J.Score(ジェイスコア)は学生でも利用できるのか検証

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

この記事はこんな人におすすめです
  • 学生だけどお金を借りたい!
  • 最近よく見るJ.Scoreってなに?
  • 学生がお金を借りるときの注意点は?

学生でも利用できるJ.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、膨大なビッグデータとAIをかけあわせた画期的な金融機関です。

かならずしも金銭的に余裕のある社会人だけではなく、満20歳以上で安定した収入があれば学生もAIスコア・レンディングの対象となっています。

AIスコア・レンディングで先行投資

J.Scoreが学生も利用対象としている理由は、AIスコア・レンディングによって先行投資をしてほしいとの願いがあるためです。

学生のうちはまさに、自立したときにどれだけのパフォーマンスを発揮できるかを左右する、先行投資の期間といっても過言ではありません。

J.Scoreも学生の利用を想定してる

学生でもJ.Score(ジェイスコア)を利用できる最大の根拠は、J.Score自身が学生を顧客として想定している点です。

実際、動画サイト上にアップされている広告などには、学生を対象として作成されているものがあります。

キャッシングよりは自己投資を想定

J.Score自身が謳っているように、AIスコア・レンディングによる資金調達は「先行投資」あるいは「自己投資」を想定しています。

たとえば学術書や研究で使うパソコンは高価であり、アルバイトや仕送りでまかなえる学生は限られてしまうでしょう。

後々にこれらの経験を活かし借り入れ以上の収入が得られるのだとすれば、それはまさに先行投資といっても過言ではありません。

実際の使用用途は自由

「先行投資」や「自己投資」とはされていますが、実際に借り入れたお金の使用用途は自由です。

「事業資金」と「投機性の用途」でなければ、借り入れたお金はどのように使っても問題ありません。

卒業旅行や引越し、あるいは生活費の補填などとしても活用可能です。

学生ならではの注意点

J.ScoreのAIスコア・レンディングは学生でも利用できますが、学生だからこそ気をつけるべき点がいくつかあります。

これはJ.Scoreに限らず多くの金融機関で共通していることなので、しっかりと把握しておいてください。

なにかしらの収入は必須

AIスコア・レンディングを受けるためには、なにかしらの収入が必要です。アルバイトやパートでもかまいませんし、個人事業でも問題ありません。

ただしっかりと自分の所得として、税金を納めたうえでの収入でなければならないため、仕送りは収入とカウントされない点に気をつけてください。

ちなみに総量規制という法律の影響で、借入希望額が50万円を超えないかぎり収入証明書の提出は必要ない点も覚えておくと良いでしょう。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

Q.収入が仕送りだけでも借りられるのか

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

回答1:仕送りは収入と認められません

収入が仕送りのみでは、収入と認められません。仮に社員として、アルバイトとして働いている場合でも仕送りの金額は年収計算には加算されないため、注意が必要です。業者によっては参考程度に情報として残しておく場合もあるようですが、基本的には年収に含まれないと考えておいた方が無難でしょう。申し込む際には記載をしてもしなくても審査にはあまり影響しないといえます。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

回答2:総量規制において収入と認められない

個人が融資を受ける際、その人が社会人か学生かに関わらず重要な点の一つが、収入です。
特に銀行以外の消費者金融や信販会社などから借りる場合、年収の3分の1までしか借りることのできない総量規制があるため、収入のない人は融資を受けることができません。

そこで問題になるのが総量規制において収入と認められる範囲です。
給与やボーナスのほか、年金や定期的に受領する不動産収入などは含まれますが、仕送りは含まれません。

同様に、専業主婦(夫)の方が旦那さん(奥さん)からもらうお小遣いも含まれません。
金融業者は、仕送りを負担する実家の両親やお小遣いを負担する旦那さんと直接の契約関係がない限り、これらを収入と見なすことはありません。

借入金額は少額になりがち

AIスコア・レンディングの借入可能額は、申込者の年収を基準にして作られます。そのため収入の多くない学生にとっては、どうしても少額になってしまうのです。

とはいえアルバイト代が月に10万円もあるとすれば、年収は120万円となります。3分の1までしか借りられない総量規制の影響を鑑みても、最大で40万円まで借入が可能というわけです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

学生証の提出が必要

学生がAIスコア・レンディングを申し込む場合は、身分証明書と共に学生証の提出が必要です。

AIスコアを算出するときは学歴や学科まで伝えることが可能であり、大きくAIスコアに影響します。この点に虚偽があるかどうか、確認しなければならないのです。

検証:実際に大学4年生がジェイスコアに申し込んでみた結果

さて、実際のところ大学生がジェイスコアを利用できるものなのでしょうか?

もちろん、条件さえ満たせていれば借入できることは事実。
しかし、例えば月5万円ほどのバイト代しか収入が無い学生などは、その条件を満たせているのか?

今回、実際に年収約60万円の大学生にご協力いただき、検証してみました。

まずは20の質問に回答

ジェイスコアのAIスコアリングを受けるにあたっては、簡単な20個の質問に答える必要があります。

その結果として表示されるスコアが600以上であれば、ジェイスコアに借入申し込みができるようになるのです。

ジェイスコア申込フォーム01 ジェイスコア申込フォーム02

ジェイスコア申込フォーム04 ジェイスコア申込フォーム03

今回協力してくれた大学生は、年収約60万円独り暮らしの4年生です。
上記の通り、正直かつ正確に回答してもらいました。

結果:スコア441点

ジェイスコア申込フォーム05

表示されたスコアは、441点
600点未満であるということは、つまり、

ジェイスコア申込フォーム06

残念ながらジェイスコアの貸付条件を満たすことができませんでした。

他質問に回答しても600点をとれなかった

ちなみに、ジェイスコアは最初の基本的な質問以外に、合計500を超える様々な質問に回答することで、スコアアップが可能となっています。

今回、協力して頂いた大学生には、念のために全ての質問に答えていただきました。
その結果は、

ジェイスコア申込フォーム07

残念ながら45点しかスコアアップできず、借入申し込みの条件は満たせませんでした。

ジェイスコアはあらゆる要素をもとに審査を行っているものの、やはり収入に関する項目がスコアに大きく影響していることは間違いないようです。

まとめ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、学生でも利用可能どころか、学生にとって魅力的な部分が多い借り入れ先ともいえます。

ただし画期的な金融機関とはいえ、借りたお金は必ず返さなければなりません。借り入れ前には必ず返済プランを立てて、返済遅延や無理な返済をしないように心がけてください。
また、収入状況によっては必ずしも借入できるわけではありません。スコアが足りない場合は、借り入れ以外にも手段がないか検討してみてください。

基本的には低金利でお得な借り入れ先ですので、上手に活用できれば後悔することはないでしょう。

おすすめの特集ページ

ジェイスコアに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る