ブラックでも借りられるカードローンは存在するのか?申し込み前に確認すべき事項

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • とにかく手元にお金が必要...
  • カードローンを使いたいけどブラックかも...
  • ブラックでも借りられるカードローンはある?

クレジットカードやカードローンを利用している人にとっては、『ブラック』という言葉に聞き覚えがあるでしょう。ブラックとは、お金に関するトラブルを起こし、どの金融サービスの審査にも通過しなくなる状態のことを指します。

過去になんらかのトラブルを起こしている人の中には、「お金を借りたいけど、ブラックだから審査に通過しないかもしれない」と悩んでいる人もいるのではないのでしょうか。

今回は、ブラックでも借りられるカードローンはあるのか解説していきます。そのほか、自分がブラックかどうかを確認する方法についても紹介しますので、不安な方は確かめてみてください。

ブラックでも借りられるカードローンはない!

結論から言いますと、ブラックの人が利用できるカードローンはありません。どの金融機関も必ず審査を行いますが、ブラックの人はその際に審査落ちとなります

「ブラックでも借り入れOK」と記載している業者も見かけるかもしれませんが、それは違法な業者であり、借りてしまうとトラブルに巻き込まれてしまいます。

安全なカードローン会社は「ブラックでもOK」とは言いません。金融庁から許可を得て営業をしており、決められたルールのもと貸付をしているのです。

ブラックでも借りられたという人は勘違いしている可能性

真っ当な金融機関は、ブラックの人にお金を貸しません。ブラックの人でもお金を貸す業者は、違法な業者である可能性があります。そのため、ネットの口コミで「ブラックでも借りられた」と嘘の口コミを記載している可能性があるのです。

それでも真っ当な機関の口コミで、「ブラックでも借りられた」という記載があるのは、書き込みをしている人が勘違いをしている可能性があります。

それは「ブラックでも借りられた」という人は、そもそもブラックでなかったのに、自分はブラックと思い込んでいたということです。ブラックという状態をなんとなく分かっているが、実際にどうなるとブラックになるのか具体的に把握していない人も少なからずいます。

ブラックとは信用情報に傷がある状態

ブラックとは、信用情報に問題がある状態のことを指します。

信用情報とは、個人のお金の取り引きを記録した情報です。この情報から「返済に対する姿勢が悪い」と判断されると、カードローンの審査に落ちてしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

信用情報は、3つの信用情報機関によって管理されています。

信用情報機関

指定信用情報機関CIC
CICは、消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)で登録された信用情報を管理しています。

日本信用情報機構JICC
JICCは、消費者金融、信販会社、銀行が加盟してます。銀行に関して、メガバンクは非加盟であり、ネット銀行や地方銀行が主です。

全国銀行協会JBA
JBAは、主に銀行が加盟する信用情報機関です。メガバンクをはじめとしてネット銀行、地方銀行が加盟しています。また、労働金庫や信用金庫が加盟しているのも特徴です。

信用情報機関が管理する情報を、カードローン会社は照会できます。そのため、あなたがブラックかどうかは分かるのです。

カードローン会社に、「信用情報に問題がある」と判断される原因は、主に3つあります。

ブラックになる原因
1|カードローンやクレカの支払いで長期間滞納
2|短期間で複数社に同時申し込み
3|過去5年~10年の間に債務整理を経験

上記の項目に心当たりがある場合は、信用情報がブラック化している可能性があります。

クレジットカードやローンの返済で長期間滞納した

クレジットカードやカードローンの支払いを長期間滞納すると、信用情報がブラック化します。例えば、信用情報を取り扱う機関のひとつ、CICでは「返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)」があると、問題として記録します。

信用情報がブラック化する原因は、カードローンやクレジットカードだけではありません。ショッピングローンの分割払いで遅れてしまうとブラックになる可能性があります。

短期間に複数社に申し込みをした

短期間に複数社のカードローンに申し込みをすると、「非常に金銭面で困っている人物」と疑われ、審査に落ちてしまいます。

このことを「申し込みブラック」と言い、一般的には1ヶ月に4件の金融機関に同時申し込みをすると、ブラックと見なされます。

個人が金融機関に申し込みをした記録は6ヶ月経たないと消えません。そのため、申し込みブラックの場合は待つ必要があるのです。

過去5年~10年の間に債務整理をしている

自己破産や任意整理といった債務整理をした人(破産宣告をした人)は、ブラックと認定されます。この場合、5年から~10年ブラック認定が消えません。

このブラックという情報が消えない限りは、どこの金融機関でもお金を借りることができず、クレジットカードも発行できないのです。

ブラックでも借りられるカードローン=闇金業者

「ブラックの人でも貸し出しOK。」このような広告を出している業者は、違法な営業をしている闇金業者です。

真っ当なカードローン会社は、法律に基いて貸し出ししています。審査を行い、信用情報がブラックな人には貸していません。

「それでも借りたいから...」と闇金には手を出さないでください。闇金に手を出すと、生活が崩れるほどのトラブルに巻き込まれます。

法外な金利を設定されてしまう

闇金は、貸し出すお金に法外な金利を設定します。

「トイチ」や「トゴ」と言うワードを聞いたことがあるでしょうか。例えばトイチは「10日で1割の利息」、トゴは「10日で5割の利息」と、法律を無視した金利設定になっているのです。

真っ当なカードローン会社は、「利息制限法」という法律を守っており、闇金のような金利ではありません。

利息制限法では、借り入れ金が10万円以下で「1年間で20.0%の利息」。10万円~100万円で「1年間で18.0%の利息」と決まっています。

利息制限法第1条「利息の制限」とは?
日本の経済状況に適した利率で、利用者の生活を守るための法律
原文:第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が十万円未満の場合 年二割
 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

過度な取り立てが行われる

闇金で返済が遅れると、過度な取り立てが行われます。

一般的なカードローン会社で返済が遅れた場合は、まず電話やメールで連絡がきて、それでも支払わないと自宅に督促状が届きます。このような取り立ての流れは、貸金業法という法律で決まっており、過度な取り立ては禁止されているのです。

しかし、法律に従わない闇金業者は自宅に押しかけて怒鳴り散らしたり、昼夜問わず電話してきたりと、利用者の生活を配慮しません。

貸金業法第21条「取立て行為の規制」とは?
利用者の生活を守るために定められた、取立てのルール
原文:貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。


かつてヤミ金業者や暴力団が関与していると思われる貸金業者や、日常生活も送れないような非常識な取立てが行われており、事件が起こることもしばしばありました。それらの事件がもう二度と怒らないように、法規制によって取立ての方法にルールを定めたのです。

Q.闇金かどうかの見極め方は?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

金融庁のHPを確認する

闇金かどうかの見極めは金融庁に確認することが最も確実です。
金融庁へ電話をかけてもよいですし、金融庁のホームページには「登録貸金業社検索サービス」というものが存在します。
ここでは、金融庁へ登録している合法の貸金業社がすべて記録されているため、自分が取引しようとしている業者が合法の業者か簡単に調べることができます。
ここで、名前や住所や登録番号などが検索できない場合には全て闇金と判断してください。

【注目】本当にブラックなのか確認しましょう

  • 過去に審査で落ちた経験がある
  • 返済で何日か遅れてしまった
  • 公共料金の支払いで滞納した

このような状況から、「自分はブラックだ」と感じていませんか?しかし、それは単なる思い込みかもしれません。
カードローン会社は「あなたはブラックです」と教えてくれません。したがって、一回問題があったからといって、それがブラックに繋がるとは限らないのです。

確認方法1|信用情報機関に問い合わせよう

自分の信用情報がブラック化しているかどうかは、信用情報を取り扱う「信用情報機関」に、情報の開示請求をすれば分かります。

手数料が1,000円かかりますが、スマホやPCで開示請求ができて、周りにもばれずに確認できます。

信用情報を見て「異動」と記載されていたら、ブラックと判断してください。異動というのは問題がある状態のことで、金融機関へ貸し出しを行わないようにと注意喚起する意味合いもあります。

 返済状況|異動

・返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

確認方法2|セルフチェックをしよう

信用情報機関に問い合わせるのが面倒だという方は、最低限、過去にお金の取り引きで問題がなかったか振り返りましょう。

セルフチェック|以下のような経験はありませんか?
カードローンの返済で3ヶ月以上遅延
クレジットカードの支払いに3ヶ月遅れた
家賃の支払い(保証会社を通す場合)で2、3ヶ月以上滞納
携帯端末の分割払いをずっと払っていない
クレジットカードを強制解約させられた
奨学金の返済がずっとできていない

返済遅延に関して、異動となる期間がCICに記載されているからといって、お金の取り引きで返済を怠ってはいけません。

返済状況が悪いと、強制的に解約となるケースがあります。数日の返済遅れでも、何回も繰り返せば問題視されるのです。

何かの金融取り引きで解約になった経験がある場合は、ブラックになっている可能性が非常に高いでしょう。

ブラックではない人は大手消費者金融に目を向けてください

ブラックでなければ、安全な消費者金融からお金を借りられる可能性が十分にあります。

特に、知名度が高い大手消費者金融であれば、闇金のような取り立て行為は決して行われないので安心です。

大手消費者金融にはメリットが多い

大手消費者金融には、安全性以外にも以下のようなメリットがあります。

 消費者金融のメリット 
審査が最短即日で完了する
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、よほど遅い時間に申込まなければ、当日に審査結果がきます。
来店不要でお金を借りられる
基本的に来店をする必要がありません。インターネットで申し込みができて、審査結果の受け取りもお手持ちのスマートフォンで確認可能です。
提携ATMや銀行振り込みでお金を借りられる
身近な環境でお金を借りられます。お近くのコンビニにある提携ATMでお金を借りたり、銀行口座にお金を振り込んでもらったりできます。

緊急のときは、なるべく早くお金を用意したいですよね。
大手の消費者金融は、対応もスピーディーなので、時間が無い状況でも助けになってくれます。

どれだけ焦っていても、決して闇金には手を出さず、安全かつメリットの多い大手消費者金融に申し込んでみてください。

おすすめのカードローン

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

まとめ

基本的にブラックでも借りられるカードローンはありません。金融機関は必ず審査を行い、問題のある人にはお金を貸しません。「ブラックでも貸し出しOK」という業者は、法律を無視した闇金業者です。

闇金業者は、法外な金利を設定したり、過度な取り立てを行ったりと、借りるのは非常にリスクが高いのです。

まずは自分が本当にブラックなのかを確認して、安全なカードローン会社に申し込んでください。

<

ブラックに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る