大学生で30万円以下の借金を家族にバレずにする方法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

 この記事に向いている人… 
  • 遊びたい!旅行行きたい!でもお金ない…
  • 大学生が借金をする方法が知りたい
  • 借金のことは家族にバレたくない

大学時代は人生のモラトリアムとよく表現されます。毎日サークルやバイトに明け暮れている人も多いでしょう。この記事を読んでいる今も、学食や友達の家に集まって、馬鹿騒ぎしてるかもしれません。

しかし、社会人になって思うのです。「もっと遊んでおけばよかった」と。

大学生の間にしかできないことは多くあります。その多くは基本的にお金がかかることです。そのようなとき、お金がないからと諦めてしまうと、大人になってから後悔する羽目に…。

大学生がお金を借りたい理由

大学生は何かとお金が必要になります。アルバイトの給料を貯金することで足りる場合もありますが、以下のような場合には「とにかくお金借りたい!」と思うかも知れません。

大学生がお金を借りたいと思う理由
  • 長期で海外旅行に行きたい
  • 自分の車を買って、ドライブを楽しみたい
  • 親元を離れて1人暮らしを満喫したい

これらの資金はおよそ30万円前後でしょう。

バイト代で30万円を貯めようと思っても、なかなか難しいかもしれません。大学は単位を取るために休む訳にはいかない。サークルのイベントや飲みの誘いを断るのもできない。

そんなとき、お金を借りるという考えを持つ学生は多くいます。

大学生がお金を借りる主な方法

大学生がお金に困ったとき、主に以下のような選択肢の中からお金を借りています。

主な方法
  • 家族から借りる
  • 友人に借りる
  • 学生ローンで借りる
  • カードローンで借りる

それぞれの方法に、メリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

家族に借りる

お金に困った場合に、家族にお金を借りるという方法を真っ先に思い浮かべるかもしれません。

家族にお金を借りるメリットは、利息がかからず、手続きが要らないことです。

金融機関からお金を借りるには利息がかかります。家族に借りれば、借りた金額だけを返せばいいので余計な出費がありません。

また、手続きが要らないので、今すぐにでもお金を借りることができます。

しかし、家族に借りる方法はお金が要る理由を家族に説明しなければなりません。いくら成人していても、学生の間はまだ子供。数万円程度でも、何に使うのかを聞かれるのは避けられないでしょう。

友人に借りる

友人に借りる方法もありますが、これはおすすめしません。

メリットは家族に借りるのと同様、利息がかからず手続きが要らない点にありますが、デメリットが大きいのです。

飲み代の数千円程度であれば問題ないでしょう。しかし、数万円を借りるとなったら返済が遅れたりした場合、友情に亀裂が入る可能性が多分にあります。

お金の問題で生まれたヒビは、なかなか拭い去れません。確実に返済の目処が立てれないのであれば、友人から借りるのはリスクが大きすぎます。

学生ローンで借りる

家族には迷惑をかけたくない。友人に頼るのは気が引ける。このような場合、学生ローンを利用する人も少なくありません。

学生ローンのメリットは、未成年(20歳未満)でも利用できる点にあります。金融機関は、お金を貸す際に20歳以上という条件を敷いているのがデフォルトです。

未成年の学生にとって、学生ローンは唯一利用できるローンといっても過言ではありません。

しかし、学生ローンには手間がかかるというデメリットもあります。

通常のローンは、コンビニのATMや銀行口座に直接振込という形でお金を借りることができますが、学生ローンの場合は実際に店舗に赴かなければいけない会社もあるのです。

一部の学生ローンは銀行口座への振込という方法も利用できますが、親に通帳を見られたら即座にバレてしまうので、リスクが伴うのは覚悟しておきましょう。

カードローンで借りる

カードローンで借りるという方法もあります。カードローンという言葉に聞き覚えがない人もいるでしょう。しかし、「初めてのアコム」や「君たちやっぱりプロミスだ!」というCMを見たことはあるはずです。

カードローンとは、専用のローンカードを使って、定められた限度額の範囲であればコンビニのATMなどで、いつでもお金を借りることができるサービスをいいます。

メリットは多々ありますが、誰にもバレずに利用でき、サービスが充実していることが最大のメリットです。

一方、便利すぎて、ついつい借りすぎてしまう可能性があるというデメリットもあります。あくまでも、カードローンは借金という意識を忘れずに利用しなければなりません。

大学生がカードローンでお金を借りるための条件

大前提として、家族や友人に借りて問題がない人は、そちらでお金を借りることをおすすめします。

しかし、家族に迷惑をかけたくない自分で使うお金は自分の責任で借りたいという人もいるでしょう。

そのような人には、以下の条件が満たせる場合、カードローンがおすすめです。

カードローンを利用する条件
  • 20歳以上であること
  • アルバイトなどで定期的な収入を得ていること

20歳未満の人は、条件を満たしていないので最寄りの学生ローンを利用しましょう。

また、定期的な収入といっても週に3日程度アルバイトをしていれば問題ないはずです。多少、テスト前などでシフトが減ることがあっても大きな問題にはなりません。

大学生がカードローンに感じる3つの不安要素

カードローンのことを、よく知らない大学生も多くいるはずです。そんな学生がカードローンに対して抱く不安は主に以下の3点でしょう。

3つの不安要素
  • 【1】家族にバレない?
  • 【2】審査ってなに?
  • 【3】返済が遅れたときの取り立てが怖い

これらの不安を抱くのも無理はありませんが、心配は要りません。家族にバレずに利用できますし、ドラマのように家に取り立て屋が来ることも絶対にありません。

家族にバレない?

カードローンの利用は家族にバレないようにすることができます。

ちゃんと知識を入れた状態で申し込みをすれば、一人暮らしの場合はバレる確率は限りなく低いでしょう。しかし、実家ぐらしの学生が安易に申し込むとバレる可能性もあります。

ただ、そのような学生でも家族にバレないようにカードローンが利用できるようなサービスを、各社それぞれ用意しているので安心してください。

審査ってなに?

カードローンを利用するには審査を受ける必要があります。これは学生ローンを含め、いかなるローンでも絶対に必要になる手続きです。

審査は申込者の返済能力を見るために行われます。年収はいくら稼いでいるのか、アルバイトはちゃんとしているか、といった項目を鑑みて、貸したお金が返ってくるかを調べるのです。

アルバイトをしていない学生にお金を貸すことは、会社としても法律的にもできないので、いまバイトを何もしていないという人は、まずアルバイト先を探しましょう。

返済が遅れたときの取り立てが怖い

返済が遅れた際に、映画やテレビドラマのように怖いお兄さんが家に来て、取り立てをするんじゃないかという心配をしている人もいるかもしれません。

大手カードローンに限っては、あのような取り立ては絶対にないので安心してください。むしろ、誰かが家を尋ねてくることもありません。

カードローンは「最低限このくらいは毎月返済してください」という額を設定しています。アコムの最低返済額を例として見てみましょう。

アコム返済額
キャッシング額 返済額
1万円 1,000円
3万円 1,000円
5万円 2,000円
7万円 3,000円
10万円 3,000円
15万円 5,000円
20万円 6,000円
25万円 8,000円
30万円 9,000円
35万円 11,000円
40万円 12,000円
45万円 14,000円
50万円 15,000円

この表を見ても分かる通り、30万円を借りたとしても毎月の返済額は9000円です。

この金額なら、バイト代から9000円を返済しても生活を圧迫せずに済むでしょう。また、返済に遅れることも無いはずです。

大学生におすすめのカードローン

大学生でも安心して使えるカードローンは、やはり大手のカードローンになります。

以下のカードローン3社は、アルバイトでも審査を通過することができるので、学生にもおすすめです。

スマホから簡単に申し込めるので、まずは公式ホームページから申し込みをしましょう。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
 公式サイトへ▶ 

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が基本的にゼロ円!郵送物が届く時間を指定できる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

大学生で借金をするとなると方法が限られてきます。

家族に借りられるのであれば、それに越したことはありませんが、なかなか事情があって親を頼れない人もいるでしょう。

そのような場合、20歳以上であればカードローンを利用するのがおすすめです。

30万円を借りても、毎月の返済額は9000円からなので、大学生のバイト代でも無理なく返済できるでしょう。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

おすすめの特集ページ

大学生に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る