学生でも借金ができるとしていくらまで借りられる?

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事はこんな人におすすめです
  • 学生はいくらまで借金ができる?
  • 未成年でも借金はできるの?
  • 返せないとどうなるの…

学生の中には一人暮らしをしているという人も多く、借金が必要になってしまっても決しておかしくはありません。

実際に学生向けにキャッシングサービスを提供している金融機関はありますし、多くの学生がクレジットカードといった金融商品を利用しています。

では実際いくらまで借りることができて、どのように返済していけば良いのでしょうか。初めて借金をする学生の人向けに、おすすめの借り入れ先を交えて紹介します。

学生でも借金はやばい?お金が必要なケース

「学生の借金はやばい?」。このように悩んでいる学生の方もいるでしょう。

学業が本分の学生とはいえ、借金をしてでもお金が必要になることはあります。実家を離れて一人暮らしをしている学生はもちろんですが、実家暮らしの学生にとっても充分に考えられることでしょう。

学生にとってお金が必要になるかもしれないタイミングを、必要な金額ごとにおさらいしてみましょう。

学生が借金をしたい~10万円のケース~

学生が借金を考えるので、一般的なのがこの10万円でしょう。ちょっとしたお金が足りない。だから借金をしたいというケースが多いようです。

  • 旅行に行きたい...
  • サークルの合宿費が...
  • 恋人へのプレゼント買わなきゃ...
  • 今月の生活費が足りない...

上記のように学生でもお金が足りなくなる状況は、多くの人が経験しています。このような場合に、一時的に借金をするという人がいるようです。

学生が借金をしたい~30万円のケース~

学生が30万円の借金をしたいというケースは、単に生活費や遊びが理由でないことがほとんどです。

遊びやちょっとお金が足りない場合は10万円で足りますが、30万円というまとまったお金は、生活に大きな影響を及ぼす事柄に使われることがほとんどです。

  • 海外旅行に行きたい...
  • 免許合宿に行きたい...
  • 就活の活動費用がない...
  • キャンパス変わるし引っ越したい...

例えば、免許合宿や海外旅行は時間が多くある学生だからこそ、今のうちにやっておきたい事柄です。大きなお金がかかってしまうものの、今後の生活や考え方を変えてくれるかもしれません。

また就職活動の費用も、思う存分、悔いのないように行動するためには必要です。今後の人生を左右する就活だからこそ、金銭面で行動を制限されるのはもったいないと言えるでしょう。

学生が借金をしたい~100万円のケース~

100万円を借金をしたいという場合は、ほとんどが学費関連です。それ以外には高級な商品を買うケースが挙げられます。

  • 来年の学費を払わないと...
  • 留年した分の学費を親が払ってくれない...
  • どうしても自分の車・バイクが欲しい
  • あのギターが欲しい!機材も揃えたい..

上記のように学費が払えないという場合は、100万円程度の借金をする人が多いようです。また何がなんでも買いたい!と思わせる商品があると、借金をしてでも買う方もいるようです。

商品は購入を控えることができますが、学費に関しては払わないでいると除籍になりうるリスクもあるため、放置はできないでしょう。

学費の支払いだったら国のサービスを検討!

どうしても来年の学費が払えない。だから借金をしたい。このような場合は、学費専用でお金を借りられる国のサービスを検討してください。

学費となると、数万円に収まる金額ではありません。一般的なローンを利用するとなると、金利の分、利息も支払わないといけません。

例えば、国の『教育一般貸付』であれば、最大350万円までの借り入れ、年率1.76%の固定金利。20日程度での入金が可能です。低金利であるため、大きな金額を借りても返済していけるでしょう。

▶参考:教育一般貸付(国の教育ローン)|日本政策金融公庫

【注意】未成年の学生は借金するのが厳しい

残念ながら未成年の場合は、少しだけ借金をするのが難しくなっています。これには借金以前に、未成年であるゆえに法律行為(契約行為)に難易度があるのです。

民法第5条『未成年者の法律行為』では、未成年の契約について以下のように決められています。

 民法第5条『未成年者の法律行為』

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

つまり、未成年の契約については法定代理人(親権者)の同意が必要になります。

このことを鑑みて、そもそも利用の条件に「二十歳以上の成人」であることを提示している金融機関がほとんどです。

学生向けに作られた一部の学生ローンの中には、親権者の同意があれば契約が可能なものもあります。詳しくは学生ローンについて書かれた、以下の記事を参考にしてみてください。

学生が可能な借金な選択肢

本当は借金なんてしたくないんだけど、どうしてもお金が必要...。このような学生は、どのようにしてお金を借りているのでしょうか。

実は学生が借金できる選択肢は、いくつかあります。一般的にお金を借りるといえば銀行ですが、利用条件で学生は不可と記載する銀行もあります。

学生が借金をするのであれば、以下の選択肢を検討してみてください。

方法1:まずは親からの借金を検討してみよう

どうしてもお金が必要だという場合は、親に相談をしてみましょう。親に頼りすぎるのは心苦しいかもしれませんが、親も子供からのお願いはなかなかむ拒むことができないものです。

なお、親から借金をする際は、お金を借りたい理由を正直に説明しましょう。下記のようなポイントを意識して伝えてみてください。

親に説明する際のポイント
  • なぜお金を借りるのか
  • いくら必要なのか
  • いつまでに返せるのか

親は子供が何に使うのか、気になるでしょう。子供が間違ったお金の使い方をしていたら注意をするはずです。しかし、それがまっとうな借金できちんと計画を立ててのことであれば、快く承諾をしてくれるかもしれません。

正直に話さない方が良い理由もある

親からお金を借りる理由として、正直に伝えないほうが良い場合もあります。

例えば、ギャンブルで作ってしまった借金や、夜遊びのしすぎで作った借金の場合は注意が必要です。

こういった理由を親に話してしまうと、よっぽど甘い親で無い限りは貸してくれる可能性が低いでしょう。

むしろ上記のようなものが理由だと、伝えるだけで信頼を失ってしまうかもしれません。

もちろん、「借金をしてまですることでない」という浪費は、お金に困っているのであれば控えてください。

▶参考:親からお金を借りる方法や注意点と借りられない人向けの解決策

方法2:学生ローンでの借金する方法

前述で少しだけ触れたとおり、学生向けに『学生ローン』を提供している金融機関があるのです。

高田馬場といった学生街でよく見られますが、インターネットや電話で申し込みをすることも可能です。

世の中には学生ローンといって、学生に向けてお金を貸し出すサービスがあります。ローンと聞くと、「会社員で収入がないと利用できないのでは?」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、学生ローンであれば、そもそも学生を対象に貸付を行っているので、学生でも借りられる見込みはあります。

もちろん、ローンという商品は審査があり、それに落ちると利用はできません。ですが、きちんと成人しておりアルバイトで収入を得ていれば審査に通ることもあるのです。

▶参考:学生ローン9社まとめ!【金利・限度額・返済期間を一挙公開】
▶参考:学生ローン7つのメリット・デメリットとお金の借り方

学生ローンの申し込み項目・一例

実際に学生ローンに申し込みをするには、どのような手順を踏めばよいのか。学生ローンの会社によって、申し込み方法は異なりますが、インターネットで申し込みができる会社なら、スムーズに手続きができるでしょう。

以下は、学生ローンの中でも知名度が高い、『学生ローンカレッジ』の申し込みフォームです。

入力項目1 入力項目2

入力項目3 入力項目4

入力項目5 入力項目6

▶引用:新規お申し込みフォーム | 学生ローンのカレッヂ

上記のように自分の名前や住所の他にも学校名を記載。そのほか、アルバイト先と年収を記載する欄もあります。これは、「ローンを利用できるのは収入がある人だけ」ということから、きちんと収入を確認する必要があるのです。

申し込みが完了すると、学生ローンカレッジから連絡が来ます。学生ローンカレッジの審査に通過すると、お金を借りることができるのです。

方法3:クレジットカードのキャッシング枠

学生が借金をするもうひとつの選択肢として、持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。

最近では多くの学生がクレジットカードを持っており、その付帯機能としてキャッシングサービスが利用できるという人もいるでしょう。

しかしキャッシング枠を利用してお金を借りるのであれば、ショッピング枠との関係性について理解を深めておくことをおすすめします。

以下の記事では、三井住友VISAカードを例にキャッシング枠について詳細を書いています。

▶引用:三井住友VISAカードのキャッシングの使い方ともっとお得なキャッシング

方法4:消費者金融といったカードローン

借金をするひとつの選択肢として、消費者金融といった金融機関のカードローンを利用する方法があります。

こちらは学生ローンと同じくお金を借りられるサービスですが、一般大衆向けであり、学生ローンのように対象は絞っていません。もちろん利用するためには審査があり、それに通過しないとお金は借りられません。

こちらは学生の方でも、成人しており、アルバイトにより収入を得ているのであれば、借りられる可能性があります。

学生はいくらまで借りられるか

学生でも借金ができることはわかりましたが、ここで気になるのはいくらまで借りられるのかということです。

選択肢によって変わりますが、それぞれに設定されるであろう限度額の目安があります。目安をしっかりと把握して、適切な選択肢をとりましょう。

あまり高額な借金は期待できない

学生が借金をするとしても、正直そこまで高い金額を期待することはできません。

基本的に設定される融資額は、申込者の年収を参考に設定されます。年収が少ないはずの学生は、それに伴い借入限度額も自ずと低くなってしまうのです。

ちなみに消費者金融といった貸金業者は、最大でも利用者年収の1/3までしか貸し付けられない消費者金融というルールで目安を測れます。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。


借金したい金額が10万円であれば、最低でも年収30万円(月収2万5,000円)もあれば問題ありません。アルバイトをしている学生であれば、これを指標にしてみてください。

返せない状況になるか不安…

収入の少ない学生にとって、借金をすることは返済の心配をすることと同義といっても良いかもしれません。お金を借りたのですから、確実に返さなければいけないという懸念は持つべきでしょう。

大切なのはそれに加えて、返済シミュレーションを行い返済プランをたてて、実行していくことです。

毎月の最低返済額を確認

返済を進めるにあたっては、返済の遅延は絶対に避けるべきです。そのために借りる金額ごとに設定された、毎月の最低返済額を把握しておくべきでしょう。

以下は、消費者金融のカードローン、プロミスにおいて借金をした場合の、最低返済額です。

利用額 返済額
1万円 1000円
5万円 2000円
10万円 4000円
15万円 6000円
20万円 8000円
25万円 1万円
30万円 1万1,000円
35万円 9000円
40万円 1万1,000円
45万円 1万2,000円
50万円 1万3,000円

これらを参考に、無理のない返済ができる金額を借りるようにしましょう。

必要最低限だけ借りる

無理のない返済ができる金額を借りることはもちろんですが、それ以上に必要最低限の金額を借りるようにしましょう。

最悪のパターンは、「毎月少しずつ借りていって、気がついたら何十万円も借りていた」というパターンです。

使用用途がハッキリしているときに必要最低限の金額だけまとめて借りて、計画的に返済を進めていくようにしてください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

こんな学生の借金に待った!

学生には限りませんが、借金をするのに向かない特徴を持つ人がいます。

もし借金を検討している学生のみなさんに、以下の特徴があるのであれば一度冷静になってみてください。

借金に向かない人の特徴
  • 毎月貯金ができていない
  • ジュースやお菓子といったものを毎日買う
  • ギャンブルをする習慣がある
  • 財布がピンチでも何にお金を使ったか思い出せない
  • 過去にクレジットカードを使いすぎたことがある

上記のような人は、借金するのを待ってください。もし借金をして一時的に問題が解決したとしても、再び金欠になる可能性があるかもしれません。

本当にお金を借りる必要があるのか、また、借金をしたとしても現状から回復する見込みはあるのか。きちんと考えた上で、借金を検討してみてください。

自分で稼ぐという手段も検討してみよう

もしお金を借りたとしても、返せなくなってしまうのではないかと不安な方は、借りる以外でお金を用意する方法を考えてみてください。

ただただお金を借りて使ってばかりいると、のちのち返済不能になってしまうかもしれません。お金を稼ぐのは大変だと、後々困ってしまうかもしれません。

そうなる前に、自分できちんと収入を得ることに着目してみましょう。最近ではアルバイトで稼ぐというほかにも、インターネットを通じてお金を稼ぐ方法もあります。

自分にはどのような方法が合っているのか、よく吟味してチャレンジしてみましょう。

▶参考:即金の仕事を探すときの3つの注意点

▶参考:今すぐお金を稼ぐ!ピンチの時に即金でお金を手に入れる13の方法

学生が借金をしたいときの借り入れ先の選び方

学生のみなさんが借金をするのであれば、借り入れ先の選択は慎重に行いましょう。

目先の宣伝文句につられてお金を借りると、返済をしているときに後悔してしまう恐れがあります。

安全性と信頼がある大手

初めてお金を借りるのであれば、絶対に安全性と信頼のある大手の金融機関から借りるようにしましょう。

規制が厳しくなったとはいえ、まだまだ学生をターゲットにした違法業者やヤミ金は残っています。

安全な金融機関とヤミ金の見分け方については、以下の記事で詳細を確認してみてください。

適切な貸付限度額を設定するところ

学生とはいえお金を借りるのであれば、なるべく借りられる範囲は大きければ大きい方が良いように見えますが、そんなことはありません。

前述の総量規制といった貸金業法を遵守している正規の消費者金融では、お金を貸しすぎるということは考えづらいしょう。

安全で信頼できる貸金業者を選ぶのであれば、適切な貸付限度額が設定される借り入れ先を選んでください。

返済サポートが充実しているところ

消費者金融を選ぶうえで特に大切なのが、返済がしやすいかどうかです。

学校もあるしアルバイトもしている学生の中には、忙しくて返済をする時間がないという人も少なくないはずです。仮に借金をしたところとライフスタイルが合致せず、遅延をしてしまう事態は防ぐべきでしょう。

借金が親バレしないところ

学生が借金をするほどお金に困っているのであれば、なるべく親に相談をするのが良いでしょう。人に相談をすることで解決することもあります。

しかし中には、どうしても親バレせずにお金を借りたいという人もいるでしょう。親に相談すると厳しい指摘をさせると気が重いですよね。

そのような場合は、まわりに内緒で借りられるローンを検討してみてください。ローンの中には親バレせずに借りられるものもあります。

▶参考:学生でも借りられるカードローン特集~親に内緒で今日中にお金を用意!~

条件に合うおすすめの借り入れ先

ここからでは、前述の条件に当てはまるおすすめの借り入れ先を紹介します。

それぞれに特徴はありますが、いずれも総量規制の対象かつ返済プランが充実している大手の消費者金融です。

Q.消費者金融は学生でも安心して利用できる?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

大手の消費者金融は安心です

学生がお金を借りるのに、大手消費者金融は安全です。
大手消費者金融は完全に法令遵守で融資をしています。
このため、法外な利息を請求されることも、返済に遅れても脅迫的な取り立てが行われることもありません。
学生ローンは闇金が学生ローンを騙って融資を行うこともあるため、名前の聞いたことがない業者からお金を借りるのであれば、大手消費者金融を選ぶのが安心です。

定職についていない方はカードローンを利用できません

カードローンの審査に通過するためには、毎月一定の収入を得られる仕事をしている必要があります。
定職に就いていない方は、残念ながらお借入れいただけませんので、カードローンへの申し込みは控えてください。

業界トップクラスの顧客数|アコム

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!

アコムは利用者数が延べ1000万人を超えており、消費者金融カードローン業界でもトップクラスの大手となっています。

安全性についても非の打ち所はありませんし、コンビニのATMを利用した返済も忙しい学生にとっては頼もしいサービスです。

はじめて借金をするというのであれば、利用者数で選ぶというのもひとつの正解かもしれません。

公式サイトへ

カードレスで返済プランも充実|プロミス

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

プロミスはアコム同様に業界でも大手の消費者金融であり、最近ではスマホのアプリを使ってセブンATMから、カードレスキャッシングができるようになりました。

返済プランも「コンビニATM」「銀行ATM」「銀行振り込み」「口座振替」「店舗窓口」「専用ATM」と多岐に渡ります。

プロミスもお金を借りたい学生にとって、おすすめできる借り入れ先といえるでしょう。

公式サイトへ

まとめ

学生のみなさんにとって借金をすることは、はじめての経験になるかもしれません。不安に思うこともあるかもしれませんが、不自然なことではないです。

今回は安全性の高い借り入れ先としてアコムプロミスを紹介しています。

いずれもしっかりと返済プランを立てて、健全な取引を心がけましょう。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

大学生に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る