カードローンの即日増額が難しい理由と緊急時の適切な対処法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

 あなたが知るべき3つのこと 
  • 増額には一般的に数日かかる
  • 増額審査中は追加借入できない
  • 増額は必ず成功するわけではない

増額のリスクをご存知ですか?

今日・明日中にお金が必要なのに、手元のカードローンは限度額不足。そんな状況では、増額申し込みがかえって状況を悪化させかねません。

間に合わない可能性が高い


増額手続きには、一般的に数日以上を要します。申し込むのは一瞬でも、増額審査に時間がかかるケースが多いため、緊急でお金が必要な状況には不向きです。

残り限度額すら借りられなくなる


そもそも、増額が成功する保証はどこにもありません。希望通りの金額になるとは限りませんし、審査結果次第で減額や利用停止もあり得ます。
さらには、増額審査中は利用制限がかかる場合もあるので、残り限度額すら引き出せなくなる可能性もあるのです。

どうしても今日・明日中にお金が必要、そんな方は…

「期限ギリギリの請求がある」
「どうしても断れない用事がある」
「実は家賃を滞納している」

緊急でお金が必要なのに、増額では間に合わないかもしれない。そんな状況でも、お金の問題は無視できませんよね。

どうしても今日・明日中にお金を用意しなくてはならないのなら、その他の選択肢にも目を向けてみてください。

最短30分審査のカードローンに目を向けてみてください

その他の選択肢とは、審査が早いカードローンを新しく作ることです。
最短30分で審査が終わるカードローンなら、手持ちのカードローンを増額するよりも今日中にお金を用意できる可能性が高いです。

ただし、早めの行動が肝心です

どれだけ審査が早いカードローンを選んでも、行動を起こすタイミングが遅れてしまえば即日融資の成功率も下がります。
何よりも重要なことは、少しでも早く審査を受けておくこと

早いタイミングで審査を受けておけば、それだけスピーディーにカードローンを作ることができます。

選択肢1:三菱UFJフィナンシャルグループのアコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
即日融資 可能
無利息期間 初回30日間
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムはスピード対応来店不要という手軽さから人気を集めており、実際に利用者数は延べ1,000万人を超えています。

より手軽かつスピーディーに利用したい方は、ぜひ公式サイトから申し込みを済ませておいてください。

公式サイトへ

選択肢2:SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
即日融資 可能※1
無利息期間 初回30日間※2
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※2.メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です。

プロミスも、ネット上で申し込めば最短1時間でお金を用意してくれます。
カードレスでのキャッシングにも対応しているので、少しでも手軽に利用したい方にピッタリです。

公式サイトへ

選択肢3:SMBCグループのSMBCモビット

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
即日融資 可能
無利息期間 なし
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

モビットは、公式サイト限定で10秒簡易審査を実施しています。
とにかく早く結果を知りたい方は、ぜひモビットを検討してください。

公式サイトへ

おすすめの特集ページ

増額審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る