アコムのクレジットカードの評判と審査内容から申し込むべきかを判断

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 大手カードローンのアコム
  2. 利用者の評判は良い意味で「特に無い」
  3. 申し込み時に必須の審査
  4. 唯一の難点はETCカードが使えないこと
  5. 多くの人に選ばれている理由
  6. まとめ

この記事はこんな人におすすめです
  • アコムのクレジットカードが欲しい
  • 使っている人の評判はどんな感じ?
  • どうせ持つなら便利なカードがいい

アコムは大手のカードローン会社でありながら、ACマスターカードというクレジットカードも発行しています。

あまり馴染みのないカードですが、実際の使い勝手や評判はどうなのでしょうか。

大手カードローンのアコム

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

街頭やテレビ広告でもよく見るアコムは、実はローンカードの一種としてクレジットカードも選択可能です。

多くの利用者に選ばれているアコムですが、アコムが発行するクレジットカードの評判は気になります。

クレジットカードは選択肢のひとつ

ACマスターカード

限度額 10万~300万円
金利 10.0~14.6%
審査 最短30分
融資 最短1時間

カードの即日発行ができる。
見た目では「アコム」とわからない。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムで発行できるクレジットカードは、あくまでも「クレジットカードの機能がついたローンカード」です。

もちろん一般的なローンカードの発行も選べるので、クレジットカードは選択肢のひとつといえます。

基本的にクレジットカードを選んだとしても料金やサービスに差はないので、特別な理由がなければクレジットカードを選んだ方がお得ですね。

利用者の評判は良い意味で「特に無い」

ここで実際に、アコムのACマスターカードを利用している方々の口コミから、その評判を見てみましょう。

「他のカードと特に変わりはありません。」
他のカードと比べても何も変わらないですよ。むしろ、MasterCardしか使えない店とかもあるので、役に立ってます。
気持ちとしては、単にクレジットカードが1枚増えたってだけですね。
24歳|性|契約社員

「クレジットカードとして重宝してます。」
ACマスターカードは、基本的に、クレジットカードに付随して付いているカードローンの機能ですがクレジットカードが使えない店ではとても重宝します。
20歳|性|正社員

「海外で使えてよかったです。」
ACマスターカードは海外で使えるというのが本当によかったですね。とにかくACマスターカードの利用の便利さに驚きました。
30歳|性|正社員

普通にクレジットカードとして便利

前述の口コミを見る限り、アコムのクレジットカードは極一般的なクレジットカード的な利用方法をとられています。

良い意味で特に無いという結果に至っているところをみると、シンプルにクレジットカードとして便利と考えて良さそうです。

申し込み時に必須の審査

アコムでクレジットカードを作ろうとするときは、審査を受けなければなりません。クレジット機能が付いていないローンカードであれ、アコム以外のクレジットカードであれ必須です。

不安な審査ですが、どのようなことを審査されるのか具体的に見ていきましょう。

審査時に見られる項目

審査を受けるときは、「申込者の返済能力」を見られます。ローンであれクレジットカードであれ、お金を貸すあるいは立て替えるということには、変わりありません。

返済能力を更に具体的にいうと、「収入の安定性」「信用情報」のふたつから構成されています。それぞれを、具体的に見てみましょう。

収入の安定性を見る要素
  • 前年度の年収
  • 現在の勤続年数
  • 勤務先
  • 勤務先の社員数といった規模
  • ローン支払いの有無

一見年収が大切かと思われがちですが、この中で特に大切なのは勤続年数でしょう。これからも安定して収入が入るという人は、信用性が高まるのです。

また信用情報とは、これまでのクレジットカードやローンの支払い履歴を指します。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

アコムクレジットカードの審査に関する評判

ここでアコムのクレジットカードを作る際の審査について、実際にマネットに集まった口コミの一部を見てみましょう。

「審査があるとはいえ、簡単だった。」
審査があるとはいえ、簡単にお金を貸してくれることにびっくりした。また、送付されてきたACマスターカードはマスターカードブランドが付いており、クレジットカードとしても使えるとのことだった。
34歳|性|自営業

「とにかく審査が早くスムーズ。」
ACマスターカードは、とにかく審査が早く、スムーズだった。今はとても満足して利用できている。Webサイトも比較的見やすい。
32歳|性|公務員

ちなみにこのような結果が出たからといって、審査が甘いなどということは決してないことを

唯一の難点はETCカードが使えないこと

アコムのクレジットカードにおける唯一の難点は、信販会社や銀行などのクレジットカードと違いETCカードが利用できない点でしょう。

しかし車を日常的に利用しており、頻繁に高速道路に乗るわけでもなければ大きな難点とはいえません。特に都市部に住んでいる人なら、ETCカードを作ったは良いものの一度も利用してないという人も少なくないでしょう。

多くの人に選ばれている理由

アコムはこれまでに多くの人に選ばれており、延べ利用者は1000万人を超えています。現在でも利用している人は140万人を超えており、日本人の100人に1人はアコムを利用しているのです。

多くの人がアコムを選ぶのは、どのような理由からなのか見ていきましょう。

マスターカードは世界で2番目に多く使える

一般的な信販会社はVISAやJCBなど他ブランドも選択可能ですが、アコムはマスターカードのみとなっています。

しかしマスターカードは、国際ブランドの中でもVISAに次ぐ世界2位シェアを誇っているのです。世界4000万店ほどの店舗で利用可能であり、最初の一枚としても堅実な選択といえます。

カードローンとしても利用可能

アコムのクレジットカードは、もちろんローンカードとしての利用も可能です。

クレジットカードがかなり普及したとはいえ、日本はまだまだ現金社会といっても過言ではありません。そのためクレジットカードが使えない店が、ざらにあるのです。

アコムのACマスターカードがあればコンビニでキャッシング可能なので、クレカが使えない場合も対応できます。

申し込み当日の発行・受け取りが可能

通常のクレジットカードは、審査後の郵送になるため10日〜3週間ほど待つことがあります。

しかしアコムのクレジットカードは、全国に1,000台以上設置されている自動契約機(むじんくん)で即日受け取りが可能なのです。

まとめ

アコムのACマスターカードは、一般的なクレジットカードとしての使い方をしても上々な評判を得ています。

またローンカードとしても利用できるので、万が一クレジットカードが利用できないシーンでも重宝することでしょう。

頻繁に高速道路に乗るからETCカードも欲しい、という人でなければACマスターカードはまずおすすめのクレジットカードです。

ACマスターカード

限度額 10万~300万円
金利 10.0~14.6%
審査 最短30分
融資 最短1時間

カードの即日発行ができる。
見た目では「アコム」とわからない。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る