J.Score(ジェイスコア)に申し込んでも同僚や家族にバレないか実際に申し込んで試してみた

Murakami

この記事のアドバイザ

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事はこんな人におすすめ!
  • J.Score(ジェイスコア)を使ってみたい!
  • でも家族や同僚にバレるのは恥ずかしい…
  • キャッシングの利用は誰にもバレないでいたい

みずほ銀行とソフトバンクが提携したJ.Score(ジェイスコア)は、事前に予想されていたよりもはるかに話題になりました。

AIとビッグデータを利用した先進のAIスコア・レンディングや、キャッシングの利用に興味がある人も多いでしょう。

しかしそれと同じくらいに、できれば家族や同僚にその利用をバレたくないという人もいるのではないでしょうか。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング

J.Score (ジェイスコア)
業界トップクラスの低金利・AIによる注目の画期的な貸付サービス!
年率 最大12.0% 審査時間 最短即日※1
限度額 最大1,000万円 融資時間 即日融資※2
即日振込 可能※3
公式サイトへ ▶
※1.仮審査最短30秒
※2.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※3.銀行営業時間内に限ります。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、みずほ銀行とソフトバンクのIT技術や金融ノウハウ・ビッグデータを活かした、新しいスタイルの個人向け融資です。

人の手をあまりかけず、基本的にインターネット上でやりとりをすることから、人件費や地代を削減できるため圧倒的な低金利を実現できています。

スマホでやりとりが基本

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを利用をするときは、基本的にスマホかパソコンを利用したやりとりがほとんどです。

電話で問い合わせをすることもできますが、申し込みから審査、契約や実際の借り入れはすべてスマホで行うことができます。

また書面によるやりとりのイメージがある契約でさえ、web上で行うことが可能です。

一般的にキャッシングの利用がバレるかもしれないシチュエーション

従来の消費者金融や銀行のカードローンを利用した場合は、以下のようなときにバレる恐れがあります。

バレるシチュエーション(時系列順)
  • 本人確認の電話が自宅にくる
  • 在籍確認で会社に電話がくる
  • 郵便物を家族に見られてしまう
  • ローンカードや利用明細を家族に見られる
  • 銀行口座への振り込み名義を家族に見られる
  • 返済遅延時に届く督促状や自宅・会社への電話

いずれもほとんどのキャッシング先は、本人以外にバレない配慮をしてくれます。

ですので本人の態度さえ挙動不審でなければ、バレるリスクは少ないでしょう。

またJ.Scoreはローンカードや利用明細を発行しないので、この点の心配は必要ありません。

その他はJ.Scoreの場合どうなのか、筆者体験も踏まえて以下で詳しく確認していきましょう。

会社・同僚にバレる可能性

J.Score(ジェイスコア)において、会社や同僚にバレる可能性を詳細に確認していきましょう。

ちなみに筆者体験談のもと結論を申し上げれば、会社や同僚にはバレませんでした。

さらなる調査のうえで浮かび上がった、会社バレのリスクを解説します。

在籍確認はケースバイケース

会社に勤めているかどうか確認するためにかかってくる在籍確認ですが、J.Scoreの場合はケースバイケースとしかいえません。

AIによる審査の結果『在籍確認の電話がある場合』『電話連絡がない場合』、どちらもあり得るのです。

筆者の場合でいえば【おそらく在籍確認の電話はなかったが、気づかなかっただけの可能性も捨てきれない】としかいえません。

返済を遅延しなければ問題ない

会社や同僚にJ.Scoreの利用がバレてしまうかもしれないパターンは、返済遅延後に本人と連絡がとれず会社に連絡がいくことです。

基本的にキャッシング会社が社名を名乗ることはありませんが、あまりに長期的に連絡がとれない場合は例外措置をとられる可能性もあります。

基本的にきちんと計画的に利用して、返済の遅延さえしなければリスクとして考える必要はありません。

一般的に金融機関が職場に電話をするタイミングについて、以下の記事も参考にしてみてください。

自宅・家族にバレる可能性

J.Score(ジェイスコア)の利用において、自宅の家族や同居人にバレてしまうリスクを確認していきましょう。

筆者の体験談から申し上げると、会社や同僚にバレるリスクよりも、家族にバレてしまうリスクの方を懸念したほうが良いかもしれません。

ちなみに利用者が自立した一人暮らし中の大人であれば、全く心配する必要はないでしょう。

通帳に振り込まれる名義に注意

J.Scoreのキャッシングは基本的に銀行振込によるものなので、銀行口座の通帳を本人が管理していない人は注意が必要です。

J.Scoreは振り込み名義は『カ)J SCORE』ですので、調べればわかってしまいます。

通帳からバレるリスクはお得に対処できる
みずほ銀行の口座を作りましょう
みずほ銀行の口座を新たに作り情報連携をすれば、金利が年 0.1%になりますし、自分で管理をすることも可能です。
近くにみずほ銀行の口座がない人も作ることができるので、通帳バレを避けたい人は検討してみてください。

◆各種口座開設方法のご案内|みずほ銀行◆

郵便物が届くことは考えられる

J.Scoreの利用が家族にバレてしまうリスクの中で、最も可能性が高いのは郵便物によるものでしょう。

J.Scoreは基本的にweb上でやりとりを行えますし、基本的に郵便物はすべて『親展(本人に開けて欲しいという印字)』ですが、知らずに家族が開けてしまうことも考えられます。

以下で、J.Scoreから実際に届いた郵便物を紹介します。

J.Score(ジェイスコア)から届いた郵便物

実際に筆者の自宅にJ.Score(ジェイスコア)から届いた、一通の郵便物を見てみましょう。

J.Scoreから筆者の自宅には、このような封筒で届きます。

筆者も郵便物が届くとは思っていなかったので、どのような書類が届いたのかと思えば、以下のようなものでした。

J.Score (ジェイスコア)
業界トップクラスの低金利・AIによる注目の画期的な貸付サービス!
年率 最大12.0% 審査時間 最短即日※1
限度額 最大1,000万円 融資時間 即日融資※2
即日振込 可能※3
公式サイトへ ▶
※1.仮審査最短30秒
※2.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※3.銀行営業時間内に限ります。

いずれも必要な書類ではありませんし、貸金業者だということを極力目立たせないデザインとなっています。

バレる可能性は低いがゼロではない

基本的に郵便物や電話が少ないJ.Scoreにおいては、利用がバレる可能性はかなり低くなっています。

しかし在籍確認が絶対にないわけではない点や、通帳への振込名義、郵便物に関して全くリスクがないわけではありません。

それぞれ対処方法は存在しますので、適切に対処して健全に利用しましょう。

ジェイスコアに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る