アコムのマスターカードの在籍確認で周りに知られない方法と審査落ちする5つの原因

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. アコムのマスターカードの審査時間は最短30分
  2. アコムはマスターカードの審査でも電話で在籍確認が行われる
  3. アコムのマスターカードの審査基準
  4. アコムのマスターカードで審査落ちする5つの原因
  5. お金が必要なのに審査に落ちてしまった場合
  6. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • 今日中にクレジットカードを入手したい
  • アコムのクレカを作ってみようと思う
  • しかし、審査については正直不安

大手消費者金融の代表格であるアコムは、マスターカードも提供しています。審査が早いアコムなので、審査は一般的なクレジットカードとは比べ物にならないほどスピーディーです。

しかし、申し込むなら在籍確認や審査落ちについて、最低限の理解を深めておくべきでしょう。

アコムのマスターカードの審査時間は最短30分

ACマスターカード

限度額 10万~300万円
金利 10.0~14.6%
審査 最短30分
融資 最短1時間

カードの即日発行ができる。
見た目では「アコム」とわからない。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムのACマスターカードは、厳密にはクレジットカードではありません。これは、クレジットカードの機能を持ったカードローン商品です。

日常で使用するうえでは、キャッシング機能つきクレジットカードと大差ありません。
しかし、審査については一般的なクレジットカードより遥かにスピーディーで、早ければ30分で結果が通知されます。

※申し込みの時間帯や混雑状況によっては翌日以降の取扱いになります。

早ければ当日中にマスターカードを受け取れる

アコムのマスターカードには、審査が早いだけでなくカード受取そのものが最短で当日中に行えるという特徴があります。

審査終了後、ACマスターカード専用の自動契約機(むじんくん)に行けば、その場でクレジットカードを発行してその日からカード払いができるようになるのです。

アコムはマスターカードの審査でも電話で在籍確認が行われる

一般的なクレジットカードの多くは、基本的に審査で在籍確認を行っていません。しかし、アコムはACマスターカードの申し込み者に対してもカードローンと同じ工程で審査を行うのです。

堂々としていれば会社には知られない

在籍確認は基本的に職場への直接電話で行われるため、会社に知られる不安があります。しかし、在籍確認の電話で「アコム」という単語は決して発言されないため、実際のところ堂々としていれば申し込みの事実が周囲に知られません。

同僚や上司が電話に出たとしても、申込者自身が挙動不審にならない限り、詮索される心配はないでしょう。

在籍確認の時間帯を指定しておけば安心

どうしても在籍確認が不安なら、申し込み直後アコム担当者に直接連絡して電話の時間帯を指定してください。

厳密なタイミングは指定できませんが、おおよその時間帯は把握できます。
時間指定をすれば、事前に心の準備ができ、電話時にうろたえたり焦ったりするリスクを軽減できるでしょう。

在籍確認のウラ話
本人不在でも在籍確認は完了する
在籍確認の電話には、必ずしも本人が対応する必要がありません。電話連絡を指定したタイミングで席を外しておけば、戻る頃には在籍確認が終了しています。

それでも不安ならアコム担当者に在籍確認方法を相談

上記の手段でも不安が残る方は、ネット申し込み後にアコム担当者からの連絡があるので、在籍確認の方法について相談してください。

審査状況にもよりますが、場合によっては書類確認に方法を変更してもらえます。その場合、直近の給与明細や社名が記載されている保険証等をスマートフォンで撮影し、アコムが指定するウェブページから送信すればいいだけです。

まずはアコムの公式サイトから申し込みフォームを送信し、担当者からの連絡を待ちましょう。

ACマスターカード

限度額 10万~300万円
金利 10.0~14.6%
審査 最短30分
融資 最短1時間

カードの即日発行ができる。
見た目では「アコム」とわからない。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム 電話番号:0120-07-1000
(18時以降の問い合わせは翌日回答)

アコムのマスターカードの審査基準

アコムのマスターカードの審査基準は公表されていません。しかし、一般的にクレジットカードの審査では、申込者が借りたお金をきちんと返せるかどうかが見られます。

この審査基準は、クレジットカードだけでなく住宅ローンや自動車ローンにおいても重要ですので、理解しておいて損はないでしょう。

アコムのマスターカードで審査落ちする5つの原因

確かにアコムのマスターカード審査はスピーディーですが、場合によっては審査に落ちる可能性もあります。もちろん、理由も無く審査落ちはしません。ACマスターカードの審査に落ちる人には、
・収入状況
・他社借入状況
・他社申し込み状況
・申し込み内容
・クレヒス

これら5つの要素に何らかの原因があります。

審査落ちの原因1|不安定な収入状況

前提条件として、収入が安定していない人はアコムのマスターカードを利用できません。

そもそも、クレジットカードで立て替えた代金は翌月以降に必ず支払う必要があります。その義務を果たせない人は、そもそも利用条件を満たせないので必ず審査落ちするのです。

審査落ちの原因2|多すぎる他社借入

他社借入が多い人も、滞納のリスクが高いと判断されて審査落ちします。
どの程度の他社借入が審査落ちにつながるのか、明確なボーダーラインは公表されていません。以下の2点に当てはまる場合、アコムのマスターカードは利用できないと考えましょう。

  • 年収の1/3ギリギリの他社借入
  • 複数社からの同時借入

他社借入が年収の1/3ギリギリなら確実に審査落ち

アコムは消費者金融なので、総量規制という制度を遵守します。総量規制は年収の1/3を超える貸し付け・利用可能限度額の付与を禁じているため、すでに借入金額が基準ギリギリになっていると審査に通過できません。

審査落ちの原因3|複数社への同時申し込み

今月、すでに他社へ申し込みを行っている場合、件数が多すぎると審査落ちします。

こちらも、審査落ちにつながる明確な申込件数は公表されていません。
しかし、一般的には1ヶ月以内に4件以上の申し込みが審査落ちにつながります。

申込件数が審査落ちにつながる理由は、返済困難なほどお金に困っている、もしくは不正利用の可能性があると判断されるからです。

審査落ちの原因4|虚偽申し込み

単なる記入ミス程度なら問題視されませんが、故意に申し込み内容を偽った場合は審査落ち対象となります。

特に、勤務先や年収に関する情報に嘘がある場合、審査落ちは免れません。
明らかな虚偽申し込みが審査落ちにつながる理由は、詐欺行為に該当する恐れがあるためです。

審査落ちの原因5|悪化しているクレヒス

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、主にクレジットカード・ローン・キャッシング等の利用状況・返済状況です。ここに問題がある人は返済に対する態度に問題があると判断され、審査落ちします。

アコムはマスターカード審査において、利用者の信用情報から過去の金融取引状況を確認します。その際、もチェックされるのですが、ここに長期間の滞納を起こした履歴があると審査に通過できません。

過去5年間に強制解約の経験があるとアウト

クレジットカード等で重大な違約行為があると、強制解約になります。つまり、強制解約の経験がある時点で、クレヒスの状態は最悪と判断できます。
なお、クレヒスは過去5年分の取引状況が記録されているので、その間に強制解約があったか振り返ってください。

お金が必要なのに審査に落ちてしまった場合

カード払いでなければ買えない"欲しいもの"があるのに、ACマスターカードで審査落ちした…。

そういった方は、カードローンで借りるという手段を検討してみてください。

他社のカードローンに申し込みしなおすという選択肢

カードローンとは、あらゆる支払いをローンにできるカードです。

クレジットカードの1活払いと違って利息は発生しますが、支払いを数ヶ月に分けられるので月々の負担はむしろ軽くなります。

また、用途自由のカードローンは提携していない店舗でも利用可能。つまり、限度額の範囲内ならどんな支払いにも対応できるのです。

消費者金融のカードローンの利用を検討してみる

他社のカードローンに申し込みをする場合、大手消費者金融のカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンの審査基準は金融機関によって異なります。たとえ、アコムのマスターカード審査に落ちたとしても、他社で借入できる可能性は十分あります。

まずはアコム以外の大手カードローンを検討してください

ACマスターカードを一度申し込んでいるなら、提供元であるアコム以外の大手カードローンに目を向けてください。
例えば、以下のカードローンがおすすめです。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

三井住友銀行グループの会社。
WEB完結なら電話連絡なし。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アコムのACマスターカードは、最短で申し込んだ当日に発行できるクレジットカードです。スピーディーに利用できるので、今日クレジットカードが必要、といった場面でも頼りになるでしょう。

とはいえ、利用するためには必ず審査を受けなくてはなりません。収入の安定性や他社借入状況、クレヒス等に問題があれば、審査落ちする可能性もあります。

特に問題がない方も、在籍確認が行われることを覚えておいてください。しかし、在籍確認は十分に配慮された方法で行われるので、会社バレすることはないでしょう。
どうしても不安な方は、ネット申し込み後にアコム担当者から連絡が入るので、そのタイミングで相談してみてください。

アコムに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る