プロミスの在籍確認とは?事前対策で会社への電話連絡を回避!【実際に受けてみた】

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

この記事の目次

  1. プロミスは在籍確認なしで利用できない
  2. プロミスの在籍確認はバレにくい
  3. 実際に在籍確認を受けてみました
  4. それでも在籍確認が気になる人は事前対策
  5. プロミスの在籍確認に関するQ&A
  6. 【豆知識】在籍確認について相談するならWEB完結を避ける
  7. まとめ

プロミスは在籍確認なしで利用できない

大前提として、在籍確認なしでプロミスからお金を借りることは出来ません。

プロミスに限った話ではなく、カードローンで個人融資を行う金融機関はすべて、在籍確認を行うように義務化されているのです。

本当に働いているのか必ずチェックされる

ではなぜ、申込者に対して在籍確認が行われているのか?

簡単に説明すると、勤務先で本当に働いているかどうか裏付けを取っているのです。

働いていない人には、安定した収入が見込めません。このような継続的に返済していくのが難しい人に対し、過度な融資を行わないためにも重要な手続きとなっています。

会社に直接電話して確認を取るのが基本

「内緒でこっそりお金を借りたい」
「でも、職場の人にはバレたくない」

上記のような理由で、プロミスを検討されている方もいるはず。

しかし、在籍確認は会社へ電話連絡するのが基本です。同僚や上司にバレたくない人にとって、在籍確認があるのはとても不安でしょう。

Q.在籍確認はなぜ電話で行われるの?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

書類確認より確実性が高いからです

電話による在籍確認は、書類確認と比べて確実性の面で大きな差があります。 そのため、一般的なカードローン会社では電話連絡を採用されているケースがほとんどです。電話での在籍確認ですと、実質的に偽装することはできません。書類での在籍確認の場合、パソコンの技術に秀でている人であれば、それなりの偽装も可能です。悪意ある集団に申し込まれるリスクもあるでしょう。このような点から、在籍確認は電話連絡で行われるのが一般的になっているのです。

【ここがポイント!】電話連絡を回避する方法はある

在籍確認なしでお金を借りることは出来ませんが、電話連絡を回避する方法はあります。

プロミスからの電話連絡を回避する方法については、以下の記事にまとめてあるので、気になる方はぜひ参照ください。

プロミスの在籍確認はバレにくい

初めて在籍確認を受ける人は不安を抱くかもしれませんが、電話連絡で職場にバレることはほとんどありません。

長年カードローンを取り扱っている大手企業だけに、利用者のプライバシーを第一に手続きを進めてくれます。電話対応した社員にバレるようなことはまずないので、安心してください。

「気付いたら終わっていた」というケースも多い

インターネット上で在籍確認を受けた人の口コミを見てみると、電話連絡があったことにも気付かない程です。

職場にバレてしまうどころか、申込者本人でさえ、いつ在籍確認が終わったのか分からない程なので、過度に心配する必要はありません。

実際に在籍確認を受けてみました

本当にバレないものなのか、職場で在籍確認の電話を受けてみました。

プロミスに申し込み、在籍確認が来たタイミングは以下の通りです。

  1. スマホでネット申し込み
  2. プロミスから電話連絡
  3. 必要書類をアップロード
  4. 審査開始
  5. 在籍確認の電話
  6. 審査結果の確認
  7. ネット上で契約手続き
  8. 借入スタート

実際に申し込んでみた感想としては、審査の終盤に在籍確認が行われている印象でした。

確かに、会社にバレるかもしれないリスクを抱えて在籍確認を受けたのに、審査の結果融資してもらえなかったら不満が残りますよね。

在籍確認を最後に行うことで、こういった状況を未然に防いでいるのでしょう。

気になる電話連絡は1~2分で終了

職場への電話連絡は、ほんの1~2分程度で完了しました。

電話内容の詳細は、以下を参照ください。

「お電話ありがとうございます。〇〇株式会社です。」

同僚

担当者
「わたくしAと申しますが、Bさん(申込者)はいらっしゃいますか?」
「少々お待ちくださいませ。」

同僚
「お電話かわりました、Bです。」

申込者

担当者
「B様、ご本人でいらっしゃいますか?」
「はい、Bです。」

申込者

担当者
「恐れ入りますが、フルネームでお名前を頂戴していただいてもよろしいでしょうか?」
「はい、B(フルネーム)です。」

申込者

担当者
「お世話になっております。
申し遅れましたが、わたくしプロミス担当のAです。
こちらのお電話で在籍確認を完了させて頂きます。
審査結果につきましてはお電話かメールにてご連絡させて頂きますので、もう少々お待ちくださいませ。」

電話連絡といっても、上記のようなやりとりだけでした。

「それだけ?」と思った方も多いかもしれませんが、事実それだけなのです。

本人が電話に出なくても問題ない

今回は編集者が電話に出ることができましたが、もし対応できなかった場合はどうなるのでしょう?

気になったので、興味本位でプロミスの方に聞いてみたところ、担当者からの回答は「特に問題ない」という内容でした。

「ただいま席を外しております」
「本日〇〇はお休みしております」

会社に在籍していることが確認できれば問題ないので、万が一、電話に出られなかったとしても、上記のような返事が得られれば心配ないでしょう。

それでも在籍確認が気になる人は事前対策

「もし、電話対応した人にしつこく聞かれたら?」
「会社が休みで電話が繋がらないときは?」

在籍確認でバレることはないと分かっていても、電話連絡という方法から様々な不安が湧いてくるかもしれません。

しかし、考えられる不安要素の多くは、事前に対策しておくことで避けられます。

対策1|電話が来るタイミングで席を外す

在籍確認の電話に本人が出る必要はないので、気になるのであれば席を外しておくのがおすすめです。

「そんな都合よく席を外せない…」と思うかもしれませんが、電話をかけてもらえるタイミングは事前に相談できるので安心してください。

例えば、「12:00~13:00にかけてほしい」とお願いして、昼休憩を取るのもいいでしょう。

対策2|言い訳を考えておく

電話対応した社員に理由を聞かれてしまう可能性があるのなら、事前に言い訳を考えておきましょう。

「クレジットカードを作るので~」
「家庭の事情で~」

上記のような回答を考えておけば、質問されても動揺せずに返答できるでしょう。

クレジットカードを作るのに隠す必要はありませんし、個人名でかかってきたとしても怪しまれる心配はありません。こういった言い訳を考えておくのも、効果的な対策になります。

対策3|連絡手段について相談する

どうしても会社に電話連絡が取れない場合は、遠慮なく担当者に相談しましょう。

「土日祝日は会社が営業していない」
「業務時間が夜なので、昼間は連絡が取りにくい」
「長期休暇中で、会社には誰もいない」

上記はほんの一例ですが、このような場合は申し込み後、プロミスコールを使って電話すればすぐに相談できます。

プロミスコール

電話番号|0120-24-0365(通常)
    |0120-86-2634(女性専用)
受付時間|9:00~21:00

プロミスの在籍確認に関するQ&A

では最後に、プロミスの在籍確認について疑問に感じるポイントを、Q&A形式でいくつか挙げていきましょう。

公式サイトでは確認できない内容も、一次情報をもとに解説していきます。気になる要素が、あればぜひ参考にしてみてください。

Q.在籍確認後に審査落ちすることは?

A.断言はできませんが可能性は低いです

在籍確認の電話でバレることはほとんどありませんが、100%ではありません。バレてしまうリスクも少なからずあるので、審査の終盤に行われるのが一般的です。

つまり、審査で問題ないと判断された後、在籍確認を受けていると考えることができます。

もちろん、在籍確認の電話連絡が取れなかった場合は審査落ちとなりますが、過度に心配する必要はないでしょう。

Q.電話番号でプロミスだとバレない?

A.不安な場合は非通知設定でかけてもらえます

確かに、会社にかかってきた電話番号をインターネット上で検索すれば、対話した相手はプロミスの担当者であることがバレてしまうでしょう。

そこまでする人はいないと思いますが、念には念を入れておくのなら、電話番号が表示されないように非通知でかけてもらうことも出来ます。

電話番号で検索されるのが不安なら、申込後にプロミス担当者へ相談しておきましょう。

Q.派遣社員の在籍確認はどちらに?

A.派遣元の会社に在籍確認があります

派遣社員の方は、在籍する会社ではなく派遣先で働くので、電話連絡がどのような形で行われるのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

結論としては、在籍確認の電話は派遣元の会社にかけられるのが一般的です。

申込時に派遣先の電話番号を記載していない限り、派遣会社以外にかかってくることはありません。

Q.規模の大きな会社だと時間がかかるのでは?

A.担当部署宛てに電話してもらうと良いでしょう

社員が数百人を超えるような職場では、申込者本人の在籍を確認するのに時間がかかってしまいます。

万が一、電話対応した社員が申込者のことを認識していなければ、在籍確認は困難になってしまうでしょう。

そんな場合は、申込者の担当部署に電話してもらうのがおすすめです。「〇〇部の〇〇さんはいらっしゃいますか?」と連絡してもらえば、スムーズに手続きが終わります。

Q.アルバイト社員が多いのですが大丈夫?

A.電話窓口のスタッフに話を通しておきましょう

例えば、大型スーパー等のようにアルバイトやパートとして働く人が大勢いる職場の場合、電話窓口のスタッフが名前まで把握しきれていない可能性も考えられます。

そんなときは、勤務先の電話担当に声をかけておくのがおすすめです。

「クレジットカードを作りたいので、自分宛てに電話があるかもしれない」などと伝えておけば、特に怪しまれることもないでしょう。

Q.会社にバレるとすれば、どんな原因がある?

A.在籍確認の経験がある人にはバレてしまうかもしれません

在籍確認の電話連絡で、会社にバレる心配はまずありません。

もし、電話対応した社員にバレてしまうとすれば、どのような原因が考えられるのか。考えられる要因を専門家にお伺いしてみました。

Q.会社にバレるとすれば、どんな原因がある?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

電話を受けた方が経験者であれば、バレてしまうかもしれません

基本的にバレることはありませんが、レアケースとして電話対応した社員が在籍確認の経験があった場合は気付かれてしまうかもしれません。電話を受けた社員から質問されたとき、挙動不審になって疑われたケースもあるようです。職場には内緒にしておきたい場合、遠慮なく担当者へ相談、もしくは書類確認に代替できないか確認してみましょう。

監修者のコメントにもある通り、在籍確認に不安があるのであれば、やはり事前に相談しておくのがベストでしょう。

【豆知識】
在籍確認について相談するならWEB完結を避ける

ちなみに、プロミスにはWEB完結というサービスがあり、ほとんどの手続きをインターネット上で進められる便利なシステムです。

基本的には申込者本人への電話連絡はなく、メールでのやり取りがメインになります。しかし、肝心の在籍確認については、相談しない限り電話連絡でおこなわれるのです。

つまり、在籍確認について相談したい場合は、どこかのタイミングでこちらからプロミスに電話連絡しなければいけません。

通常のネット申し込みなら電話相談しやすい

在籍確認について相談しようと考えている人は、WEB完結ではなく通常のネット申し込みを利用するだけで、電話連絡のタイミングが作れます。

プロミスに申し込んだ後には、本人確認のため電話がかかってくるので、このときに「在籍確認で会社にバレるのが不安…」という旨を伝えられるでしょう。

わざわざプロミスコールを使って相談する必要もなくなるので、相談したい方はぜひ活用ください。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

プロミスの在籍確認について解説していきました。

記事中の大切なポイント
在籍確認なしで借入するのは不可
電話連絡でバレることはほぼ無い
在籍確認は1~2分程度で終わる
本人が電話に出なくても問題ない
事前に相談しておくのがおすすめ

記事を総括すると、在籍確認の電話でプロミスの利用が会社にバレることはまずありません。

どうしても不安なら、ネット申込後にかかってくる電話連絡、もしくはプロミスコールを使って担当者に相談しましょう。

おすすめの特集ページ

在籍確認に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る