信用情報を回復させる方法はある?ブラック化の原因と記録される期間

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • キャッシングやローンを利用したい
  • でも、ブラックかもしれない...
  • 信用情報を回復させる方法はある?

お金が必要なのに、信用情報がブラックだから借りられないと悩んでいませんか?

確かに、お金が必要なときにキャッシングやローンを使えないのは都合が悪いですよね。「信用情報を回復する方法は無いのか」と悩んでいると思います。

今回は、信用情報法が回復するには、どうすれば良いのか解説します。

信用情報を回復させる方法は存在するのか?

信用情報とは、個人の金融取引状況を記録した情報であり、あらゆる金融取引の審査の場で照会されます。例えば、クレジットカードやキャッシングなどの、申し込み・契約内容・借り入れ金額・返済状況・返済遅れといった情報が記録されているのです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

この情報に返済遅れといった問題があると「金融商品を利用させるのはリスクがある」と見なされて審査に落ちてしまいます。これを信用情報に傷がついている状態と呼び、回復しない限りは、ほとんどの金融商品を利用できなくなるのです。

信用情報が傷つくと
住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
スマホの分割払いが不可に
賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち
事実が知られると職場や家庭などでも信用を失う

信用情報の傷は一定期間待たないと回復しない!

信用情報に傷がついてしまうと、自分で回復させる方法はありません。信用情報に傷がつくと(ブラック化すると)、ある一定の期間待つ必要があるのです。これは信用情報を取り扱う信用情報機関ごとに定められており、問題によって回復するまでにかかる時間は異なります。
金融機関は信用情報機関に加盟しているため、あなたが他のローンやキャッシングを利用したという記録も照会できます。つまり、信用情報が回復するまで待たないと、どの金融取り引きに申し込んでも審査落ちしてしまうのです。

Q.一定期間待つ以外にブラックを回復させる方法ありますか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

情報が真実であれば消去できません

信用情報に記録された情報を消去することができるのは、その情報に誤りがあった場合だけです。
事故の情報が真実であるならば、その情報を消去することはできません。
消費者金融では事故から5年、銀行の審査では自己破産や個人再生などの官報(国のお知らせ)に記載された情報は事故から10年間はブラックのままになるため、お金を借りることはできません。

信用情報機関が信用情報を保管している

信用情報機関はCIC・JICC・JBAと、3つの機関があり、加盟する金融機関はそれぞれ異なります。
あなたが過去に利用したクレジットカードやローンの会社もいずれかの機関に加盟しているはずです。

指定信用情報機関CIC
CICは、主に消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)で登録された信用情報を取り扱っています。信用情報機関の中で最も信用情報を管理しているのがCICです。そのため、まず情報を開示するのであれば、CICから開示するのが良いでしょう。

日本信用情報機構JICC
JICCは、消費者金融や銀行など幅広い金融機関が加盟しており、信用情報機関の中では加盟数が多いのも特徴です。銀行に関しては、メガバンクは加盟しておらず、ネット銀行や地方銀行が中心となっています。

全国銀行協会JBA
JBAは、銀行を中心に加盟する信用情報機関です。メガバンクや地方銀行、ネット銀行が加盟していますが、消費者金融や信販会社は加盟していません。その他にも信用金庫やろうきんといった機関も加盟しています。

各信用情報機関、信用情報を保有する期間が異なります。自分が返済の際にどのようなトラブルを起こしたのか、トラブルを起こしてからどれくらいの月日が経過したか振り返りましょう。

ブラックから回復する期間は信用情報機関ごとに異なる

登録されるトラブルの情報は、信用情報機関ごとバラバラです。多くはトラブルを起こしてから5年間は記録に残るとされていますが、長いところだと10年間記録が残ります。
保管され始める期間は、金融機関が報告をした日や事故が解消した日など異なるため注意が必要です。

信用情報がブラック化する5つの原因

信用情報が傷つく原因は5つに大別されます。

ブラックの原因
  • 延滞
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 債務整理
  • 申し込みブラック

まずは、過去に自分が起こしたトラブルを振り返りましょう。そして、どれくらいの期間で回復するのか確認しましょう。

ブラックになる原因1|延滞

キャッシングやクレジットカードの支払いで数日遅れた程度では、即ブラックにはなりません。しかし、長期で支払いが遅れると信用情報がブラックになるのです。

信用情報機関のCICでは、延滞となる日数を「返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延があるものまたはあったもの」と定めています。

ブラックになる原因2|代位弁済

代位弁済とは、キャッシングやクレジットカードの利用者に代わって、保証会社が支払いをすることです。
お金を借りた人が、返済の督促をされているのにも関わらず返済をしないでいると、代位弁済が行われます。
保証会社が支払いをしたからといって、返済の義務は免除されません。利用者は金融機関ではなく、保証会社に返済をすることになるのです。

ブラックになる原因3|強制解約

強制解約とは何らかのトラブルにより、契約を解除されてしまうことです。強制解約になる理由には、主に度重なる返済遅れや契約違反が挙げられます。

強制解約になってしまう遅延期間は、金融機関によって異なりますが、厳しい金融機関だとたった一回の支払い遅れでも、強制解約となってしまう場合もあります。

ブラックになる原因4|債務整理

債務整理とは、借金の全額もしくは一部を免除してもらう法的手続きです。これを行うと信用情報は即ブラックになります。

債務整理
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

どうしても借金が払えない状態に陥った人が取る手段です。法定な手続きにより、債務整理をするには弁護士といった法律の専門機関に相談しなくてはならず、費用がかかります。

ブラックになる原因5|申し込みブラック

短期間でキャッシングやクレジットカードに複数申し込みをすると、申し込みブラックになる恐れがあります。

審査落ちしたときの保険として、複数社の金融機関に申し込みをする人が少なからずいます。しかし、あまりにも多くの申し込みをすると、「極度にお金に困っている人物」と見なされるのです。すると、お金を貸すリスクが高いと判断されて審査落ちするのです。

申し込みブラックになるボーダーは、正式には公開されていませんが、一般的には、1ヶ月以内で4社以上の申し込みでなると言われています。

新たに金融機関に申し込むために

一旦、信用情報に傷がついてしまうと、決められた期間を、ひたすら待つしか方法はありません。しかし、年月が経たからといって、必ず審査に通過する保証はないのです。
大切なのは、少しでも今後の審査に通過するために、今から行動をすることです。

今ある返済遅延をすぐにでも支払う

信用情報のブラックが解消するのは、返済が遅れてからの期間ではありません。返済遅れの問題が解消されてから、決められた期間を待つ必要があるのです。

もし今あなたが返済遅れをしているのであれば、諦めずに早めの返済をしましょう。問題を早く解消するほど、次に金融機関へ申し込める日も早く来ます。

また厳しいとは言え、現状抱えている借金の返済で遅れが無いようにしてください。再び延滞をしてしまうと、ブラックが解消される期間もそこから数えてスタートしてしまうのです。

本当に信用情報に傷があるのか確かめてみよう!

自身の信用情報が傷ついているかどうかは、信用情報機関に開示請求をすることで確かめられます。

手数料が1,000円ほどかかってしまいますが、スマートフォンやパソコンで開示請求ができて、周りの人にもバレません。(※1)
開示請求をしてから情報を確認するまでに、早くて30分程度で完結するので手もそれほどかかりません。

※1:全国銀行協会JBAへの開示請求は、郵送のみで時間がかかります。

信用情報の開示する手順

信用情報の開示請求はインターネットで行うのがおすすめです。来店して開示請求をする方法もありますが、行く手間と手続きする手間がかかります。
下記で、指定信用情報機関CICにおける開示請求の手順を解説しますので、参考にしてみてください。

ここでは、指定信用情報機関CICで信用情報を確認する流れを解説します。

利用前に環境をチェック

自身のインターネット環境が、開示に必要な環境か確認しましょう。また、カード番号や申し込み時に記載した電話番号を確認してください。

受付番号の取得

契約時に登録した電話番号(携帯電話・固定電話)から、電話連絡をして受付番号を取得しましょう。※電話番号:0570-021-717

WEB上で受付番号を入力

CICの公式サイトで、取得した受付番号を入力します。「スマートフォンでの開示を行なう」というボタンを押した後、受付番号の入力をします。この際に、使用したカード番号の入力も必要です。

信用情報の開示

以上の手続きを行なうと、信用情報の確認ができます。パスワードを入力して信用情報を開示しましょう。

ブラックでなければ借りられる可能性アリ

  • 調べてみたらブラックではなかった
  • ブラックから回復していた

信用情報の開示により、自分がブラックでないことが確認できたのであれば、キャッシングやローンの申し込みできます。信用情報が原因で審査落ちする可能性は少ないでしょう。

審査が早いカードローンがおすすめ

お金を借りるなら審査が早いカードローンがおすすめです。

審査が早いカードローンは、今日中・明日中に借りられる可能性が高いのです。審査の結果通知もすぐに来るので、今後の予定が立てやすいでしょう。そのほか、手間なく借りられる配慮もなされています。

 消費者金融のメリット 
審査が最短即日で完了する
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、よほど遅い時間に申込まなければ、当日に審査結果がきます。
来店不要でお金を借りられる
基本的に来店をする必要がありません。インターネットで申し込みができて、審査結果の受け取りもお手持ちのスマートフォンで確認可能です。
提携ATMや銀行振り込みでお金を借りられる
身近な環境でお金を借りられます。お近くのコンビニにある提携ATMでお金を借りたり、銀行口座にお金を振り込んでもらったりできます。

急ぎのときは、極力早くお金を用意したいですよね。
下記にご紹介している消費者金融のカードローンは、最短1時間での借り入れも可能なので、すぐにお金が必要なタイミングでも即日で借入を行うことができる可能性があります。
ぜひ、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのカードローン

信用情報に問題がある方はお借入れできません

信用情報の状態が回復していないことが判明している方は審査に落ちてしまうので、申し込みを控えていただくようよろしくお願い致します。
アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • 内緒で借りたい方におすすめ
  • 銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • スマホでお借入れ可能
  • 20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

自分の信用情報を回復させる方法はありません。信用情報は、信用情報機関によって保管され、ブラックから回復する期間も決められています。

まずは、自分が過去に起こした金融取引上のトラブルを振り返り、それに対応する期間を待ち続けてください。

また、もし自分がブラックなのかどうか曖昧な場合は、信用情報機関に問い合わせて見るのが良いでしょう。調べてみてブラックでなければ、お金を借りられるチャンスはあります。

クレヒスに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る