誰かお金貸してください!お金を貸してくれる所と個人間での貸し借りリスク

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. お金を貸してもらう4つの方法
  2. 金融機関以外から借りる場合の注意点
  3. 個人融資掲示板に潜む5つのリスク
  4. 闇金にお金を貸してもらうと人生崩壊?恐ろしい闇金被害とは
  5. 安全にお金を貸してほしい人はこんな言葉に注意!闇金の可能性有
  6. それでも個人融資掲示板でお金を貸してもらいたい理由とは?
  7. ちょっと待った!本当にブラックかまずはチェック
  8. 最短1時間でお金を貸してもらえる正規業者
  9. まとめ

お金がなくて困っているときは、ついつい「誰でもいいからお金を貸して!」となりがちですが、お金を貸してもらう方法は十分に気をつけなければいけません。

どうしてもお金を借りなくてはいけないとき、どのような方法が良いか解説します。

お金を貸してもらう4つの方法

【1】銀行や消費者金融などの金融機関で貸してもらう

お金を貸してもらうもっともポピュラーな方法が、銀行や消費者金融などの金融機関を利用することでしょう。

金融機関でお金を借りられるサービスの中でも、カードローンであれば借りたお金の利用目的は基本的に自由です。

【2】会社から給料を前借りする

お金に困っているのであれば、勤めている会社の給料を前借りするのもひとつの手段です。しかし会社は前借りのお願いに対して応える必要はないため、誰でも使える手段とはいえません。

むしろ出産・疾病・災害などを除き、非常時以外では前借りは制度が整ってなければ、違法の可能性さえあります。

【3】家族や友人など身内から貸してもらう

お金を貸してもらうポピュラーな手段のひとつが、家族や友人・恋人といった身内からお金を借りることです。しかし金銭の貸し借りは、人間関係において非常にデリケートなことといえます。

特に女性の場合は交際している男に「お金を貸して」と言われる人が多く、必要に応じて上手な断り方を覚えておいて損はないでしょう。

【4】個人融資掲示板を利用する

たとえば「お金 貸して」などとインターネットで検索すると、個人間でお金の貸し借りをする掲示板を見ることがあります。

インターネットで呼びかけて、それを見た誰かがお金を貸してくれることに期待するシステムです。

金融機関以外から借りる場合の注意点

公的な金融機関以外からお金を貸してもらう場合は、何重にも注意をしなければ大変なことになる可能性があります。

きちんと書面上の手続きをとって、公明正大で健全なお金のやりとりを心がけましょう。

Q.金融機関以外からお金を借りるリスクとは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

人間関係に上下関係が生じてしまう

個人間でお金の貸し借りをしてしまうと、人間関係に上下関係が生じてしまうことが非常に多くなります。
お金を貸している側が上、借りている側が下になってしまうのです。
この関係は例え期日を守ってお金を返済し、利息まで払ったとしても同じことです。
また、完済したとしても「あの時お金を貸した(借りた)」という事実はその後も上下関係を生んでしまいます。
お金の貸し借りというのは、それほど人間関係に上下を生んでしまうため、金融機関というものが存在するのです。
金融機関にとっては、期日を守って返済を続けている人は利息をくれるお客様になり、顧客の方が偉くなります。
個人間の貸し借りは人間関係を壊すため、絶対にやめましょう。

貸し借りのルール=必ず書面に残す

お金の貸し借りをするときは、必ず以下のことを書面に残しておいて下さい。お互いに書類を確認して、お互い同じものを保管しておきましょう。

書面に残すべき事項
  • 契約書の作成日時
  • 貸し手の氏名・住所・押印
  • 借り手の氏名・住所・押印
  • 貸付金額
  • お金を渡す日付
  • 返済方法・回数
  • 返済期日
  • 利息の決まり方(※)
  • 返済遅延損害金(※)
※必要に応じて

こういった書類は、身内間である場合は貸す側にとって申し出にくいことです。もしも身内が好意的に貸してくれるのであれば、必ず貸してもらう側から提案しましょう。

もちろん身内間だけではありません。相手を問わずにお金の貸し借りをするときは、上記のような書類を残すとトラブルのリスクを減らせます。

安全でなければ絶対に貸してもらわない

仮に上記のような書類を作ったとしても、個人間でお金のやり取りをする以上は何らかのリスクがつきまといます。

であるとするならば、これらの書類が作れないのなら絶対にお金のやり取りをしてはいけません。

たとえ友人と信頼関係があったとしても、それを盾にして書類を拒む人を信頼はできないのではないでしょうか。

個人融資掲示板に潜む5つのリスク

知人間でも前述のような書類を作るといった手間が必要なのですから、他人同士で行われる個人融資掲示板であればなおさらリスクは高くなります。

実際に個人融資掲示板では、あらゆる被害が絶えません。個人融資掲示板に潜む、5つのリスクを確認してみましょう。

リスク1|先振込み詐欺

個人融資掲示板においては、先振込み詐欺という被害が報告されています。

不安を装って「信用できるかどうか確かめたいので、先に◯万円ほど振り込んでくだされば、すぐに融資します」などといって前金を振り込ませて、連絡がとれない状況になるのです。

不安を装っていることから、借り手の警戒心が薄くなることを狙っているのでしょう。お金がなくて困っていることにつけこんで、追い打ちをかけてきます。

リスク2|個人情報抜き取り目的

個人融資掲示板では、お互いの素性がわからないため基本的に個人情報を提示してやり取りをしなければいけません。

個人情報が目的であるとすれば、ほぼ間違いなくお金が手に入ることもなく、個人情報は抜き取られてしまいます。

リスク3|性犯罪に巻き込まれる

仮にお金に困っている女性が個人融資掲示板を利用した場合、性犯罪に巻き込まれてしまう可能性も考えられます。

もしも卑劣な性犯罪者に引っかかってしまった場合は、ストーカー行為や猥褻な画像・動画の強要などのリスクがあるでしょう。

リスク4|アフィリエイト目的

個人融資掲示板の中には、アフィリエイトでの利益を目的とした人もいます。無責任にカードローンやクレジットカードに誘導して、審査に通るかどうかといった都合は無視して申し込ませるのです。

基本的に審査に通ろうが通るまいが、申し込みさえさせてしまえば向こうに損はありません。

しかし申し込んだ側は審査に落ちた場合、今後のライフプランに不利な審査に落ちた記録が残るのです。

リスク5|個人かと思いきや闇金

個人融資掲示板のリスクで最も恐ろしいのは、一般人かと思いきや相手が違法な闇金業者というものです。

万が一闇金に引っかかってしまった場合のトラブルは凄まじく、このリスクがある時点で利用を控えた方が賢明といえます。

闇金にお金を貸してもらうと人生崩壊?恐ろしい闇金被害とは

個人融資掲示板において最も恐ろしいリスクである闇金業者は、意外にも身近なところに身を潜めています。

たとえば電柱や街頭に貼ってある貼り紙はもちろん、インターネットで健全性を謳う闇金業者も存在するのです。

Q.闇金の被害に遭った場合はどう対処すべきか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

弁護士にすぐ相談しましょう

闇金はお金を貸すという行為そのものが違法です。
また、法外な金利ももちろん違法金利です。
そのため、被害者がしかるべき弁護士などに相談すれば闇金はそれ以上は督促をしません。
闇金はとにかく精神的に追い込み、冷静な判断ができないように執拗に督促や嫌がらせを行い、お金を払い続けるしか解決策がないように追い詰めてきます。
確かに闇金は怖いですが、このような闇金の手口に乗ってはいけません。
法外な利息で、登録貸金業者でもない業者が金を貸すということがそもそも違法なのですから、闇金などに強い弁護士に相談を行い、弁護士から闇金に通知を出して貰えば大抵督促はストップします。
まずは冷静になることに努めましょう。

闇金は予想以上に身の回りに潜んでいる

闇金といえば、ドラマや映画といった世界のものと思われがちですが、その存在は決してフィクションのものではありません。

実際に日本貸金業協会では、過去3年間被害相談を受けています。

闇金融被害相談件数
平成27年度 平成28年度 平成29年度
累計 累計 累計 4月 5月 6月 7月 8月
364 222 86 18 14 20 16 18

年々減ってはいますが、相談されているだけでも毎月これだけの数値があるのです。

闇金業者がつかう卑劣な手口

ここで闇金業者つかう卑劣な手口と、被害内容を見てみましょう。

悪質で卑劣なヤミ金の手口
  • お金を借りるまで帰してくれない
  • 借りた分の何十倍もの返済を要求
  • 大声で近所に聞こえるように取り立て
  • 暴力行為に訴えた利息の要求
  • 完済したのに文句をつけてお金を要求
  • ビラや張り紙で留守中にも嫌がらせをする
  • 職場や実家に乗り込んで返済を要求する
  • 夜中や早朝に関係なく利息を要求する

もちろんこれらは明らかな違法行為ではありますが、なかなか人に相談できないことも事実です。

安全にお金を貸してほしい人はこんな言葉に注意!闇金の可能性有

闇金業者や違法業者を見分ける方法はいくつかありますが、すぐに判別できる方法は言葉にあります。

必要以上に簡易な借り入れができたり、人となりにかかわらずお金が借りられるといった言葉は危険です。

こんな言葉に注意「未成年でもお金貸します」

たとえば未成年でもお金を貸すといった旨の言葉は、違法業者の可能性が非常に高いといえます。

法律上19歳以下の人は保護者の同意なしに契約行為ができないため、未成年だと誰にも知られずお金の貸し借りの契約はできないのです。

ちなみに学生でも二十歳を超えれば契約はできますが、無責任に未成年への借金を勧める業者は危険かもしれません。

こんな言葉に注意「ブラックOK」「誰でも審査に通る」

金融機関を利用しない人の中には、審査が不安という人が多く居ます。そういった人を狙って、「誰でも審査に通る」や「審査がない」などと謳う業者があります。

しかし正規の業者であれば、こういった宣伝文句は貸金業法第16条「誇大広告の禁止等」で禁止されています。

 貸金業法第16条「誇大広告の禁止等」

貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。

こんな言葉に注意「審査なし」「極甘審査」

前述したもの同様、審査に不安を人に対して「審査なし」や「極甘審査」などと宣伝している違法業者は後を絶ちません。

貸金業法を遵守しているまともな正規業者が、無責任にお金を貸すことなどは考えられないでしょう。

なぜ違法業者ならお金を渡すのかというと、利用者の私生活や人生を崩壊させてでも全てのお金をむしり取るからです。

まともな借り入れ先の見分け方とは?

まともな業者を見分けるためには、財務局登録番号を探すと良いでしょう。正規業者はいずれの宣伝であっても、必ず「登録番号」が書いてあるはずです。

金融庁に貸金業者登録番号を照会することです。まともな貸金業者であれば、ホームページや広告に必ず掲載されています。

登録番号の他にも、会社名や代表者名、電話番号などからも照会が可能です。

登録貸金業者情報検索入力ページ|金融庁

それでも個人融資掲示板でお金を貸してもらいたい理由とは?

これだけ個人間でお金を貸してもらうことは危ないとしても、個人融資掲示板がなくならないことには理由があります。

まずは個人融資掲示板の中を見て、その原因を探ってみましょう。

名前
都道府県 希望金額
過去に自己破産をしているため、おそらくどこでもお金を貸してもらうことができません。5万円程度希望しているのですが、来月の15日には返済できます。どなたかよろしくお願いします!
◯◯◯@~~~~

名前
都道府県 希望金額
生活費に困ってて 今日中に必要なので 貸していただきたいです。
29日には、全額必ずお返しできるので。

名前
都道府県 希望金額
現在失業中で、生活費に困っています。10万円と高額ですが、10回分割で利息も付けてお返しします。

やはり個人融資掲示板を利用している人には、困っている人が多いようにうかがえます。

ブラックで他から借りられない…という人が大多数

個人融資掲示板を利用している、金融機関でお金を借りないという人はやはり審査について不安がある人が多いようです。

過去の失敗や現状から、借りられないと思っている人も少なくはないでしょう。

ちょっと待った!本当にブラックかまずはチェック

ブラックかどうかは、決して自分で判断できるものではありません。中には自分がブラックだと思いこんでる人も、居るかもしれないのです。

まずは自分がブラックかどうか、公的な借り入れ先でお金を貸してもらえないかどうかチェックしてみましょう。

まずは貸してもらえるかブラックセルフチェック

自分がブラック火どうか確かめるために、まずは以下のセルフチェックをしてみましょう。

以下の経験がないかセルフチェック
カードローンの返済で3ヶ月以上遅延した
クレジットカードの支払いが長期間遅れた
携帯端末の分割払いで長期間滞納した
家賃の支払いで何ヶ月も滞納した(保証会社を通す場合)
カードローンの強制解約をされた
借金返済ができなくて債務整理した

1つでもチェックがついてしまうと、ブラックになってしまっている可能性があります。

もしも1年以上過去のことであったり、それ移行は真面目に返済をしているのであれば、金融機関からの借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。

不安な場合は専門機関へ問い合わせ

上記のセルフチェックを受けても不安だという人は、専門の個人信用情報機関へ問い合わせてみると良いでしょう。

金融機関が参照している項目を、自分で確かめることができます。詳しい手順は以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

最短1時間でお金を貸してもらえる正規業者

もしもブラックかどうかチェックしてみて、ブラックではないのであれば安全な正規の金融機関を利用するようにして下さい。

ブラックでもないのに個人融資掲示板や、その他の方法でお金を貸してもらうのはリスクが大きすぎます。

たとえば以下の記事で紹介する金融機関であれば、安全でありながら最短1時間でお金を貸してもらえるかもしれません。

大手消費者金融のカードローンという選択肢

ブラックではないという方には、スピードと安全性に定評のある大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

プロミスやアコムといった大手消費者金融に共通するメリットは主に以下の3点があります。

 消費者金融のメリット 
審査が早いので今日・明日中に借りられる
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、よほど遅くに申込まなければ、申し込んだ当日中の借入も難しくありません。
30日分の利息をゼロ円にできる
一部の消費者金融は「無利息期間サービス」を提供しており、初回限定で30日分の利息をゼロ円にできます。
成約率を公開している
消費者金融は、カードローン業界の中でも成約率(申込者の内、実際に借りられた人の割合)を公開している金融機関です。そのため、申し込みに対してどれくらいの人が利用しているかの目安がわかります。

大手消費者金融は成約率を公開している

消費者金融のメリットで解説したとおり、大手消費者金融の中には投資家向けのIR情報で成約率を発表している企業もあります。

例えば、大手消費者金融のひとつであるプロミスの成約率は、44.9%です。
(参照:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標|2020年3月期)

借りられなかった人もいますが、お金を借りられている人がいるのも事実。借りられるかどうか不安を感じている人は、こういった点に着目しても良いでしょう。

おすすめのカードローンはこちら

プロミス

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
プロミスの成約率は44.9%
成約率とは、新規申込者の中で実際に借り入れできた人数の割合を示す数値です。
ちなみに、プロミスの成約率は44.9%となっており、たくさんの方に利用されていることが分かります。(2020年4月時点)
3項目を入力すれば借入できるかすぐ判断!
プロミスの「お借入シミュレーション」を使えば、生年月日・年収・他社借入金額を入力するだけで簡易診断してくれます。
「お借入可能と思われます。」という表示が出れば、借入できる可能性はあるでしょう。
スマホユーザーにはアプリローンがおすすめ
プロミスの「アプリローン」は、手持ちのスマホひとつあればキャッシングできるサービスです。
審査落ちしてお急ぎの方でも、ネット申し込み後にアプリをDLすれば、セブン銀行ATMですぐ借入できます。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

アコム

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
3秒診断で借入できるかすぐ分かる
審査の前に、借入可能か分かる「3秒診断」を受けられます。入力項目は、年齢・年収・他社借入額のたった3つだけ!
「お借入できる可能性が高いです」と出た方は、審査に通過する可能性があります。
年収の3分の1までなら借りられます
キャッシングの借入額合計が、年収の3分の1を超えない範囲であれば、借りられる可能性あり!
すでに他社で借入経験のある方でも、2社目、3社目としてアコムをご利用しているケースもあります。
全国で157万3,000人が利用している
アコムの利用者数は、業界トップクラスの157万3,000人となっています。(2019年12月時点)
利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

アイフル

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
4項目を入力すれば借入できるか1秒で分かる
申し込み前に、借入可能か分かる「1秒診断」を受けられます。入力項目は、年齢・年収・雇用形態・他社借入の金額だけ!
「ご融資可能かと思われます」が出た方は、そのまま申し込み可能。審査結果と融資金額を算出してもらえます。
年収の3分の1までは借りられます
他社借入を含む金額が「年収の1/3」に達していなければ、新規借入できる可能性はあります。例えば、年収300万円なら100万円まで借入できるイメージです。
現在、他社借入がある方は融資してもらえるのか目安にしてみてください。
アイフル独自のピッタリ診断もおすすめ
他社ではあまり目にしないサービスですが、申込者の状況に応じて「あなたにピッタリのお借り入れ方法」を提示してくれます。
1秒診断で借入できる可能性があれば、ぜひ活用してみてください。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

まとめ

個人間融資は非常にリスクが高いので注意しましょう。実際に、お金を借りて、それがトラブルにつながったケースも多くあります。
「自分は大丈夫だろう」。そう思っている人でも、巧妙な手口に騙されて、巻き込まれてしまうリスクも0ではありません。

また、金融機関からお金を借りるよりも、損をする可能性は非常に高いと言えます。安全面を重視するのなら、法律に則って営業している会社から、借入先を選定するのが良いでしょう。

おすすめの特集ページ

個人間融資に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る