三井住友VISAカードのキャッシングの使い方ともっとお得なキャッシング

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人におすすめ!
  • 三井住友VISAカードを持っている
  • 現金が必要でキャッシングを検討中
  • お金を借りるなら安全に借りたい!

三井住友VISAカードを持っていると、キャッシング機能でお金を借りることができるのをご存知でしょうか。

まだまだ現金社会の日本では、クレジットカードでどこでも支払い可能というわけではありません。困ったときには、非常に便利な機能ですね。

三井住友VISAキャッシングの基本情報

三井住友VISAカード キャッシングリボ
金利 3.5%〜18.0%
限度額 5万〜700万円
貸付条件 ・三井住友VISAカードをご利用の方
返済方式 毎月元利定額返済
または
ボーナス月元金増額返済併用
返済期間 最長18年11ヶ月(227回)
遅延損害金 20.0%

三井住友VISAカードの「キャッシングリボ」は、クレジットカードでありながらお金を借りることができる便利な機能です。

しかしあくまでクレジットカードの付帯機能であって、注力されているサービスというわけではありません。

具体的にその使い方や機能、気になる金利や返済方法などを見ていきましょう。

希望しなければ利用できない

三井住友VISAカードのキャッシング機能は、希望しなければ付帯機能として持たせることはできません。

最初にクレジットカードを作るときには、「ショッピングがメインだからあまり意識していない」という人がほとんどなのではないでしょうか。

もちろんクレジットカードを発行してからでも、会員専用webページのVpassから申し込むことが可能です。

海外旅行時にATM・CDからキャッシング

三井住友VISAのキャッシング機能が役に立つシーンは、海外旅行時に現地の通貨が必要になったときでしょう。外貨の両替はどこでもできるわけではなく、空港や銀行といった限られたところでなければいけません。

海外のコンビニや銀行、街中に設置してあるATMやCD(キャッシュディスペンサー)をつかって現地通貨をキャッシングできるのです。

海外では日本よりもカード払いの文化が進んでいますが、通な屋台やマイナーなお店になると現金払いしかできない場合もあるので、非常に助かりますね。

キャッシング枠をつけるには審査を受ける必要がある

三井住友VISAカードを発行するときに、クレジットカード発行のための審査を受けたはずですが、キャッシング枠をつけるためにもベットで審査を受ける必要があります。

同時に申し込んでいたとしても、ショッピング分の審査とキャッシング分の審査は同時に行われています。

キャッシング枠の審査で確認される項目

キャッシング枠の審査で主に確認される項目は以下の2つです。

  • 安定した収入の有無
    月々の安定した収入があり、返済能力が十分かの確認
  • 信用情報の確認
    過去にどこかの金融機関から借りたお金を返さなかったなど、信用上の問題がないかどうかの確認

一言で言うと、申込者がお金を貸してもしっかり返済してくれている人か、を見極めているのです。

キャッシング枠の審査期間

キャッシングの審査期間については、インターネットからの申込みで最短30分以内に回答が来ます。

審査状況については、Vpass審査状況照会ページにアクセスすることで確認することができます。

ただし、申し込みの時間帯や混雑状況によっては、翌日以降の対応となります。

キャッシング枠とショッピング枠の関係

三井住友VISAカードのキャッシングについて調べていると、「キャッシング枠」や「ショッピング枠」という見慣れない言葉を見かけます。

キャッシングの利用を検討している以上はこれについて理解をしておかないと、枠が足りなくなるといったトラブルにつながりかねません。

ショッピング枠≧キャッシング枠

ショッピング枠とキャッシング枠について一言で説明すると、「ショッピング枠の範囲内にキャッシング枠が設定されている」ということになります。

たとえばショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円と設定されているカードの場合は、以下のようなイメージです。

もちろんショッピングとキャッシングを30万円と20万円ずつ使うことができますし、キャッシングをしなければ例えば40万円分の買い物をすることもできます。

「ショッピング枠という大きな風船は40万円分しぼむことができるが、キャッシング枠の10万円分もしぼむので、キャッシングは10万円しかしぼめなくなる」という理論です。

三井住友VISAキャッシングの金利

三井住友VISAカードのキャッリングリボにおける金利は、カードの種類やショッピング枠の上限によって変わります。

三井住友VISAカードの一般カードであれば90万円以下のショッピング枠では18.0%、100万円以上のショッピング枠では15.0%です。

利用しているカードの種類がわかるのであれば、以下の公式ホームページから調べることができます。

キャッシングリボ|三井住友カード株式会社

とりわけ安いわけではない

キャッシングの利用にあたって、「金利が安い」ということは特に大切な要素であり魅力のひとつです。三井住友VISAカードのキャッシングの金利は、その点において特別に安いということはありません。

一般の三井住友VISAカードの数値でいえば、利息制限法という法律で定められた数値の上限ですので、大手消費者金融の変わりないでしょう。

利息制限法第1条「利息の制限」とは?
日本の経済状況に適した利率で、利用者の生活を守るための法律
原文:第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が十万円未満の場合 年二割
 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

3つのキャッシングのやり方

三井住友VISAカードでは、キャッシングの方法を3つ用意してあります。それぞれのキャッシングができるタイミングと通知について確認しましょう。

キャッシング方法 タイミング 通知
コンビニ・銀行ATM 24時間OK なし
PC・スマホでの申込み 銀行営業時間内 メール・はがき
電話での申込み 銀行営業時間内 郵便はがき

コンビニのATMは全国どこからでも利用が可能ですし、基本的に24時間利用できる点が魅力です。

またスマホかパソコンでのキャッシングは、コンビニに行くのが手間な場合や忙しい時間の合間にでも申し込めます。

コンビニATMでの利用が便利

3つのキャッシング方法の中でも特に便利なのは、コンビニのATMを利用したキャッシングといえます。

近年のコンビニでは公共料金や携帯電話の支払い、あるいはクレジットカードの支払いなども可能です。

もしも早急に支払わなければならない場合は、コンビニでキャッシングをしてそのまま支払いをすることができます。

返済方式は基本的にリボ払い

三井住友VISAカードのキャッシングで借りたお金は、基本的にリボ払いによる返済となっています。

もちろん追加返済を利用した一括の返済も可能ですので、利息を少しでも減らしたいという人は積極的に活用してください。

選べる3つの返済方法

三井住友VISAカードのキャッシングでは、3つの返済方法を選ぶことができます。

返済方法 メリット デメリット
自動振替 原則、返済忘れのリスクがない 最低額しか返済できない
銀行振込 webから24時間返済可能 振込手数料がかかる
コンビニATM返済 日常の合間に返済可能 利用手数料がかかる

特に理想的な返済方法は、自動振替を基本としてコンビニや振り込みで返済でしょう。

利息は基本的に、元金と返済日数で計算されています。積極的に返済を重ねていけばいけほど、最終的に支払う利息が減ります。

基本的な利息の計算方法
借入額 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息
借入額を10万円、金利を18.0%、借入日数(返済までかかる日数)を30日とした場合、以下のような計算になります。

100000×0.18÷365×30=147.94

小数点以下は切り捨てになるため、支払う利息は147円です。

追加返済はATM返済の手数料に注意

もしもATMを利用した追加返済を考えている人は、ATMの利用にかかる手数料に注意しなければなりません。

そのつど返済する金額によって手数料は、以下のとおりです。

返済金額 手数料
10,000円以下 108円
10,001円以上 216円

これにくわえて、少しでも利息の節約をしたいという人は、以下の記事も参考にしてみてください。

サービスが充実した別の選択肢

「キャッシング申し込んでないけど、今お金が必要だ…」
「今回しか使わないのに利息を払うのはもったいない…」

もう少しサービスの充実したキャッシングあります。

たしかみ三井住友VISAカードのキャッシング機能は非常に便利であり、クレジットカードの付帯機能としては十分魅力的です。

しかしキャッシングの性能としては、あくまでクレジットカードの付帯機能といったところでしょう。

お金が必要だという人であれば、以下のキャッシングサービスも検討してみてください。

利用者実績トップクラス|アコム

アコムのキャッシング機能を使えば、最短1時間でお金が必要という問題を解決できるかもしれません。

またアコムはスピードもさることながら、数あるキャッシング会社の中でも利用者数がトップクラスに多いのです。

そして初回申込みから30日間は利息がゼロ円であるため、一時的にキャッシングをしてすぐ完済するという人にうってつけでしょう。

充実の借入れ・返済方法|プロミス

プロミスはアコムに次いで利用者が多く、金利が18.0%を下回る低金利で定評のあるキャッシングサービスです。

返済方法が非常に豊富で、「自動振替」「銀行振込」「窓口返済」「コンビニATMによる返済」「提携銀行ATMによる返済」と5通りから自由に選べます。

またプロミスは、初めて利用する人は利息が30日分かかりません。初めて借り入れてから10日で完済すれば、まだ20日分の無利息期間が残ります。

返済に関して不安がある人には、プロミスがおすすめです。

業界トップクラスの低金利|みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンの最大の魅力は、なんといっても業界トップクラスの金利の低さではないでしょうか。

上限金利の14.0%でさえ、三井住友VISAカードで100万円以上の枠を与えられた場合の15.0%を下回る金利の低さです。

少しでも利息を安く抑えたい返済が長引きそうだという人はみずほ銀行カードローンによるキャッシングを検討してみてください。

まとめ

三井住友VISAカードのキャッシング機能は、クレジット機能をメインとしたカードとしては充分に魅力的で使い勝手の良いサービスです。

しかし「申し込んでいないと使えない」「借り入れて1日でもすれば利息がかかる」点においては、別の選択肢のほうがベターかもしれません。

今回は別の選択肢としてアコム、プロミス、そしてみずほ銀行カードローンを紹介しました。

いずれも単純にお金を借りられる以上のさまざまなメリットがあるので、是非利用を検討してみてください。

クレジットキャッシングに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る