即日で現金を手に入れる4つの方法をFP全面監修のもと解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

 この記事に向いている人… 
  • 即日で現金を用意したい
  • どうやって現金を用意すればいいかがわからない
  • 危険な方法は避けたい

今日中に支払わなかればいけない公共料金や税金の支払いがあるのに、現金がない…。友達の結婚式のご祝儀が必要。

このような状況に陥ったとき、即日で現金を手に入れる方法を数えたらキリがありません。しかし、大まかに言えば手段は借りるか稼ぐかしかないのです。

この記事では、即日で現金を手に入れるための4つの方法を紹介します。

即日で現金を手に入れる4つの方法

即日で現金を手に入れる方法は、大まかに分けると借りるか稼ぐかの2択です。

では、誰に借りればいいのか、またどのように稼ぐ手段には何があるのか。

方法によって、得られる金額や所要時間が異なるので、必要なときまでに必要な現金を得ることができないかもしれないので注意しましょう。

方法1|知り合いに現金を借りる

お金の相談をできる知り合いがいる場合、頭を下げてお願いしてみるのも1つの手段です。

個人でのやり取りになるため、相手の承諾が得れれば確実に即日で現金を手に入れることができます。しかし、必要な金額次第では断られてしまう可能性もあるでしょう。

例えば、100円貸してと言われて断る人はいないと思いますが、10万貸してと言われれば躊躇してしまうのも無理はありません。それが友人なら尚の事です。

また、お金の貸し借りは人間関係に優劣を与えることもあります。特に友人にお金を借りる場合は、これまで築いてきた友情が崩れるリスクもあることを忘れず、常に誠実な対応を心がけてください。

方法2|日払いバイトで現金を稼ぐ

即日で現金が必要であれば、日払いバイトという選択肢もあります。自分で必要な現金を稼ぐので、誰にも迷惑をかけることはありません。

しかし、時間がかかるという点と、得られる金額に上限があるというデメリットを考慮しましょう。

最低でも数時間はバイトをしなければいけません。そして、必要な金額が高額になればなるほど、長い時間バイトをしなければいけません。

また、一日で働ける時間にも限度があり、どれだけ頑張っても得られる金額は良くて2万円くらいでしょう。ちょっとお金が足りないという人にはいいかもしれませんが、ある程度まとまったお金が必要な場合は、この方法では対処できないかもしれません。

方法3|物を売る

服・カバン・本・ゲームなど、物を売ることで現金を即日で手に入れることも可能です。ただし、高額な値段で買い取ってもらうことができるのは、ブランド品か発売してから間もない商品くらいでしょう。

そのため、ある程度の現金を手に入れようと思った場合、自分の大切にしている物を犠牲にする必要があるかもしれません。

メリットとしては、ネット上のオークションサイトやアプリを利用すれば、自宅にいながら買い取ってもらうことができることでしょう。しかし、即日で買い取り手が見つかる保証はないので、その点ではリスクのある方法といえます。

方法4|金融機関でお金を借りる

即日で現金が必要だけど、家族や友人にお金を借りるのも気が引ける。バイトをしている時間もない。売れる物もない。このような人は金融機関からお金を借りるという選択肢にも目を向けてみてください。

カードローンという選択肢

具体的な借入方法の1つに、カードローンがあります。カードローンとは、無担保・保証人なしでお金を借りることのできるローン商品です。

コンビニに設置されているATMでも、銀行口座に振込をしてもらう形でも、お金を借りることができるので、現金が今すぐ必要になった場合でも問題ありません。

どのような目的でも利用できる

カードローンの特徴は、借りたお金をどのように使うか限定されていない、ということです。

どのような理由で、即日で現金が必要でもカードローンは助けとなってくれます。
※事業性資金としては利用できません。

早ければ今日中にお金を用意できる

例えば、審査時間が最短30分で終わるカードローンであれば、即日で現金を借りられる可能性があります。

ちなみに、カードローンを利用する手順は以下の通りです。

カードローン利用の流れ

カードローンの申し込みに最低限必要なものは、スマートフォンと身分証明書だけ。手続きそのものは簡単なので、借入の経験が無い方でも安心して申し込みできるでしょう。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

※カードローンの利用はあくまで一つの選択肢にすぎず、本サービスはカードローンの利用のみを勧めているわけではありません。カードローンをご利用の際には、利用条件等を確認し、十分にご注意下さい。
なお、本サービス掲載の情報は出来る限り最適なものとなるよう万全を期しておりますが、その正確性・最新性を保証するものではありません。ユーザーの皆様の責任と判断において、本サービスをご利用下さい。詳しくは、免責事項をご参照下さい。

安易に手を出してはいけない方法もある

上記で紹介した、現金を即日で手に入れる4つの方法は、メリット・デメリットはあるものの、犯罪に巻き込まれる恐れのない安全な方法です。

しかし、世の中には絶対に手を出してはいけない方法もあります。

クレジットカードの現金化や、違法な取引を行うヤミ金業者など、一度頼ってしまうとかなり大きなリスクを抱える方法も知っておきましょう。

1|クレジットカード現金化

クレジットカードの現金化とは、商品券や商品をクレジットカードで購入後、買取業者に売却・換金して現金を手に入れる方法です。確かに現金を得ることはできますが、クレジットカードで支払った代金はすべて翌月以降に請求されます。また、売却後の価格は元値より低く設定されているので、商品と買い取り値段の差額が損失になるのです。

そもそもクレジットカードの現金化は、カード会社が禁止している行為です。例えば、楽天カードの会員規約には以下のように条件が明記されています。

 楽天カード会員規約

会員は、現金化を目的として商品・サービス等の購入等にクレジットカードご利用可能枠を利用することはできないものとします。

このように規約でも明記されている部分なので、絶対にやらないでください。

2|mnpでキャッシュバック

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ―)とは、携帯の電話番号を変更せずに他社に乗り換えることをいいます。他社の顧客を奪い、自社の顧客にすることができるので、携帯会社はキャッシュバックという特典も付与して、このサービスを行っています。

この方法自体は違法ではありません。しかし、デメリットは確かに存在します。

携帯電話を契約・購入する際には信用情報審査があります。何度も携帯電話を解約して他社にMNPで乗り換えという行程を繰り返していると、信用情報が下がり審査に通りにくくなる可能性があるのです。

さらに、「MNPでキャッシュバック」という方法にはもう1つ大きな落とし穴があります。キャッシュバックされるお金は、後日に銀行口座へ振込という場合が大半ということです。したがって、即日で現金が欲しいという本来の目的を果たせない可能性があります。

3|個人融資掲示板でお金を借りる

個人融資掲示板とは、個人でお金を貸してくれる人を探すことができるインターネットの掲示板です。しかし、個人融資掲示板は犯罪の温床になっているという事実があります。

提供した個人情報が第三者に流出させられたり、女性であれば肉体関係を迫られたりするといったような可能性もあるので、安易に手を出さないようにしましょう。

まとめ

即日で現金を手に入れる方法は多岐にわたり、今回紹介した方法は氷山の一角です。ただし、基本的には稼ぐか借りるかの2択になり、稼ぐ場合は得れる現金に制限があるということは覚えておきましょう。

借りる方法であれば、ある程度の金額までであれば即日で現金を手に入れることができます。しかし、家族や友人から借りる場合は人間関係が壊れるリスクがあり、カードローンで借りる場合は利息を支払わなかればいけません。

そのため、どのような方法を選択すべきかは、どの程度の現金が必要で、それをいつまでに用意しなければいけないかによって変わってきます。中には、犯罪に巻き込まれるリスクがある方法も存在するので、安全な方法を優先することだけには注意してください。

お金借りるに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る