アコムを使いたいアルバイトが審査通過のために知っておくべき審査内容

Murakami

この記事のアドバイザ

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事はこんな人におすすめです
  • アコムでお金を借りられないかな?
  • 正社員じゃないから不安…
  • アルバイトでもアコムの審査に通る?

カードローン大手のアコムは、いざというときに非常に頼りになります。しかしそれは、審査に通って契約出来ればの話…

などというように、審査に不安がある人でも諦めてはいけません。収入が低かったり、アルバイトであったりしてもアコムを利用している人は少なくないのです。

アルバイトでもアコムの審査に通る人はいる

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!

アルバイトだからといって、アコムの審査が不安で諦める必要はありません。アコムを利用している人の中には、アルバイトやパート、派遣の人もいます。

何かしらの悩みがアコムで解決するのであれば、雇用形態を理由にアコムを諦める必要はないのです。

アコムの申し込み条件を確認

アルバイトでもアコムを諦める必要がない根拠として、まずはアコムの具体的な申し込み条件を確認してみましょう。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムでは申し込み条件として、決して雇用形態をしていしてなどいません。

アルバイトの人であっても、申し込みそのものは問題なく可能なのです。

公式サイトへ

申し込める=審査に通るではない

ただし気をつけなければいけない点は、申し込めるからといって審査に通るわけではない点です。

実際に審査では、どのようなポイントが見られるのか確かめてみましょう。

毎月の収入・勤務状況でみる収入の安定性

アコムでは毎月の収入や勤務状況から、どのくらい収入が安定しているかを見ます。

決して高収入である必要はありませんが、毎月定期的な収入を得られていなければ安定しているとは言えません。

むしろ収入に波がある高収入な人よりも、低収入だけど毎月一定の収入を得続けている人の方が安定しているといえます。

金融的なあなたの信用情報

収入の安定性以上に大切な審査のポイントは、申込者が信用できるかどうかというポイントです。

アコムでは信用情報機関に申込者の信用情報を照会して、これまでのローンやクレジットの支払い履歴を見ます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

※注意※申込内容の嘘は絶対にNG

審査に受かりたいという気持ちがあるのはわかりますが、申し込み時に嘘の情報を書くのは絶対にやめましょう。

アコムは創業からこれまでの顧客データから、おおよその顧客の傾向を把握しています。

真っ先に審査に落ちることはありませんが、傾向から逸している情報がある場合は証明を求められる可能性があるのです。

正直に書いたほうが印象が良い

たとえ審査に自信がなかったとしても、申込内容は正直に書いておいたほうがアコムからの印象がよくなります。

むしろ審査結果がギリギリのときは、正直に書いてあるほうが信用をしてもらえる可能性があるのです。

金融機関は意外と人情的に判断する

意外なことかもしれませんが、融資を行っている金融機関は意外と人情的な判断をすることがあります。

人情的な判断といっても、「かわいそうだから貸してあげる」といったものではありません。

嘘を付く人は信用せず、正直な人・誠意がある人には誠意をもって対応してくれるというわけです。

申し込みフォームの内容を確認

ここでアコムを申し込むときに、どんな情報を入力するのか申し込みフォームの内容を確認してみましょう。

ちなみに回答フォームの量は結構あるので、申し込みはWebで行うのがベターです。

今回はその中でも、特に審査に影響する情報をピックアップしていきます。

思わぬところが響く本人情報

まずは氏名・住所といった本人情報を確認していきましょう。

 アコムできかれる本人情報 
旧姓
戸籍上の苗字が変わった人は、前氏名での信用情報照会が行われる可能性があります
性別・独身 既婚
ナイーブなポイントですが、統計的な判断材料として使われます
住居種類
持ち家・賃貸・社宅などそれぞれで、顧客の経済状況を測ります
入居年月
居住先月が長ければ長いほど、貸し倒れのリスクが減ります
家賃・住宅ローンの有無
居住費の有無によって、顧客の経済状況を測ります
同一家計の人数
家計の状況によっては、経済状況が変動するためです

最も大きく影響する勤務先情報

次に入力するのは、勤務先情報・収入情報です。審査においては、このポイントが最も大きく影響するといっていいでしょう。

 アコムできかれる勤務先情報 
お勤め先電話番号
職場に勤めているかどうか確認する在籍確認のためにきかれます
会社名
勤務先について調べるために、必要な情報です
所属部署
たとえば勤務先に連絡をするとき、申込者を伝えるためにきかれます
社員数
会社の規模を測るためにきかれます
事業内容
どんなことをしている会社か知るために確認します
入社年月
安定した勤続年数かどうかを測るために確認します
雇用形態(※)
解雇・退職のリスクがどれだけあるか確認します
収入形態
固定給・歩合給・時給などから安定性を測ります
収入(年収)
どの程度の借入限度額を設定できるかの参考にします
給料日
無理なく返済可能な返済日を設定するためにきかれます
保険証種類
実は保険証の種類によって会社がどのくらい安定しているかわかります
※雇用形態が派遣社員の人は、必ず派遣元の情報を入力してください。事前に派遣元に「在籍確認があるかもしれない」と、連絡をしておくと成功する確率が上がります。

借入可能額が決まる項目

アコムでは上記の他に、借入可能額の設定するために以下の内容をきかれます。

現在の借入状況
何件から何円借りているのか書きましょう
自動車ローンや住宅ローンなどは除き、無担保で借りているフリーローンやカードローンのみが対象です。

借入希望額
借入希望額はなるべく低く設定しましょう
収入状況や現在の借入状況から判断して、借入希望額に満たなかった場合「希望に添えなかった」という形で審査に落ちる場合があります。可能な限り、低い金額を設定してください。

ちなみに上記には、総量規制というルールが関係しています。

アコムといった貸金業者は、他の借り入れ額も含めて年収の1/3までしか貸し付けることができません。

また借入金額によっては、収入証明書の提出が必要になるのです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

収入が少ないアルバイト・パートもOK

申し込みフォームの内容を確認した結果、収入の少ないアルバイト・パートの方でも申し込めることがわかりました。

そして収入の大小ではなく、収入の安定性が大切だということも理解してもらえたでしょう。

毎月の収入が25,000円あれば見込みあり!

アコムでは貸付可能額の最低額を、10万円に設定しています。総量規制の影響を考えると、アコムでは最低でも年収30万円を必要とする計算です。

そのためには、毎月2万5千円の収入が必要になります。アルバイトやパートでも、十分に稼げる金額といえるでしょう。

まとめ

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!

アルバイト・パートの人であっても、アコムの審査を諦める必要はないことがわかってもらえましたでしょうか。

過去に金融事故があったり、仕事をはじめたばかりというわけでもなければ、あまり不安になる必要もないでしょう。

公式サイトへ

アコムに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る