お金がない時に今すぐ実践したい金欠の乗り切り方まとめ|目的・金額別の緊急対処法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

どうしよう…本当にお金がない…

誰にでもそんなピンチに陥る可能性はあります。人生はお金が全てではありませんが、お金がなければ一定水準以上の生活ができなくなってしまうのも事実です。

逆に、お金に余裕がある状況だと、私生活にも気持ちの余裕が出てきて、仕事や恋愛なども上手くいく事が多かったりするものです。

今回は、お金が無くて悩んでいる人のために、シーン別に合わせた金欠の乗り切り方を紹介します。お金が無くて彼氏彼女とのデートできない人から、本当に生活費が限界に達している人まで、それぞれの状況に合わせた解決方法を見つけて実践してみてください。

【前提】我慢のしすぎは逆効果

本題に入る前に1点だけ注意事項として「我慢のしすぎは逆効果」と覚えておいてください。

節約をしすぎて食事がおろそかになってしまうと、逆に体調を崩してしまうかもしれません
お金が欲しいからといって睡眠時間を削って働くと、過労で倒れてしまうかもしれません

日本は世界でも稀に見る「金融サービスの充実した国」として知られています。街中を歩けば、いたる場所に銀行がありますし、駅前や幹線道路沿いには「アコム」「プロミス」といった金融機関も数多く存在します。

本当にお金がなくて苦しい時には、一時的に借りて凌ぐという解決方法も視野に入れてみてください。本当に必要な分だけを借りて、無理のない返済計画を立てて、次の給料日から再起を図る。そんな方法もあると、頭の片隅に入れておいてください。

選ばれているカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

【LEVEL1】お金がないから節約しようかな…

まずは、そこまで緊急度は高くないものの、先の事を考えた時に少しだけ不安という人向けです。

 急にお金が必要に… 
  • 家電やパソコンが故障した
  • 車をぶつけてしまった
  • 突然の事故や病気に見舞われた
  • 急な冠婚葬祭のお金が必要に

上記のようなシチュエーションは、日常的に誰にでも起こりうる話です。そんな状況になった時に、お金がないと困ってしまいます。それでなくても、欲しい物があったり、将来きっと必要になるお金を今のうちに貯めておきたかったりと、色々なケースがある事でしょう。

そんな人は、まずは身の回りのできることから「節約」を始めてみてください。

とにかく食費を節約したい

まずは日常的な食費の節約から、できる事を考えてみましょう。1日の食事にかかっているお金と、飲み物にかかっているお金をザっと考えてみて、節約できる部分がないかを考えてみましょう。

毎日の食費を振り返って
◆ランチで高いお店に行っていませんか?
◆缶コーヒーやペットボトルの飲料は削減できませんか?
◆自炊はできていますか?
◆食材は安いスーパーで買っていますか?

もしかしたら、今あなたの隣にいる人はそういう細かい部分で節約できているのかもしれません。1日200円の食費を削れたら、月間で6000円の節約になり、年間で72,000円のお金が手元に残ることになります。

交際費や娯楽費を節約したい

毎日の節約がなかなか続かないという人は、交際費や娯楽費を見直してみてはいかがでしょうか。毎月の給料の中で、いわゆる飲み会やデートのお金を節約することができれば、手元に残るお金もおのずと変わってくるはずです。ここで必要なのは「ほんの少しの勇気」です。

 お金がない時こそ節約する勇気を 
  • 今月ちょっとキツイので飲み会はパスで…
  • 明日のデートだけど、少し節約してもいい?
  • 行きたいけど今月は厳しいから来月また誘って!

こうした台詞を言えるだけで、その瞬間に数千円のお金が浮く計算になります。交友関係は人それぞれなので、なかなか断りにくいというケースもあるでしょうが、お金がない以上、背に腹は変えられません。

将来のためにお金を貯めたい

将来に備えてお金を貯めたいという人には、節約や副業よりも投資をオススメします。今の時代、労働の対価としてお金をもらう時代から、お金に働いてもらう時代に移り変わりつつあります

上記で紹介した節約方法で、月に3000円~5000円のお金を貯めることができたとします。それを自宅の貯金箱に入れておいても、残念ながら1円たりとも増えません。銀行に預け入れたとしても、利息として発生するのは数円レベルです。

少額投資非課税制度であるNISAが普及したり、アプリなどで少額から株式投資やFXを始められるようになったりと、日本の投資環境はどんどん整備されてきています。「少額から始められるFX」「少額投資のOneTapBUY」などを検討してみてはいかがでしょうか。

【LEVEL2】最近ちょっとお金がない…

毎日の食事に困るほどお金がない訳じゃないけど、最近ちょっと金欠になりつつある。そんな時の乗り切り方を紹介します。

お金がない状況が続くと、気持ちがどうしてもネガティブになりがちです。そんな状況が長く続くと、心と体が健康でなくなってしまい、お金をない状況から余計に抜け出しにくくなってしまいます。今まだ大丈夫なうちに、何かしらの手を打っておきましょう

クレジットカードを活用

現金が手元にない時の解決方法として代表的なものは、クレジットカードの活用です。

今や、飲食店やショッピングモールだけでなく、コンビニでもクレジットカードが使える時代です。現金がどうしてもない時には、クレジットカードで買い物をして支払いを先延ばしにするという方法があります。

クレジットカードで買い物をすることによりポイントが貯まるので、ほんの少しだけお得感があります。合わせて現金を持ち歩かないようにすれば、自動販売機などでの無駄な出費を防ぐこともできます。

ただし、クレジットカードの使いすぎには充分に注意してください。翌月の請求日になって、支払いができないという事態になると、利息が発生して元も子もなくなってしまいます。

日払いのアルバイトを検討

もしも仕事後の時間や休日などに余裕があるなら、日払いのアルバイトをしてお金を稼ぐという方法も有効的です。仕事によっては日給10,000円以上も期待できるので、かなり生活が楽になるはずです。

 日払いのアルバイトの例
◆イベント会場設営
◆交通量調査
◆チラシや試供品の配布
◆試験監督
◆フロアレディ
◆軽作業スタッフ

日払いのバイトはこれだけでなく、他にもさまざまな種類があります。お金がない時こそ、家に引きこもっているのではなく、外に稼ぎに出かけましょう。主婦や無職でも、こうした日払いバイトで小銭を稼いでいる人はたくさんいるのです。

収入の良い副業を検討する

働いて毎月決まったお給料をもらっている人でも「もう少し収入があったら…」と感じることはあるでしょう。お金を貯める方法は、節約して支出を減らすか、そもそもの収入を増やすかどちらかです。

そんな中、サラリーマンやOLでも「副業」をする人が増えてきています。ネットの普及により、副業は時間場所を問わずに誰でもできる時代になりました。多様化する副業の中から、自分に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

 人気の副業
◆クラウドソーシング(文章作成・デザイン・データ入力)
スマホ1つでできるFX副業
◆アンケート・ポイントサイト
◆ブログやHPを作成してのアフィリエイト
◆女性のナイトワーク

これらはもちろん、始めてすぐに結果が出ないものもあります。しかし、一度でも稼げる仕組みを作ってしまえば、黙っていてもお金が入ってくる状況を築けるかもしれません

注意点として、副業が禁止されていないかどうかの確認をしておく事と、あくまでも本業が優先という事を忘れないようにしてください。

初期投資ゼロで始めるなら「げん玉」がおすすめ

副業を始めるにしても、元手になる資金がなければ何もできません。そんな方には、スマホひとつあれば始められるポイントサイト「げん玉」をおすすめします。

ゲームで遊んだり、アンケートに答えたりするごとにポイントが貯まり、現金や電子マネーに交換する仕組みです。

一般的なポイントサイトとは異なり、げん玉の「すぐP」と記載されている案件は、最短5分でポイントがもらえるようになっています。

稼げるのは数百円~数千円程度ですが、急いでお金が必要なときに役立てられるかもしれませんね。

げん玉の無料登録はこちら

【LEVEL3】次の給料日までの生活費がない…

給料日まであと1週間あるのに、手元にお金が1,000円しかない。そんな状況の時は、兎にも角にも現金を準備しなければいけません。問題は、どうやってお金を準備するかという話です。

給料日までの期間にもよりますが、これから仕事を探して登録して、実際に働く日を決めて…というのは、あまり現実的ではありません。そうなると選択肢として考えられるのは「物を売る」「誰かに借りる」かに絞られてきます。

物を売ってお金を稼ぐ

今は便利な時代で、ネットで売れない物はないと言っても良いほどです。自宅にあるもので、使っていないもの・売れそうなものがないか、よくよく見渡してみましょう。意外なものが高値で売れるかもしれません。

 売れる物の一例 
●本・CD・DVD
●服・靴・時計・バッグ
●家具・家電
売れる場所の例
●フリマアプリ
●リサイクルショップ
●質屋

家にある物の中で、1年以上使っていない物があったとしたら、それは大体「売っても問題ないもの」である可能性が高いと考えてください。家の中の整理整頓もできるので、一石二鳥と考えましょう。

また、給料日まであと何日かを逆算して、いくらあれば金欠のピンチを凌げるのかを考えてみるのも1つです。給料日まであと5日だとしたら、1日500円で過ごすと考えて、2500円あれば耐えられるという計算です。それなら、本やDVDを売れば何とかなるかな…という具合です。

家族や知り合いに頼む

家の中に売れそうなものがない、かといって突発的な収入も期待できない場合には、誰かに助けを求めるのが現実的でしょう。そんな時は、金融機関よりもまず先に、家族や知り合いで頼めそうな人がいないかを探してみましょう。

両親・兄弟

もっとも現実的な相手としては、やはり家族でしょう。困った時に助けてくれる可能性が高いのは、何だかんだ家族です。お金を借りるまでに至った経緯や、最近の生活事情をきちんと話した上で、いくら必要なのかを正直に話しましょう。

職場の同僚・先輩・後輩

基本的に仕事先で毎日のように顔を合わせる相手なら、比較的頼みやすいのではないでしょうか。お互いの生活リズムや給料日なども把握しているため、比較的ハードルも低いはずです。ただし、その後の関係性には注意が必要ですので、相手はきちんと選んだ方がいいかもしれません。

親しい知人・友人

知り合ってから付き合いの長い知人や友人なら、困った時に力になってくれるケースもあります。もちろん金額にもよりますが、給料日までの数千円なら、貸してくれる可能性は高いと考えても良いでしょう。こちらもその後の関係性が崩れないよう、場合により書面を交わすなどの配慮も必要かもしれません。

カードローンで借りる

もしも家族や知り合いで頼れる人がいない場合には、手軽に生活費を借りることができるカードローンを検討してみてください。代表的なサービスは、ほとんどの人が聞いたことがあるであろう「アコム」「プロミス」などです。

 こんな人はカードローンを検討 
  • 免許証などの本人確認書類を持っている
  • スマートフォンかPCを持っている
  • パート・アルバイト・社員として収入を得ている

以上の条件を満たしていることができれば、カードローンへの申し込みは可能です。

そして、カードローンのもっとも大きな特徴は「最初の1ヶ月は利息ゼロ」という点です。つまり、アコムやプロミスから4月1日に1万円を借りた場合、5月1日までに返済すれば利息はかからないという仕組みです。まさに、次の給料日までのお金がない人にはうってつけです

選ばれているカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

【LEVEL4】数ヶ月お金がない状態が続いている

慢性的にお金がない状態が続いているという場合には、そもそも根本的な部分を見直す必要があります。仮に次の給料日までのピンチを凌いだとしても、また翌月の給料日前には、同じ状況が待ち受けている可能性が高いからです。

こうなってくると、大幅な現状改善をしなければなりません。多少の時間はかかるかもしれませんが、将来のことを考えて早めに手を打っておくことをオススメします。

家や車などの固定費の見直し

慢性的にお金がない人の特徴としては、収入に対しての固定費が高すぎるといったケースが多く見られます。これを見直すことで、毎月の生活費として手元に残るお金を見直すことができます。

 金欠時に安く済む食べ物
◆もう少し安い家賃の所に引っ越せないか?
◆車にかかる費用を節約できないか?
◆そもそも車は本当に必要なのか?
◆保険の見直しなどを検討できないか?
◆スマホやネットの通信費を安くできないか?

これらの中で該当する項目がないか、もう1度確かめてみてください。家賃8万円の家から6万円の家に引っ越せば、月に2万円で年間24万円の節約になります。引越し費用や初期費用を考えても、充分に元が取れるはずです。

普通車を軽自動車に変えるだけで、月に1万円前後の節約が見込めるはずです。スマホを格安SIMにするなどの節約方法は、若い人の間では主流になっています。工夫する場所はさまざまなので、検討をしてみてください。

転職などでそもそもの収入状況を改善

毎月の収入を増やす方法としては、転職という手段はとても有効です。今の職場での昇進や昇給がなかなか見込めない状況であれば、なおさらです。給料が上がる見込みのない会社にいつまでも在籍していては、いつまでもお金がない状況を脱出することはできません。

上記の表は、マイナビ調べによる転職理由ランキングです。「給与に不満がある」が、ランキング3位に入っています。また、4位の「残業が多い/休日が少ない」も、ここが改善されれば副収入を得る余地があることを考えると、問題点と言えるでしょう。

ここ数年で話題になっている「転職エージェント」を使うことで、あなたの収入UPの可能性を総合的に判断してくれます。年収が今よりも50万円増えたら、生活面でも相当ラクになるのではないでしょうか。

金融機関でまとまったお金を借りる

少しまとまったお金が必要な場合も、金融機関は強い味方になってくれます。少し時間をかけて経済状況を立て直したい時には、できるだけ低金利で借りられる金融機関でお金を借りて、中長期的な視野で収入と支出の改善を図ってみてください。

銀行系カードローンの金利は、想像しているほど高くありません。仮に、CMなどで有名な大手カードローン「アコム」で10万円を借りて、30日かけて返済する場合の利息は、以下の通りになります。

基本的な利息の計算方法
借入額 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息
借入額を10万円、金利を18.0%、借入日数(返済までかかる日数)を30日とした場合、以下のような計算になります。

100000×0.18÷365×30=1479.45

小数点以下は切り捨てになるため、支払う利息は1479円です。

これはもちろん、借りている額と借りている期間によって変わってきます。それでも、想像していたよりも高くないと感じる人の方が多いと言われています。

自分が今いくら必要で、毎月の収入がいくらで、完済までにどれぐらいかかるのか。これは自分で計算するのもいいいですが、オペレーターに相談することで適切な回答を教えてもらえます。本気で現状を改善したいなら、相談だけしてみるというのも有効な手段です。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!

【LEVEL5】本当に生活できないくらいにお金がない…

 こんな人は早期対処が必要 
  • すでに金融機関から多くのお金を借りている
  • クレジットカードや各種支払いも延滞しそう
  • 知人からも早くお金を返せと催促されている

そんな限界地点まで達している場合は、短期的に稼ぐとか、物を売るとか、そんな段階ではありません。とにかく今の状況を打破しないことには何も始まりません。

そんな時に大切なのは「自分1人で解決せず相談すること」です。1人でジタバタしたところで、問題はいつまでたっても解決しません。それどころか、時間がすぎれば過ぎるほどに事態は悪化してしまいます。

生活福祉資金貸付制度

いわゆる生活保護です。日本国憲法第25条に基づいた生活保護法では、すべての国民が健康的でかつ文化的な最低限の生活をできる権利を持っています。

 日本国憲法第25条

1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

申請方法は、住んでいる市区町村によって若干変わってきます。基本的には、公的機関に相談をした後に書類を作成して申請。その後に市区町村側で調査をおこない、最終的に受給ができるとなれば、生活保護を受けられるという流れです。

以下に厚生労働省の生活保護制度について記載されたページのリンクを貼っておきますので、本当にお金がない人は参考にしてみてください。

【参考】厚生労働省の生活保護制度について

専門家に相談

クレジットカードの支払いがどうしても追いつかなかったり、家賃を滞納して首が回らなかったりした場合は、とにかく専門家に相談するという方法が得策です。日本には、お金の悩み相談をしてくれる機関がいくつも設けられています。

最後の手段として弁護士や司法書士に相談したうえで「債務整理」を検討しましょう。

 国民生活センター・消費生活センター 
現在の状況に至る経緯を相談
カードを使った内訳、支払い状況、支払い可能になる日時など説明してみてください。相談に乗ってもらえます。

※最寄りのセンター・連絡先は公式サイトで確認してください
独立行政法人 国民生活センター

 金融サービス利用者相談室 
金融商品やサービスの相談窓口
預金・融資・保険商品・保険制度・投資・証券・貸金業など、お金に関しての適切なアドバイスをしてくれます。

金融庁:金融サービス利用者相談室

 日本弁護士連合会 
借金・債務状況の相談
カード会社への支払い総額・その他お金関連の悩み等を相談してみてください。

日本弁護士連合会 公式ページ

【番外編】お金がない時こそココに注意!

ここからは番外編として、お金に困った時のあれこれを紹介します。

お金がない時は、人はどうしても冷静な判断ができなくなります。そんな時こそ、思わぬ落とし穴に注意しなければなりません。助かりたい一心で手を出したサービスが、実は犯罪や事件など取り返しのつかない事態に発展することもあるのです。

クレジットカード現金化はNG

お金はないけどクレジットカードは持っているという状況の人も多いことでしょう。そんな人向けに「クレジットカード現金化」というサービスが提供されていますが、これは絶対にやってはいけません。

クレジットカードを使って高価な買い物をすれば、すぐにその購入額から手数料を引いた分の現金を受け取れるという仕組みです。すぐに現金が欲しい人としては嬉しいサービスのように見えますが、カードの支払い日にはその使った分の請求が待っています。それだけでなく、多くのクレジットカード会社はこの行為を規約違反としています。

場合によっては犯罪や大きなトラブルに巻き込まれる可能性もあります。クレジットカード現金化は絶対にNGと覚えておいてください。

街中の誰も知らない金融機関で借りるのもNG

お金がない時は金融機関を頼るというのは間違ってはいません。しかし、それは「法律を守っている金融機関」でなければいけません。法律を守らない金融機関のことを、いわゆる「ヤミ金」と言います。

ヤミ金は、あたかも自分たちは親切丁寧なサービスを提供しているように見せかけてきます。返済能力のない人にもお金を貸して、法外な金利による利息を突き付けて、どんな手段を使ってでも回収しようと圧力をかけてきます。

ヤミ金でお金を借りると…
昼夜問わずに督促の電話がなる
夜間や休日でも訪問して取り立てをする
職場や実家などにも連絡をしてくる
法外な利息を請求される

ヤミ金でお金を借りてしまったら、冗談抜きで取り返しのつかない事態になります。これを防止するための方法は「絶対にその場でサインしないこと」です。

知名度のある大手消費者金融か判断がつかない、もしくは、大手消費者金融以外で検討している場合でも正式な貸金業者かは確認しましょう

金融庁の公式サイトには、国に許可をもらって営業している貸金業者かどうか調べられるページがあります。まずは、そちらで安全な業者か調べてください。

安全か調べる方法
貸金業登録番号を確認してください!
貸金業登録番号とは、金融庁から許可もらい営業をしている貸金業者に与えられる番号です。この番号がある貸金業者は法律に基づいた貸し付けを行うことが義務化されています。
▶登録貸金業者情報検索入力ページ

お金がなくても幸せに生きる方法

お金がない状況が続くと、どうしてもネガティブな心境になってしまいます。その気持ちも分かりますが、できることなら「お金がなくても幸せになれる過ごし方」を探してみてください。

例えば大好きな彼女とデートをする時にお金が無かったとしても、楽しめる場所はたくさんあるはずです。公園・図書館・ショッピングモール・無料の展望台・お互いの家など、デートの過ごし方や行き先はさまざまです。

1人でお金がない状況だったなら、幸せを感じる方法は無限にあります。自転車で行ったことのない場所へ行ったり、地方に移って自給自足をしたり、その気になれば海外の物価の安い国へ移住したりも検討できます。

お金がない時こそ、人生をどう楽しむか。これを考えてみてはいかがでしょうか。

Q.お金がない時はどのような事に注意すべきか

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

目的や金額に応じた適切な対処をとる事です

お金がない時は、気持ちの面で切羽詰まってしまい、つい安易な行動を起こしがちです。人によっては、自暴自棄になってしまい、余計に窮地に追い込まれてしまうケースも珍しくありません。

大切なのは「いつまでにいくら必要なのか」と「借りたお金をいつ返済できそうか」をきちんと見極めることです。そして、一時的に凌ぐことができたなら、同じミスを繰り返さないようにすることも大切です。収入と支出のバランスを考えて、生活に必要なお金を見直してみてください。

【まとめ】お金がない時でも諦めない

お金がない…どうしよう!

こんな状況になった時には、まず立ち止まって冷静になることが大切です。ついパニックになって、正解でない道を選んでしまうと、もしかしたら大きな後悔をする結果になるかもしれません。

状況に応じて物を売ったり、料理や雑費にかかるお金を節約したり、クレジットカードやカードローンを活用したり、副業や日払いバイトを検討したり、知り合いを頼ったりと、解決方法は人によってさまざまです。どんな過ごし方をするのかと合わせて考えてみてください。

お金は生活のためになくてはならないものなのに、お金の知識は誰も教えてくれません。だからこそ、自分で正しい知識を身につけて、快適なマネーライフを送りましょう。

この記事で紹介したカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分

おすすめの特集ページ

金欠に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る