即日入金OKのカードローンで残高不足を解消する方法【3分でわかる!】

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

この記事の目次

  1. どうしても即日の入金が必要になった
  2. 今から申し込めば即日入金は難しくない
  3. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • 明日クレカの引き落としだ
  • そういえば家賃も振り込まないと
  • しまった、口座が空っぽ…

どうしても即日の入金が必要になった

クレジットカードの支払いや家賃など、誰もが月イチで口座から何らかの引き落としされています。
しかし、請求のタイミングによってはお金を使いすぎて口座残高が足りなくなるケースも。

「ヤバい、このままじゃ払えない…」

そんな状況では、即日入金可能な方法でお金を用意する必要があるでしょう。

日雇いバイト、フリマアプリ、何かしらの副業では間に合わない

一時的に足りなくなったお金を用意する方法は沢山ありますが、即日入金可能なものとなれば限定されてきます。
日雇いバイトやフリーマーケットアプリでの売買、FXなどの副業…選択肢は様々ですが、基本的に"お金を純粋に増やす"方法は即日性が担保されていないのです。

日雇いバイトはお金を得られるまでには1ヶ月以上かかるケースが多く、フリマアプリやFXなどはそもそもお金を得られる保証がありません。

借り入れをするという方法を検討する

即日入金の可能性を考えれば、金融機関から一時的にお金を借りるという手段は、適切な選択肢と言えるでしょう。

たとえばカードローンを利用すれば、スマホ上で申込から入金までが完結します。

今から申し込めば即日入金は難しくない

「じゃあカードローンを使おう」と思った方も、実行に移す前に適切な手続き方法を把握してください。
というのも、申し込みから契約までの流れによっては今日中の利用に失敗する恐れがあるからです。

即日入金に適した申し込みの流れ

「自分が持っている口座への即日入金」を条件とするなら、以下の流れで申し込みを行ってください。

  1. スマホで公式サイトから申込み
  2. 身分証をスマホで撮影・送信
  3. 審査結果を電話・メールを受取
  4. ネット上での契約を選択
  5. 入金先口座を登録・振込依頼

ポイントは、ネット上での契約を選択することです。
店舗(自動契約機)での契約を選んでしまうと、カード発行を終えるまで契約・振込ができません。

どのような口座にも即日入金なので安心してください

これは大手消費者金融のカードローンを選べばの話ですが、どれ程マイナーな地方銀行の口座であっても、当日中に審査さえ終われば即日入金が可能です。

もちろん、銀行営業時間を過ぎてしまうと翌営業日以降の対応になります。しかし、即日入金が必要な用事は大抵銀行営業時間内に発生するものなので、この点がネックになることは珍しいでしょう。

Q.銀行営業時間を過ぎた場合はクレジットカードの引き落としに間に合うのか

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

前日までに申し込めば可能性あり

カードローンで資金を用立てる際、外出の手間を省きスピーディに融資してもらうために、ローンカードを発行しATM等で現金を引き出すのではなく、申込者の口座へ振り込んでもらう方法(「振込キャッシング」などと呼ばれます)があります。
この方法の注意点の一つが、銀行の営業時間です。つまり、銀行の営業時間を過ぎてしまうと振込が翌営業日に持ち越されてしまうため、平日の14時50分までに手続きを完了させる必要があり、新規での申し込みは遅くとも平日の14時までに行う必要があります。
クレジットカードの支払いなどのために振込キャッシングを利用する場合は、支払い日の前日までに借入申込みを行えば、当日の支払いに間に合う可能性はあるでしょう。

おすすめ1:三菱フィナンシャルグループのアコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
即日融資 可能
無利息期間 初回30日間
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムはスピード対応と来店不要という手軽さから人気を集めている、業界シェアトップクラスのカードローンです。

また、楽天銀行の口座に対しては、24時間365日いつでも即日入金に対応してくれます。

公式サイトへ

おすすめ2:SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
即日融資 可能※1
無利息期間 初回30日間※2
※1申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※2.メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です。

プロミスも、早ければ申し込み後1時間で即日入金してくれます。
特に、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座があれば、24時間いつでも最短10秒で入金可能な瞬フリがつけるので、緊急時には持って来いです。

公式サイトへ

おすすめ3:三井住友銀行グループのSMBCモビット

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
即日融資 可能
無利息期間 なし
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットは、公式サイトで10秒簡易審査を受けられます。
とにかく借りられるかどうかだけでも判断したい方は、ぜひモビット公式サイトを覗いてみてください。

公式サイトへ

まとめ

今日・明日中に残高不足を何とかしないと。
そういった状況では即日入金可能な解決策を考えるでしょうが、選択を誤ると問題解決できません。

例えば、カードローンを選べば高確率で即日入金に対応してもらえるでしょう。
急いでいる方こそ、ぜひ利用を検討してください。

即日融資に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る