プロミスはATMがカードなしで利用可能|具体的な利用手順を解説

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事にオススメの人… 
  • プロミスはどのATMが利用できる?
  • カードが使えないけど返済したい
  • カードなしでATMを利用したい

テレビCMでもお馴染みのプロミスはWEB完結申し込みも選択することができます。その場合はカードレスでプロミスを利用する事ができ、わざわざローンカードを受け取る必要もありません。

このように利便性の高いプロミスを、さらに便利に利用するにはATMの知識が必要不可欠です。

プロミスで利用できるATMは2種類あり、それぞれ特徴があるので、この記事で確認しておきましょう。

ATMの営業時間と手数料

ATM 用途 営業時間 手数料
~1万 1万~
プロミスATM 契約 9:00~22:00
借入 7:00~24:00
※ATMにより営業時間、休日が異なります。
無料 無料
返済
三井住友銀行 借入 9:00~21:00
(店舗によって異なる)
無料 無料
返済
その他銀行 借入 110円 220円
返済
コンビニ 借入 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
110円 220円
返済

このようにコンビニATMはどこにでもあり24時間利用できるので利便性は優れていますが、手数料がかかるというデメリットがあります。一方、プロミスATMは場所が限られ、営業時間も短いのでコンビニよりは不便ですが、手数料が無料で利用できるのです。

コンビニのマルチメディア端末なら返済の手数料0円

コンビニATMで借入・返済をすると手数料がかかります。しかし、返済に関しては手数料を無料にすることができるのです。

ローソンやミニストップに設置されているLoppi(ロッピー) 、ファミリーマートにあるFamiポートというマルチメディア端末と呼ばれる機械で返済すると、返済手数料が無料になります。

マルチメディア端末では返済にしか利用できないので、借入の際は手数料がかかってしまいますがATMを利用してください。

また、多少手間もかかるので、できることなら手数料を無料で利用できるATMを使いましょう。

カードなしで利用できるATMは2種類

プロミスで利用できるATMはプロミスATMと提携ATMの2種類あります。

プロミスATMとは、自動契約機に併設されているATMのことです。プロミスATMでは、新規契約をすることができます。そのため即日融資を受けたい人にとっては非常に役立っているのです。

借入と返済に関しては、いずれのATMでも利用可能ですが、手数料の有無と営業時間が異なるので注意してください。

1|プロミスATM

プロミスATMではカードなしで返済ができます。借入はカードが必要になるので注意してください。

プロミスATMは自動契約機に併設されているので、全国各地にあるものの、コンビニATMよりは少ないでしょう。

2|セブン銀行ATM

セブン銀行ATMでは、カードなしで借入も返済も可能です。

セブン銀行と言われるとセブンイレブンにしかATMを設置していないと思う人もいるかもしれませんが、セブン銀行はセブンイレブンだけでなく、イトーヨーカドーやオフィスビル、空港や駅、高速道路のサービスエリアなどにも設置されています。

プロミスATMをカードなしで返済する方法

プロミスATMではカードレスで返済することができます。「カードが使えない」といったような緊急時でも、カードレスであれば問題ありません。

難しくありませんが、一応その手順を確認しておきましょう。プロミスATMで返済する手順は、たったの3ステップです。しかも、ものすごく簡単なので誰でも戸惑うことなく利用できるでしょう。

「カードなし」を選択する
カード番号or氏名・生年月日・電話番号を入力
返済する

このように、カード番号が仮にわからなくても、「氏名」・「生年月日」・「電話番号」を入力すれば利用できます。

1000円単位で借りることができる

借入におけるプロミスATMのメリットは、1000円単位で借りられることです。

提携ATMだと、1万円単位でしか借りることができません。

本当に必要な金額だけを借りようと思った場合、1000円単位で借りられる方が便利です。借りる金額が多くなればなるほど、利息も増えます。

手数料も無料なので、生活圏内にプロミスATMがある場合は、積極的にプロミスATMを利用しましょう。

Q.誰かに見られたくない人はどうすればよいか

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

コンビニATMなら安心でしょう

消費者金融を利用していることを、他人に知られたくないと言う人は少なくないと思います。そんな方は、コンビニATMを利用すると良いでしょう。手数料がかかるというデメリットはありますが、コンビニATMなら24時間利用でき、何よりも様々な用途を持っている為、利用している人を奇異な目で見る人はいないでしょう。また、返済に限って言えば、マルチメディア端末で返済することにより、手数料を無料にすることも可能です。さらにセブンイレブンのATMなら、カードはもちろんカードレスでも借入や返済が可能です。カード自体の不良時や、カードを所持していない時の不意な用途にも対応できますので、覚えておくと良いでしょう。

セブン銀行をカードなしで借入・返済する方法

セブン銀行ATMでは、カードなしでプロミスの借入も返済も利用することができます。カードを利用するよりも少し手間がかかりますが、カードなしで契約した人や、カードを家に忘れてきてしまった時や無くしてしまった時でも利用することができます。

手順はプロミスATMでよりも、少し複雑にはなっていますが、1度使ってしまえば慣れるはずです。

カードレスでATMを利用する手順 ▶

提携ATMでの借入・返済

提携ATM 用途 営業時間 手数料
~1万 1万~
三井住友銀行 借入 9:00~21:00
(店舗によって異なる)
無料 無料
返済
その他銀行 借入 110円 220円
返済
コンビニ 借入 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
110円 220円
返済

提携ATMを利用する場合は、各店舗によって営業時間が異なるので注意してください。

借入と返済が可能な金融機関は以下の通りです。

金融機関
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • ゆうちょ銀行

借入だけが可能な金融機関は以下の3行です。

金融機関
  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行

おすすめの特集ページ

プロミスに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る