キャッシングとカードローンの違いを理解してベストなサービスを選択!

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人におすすめ!
  • キャッシングとカードローンってなにが違うの?
  • 自分にとってベストなサービスはどれだろう?
  • どんなサービスが選べるか知りたい!

お金を借りたいと思っていろいろ調べていると、「キャッシング」、「カードローン」といった似た言葉が沢山でてきませんか?

これらは非常に近しい言葉ではありますが、その意味はまったく違うため、理解しておいて損はありません。

これらの意味と一緒に、お金を借りるときに覚えておきたいことを紹介します。

キャッシングとカードローンの違いって?

キャッシングとカードローンは非常に近い存在にあって、決して同じ意味ではありません。

キャッシングとは『お金を借りる行為そのもの』であって、カードローンはキャッシングが可能な商品です。

たとえばローンカードを利用してATMから現金を借り入れると、「カードローンでキャッシングした」という状況になります。

キャッシングの方法はカードローンだけじゃない

キャッシングをする方法はカードローンだけとは限らず、ライフスタイルに合わせたさまざまな方法があります。

たとえば電話やネットでキャッシングを申し込んで、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうのもキャッシングの方法です。

ちなみに近年ではITデバイス(スマホやタブレット)を使って、カードも電話もなくATMからお金を引き出す方法もあります。

最近ではほとんどがスマホで申し込み可能

近年のキャッシングサービスは、ほとんどの場合スマホひとつで申し込みをすることができます。

もちろん従来のイメージ通り店舗や郵便でも申し込みは可能ですが、24時間いつでも申し込めて、全国どこでも利用できるスマホ申し込みがベストでしょう。

もちろん申し込み〜契約まですべてスマホで可能なため、最速で申し込んだその日のうちにキャッシングも可能です。

ベストなキャッシング先を選ぶには

もしもキャッシングの利用を考えているのであれば、自分にとってベストなキャッシング先を選びたいですよね。

残念ながら金利も限度額も完璧なキャッシングサービスは存在しないため、ある程度の取捨選択でベストなサービスを選ぶしかないでしょう。

そのためにはいくつかある要素を比較して、自分にとって魅力的なサービス・条件を見つけるしかありません。

キャッシングで確認すべき要素
  • 金利(年利)|支払うべき利息に影響する
  • 貸付限度額|どれだけ借りられるかの指標
  • 審査の速さ|借入可能になるタイミングの指標
  • 審査難易度|そもそも借りられるかの指標
  • 返済の方法|返済プランの要になる
  • その他サービス

キャッシング先の種別

キャッシングができる会社は数多く存在しますが、それらは大きく分けて3つに分類することができます。

「銀行系キャッシング」と「消費者金融系キャッシング」、そして「信販系キャッシング」に分けられます。

キャッシング先に求める強みによっておすすめは変わりますので、まずは自分が何を求めているかをハッキリとさせましょう。

それぞれの特徴・強みを比較

3種類のキャッシング先で、それぞれの特徴・強みとなる要素が異なるため、一概におすすめを紹介することはできません。

そこで3種類を上記の『キャッシングで確認すべき要素』と照らし合わせて、比較してみましょう。

またそれぞれ強みとして持っていものがあるため、そちらも合わせて紹介します。

比較項目 銀行系 消費者金融系 信販系
金利 ×
限度額 ×
審査スピード ×
審査難易度 ×
返済方法
引落し時自動貸付 ◯(※1) × ×
利息0円期間 × ◎(※2) ×
クレカ機能 × △(※3) ◎(※4)
※1:同行で口座を解説しており、サービスが使える場合に限る
※2:無利息期間がある消費者金融に限る
※3:アコムのみ対応
※4:クレジットカードを発行している会社が多い

それぞれサービスを提供する会社によりますが、申込先を決めるための指標にしてみてください。

たとえば「なるべくすぐにキャッシングしたい」という人であれば、審査スピードのはやい消費者金融カードローンを利用すると良いでしょう。

こんな人はこんなキャッシング先がおすすめ

上記のグラフを見て自分がキャッシング先に求めているものがハッキリしたら、次は具体的なキャッシング先の選定です。

以下の中から、自分にとって適切なローンサービスを選びましょう。

すぐに返済する予定の人|アコム

少しだけ借りてすぐに返済する予定だという人には、利息ゼロ円期間が魅力的なアコムのカードローンがおすすめです。

キャッシングしてから30日以内に完済してしまえば、何円借りていたとしても利息はかかりません。

またアコムは数ある消費者金融の中でも、新規も仕込み中の成約率(審査通過率)が特に高いカードローンサービスでもあります。

柔軟・便利に返済したい人|プロミス

柔軟な返済をしたいという人は、消費者金融大手プロミスのカードローンがおすすめです。

プロミスの返済方法は多岐にわたり、「コンビニATM」、「銀行ATM」、「専用ATM」、「窓口返済」、「振込返済」などライフスタイルに合わせた返済が可能です。

特に返済について不安を持っているという人は、プロミスを選ぶとよいでしょう。

なるべく早く借りたい人|アイフル

なるべく早くキャッシングをしたいという人は、消費者金融専門大手アイフルのカードローンを選ぶと良いでしょう。

審査結果を最短30分で回答してもらえるため、振り込みによるキャッシングを選択すれば最短1時間程度で借り入れることが可能です。

少しでも支払う利息を抑えたい人|みずほ銀行カードローン

少しでも支払う利息を減らしたいのであれば、業界トップクラスに低金利なみずほ銀行のカードローンを利用すると良いでしょう。

既にみずほ銀行の口座を持っている人であれば、キャッシュカードをそのままキャッシングに利用することも可能です。

まとめ

「キャッシング」と「カードローン」は親しくも似た言葉でありながら、その意味はまったく異なるものです。

実際に利用するときにその違いやさまざまな基本知識を抑えておかないと、ベストなキャッシングの利用ができなくなる場合があります。

申し込み方や選び方、キャッシングで確認すべき要素をしっかりと見極めて、あなたにとってベストなキャッシングをしましょう。

おすすめの特集ページ

ATMキャッシングに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る