信用情報機関3つの違いと個人が記録を開示する方法

この記事に関するアドバイザ

元 保証会社 社員

井上拓馬

保証会社(クレジットカード会社)にて、カードローン・クレジットカード・キャッシングの審査業務に従事、5,000名を超える顧客を担当。審査業務だけでなく、滞納者への対応や法務部での経験も豊富な、貸金業のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 信用情報って何?
  • 信用情報機関の役割は何?
  • 問い合わせる方法は?

キャッシングやショッピングローンなどの公式サイトの延滞といったページを見ると、「"個人信用情報機関"に登録します」というような文言があります。

お金の取り引きをしている人の中には「信用情報機関とはどのような機関なのか」と、感じた人もいるでしょう。今回は、その信用情報機関について解説します。

信用情報機関の役割とは?

信用情報機関の役割は、個人の信用情報を管理することです。個人が行った金融取引は、基本的に信用情報に記録されます。

例えば、クレジットカードの発行や決済、返済の記録が残されるのです。その他にもあ、ローンでお金を借りたり、返済した記録も残ります。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

信用情報は"信用情報機関"で管理されている

銀行や消費者金融、クレジットカード会社といった金融機関は、信用情報機関に加盟しています。金融機関は、自社の商品を利用した人の情報を、逐一この信用情報機関に登録しているのです。

の信用情報は、金融商品の審査の際に利用されます。どのような「クレジットカード」「ローン」も、申し込み後に審査が行われ、落ちてしまうと利用できません。

この審査の際に、信用情報を用いて「過去にお金のトラブルがないか」を確かめます。これにより、「信用できる人かどうか」を見極めているのです。

信用情報に問題となる記録があると審査に落ちてしまう

審査の際に「信用情報」が確かめられて、問題とみなされる記録があると、審査に落ちてしまいます。

主に問題とみなされる記録とは、『返済の遅延』です。借りたお金を期日までに返済できていないと、「返済に対する意思が低い」とみなされて、審査に落とされます。

返済遅延の長期化には、注意が必要です。3ヶ月もしくは61日以上の返済遅延をした場合は、5年~10年の間その記録が残ってしまいます。そうなると、その間はあらゆる金融商品が利用できなくなるのです。

信用情報に問題がある→ブラックと呼ばれている
ブラックだと金融商品が利用できない
信用情報に問題がある状態のことを、金融業界では「ブラック」言います。このブラックという状態になると、あらゆる金融商品が利用できなくなります。金融商品の審査では、落ちる原因を教えてくれません。そのため、ブラックかどうかは分かりません。しかし、信用情報を管理している信用情報機関に問い合わせをすれば、自分がブラックかどうかが分かります。

信用情報機関は3つある

信用情報機関はCIC・JICC・KSCの3つ存在します。

信用情報機関で加盟する金融機関にバラつきがあり、保管している信用情報や、その情報を保有する機関が異なります。

一見どれも似たような機関に見えますが、違いを把握して自分の信用情報がどれに登録されているのか見極めることが大切です。

1|指定信用情報機関CIC

CICは、主に割賦販売や消費者ローンを取り扱う金融機関(消費者金融やクレジットカード会社)が加盟しています。

これらの金融機関と個人の取引が、信用情報に記録されるのです。信用情報機関の中で、最も信用情報を取り扱う数が多いのがCICです。信用情報を確認するのであれば、無視できない機関と言えるでしょう。

CICの情報保有期間
延滞|延滞解消から5年
自己破産|5年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年
▶CIC公式ページ

2|日本信用情報機構JICC

JICCは、消費者信用産業の健全な発展と消費者の信用力を支える目的として昭和61年に設立しました。

信用情報機関の中では、加盟する会員が多いのも特徴と言えます。日本国内で唯一の全業態を網羅している信用情報機関はJICCだけです。

信販会社や消費者金融だけでなく、銀行においても地方銀行やネット銀行が加盟しています。

JICCの情報保有機関
延滞|延滞解消から1年
自己破産・個人再生・任意整理|5年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年
問い合わせ所要時間|30分程度
▶JICC公式ホームページ

3|全国銀行個人信用情報センターKSC

KSCは、全国銀行協会(JBA)が運営する信用情報機関で、消費者信用を円滑化するため昭和63年に設置されました。

主に銀行におけるローンやクレジットカードの情報を管理して、与信をする上での参考資料にしています。メガバンク、地方銀行、ネット銀行が加盟していますが、消費者金融や信販会社は加盟していません。

その他にも様々な機関が加盟しており、例えば、「信用組合」「信用金庫」「農業組合」もKSCに加盟しています。

KSCの情報保有期間
延滞|延滞解消から5年
自己破産・個人再生|10年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年
問い合わせ所要時間|数日
▶JBA公式ホームページ


信用情報機関に記録の開示請求ができる

ローンやクレジットカードへの申し込みを考えている人の中には、自分の「信用情報」に自信がないという人もいるでしょう。

そのような場合は、自身の信用情報を確かめてみてください。信用情報機関へ情報の開示請求をすることができます。

手数料は500円~1,000円かかってしまいます。手数料を支払うのは億劫だという人もいるでしょうが、信用情報の不安を解消するのであれば、開示してみるのが良いでしょう。

信用情報機関の公式サイトから会員一覧を検索

情報の開示請求は、どの機関にしても良いというわけではありません。それぞれ信用情報機関は加盟している金融機関が異なります。つまり、自身の記録が登録されていると思われる信用情報機関に問い合わせる必要があるのです。

まずは、自身がこれまで利用した「クレジットカード」「ローン」の金融機関を振り返ってください。

各信用情報機関の公式ホームページには、加盟している金融機関を検索できるページがあります。そのページを利用して、自分の信用情報がどの機関に保管されているのか、ある程度の目星をつけましょう。

自分が利用した金融商品を洗い出す
商品を取り扱う金融機関を調べる
信用情報機関のサイトで加盟機関を検索

信用情報機関の公式サイトで検索をしてみて、対象の金融機関が加盟していれば、その信用情報機関に問い合わせましょう。

ただし注意点として、1つの信用情報機関で検索をして安心しないことです。金融機関は、複数の信用情報機関に加盟している場合があります。必ず3つの信用情報機関を調べてみてください。

金融機関と保証会社の関係にも注意

金融商品には、それを取り扱う金融機関のほかに、保証会社が関わってくる可能性があります。

保証会社とは、あなたが万が一返済できなくなった際に、変わりに債務を請け負う会社のことです。金融商品の中には、この保証会社が審査を行うケースもあります。つまり保証会社を通して、信用情報機関に情報を登録されるケースがあるのです。

このようなケースも加味して、保証会社が加盟する信用情報機関もまた確かめておくことが賢明でしょう。

自分がブラックかどうか判断する方法

信用情報機関に問い合わせをすることで、自分の信用情報がどのような状態か確認できます。

インターネット・郵送・機関窓口などいくつかの方法がありますが、インターネット開示だと30分程度で確認できて、それほど手間がかかりません。

1,000円の手数料がかかってしまいますが、今後のライフプランを考えるのなら、確認しておくべきでしょう。

異動情報があるかないか着目しよう

"信用情報に問題あり"と判断される原因はいくつかありますが、そのうちのひとつは「異動情報」です。信用情報に「異動」と記載されていると審査に落ちてしまいます。
開示した信用情報の返済状況の欄に"異動"がないか確かめてみましょう。なお、異動になる条件は以下の通りです。

 返済状況|異動

・返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

入金状況も確認しよう

信用情報に問題が無いか確認する際は、返済状況の入金状況の欄も確認しましょう。
入金状況とは、あなたがしっかり返済をしたかという月ごとの記録です。

表示 内容
請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
P 請求額の一部が入金された
R お客様以外から入金があった
A お客様の事情で、お約束の日に入金がなかった(未入金)
B お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因が分からない
請求もなく入金もなかった※
※クレジットの利用がない場合の記号
空欄 クレジットカード会社から情報の更新がなかった※

入金状況が悪いと、返済状況の欄に”異動”と記載されます。金融機関ごとに基準は異なり、公開もされていませんが、A・B・Cといった記号が記されていると異動になる可能性は高いと言えます。

Q.すべて「$マーク」じゃないと審査に通過できない?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

原則はそう思っていいです。

信用情報機関の情報は、文章ではなくスコア(記号)で記録されています。いくつかあるなかで、『$』マーク,『-』マークであることが、一般的に金銭事故を起こしていない優良である状態です。スコアは直近単月の記録ではなく、5年以上は残りますので、現状返済中の借り入れがある場合は、まずはその返済が遅延していないことが重要です。借り入れがない場合は、過去の借り入れについては、完済から5年間記録が残ることからも、直近5年は返済上の問題がないことが望ましいです。なお、自身の責めに帰する事由以外の理由で遅延した場合は、スコア上それがわかるように記録されたり、金融機関からの情報修正がなされることもあるので、返済できないアクシデントがあったら、早めに連絡をしましょう。

問題がなければ借りられる可能性がある

調べてみたらブラックじゃなかった!

信用情報機関に問い合わせをしてみて、ブラックではなかったという人は、お金を借りられる可能性があります。

少なくとも、信用情報が原因で審査落ちする可能性は低いと言えるので、安心して申し込みをしてください。

では、どこに申し込むべきか?おすすめは審査が早い消費者金融です。

お金を借りるなら審査の早い消費者金融がおすすめ

お金を借りるなら、審査が早い消費者金融を検討してみてください。消費者金融とは個人にお金を貸している金融機関です。借り入れに特化した金融商品を取り扱っています。

審査が早い消費者金融は、申し込みから借り入れまでのスピードが早く、今日中・明日中に借りられる可能性が高いのです。審査結果の通知もすぐに来るので、今後の予定も立てやすいがメリットです。

 消費者金融のメリット 
審査が最短即日で完了する
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、あまりにも遅い時間に申込まなければ、当日に審査結果がきます。
来店不要でお金を借りられる
基本的に来店をする必要がありません。インターネットで申し込みができて、審査結果の受け取りもお手持ちのスマートフォンで確認可能です。
提携ATMや銀行振り込みでお金を借りられる
身近な環境でお金を借りられます。お近くのコンビニにある提携ATMでお金を借りたり、銀行口座にお金を振り込んでもらったりできます。

まとめ

金融取り引きの際に返済の遅れといった経験があると、キャッシングやローンの申し込みでは不安になりますよね。

このような場合は、まず信用情報機関に、自分の信用情報がブラック化していないか確認してみましょう。インターネット開示の場合は、30分程度で確認でいきるのでスムーズです。

信用情報機関に問い合わせをしてみて、「自分はブラックでない」と判断できたら、信用情報が原因で審査落ちする可能性は低いと言えるでしょう。

信用情報機関に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る