J.Score(ジェイスコア)は他社借り入れがあっても貸してくれるのか

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人におすすめです
  • J.Score(ジェイスコア)を利用してみたい
  • でも現在、他の会社で借り入れがある
  • 他社借り入れがあってもお金を貸してくれるの?

J.Scoreはこれまでの金融機関と比べて、あらゆる点が異なります。お得な借入金利はもちろんですが、利便性の高いサービスなど魅力は豊富です。

是非とも利用したいところですが、現在借入があっても借り入れは可能なのでしょうか。

 もくじ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング

J.Score (ジェイスコア)
業界トップクラスの低金利・AIによる注目の画期的な貸付サービス!
年率 最大12.0% 審査時間 最短即日※1
限度額 最大1,000万円 融資時間 即日融資※2
即日振込 可能※3
公式サイトへ ▶
※1.仮審査最短30秒
※2.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※3.銀行営業時間内に限ります。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、なんといっても業界トップクラスの借入金利の低さが魅力といえます。

借入金利は上限でも年12.0%という低さであり、キャッシングローンとしては破格の金利といってもいいでしょう。

AIによるスコアリングが特徴

J.Scoreの大きな特徴といえば、AIを用いて利用者のスコアを算出する点でしょう。AIは顧客が増えるごとに学習していくと同時に、参照すべきビッグデータも増えるのです。

150以上のさまざまな質問に回答することによって、返済能力から将来性まで、あらゆる要素をポイント化します。

他社借り入れがあっても申し込み可能

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、他社借り入れがあっても申し込むことは可能です。

しかし申し込みの可否と、借り入れの可否は必ずしも合致しません。AIスコア・レンディングの審査を受けて、通過しなければならないのです。

とはいえ他社借り入れがあるからといって、必ず審査に落ちてしまうわけではありません。

J.Scoreだからとは限らない

他社借り入れがあったとしても申し込み可能なのは、決してJ.Scoreだからという理由ではありません。

基本的には他の金融機関でも、他の借り入れにかかわらず借り入れ申し込みを行うことは可能です。

公式サイトへ

年収でみる借り入れ可能範囲の目安

実は年収がわかれば、J.ScoreのAIスコア・レンディングでどのくらい借りられるのか、目安をつけられます。

ちなみに現在借り入れがあるのであれば、現在の借入残高も目安を計算するのに必要な要素です。

総額は年収の3分の1まで

J.Scoreは貸金業法という法律の適用を受けている、関東財務局に登録された貸金業者です。

貸金業法の中には総量規制というルールがあり、この影響で利用者の年数の3分の1までしか貸し付けることができません。

もちろん他社での借り入れを含めたものなので、すでに年収の3分の1まで借りている人は、返済を進めてからJ.Scoreを利用しましょう。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

J.Scoreでの借入可能額の計算方法

前述のふたつの要素から、J.Scoreを新たに利用するときの借り入れ可能額はこのように求められます。

「年収 × 1/3 - 借入残高 = 借入可能額」

たとえば年収が300万円で、現在30万円の借入残高がある場合は、以下のとおりです。

「3000000 × 1/3 - 300000 = 700000」

この場合、70万円までがJ.Scoreにおける最大借入可能額となります。もちろんAIのスコアリングによっては、70万円以下になる可能性もあるので注意してください。

収入証明書が必要になる可能性がある

貸金業者でお金を借り入れるときには、給料明細や源泉徴収といった収入証明書を求められる場合があります。

総量規制のルールのひとつに、一定の金額以上を借入希望するとき収入証明書を確認しなければならないことがあるのです。

 収入証明書を求められる場合

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

現在の他社借り入れと合計しても、借り入れ希望額が100万円以下であれば収入証明書は必要ありません。

公式サイトへ

実際に借り入れるまでの流れ

ここで実際にJ.ScoreのAIスコア・レンディングを利用して、実際にお金を借りるまでの流れを確認してみましょう。

公式サイトからJ.Scoreへ登録
基本的な質問に回答してAIスコアを取得
さらにAIの質問に答えてスコアアップ(省略可)
メンバーシップからレンディング(借入)申し込み
審査開始
会員ページへログイン後レンディング申し込み

流れについて詳細を確認したい人は、以下記事も参考にしてみてください。

現在の借り入れ額は正直に伝える

審査に落ちたくないからといって、虚偽情報は書くことだけは避けてください。なにより借り入れがあるからといって、レンディングの申込みができないということはありません。

現在の借り入れ額は、審査時に信用情報機関へ照会されるタイミングで判明します。むしろ虚偽情報がバレてしまうと、絶対に審査に通過できなくなってしまいます。

他社借り入れによって不安になる気持ちはわかりますが、必ず正直な数字を伝えるようにしてください。

理想的な返済方法がある

J.ScoreのAIスコア・レンディングでは、3つの返済方法から選ぶことができます。

選択可能な返済方法
  • 一般的な銀行振り込み
  • Pay-easyによる返済
  • 口座振替による自動返済

もちろん任意の返済方法を併用することも可能です。振込は手数料がかかるため、理想的な返済方法は「口座振替+Pay-easyの併用」でしょう。

まとめ

J.Score (ジェイスコア)
業界トップクラスの低金利・AIによる注目の画期的な貸付サービス!
年率 最大12.0% 審査時間 最短即日※1
限度額 最大1,000万円 融資時間 即日融資※2
即日振込 可能※3
公式サイトへ ▶
※1.仮審査最短30秒
※2.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※3.銀行営業時間内に限ります。

J.Score(ジェイスコア)は一般的な金融機関と変わらず、「現在借り入れがあるかどうか」で借り入れできるかどうかを決めません。

ただし収入と照らし合わせて、貸し付けても大丈夫かどうかを判断します。多重債務者を生まないためにも仕方のない仕組みです。

とはいえ年収の3分の1までは、審査に通過することで借りることができます。しっかりと返済計画を立てて、無理のない借り入れを心がけましょう。

ジェイスコアに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る