ニコスカードでキャッシングする方法と急いで利用する際の注意点

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

この記事の目次

  1. ニコスカードのキャッシングサービスとは
  2. 自分にあったキャッシング方法が選べる
  3. カードにキャッシング機能を付ける際の注意点
  4. 期日までにキャッシング枠が追加できない方は…
 この記事はこんな人向け 
  • 急に現金が必要になった…
  • よし、ニコスカードでキャッシングしよう
  • でも、申し込みや借入方法が分からない…

予定していなかった出費に対応するため、ニコスカードのキャッシングサービスを利用しようと考える人も少なくありません。

しかし、キャッシングサービスの仕組みを理解しておかないと、希望日までに利用できない可能性が高いです。

申し込みする前に、キャッシングサービスの利用方法などを確認していきましょう。

ニコスカードのキャッシングサービスとは

ニコスカードは、「三菱UFJニコス株式会社」が発行するクレジットカードです。

スーパーやコンビニでの買い物だけでなく、毎月の携帯代や公共料金など、日常生活の様々なシーンで利用されています。

手持ちのニコスカードにキャッシング機能を追加することも可能で、まとまったお金が必要な人にも人気です。

キャッシングの申し込み方法

既にニコスカードを持っている人がキャッシングサービスに申し込む方法は非常にシンプルで、手持ちのスマホからでも手続きが行えます。

  1. WEBサービスにログインする
  2. 「WEBサービストップ」を押す
  3. 「ネットキャッシング」を押す
  4. 申し込みフォームから手続きスタート

契約が完了すれば、手持ちのニコスカードにキャッシング枠が追加され、お金を借入できるようになります。

キャッシング枠内なら何度でも借入できる

クレジットカードでキャッシングする際は、普段から利用しているショッピング枠とは別に、キャッシング枠が設けられます。

新たに設定するキャッシング枠が、「利用限度額」と考えてください。

このキャッシング枠までなら、必要な時に何度でもお金を借りることができます。

自分にあったキャッシング方法が選べる

ニコスカードを使ってキャッシングするには、下記の2通りから自分にあった方法を自由に選択できます。

キャッシング方法
ATM・CD(キャッシュディスペンサー)でお引き出し
インターネットで口座振込

借入金額は、いずれも1万円以上1万円単位からキャッシング可能です。

状況に応じて使い分けるのがベストなので、各キャッシング方法の特徴を確認しておきましょう。

キャッシング方法1|ATM・CDでお引き出し

1つ目は、全国の銀行・コンビニATM・CDでキャッシングする方法です。

預金口座からお金を引き出すのと同じ手順なので、初心者でも簡単にキャッシングできます。

各店舗によって利用できるサービスが異なるので、事前に公式サイトでチェックしておきましょう。

メリット
・必要なお金を「現金」でキャッシングできる
デメリット
・ATM利用手数料がかかる
 1万円→100円(税別)、2万円以上→200円(税別)

キャッシング方法2|インターネットで口座振込

2つ目は、手持ちのスマホや自宅のPCを使って、インターネットから指定口座に振り込んでもらう方法で、平日13:00までに申請すれば、最短当日中に希望額を振り込んでもらえます。

しかし、平日13:00以降や休業日の申請だと、振込は翌営業日の12:00以降になってしまいます。

指定口座がゆうちょ銀行の場合、平日・土日祝日関係なく、振込は3営業日後の12:00以降になるので注意しておきましょう。

メリット
・自宅に居ながら口座残高を補填できる
・振込手数料は一切かからない
デメリット
・振込先の金融機関によっては時間がかかる
・土日祝日の場合は翌営業日の振込になる

カードにキャッシング機能を付ける際の注意点

あとちょっとだけ手元に現金が欲しい、口座引き落とし前なのに残高不足、そんな状態でも頼りになるニコスカードのキャッシングサービスですが、急ぎの人は注意が必要です。

キャッシングできるまでにかかる時間や一般的な返済方法など、申し込む前に事前確認しておかなければいけません。

注意点1|すぐにはキャッシングできない

ニコスカードのキャッシングサービスを利用するには、再度審査を受けなければいけません。

初回申し込み時に行われた入会審査を通過していたとしても、キャッシング枠の審査は別物なので例外なく行われます。

ショッピング枠と違い、キャッシングではさらに詳細な審査が行われるので、入会時より時間がかかると考えておいてください。

一般的なクレジットカードでは、キャッシング枠の審査結果メールが届くのに1週間ほどかかる場合もあるので、緊急性の高い人にはおすすめできません。

Q.入会審査とキャッシング枠の審査は何が違うの?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

入会審査より厳しい傾向があります

審査方法は変わりませんが、総量規制の対象であるキャッシング枠の方が総量規制の対象外で、商品代金を立て替えるクレジットカードの入会審査よりも厳しくなる傾向があります。利用目的が限定されていないためという見方もできるでしょう。
ただし、キャッシング枠はクレジットカードの利用限度額内で設定され、上限額がショッピング枠を上回ることはなく、キャッシングを利用した分だけショッピング枠の利用残高は減少します。

注意点2|高額なキャッシングには不向き

ニコスカードに限った話ではありませんが、一般的なクレジットカードの返済方法は一括払いが基本です。

仮に10万円以上の高額なキャッシングを行う場合、次月の返済負担はかなり大きくなってしまいます

中にはキャッシングリボ払いが選択できるカードもありますが、借入専門のカードローンに比べると、無利息サービスなどの利便性で劣っているのが実情です。

一括払いできない程の借入を行わないよう、利用する際は十分注意しておきましょう。

期日までにキャッシング枠が追加できない方は…

 ここから先はこんな人向け 
  • キャッシング機能が付くのを待っていられない…
  • 借入を希望していたけど、一括払いはキツイ…
  • でもお金は必要…どうしよう…

キャッシング希望者の状況によっては、ニコスカードのキャッシングサービスではフォローしきれない点も多々あります。

しかし、まとまったお金を用意できるのはニコスカードのキャッシングサービスだけではありません。

自身の置かれている状況を踏まえて、適切なクレジットカードを検討してみましょう。

新規カードの発行を検討してみる

すでにニコスカードを持っている場合、期日までに間に合うのであればキャッシング枠の追加申請を行ってください。

しかし、記事中でも解説した通り、キャッシング枠の審査を通過するには1週間ほどかかる可能性もあります。

そんな時は、ニコスカード以外のクレジットカードを新規発行する選択肢にも目を向けてみましょう。適切なカードを選べば、申し込んだその日に発行することも可能です。

ACマスターカードなら最短即日発行

緊急性が高い人は、キャッシング枠を設けるよりもACマスターカードを新規発行した方がスムーズに対応できるでしょう。

24時間365日対応のネット申し込みが利用できるだけでなく、時間のかかりやすい審査は最短30分で完了。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 最短30分のスピード審査
  4. 契約完了
  5. 自動契約機でカード発行
  6. 近くのATMでキャッシング

上記のフロー通りに進めれば、契約後にカード郵送を待つ必要もなく、最寄りの自動契約機を使えば即日発行できます

カードローン機能を使ってキャッシングする

アコムの取り扱うACマスターカードにキャッシング機能は付随していませんが、代わりにカードローンサービスを利用できるようになっています。

上記のように、ACマスターカードのカードローン機能を使うことで、現金による様々な支払いに対応していけます。

返済はリボルビング払いが基本

ACマスターカードでカードローンを利用した場合、キャッシングしたお金の返済は「リボルビング払い」となります。

 リボルビング払いとは?

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。
回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

例えば、10万円を超えるような借入が必要だったとしても、毎月の返済は少額で済みます。

お急ぎで現金が必要な方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

クレジットキャッシングに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る