クレジットカードを使った現金引き出しの方法と利用条件

この記事に関するアドバイザ

元 保証会社 社員

井上拓馬

保証会社(クレジットカード会社)にて、カードローン・クレジットカード・キャッシングの審査業務に従事、5,000名を超える顧客を担当。審査業務だけでなく、滞納者への対応や法務部での経験も豊富な、貸金業のプロ。

この記事の目次

  1. クレジットカードで現金を引き出したい...
  2. クレジットカードで現金引き出し=キャッシング
  3. 注意!クレジットカードにキャッシング枠をつけるには時間がかかる
  4. 今日中・明日中にお金を用意する方法は?
  5. まとめ

 この記事はこんな人にオススメ
  • 今月の生活費が足りない...
  • クレジットカードでお金を借りられるの?
  • 具体的な引き出し方法が分からない

どうしても今月分のお金が足りない。このような場合に、買い物はクレジットカードで済ませて難を逃れる人も多いでしょう。

しかし、直接現金を用意したい場合はどうすれば良いのでしょうか。今回は、クレジットカードを使って現金を引き出す方法を解説します。

クレジットカードで現金を引き出したい...

一般的にクレジットカードは、支払いに利用するのがメインだとされていますが、直接現金を引き出すことも可能です。

現金を引き出すといっても「お金を借りる」という行為には変わらないため、利息を含めて返済をしっかり行なう必要があります。

クレジットカードがあれば現金を引き出せるとは限らない

現金を引き出すには、クレジットカードに「お金を借り入れる機能」をつける必要があります。

そのため、何も知らないでクレジットカードをATMに挿入するも「ご利用できません」の文字が出て、あたふたしてしまう人もいるでしょう。

まずは、クレジットカードでお金を借りるにはどうすればいいのか確認していきましょう。

クレジットカードで現金引き出し=キャッシング

クレジットカードで現金を引き出すには、キャッシングの機能がついていることが条件です。

キャッシングとは、お金を借りることを指します。

借りたお金には金利が設定されているため、利息も含めて返済をしなくてはなりません。

お金を引き出すにはキャッシング枠をつける必要がある

クレジットカードのお金が引き出せる機能を「キャッシング枠」と呼び、支払いで使われる機能のことを「ショッピング枠」と呼びます。

一般的には、ショッピング枠がメインの使い方とされており、「クレジットカードの初期状態がショッピング枠のみ」という場合も少なくありません。

現金を引き出すのであれば、新たにキャッシング枠をつける手続きを行わなくてはなりません。

キャッシング枠をつけるまでの流れ

クレジットカードにキャッシング枠をつけるには、新たに申し込みをする必要があります。

  1. キャッシング機能の申し込み
  2. キャッシング審査
  3. 審査結果通知・キャッシング枠の設定
  4. 提携ATMでカードキャッシング

申し込みをすればすぐに使えるわけでなく、審査に通過しないと利用できません。キャッシング枠の審査は「総量規制」という制度も関わってくるため厳正に行われます。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

クレジットカードで現金を引き出すまでの流れ

キャッシング枠をつけられたら、お近くの提携ATMで現金を引き出しましょう。例えば、三井住友VISAカードでキャッシングをする場合は以下のような流れになります。

  1. ATM画面上でお引き出しを選択
  2. クレジットカードを挿入
  3. 暗証番号を入力
  4. お借り入れを選択
  5. 返済方法を選択
  6. お借り入れ金額を入力
  7. カード・ご利用明細・現金を受け取り

注意!クレジットカードにキャッシング枠をつけるには時間がかかる

普段ショッピングで使っているカードにキャッシング枠があれば、それ一枚でお金を引き出すことができて非常に便利です。

しかし、今現在キャッシング枠がついていない場合は、再度手続きが必要で時間がかかってしまう可能性が高いです。

キャッシング枠をつけるのに1週間以上かかることもある

クレジットカードにキャッシング枠をつけるための審査は、即日では行ってもらえません。

審査には数日かかることもあり、最終的にキャッシング枠がつくまでには1週間以上かかることもあるのです。

キャッシング枠の申し込みはおろか、新たにクレジットカードを発行する場合は、なおさら時間がかかってしまいます。そのため、急ぎで現金を用意するのには適さないでしょう。

Q.キャッシング枠はショッピング枠より審査が厳しい?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

審査条件が異なります。

ショッピング枠とキャッシング枠の大きな違いとしては、「安定した収入を求められるか」どうかです。クレジットカードのメイン機能であるショッピング枠は学生や専業主婦でも付与することができます。一方でキャッシング枠は、利用者保護の観点等から、収入証明を求められることがほとんどです。審査通過のためにパスしなければならない項目が多いため、必然と審査が厳しく感じるのです。

今日中・明日中にお金を用意する方法は?

  • とにかく急ぎでお金を用意したい
  • キャッシング枠の審査で落ちないか不安
  • 手続きに時間がかかるのは嫌だ

このような「急ぎの状況」の場合、クレジットカードのキャッシング枠では、お金が必要なタイミングに間に合わないかもしれません。

どうしても急ぎでお金を用意したい場合は、別の解決策を用意しておいた方がよいかもしれません。

金融機関から借りるという選択肢

クレジットカードのキャッシング枠では、時間がかかりそうだと言う場合は、金融機関からお金を借りるというのも一つの手です。

金融機関の「カードローン」というサービスであれば、クレジットカードのキャッシングと同様にATMから現金を借りることができます。

消費者金融のカードローンなら早ければ今日中に借入れできる

もちろん消費者金融が取り扱うカードローンにも審査があり、通過しないと利用することができません。

しかし、審査は最短30分。借り入れまで最短1時間なので、急ぎの場合でも対応できる可能性は高いと言えるでしょう。利用するには、スマホやPCから公式サイトにアクセスして申し込みをする必要があります。

大手消費者金融のカードローンなら提携ATM多数

大手のカードローンであれば、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンと言った、大手コンビニに設置してあるATMと提携しています。

一部のメンテナンス時間を除いて、ほぼ24時間利用できるため、「急な飲み会」や「外出先での資金不足」の際にも対応できるでしょう。

ATMでの借り入れだけでなく、銀行振り込みをする形での融資も受けられるので、柔軟な利用をすることができます。

おすすめのカードローンはこちら

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

クレジットカードのキャッシングは、お近くのATMやキャッシュディスペンサーでできるので非常に便利です。

しかし、利用をするにはキャッシング枠をつけていることが前提であり、キャッシング枠がついていない場合は、再度申し込みをしなくてはなりません。

もしどうしても今日中・明日中にお金を用意したい場合は、別の解決策の用意しておくのも一つの手です。

例えば、大手のカードローン会社であれば、審査が最短30分、借り入れまでに最短1時間であるため、急ぎの場合でも対応できるかもしれません。

クレジットキャッシングに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る