今すぐお金が必要!無審査で借りられるカードローンはある?

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. Q.無審査で借りられるカードローンはある?
  2. 無審査でお金を借りたい人の4つの理由と解決策
  3. 今すぐお金が必要なら4つの条件をクリアしなければならない
  4. 今すぐにお金が必要!そんな人におすすめのカードローン
  5. まとめ

 この記事に向いている人… 
  • 今すぐお金が必要!
  • 無審査でお金を借りたい!
  • どのカードローンがおすすめ?

今すぐお金が必要!という状況のときに、審査があると時間がかかり面倒ですよね…。また、審査に落ちるかもしれないという不安から無審査の金融業者を探している人もいるはずです。

しかし、無審査で利用できるカードローンなんて本当にあるのでしょうか?

Q.無審査で借りられるカードローンはある?

A.無審査で借りられるカードローンは無い!

カードローンに限らず、お金を借りるには審査があります。クレジットカードのキャッシング、消費者金融、街金など、いかなる金融業者も審査を行わずにお金を貸すことはありません。

返済されなかった場合に、貸したお金がそのまま損失になるからです。審査を行い、返済する能力がある人だけに融資を行うのは当然の仕組みといえます。

Q.審査が無い消費者金融って本当に危険?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

審査なしで融資は闇金

「審査なしで即日融資」などという広告をネットで目にすることがありますが、審査のないローンなどあり得ません。
消費者金融などの貸金業者を規制する法律である貸金業法では、事業者に対して、返済能力に見合った融資を行うように審査を義務付けているためです。
このため、合法業者が審査なしで融資をすることは絶対にありません。
審査なしは確実に闇金であると考え、絶対に取引しないようにしましょう。

無審査=闇金融

『無審査』は闇金融の売り文句の1つ。

審査に落ちるかもしれない…。と不安に感じている人をターゲットにしているのが闇金融なのです。

闇金融の被害は毎年起きています。日本貸金業協会に寄せられた闇金被害の相談件数は以下の通りです。

闇金融被害相談件数
平成27年度 平成28年度 平成29年度
累計 累計 累計 4月 5月 6月 7月 8月
364 222 86 18 14 20 16 18

上記の被害相談は、あくまでも日本貸金業協会に寄せられた相談だけなので、被害の氷山の一角に過ぎません。

サラ金の意味と闇金との違いから安全な貸金業者を区別する方法

闇金融の手口の実態

闇金融に手を出すと、下記のような被害が発生します。

借り入れの容易さをアピールして集客

容易な借入ができるような売り文句で、一般的な金融機関の利用が困難な消費者を誘い込む。
主に、電話・チラシ・ダイレクトメール・インターネット広告などで勧誘を行う。

少額を貸付て暴利を貪る

闇金融は、主に3~5万円程度の貸付を行う。少額なために返済は容易に思えるが、金利が法外なため利息が大きく膨れ上がる。

貸付後数日で取り立て開始

多くの闇金融は、貸し付けから7~10日後に返済日を設定している。期間は短いが、金利が高いために返済額が大きく、実際には返済困難に陥りやすい。

本人以外の近親者にも及ぶ取り立て

闇金融は、事前に入手した本人の身辺情報を悪用し、家庭から勤務先にまで取り立てを行う。その方法は極めて脅迫的であり、利用者の精神を追い詰める。

同業者に個人情報を横流し

闇金融は同業者間で利用者情報を共有しており、一度手を出した人はその後もターゲットにされ続ける。

このように、闇金融は法律を守らず、日常生活を脅かすような行為を平然と行っています。日常生活が破綻する恐れもあるので、絶対に手を出すのは止めましょう。

闇金融と安全な金融業者の見分け方

法律を守っている金融業者は、必ず金融庁に登録をしています。

登録の有無は、個人でも金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索できるので、聞いたことのない金融業者を利用する場合は、事前に安全かどうか確認しましょう。

検索結果の例



無審査でお金を借りたい人の4つの理由と解決策

無審査でお金を借りたい人には、以下のような4つの理由が主に考えられます。

無審査でお金を借りたい4つの理由
  • とにかく時間が無い!
  • 在籍確認の電話が嫌
  • 収入がないor安定していない
  • 信用情報が傷ついている

無審査で借りたいという気持ちは同じでも、理由は上記のように多岐にわたります。そのため、それぞれの理由に対しての解決策を見ていく必要があるのです。

理由1:とにかく時間が無い!

今すぐにでもお金が必要!

審査に時間がかかると思い込んでいる人が「無審査」の金融業者を検索しています。確かに無審査の闇金融でお金を借りれば、すぐに融資を受けれるかもしれません。ただし、記事内で紹介したような被害に合うかもしれないのです。

審査に時間がかかると誤認している人もいますが、正規のカードローンの中には即日結果が分かる商品もあります。緊急性の高い人は、カードローン審査のスピードに着目してみましょう。

解決策:審査が最短30分で終わるカードローン

大手カードローンならば審査が最短30分、融資まで最短60分という驚異的なスピードで、お金を借りることができます。

もし、時間がないようであれば、申し込み直後の電話の際に「急いでいる」旨をオペレーターに伝えましょう。審査を優先してくれたり、手続きを急いでくれたりしてくれるかもしれません。

理由2:在籍確認の電話が嫌

在籍確認の電話が職場にかかってくるのが嫌!

職場で自分宛ての電話が滅多にかかってこない人や、アルバイトやパートでそもそも自分に電話がかかってくることが不自然という人もいるでしょう。

そのような人にとって、在籍確認の電話が『無審査』の金融業者を求める理由になっています。

解決策:職場への電話連絡を回避する方法

そもそも、在籍確認の電話は申し込み者の勤務実態を確かめ、返済能力を確認するために行われます。したがって、勤務実態さえ確認できれば、方法は電話でなくても良いのです。

職場への電話連絡を回避する方法として、
1.WEB完結申し込みを利用する
2.オペレーターに相談して、電話以外の方法にしてもらう

この2つの方法があります。

いずれの方法も、電話連絡の代わりに、勤務実態を知るための給与明細等の送付は必要になりますが、電話がかかってきて誰かにカードローンの利用がバレる心配をする必要はなくなります。

理由3:収入がないor安定していない

アルバイトだから、どうせ審査に落ちる

無審査でお金を借りたい人の理由に、収入が不安定なことによる審査落ちの心配があります。

カードローンの申し込み条件には、安定した収入のある方という旨の条件が表記されているので、これを見て「自分は審査に通らない」と思ってしまうのです。

解決策:アルバイトでも審査に通過するカードローン

安定した収入というのは、「毎月一定の給料をもらっている」という意味です。そのため、アルバイトやパート、契約社員でも条件をクリアしていれば問題ありません。

ただし、自身の収入がまったくない専業主婦は、夫に安定収入があったとしても利用できません。専業主婦でも利用可能な銀行カードローンもありますが、基本的には専業主婦は借入不可能です。

もし、自分がアルバイトだから審査に落ちるのでは?と考えて、「無審査」でお金を借りれるところを探していたのであれば、闇金融ではなく、カードローンに申し込みましょう。

参考記事

アルバイトがキャッシング審査に通過するための3箇条

理由4:信用情報が傷ついている

信用情報に傷がある場合は、どのカードローンに申し込んでも審査落ちしてしまいます。

具体的に信用情報に傷がつく理由は以下の通りです。

信用情報に傷がつく理由
  • 支払いに61日以上、もしくは3ヶ月以上の遅延した
  • 支払いを滞納して保証会社が代わりに支払いを行った
  • 長期延滞による強制解約をされた
  • 返済困難になり債務整理で借金を減らした

もし、これらの理由に該当しているのであれば、完済から5年~10年はいかなるローンも利用することができません。

しかし、だからといって闇金融には絶対に手を出さないでください

解決策:信用情報に傷がついているかどうか確かめる

審査に落ちた=信用情報に傷がついている。このように思い込んでいる人も少なくありません。審査に落ちる理由は人それぞれですが、主に以下の5つに集約されます。

審査に落ちる理由
  • 申し込みフォームに嘘の情報を記載した
  • 安定した収入がない
  • 他社借入が多い
  • 1ヶ月以内に4件以上の申し込みをした
  • 信用情報が傷ついている

このように、信用情報が傷ついているというのは、審査に落ちる理由の1つに過ぎません。本当に信用情報に傷がついている場合、その傷が消えるまでに5年~10年の歳月を必要としますが、他の理由であれば今すぐに改善することで審査に通過する可能性があります。

信用情報に傷がついているか確かめるには、信用情報機関に問い合わせをしてください。開示請求には1,000円の手数料がかかりますが、スマホで誰でも簡単に行えるので気になる人は開示請求してみましょう。

今すぐお金が必要なら4つの条件をクリアしなければならない

今すぐにお金を借りるためには、以下の4つの条件を満たしている必要があります。

4つの条件
  • インターネットから申し込める
  • 審査が最短30分と記載してある
  • 無人契約機が多く設置してある
  • 21時までに申し込みをする

特に、審査が最短30分と記載してあることと、21時までに申し込みをすることは絶対条件なので、注意してください。

条件1:インターネットから申し込める

カードローンに申し込みをする方法は、スマホ・PC・電話・郵送・店舗と多岐にわたります。これだけインターネットが普及した時代でも、中には店舗でしか申し込みが出来ないカードローンもあるのです。

今すぐにお金を借りるためには、インターネットから申し込みができるカードローンに申し込みましょう。

インターネットでは24時間365日申し込みができます。インターネットから申し込みができるカードローンであれば、時間と場所を選びません。

そのため、今すぐに申し込みをしておくことで、条件次第では最短60分後にお金を借りることができます。

条件2:審査が最短30分と記載してある

今すぐにお金が必要な場合は、審査時間に着目すべきです。カードローンは審査に時間がかかります。銀行カードローンだと長くて数週間も審査に時間をかけることもあるくらいです。

「審査:最短即日」となっている場合、ほとんど今日中にお金を借りられないと思ってください。このように記載されている場合は、あくまでも審査が最短即日なだけです。場合によっては翌営業日になり、即日融資してもらえない可能性は十分あります。

そのため、少しでも早く借りたいのであれば、「審査:最短30分」と記載されているカードローンを選びましょう。長くても数時間で審査結果が出るはずです。

条件3|無人契約機を全国に数多く設置している

申し込み前に、そのカードローンが無人契約機を設置しているか確認しましょう。無人契約機とは契約を行ったり、カードを発行したりできる機械のことです。

今すぐにお金が必要な場合、カードをその日に発行できるかどうかも非常に重要な要素になってきます。

無人契約機であれば、おおよそ20分でカード発行ができます。しかし、無人契約機がないカードローンはカードを郵送で送るので、カードの到着までに数日かかってしまうのです。

大手カードローンのアコムやプロミスは、街の至る所に無人契約機を設置しているので、よほどの田舎に住んでいない限りは問題ありません。下記の検索ツールで確認しておきましょう。

条件4:21時までに申し込みをする

カードローンで今日中にお金を借りるためには、21時までに申し込みをすることが絶対条件です。

無人契約機の営業時間が遅くても22時なので、申し込みから最短60分で融資を受けれると仮定しても、21時がタイムリミットになります。

21時をすぎると、どう頑張っても翌朝まではカードローンを利用する事ができません。もちろん、融資まで最短60分なので、早めに申し込みを済ませておけばおくほど、今日中にお金を借りられる可能性は上がります。

今すぐにお金が必要!そんな人におすすめのカードローン

今すぐにお金が必要な場合、審査に時間がかからない大手消費者金融がおすすめです。

上記で解説した4つの条件を満たすカードローン3社を紹介します。収入が低い人でも、安定していれば大丈夫です。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

今すぐお金が必要!だからといって、無審査の金融業者は闇金融なので、絶対に手を出してはいけません。

どのカードローンも審査を行い、その審査には時間がかかります。30分で終わるものもあれば、数週間かかるものまでありますが、急いでいるのであれば審査が最短30分で終わるカードローンを選択すべきです。

申し込み直後の電話で、急いでいる旨を伝えると、カードローン側も柔軟に対応してくれる可能性があります。正直に話してみましょう。

無審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る