絶対借りれる消費者金融なんて無い!審査を通過するためのポイントとは?

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

この記事の目次

  1. 絶対に借りられる=闇金融なので注意!
  2. 審査に落ちる人には5つの共通項がある
  3. 安全な消費者金融でお金を借りるには…
  4. まとめ

 この記事に向いている人… 
  • 絶対に借りれる消費者金融って安全なの?
  • 審査に落ちる人って、どんな人?
  • 審査に通るためのコツが知りたい!

消費者金融が提供しているカードローンは、審査を受けなければ利用できません。

カードローンは無担保かつ保証人無しで、お金を借りれるローン商品なので、審査でその人が信用に足る人物なのか判断しなくてはならないからです。

したがって、「絶対に借りれる」とは限りません。そのような広告や触れ込みをする消費者金融は闇金融なので注意しましょう。

絶対に借りられる=闇金融なので注意!

「絶対に借りれる」という消費者金融があった場合、それは闇金融なので、絶対に手を出さないでください。

お金を借りた本人だけではなく、家族にまで迷惑がかかるかもしれません。

闇金融は元々違法に営業を行っているので、もし返済できなくなった場合の取り立ても手荒なことを平気で行います

「絶対に借りれる=闇金融」ということは絶対に覚えておきましょう。

闇金被害は決して無くなっていない

闇金の被害は毎年発生しているのが現状です。日本貸金業協会に寄せられた闇金被害の相談件数は以下の通りです。

闇金融被害相談件数
平成27年度 平成28年度 平成29年度
累計 累計 累計 4月 5月 6月 7月 8月
364 222 86 18 14 20 16 18

このように、毎年の相談件数は減少の方向にありますが、闇金の被害は無くなっていないのが現実です。

消費者金融と闇金の見分け方

法律を守っている消費者金融は、絶対に金融庁に登録されています。

登録の有無は個人でも金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索できるので、聞いたことのない消費者金融を利用する場合は、事前に安全な消費者金融なのか確認しましょう。

検索結果の例

審査に落ちる人には5つの共通項がある

カードローンの審査通過の基準は公表されていませんし、各会社によって異なります。

したがって、審査に通過できなかった人は、自分が審査に落ちた理由を絶対に知ることはできません。

しかし、審査に落ちる人には共通した5つの原因があります。

【1】申し込みフォームに嘘を書いた

消費者金融の審査は、申し込みフォームに記載された情報を基に実施されます。

ちょっと入力ミスをした程度であれば、訂正を求められるくらいで、審査落ちに直結しないので安心してください。

しかし、意図的に嘘の内容を申し込みフォームに記載したと判断できるような場合は、詐欺の可能性が高いと判断され、審査落ちしてしまいます。

※ここに注意※
勤務先に関する嘘は必ずバレます
過去に勤めていた職場を申告したり、有りもしない社名で申し込んだりしても、その嘘は必ずバレます。
このような嘘は不正な申し込みとされ、審査に通過できないだけでなく二度と申し込めなくなる可能性もあるでしょう。

【2】年収の1/3を超えてしまう

消費者金融でお金を借りることができる範囲は、年収の1/3までというのが貸金業法という法律の総量規制というルールで定められています。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

したがって、すでに年収の1/3ギリギリまで借りているという人は、消費者金融に申し込んでも審査落ちします。

【3】安定した収入がない

安定した収入があるかは、審査において非常に重要なポイントです。
具体的には、

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

といった5つの点が注目されます。

特に勤続期間は注意が必要です。有名な企業に勤務している人でも、職を変えて日が経っていない状況では、安定性に不安があると判断され、審査落ちする可能性があります。

できれば、3ヶ月は勤めてから申し込みをしましょう。

【4】1ヶ月に4社以上に申し込んでいる

他社への申込件数も審査落ちの要因になります。

直近で何件に申し込んだら審査に落ちる」という明確なな情報は公表されていませんが、1ヶ月以内で4社以上に同時に申し込んでいる人は、審査落ちする可能性が非常に高いでしょう。

同時に数社の消費者金融に申し込みをしている人は、お金にかなり困っている人と思われ、継続して返済することが困難だと判断されるからです。

【5】信用情報に傷がある

消費者金融の審査は、過去5年間に行った金融取引も信用情報で確認します。

信用情報の中に「金融事故情報」があると、返済の態度に難がある人と判断され、審査に落ちるでしょう。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

金融事故情報は主に以下のようなことで、信用情報に傷として残ります。

信用情報に傷がつく理由
  • 支払いに61日以上、もしくは3ヶ月以上の遅延した
  • 支払いを滞納して保証会社が代わりに支払いを行った
  • 長期延滞による強制解約をされた
  • 返済困難になり債務整理で借金を減らした

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に通過できない可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公表されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。


安全な消費者金融でお金を借りるには…

安全な消費者金融を利用するためには、絶対に満たしていなければいけない条件があります。

逆を言えば、その条件さえ押さえていれば審査に通過する可能性は高くなるでしょう。

実は、その絶対に満たしていなければならない条件は、申し込み条件に記載されています。

まずは申し込み条件を確認

消費者金融は貸付対象者が限定されています。

例えば、大手消費者金融の貸付対象者は以下のとおりです。

申し込み条件 20歳以上で安定した収入と返済能力がある方

まずは、年齢の条件を満たしているかチェックしましょう。基本的に大手消費者金融においては20歳からの利用が絶対条件です。いくら18歳から社会に出て働いていても、20歳を超えるまでは消費者金融を利用できません。

20歳を超えていれば、学生でも契約社員でも、派遣社員でも貸付対象者となるので安心してください。

安定した収入が絶対条件

消費者金融の利用には、安定した収入は絶対条件です。この条件は、アコム以外のカードローンでも必ずと言っていいほど申し込み条件や貸付対象者の欄に明記されています。

それでは、安定した収入とは一体どの程度稼いでいれば、安定していると判断されるのでしょうか。

アルバイトやパート、派遣社員、契約社員といった雇用形態に関わらず、ちゃんと仕事をしていて、毎月数万円程度を稼いでいれば問題ありません

というのも、20歳を超えていれば大学生でもカードローンは利用できるので、大学生のバイト代くらいあれば、安定した収入と判断されると思っておきましょう。

Q.審査に通過するコツは?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

自分の情報を間違いなく、そして出来るだけ回答できる項目は入力しておくこと

まずは申込者が名前、住所、勤務先などの個人情報を間違えることなく、正確に回答するということが挙げられます。この情報を間違えると正確な申込者の信用情報を得ることが出来ない可能性が出てくるため、業者側の与信審査に影響を与えることになります。また、住居形態、同居家族など任意で答える項目がある場合も、回答可能なのであれば出来るだけ回答しておく事が審査を通過する可能性を高めることといえます。

まとめ

絶対に借りれる消費者金融は闇金です!

消費者金融の利用には審査を通過する必要があります。そのため、「絶対に借りれる」ということはありえません。そのような広告や触れ込みをするのは闇金融だけです。

もし、審査に落ちるのが不安な人は、以下のセルフチェックをしてみてください。

審査前のセルフチェック
社員として働いている
ローン返済で滞納したことがない
クレカの代金を滞納したことがない
他カードローンから借入していない

いかがでしたか?

もし、全てにチェックがついたのであれば、消費者金融の審査に通過する確率は十分にあります。

審査内容に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る