利・借入可能額を照会して、必要なAIスコアに達してから申し込むことが可能です。

自分の成長に併せてAIスコアも伸びる

AIスコア・レンディングの特徴のひとつに、「自分が成長するとAIスコアも成長する」というものがあります。

たとえば資格を取得したり、語学力があがったりすれば、それだけAIスコアも伸びて借入可能額や金利が変動するのです。

努力を重ねて成長し続けることができれば、自分と一緒にAIスコアも伸びるので、モチベーションアップにもつながります。

AIスコア・レンディングで借りるデメリット

J.Score(ジェイスコア)はそのシステムや成り立ち上、無視することができないようなデメリットも存在します。

気になる人と気にならないという人がいますので、必ず確認してから利用を検討してみてください。

銀行営業時間内しか借り入れ不可能

J.Scoreはローンカードの発行をしておらず、いつでもどこでもお金を借りられるというわけではありません。また現時点では振り込みによる融資は、銀行の営業時間に左右されてしまいます。

たとえば万が一、金曜日の15時以降に借り入れを申し込んでも、実際にお金を借りられるのは週明けの8:10頃になるのです。

しかし見方を変えればカードを持たずに済むので、周囲の人にバレるリスクが減るとも考えられます。

AIスコア・レンディングの審査

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでは、自分のAIスコアを見ることができるので、審査後にどれくらいの借入可能額になるのか、事前に確認することができます。

最低貸付金額は10万円からですが、AIスコアによっては最高で1000万円まで設定されます。

それぞれ確認が可能なので、限度額・金利(年)からしっかりと返済プランを立てましょう。

性格・趣味等の入力によるAIスコアアップ

AIスコア・レンディングにおいては、従来の消費者金融のように勤務状況や居住情報だけではなく、性格・趣味等もAIスコア算出に影響します

たとえば借り入れに対する姿勢ですとか、お金に関する価値観までAIスコアに反映させることができるのです。

そのため単純な数値だけでの判断にとどまらない、審査を受けることができるのです。

質問に答えるほどAIスコアは上がる

AIスコア・レンディングにおいては、以下の6つに関する質問に答えることになります。

J.Scoreの質問ジャンル
  • 生活・ライフスタイル
  • 携帯・銀行情報(みずほ・ソフトバンクに限る)
  • 性格・キャラクター
  • ウォレット・消費傾向
  • ファイナンス・資産・保険関連
  • プロフィール・基本情報

全体で150強の質問が用意されており、基本的には質問に答えれば答えるほどAIスコアが上がるようになっています。

質問の種類のごく一部を紹介

J.ScoreのAIスコア・レンディングのために訊かれる質問の、ごく一部を紹介します。

ちなみにいずれの質問も、「答えない」という選択をすることが可能です。時間がない、手間に感じるという人は、省いてしまっても特に問題はありません。

J.Scoreの質問
  • 生年月
  • 性別
  • 最終学歴
  • 雇用形態
  • 服を買うときに意識すること
  • ポイントカードの枚数
  • 使っているパソコンのメーカー
  • 家にあるテレビの大きさ
  • 車のメーカー・ボディタイプ
  • 普段利用するSNS
  • 普段スマホを見る時間
  • よく利用する通販サイト
  • 睡眠時間
  • 喫煙・飲酒の習慣
  • 好きなお酒の種類
  • 外食の頻度
  • よく利用するコーヒーショップ
  • クレジットカードの種類
  • 経験したライフイベント(引っ越し・一人暮らし等)

一見借り入れに関係しなさそうなことでも、膨大なビッグデータと照らし合わせることで、信用度を図ることができるのです。

ちなみにAIスコア・レンディングに関して、詳しい情報を確認したい場合は、以下の記事をご参考ください。

※注意※審査はAIスコア・レンディングだけじゃない

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査の最大の特徴は、AIスコア・レンディングによる先進的なものであるということですが、それだけではありません。

実際にはAIスコア・レンディング後に申し込んで、あらためて審査を受ける必要があります。

リスクを回避するためにも、完全にAI判断でお金を貸すわけではないということです。

信用情報は間違いなく見られる

最新の技術を用いれいるJ.ScoreのAIスコア・レンディングではありますが、従来の消費者金融同様に、過去の信用情報も審査のときに見られてしまいます。

CIC(指定個人信用情報機関)にて、以下の通りJ.Scoreの加盟を確認できました。

またJ.Scoreは貸金業としての登録もあり、年収の1/3までなら借りられる総量規制の対象であることも、忘れないようにしましょう。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

J.Score (ジェイスコア)

限度額 最大1,000万円
金利 0.8~12.0%※1
審査 最短30分※2
融資 最短即日融資※3

低金利に借入したい方におすすめ。
借入金を指定口座に振込んでほしい人におすすめ。

公式サイト
※1.みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。
※2.仮審査最短30秒
※3.申し込みの時間帯によっては最短翌日以降の対応になります。

まとめ

J.Scoreは日本で初めてAIスコア。レンディングを用いた融資を行いますが、業界トップクラスの低金利であったり、革新的な使い心地であったり、非常に魅力的です。

実際に申し込みをする必要はないので、まずはAIスコア・レンディングで自分がいくら借りられるか確かめてみるのも良いでしょう。

ジェイスコアに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る