即日キャッシング可能なカードローン6選!最短30分で審査を終わらせる3つのテクニックを専門家2人が明かす

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 即日キャッシングを成功させる3つのマル秘テク!
  2. 即日キャッシングOKのカードローン1:アコム
  3. 即日キャッシングOKのカードローン2:プロミス
  4. 即日キャッシングOKのカードローン3:SMBCモビット
  5. 即日キャッシングOKのカードローン4:アイフル
  6. 即日キャッシングは4ステップでできる!手続きの流れを確認
  7. 手続き終了時間で即日キャッシングの方法が変わる
  8. 誰でもすぐ現在の時間に即日キャッシングできる?
  9. 土日の即日キャッシングには注意も必要
  10. 「即日キャッシング可能=審査が甘い」は間違い!
  11. 即日キャッシング可能な6社
  12. ただし即日キャッシングには注意も必要
  13. 未使用額は即日返済が鉄則
  14. まとめ

即日キャッシングを成功させる3つのマル秘テク!

今日・明日中にお金が必要。そういった状況では、とにかくスピードを重視してカードローンを使いこなす必要があります。
そのためにも、

  • カードローン選び
  • 入会申し込み
  • お金の借り入れ

上記それぞれのタイミングで、即日キャッシングの成功率を上げるマル秘テクを押さえておきましょう。

比較のマル秘テク|大手の消費者金融に注目

即日キャッシングには、どのようなカードローンが適しているのか?まずは、専門家の意見を伺いましょう。

要するに、公式サイトで「最短30分審査」をうたっている消費者金融を選ぶことが、即日キャッシング希望時の"カードローン選びのマル秘テク"です。

申し込みのマル秘テク|ネット上で最小限の希望額を申請

どんな方法よりタイムラグなく手続きを開始できる、ネット申し込み。これを選択することは、即日キャッシングの基本です。
より成功率を上げたいなら、借入希望額を必要最小限の金額に抑えるというマル秘テクを実践しましょう。

借入希望額が少ないほど、「踏み倒しリスクが低い」と見なされるため、よりスピーディーに審査が終了するのです。

借り入れのマル秘テク|無人店舗でカード発行×ATMキャッシング

カードローンの借入方法は様々ですが、即日希望なら、無人店舗でカードを受け取ってそのままATMキャッシングをしましょう。
この方法なら、他の手段と異なり土日や夕方以降でも即日キャッシングができます。


上記3つのマル秘テクを踏まえたうえで、具体的にどのカードローンをどうやって使えばいいのか
即日キャッシングに適した商品別に、以下で使い方をレクチャーします。

Q.即日融資に向いているカードローンとは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

回答1:消費者金融会社のカードローンです

即日融資には、消費者金融会社のカードローンが適切です。
スマホから申し込み、無人契約機でカードを受け取れば、その日のうちにキャッシングできます。
借入希望額を抑えれば審査効率はより高まるので、申込時はその点に注意しましょう。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答2:無人契約機のある消費者金融

即日融資を確実に受けるためには振込融資に間に合わない時間に審査に通過した状況も想定しておく必要があります。
振込融資は平日15時までの銀行が空いている時間までしか即日融資を受けることができません。
15時以降に即日融資を受けたい場合には無人契約機からローンカードの発行を受けてATMからキャッシングするしか方法がありません。
このため即日融資を希望する場合には15時以降も、銀行が休日の土日でもキャッシングが可能になる無人契約機を設置しているカードローンを選択しましょう。
地域によっては無人契約機がない会社もあるため、あらかじめ近所に無人契約機があるカードローンは何かということもリサーチしておくほうがよいでしょう。

即日キャッシングOKのカードローン1:アコム

アコムは、業界で最も利用者数が多いカードローンです。審査時間は最短30分で、即日キャッシングの可能性は特に高いと言えるでしょう。

アコムで即日キャッシングするメリット

アコムは、契約日の翌日から30日間は金利ゼロでキャッシングできます。つまり、保険としてカードを作っておくより、即日キャッシングする方がお得なカードローンということです。

また、一部を除くほとんどの店舗が22時まで営業しているので、仕事帰りの夕方や土日であっても即日でカードを受け取れます。
カードがあればコンビニATMでも現金を引き出せるので、利便性もトップクラスです。

アコムで即日キャッシングする流れ

アコムで即日キャッシングをするなら、以下の流れで手続きを進めるのが最もスムーズです。

この流れで欠かせないのが、無人契約機むじんくんの存在です。
むじんくんは全国に設置されているので、すぐ現在の時間からでもお金を用意したいという方は、近隣の店舗を確認しておいてください。

全国のアコムむじんくん一覧
北海道 札幌市のアコム店舗
埼玉県 大宮市のアコム店舗
東京都 足立区のアコム店舗
江戸川区のアコム店舗
大田区のアコム店舗
品川区のアコム店舗
渋谷区のアコム店舗
新宿区のアコム店舗
世田谷区のアコム店舗
千代田区のアコム店舗
練馬区のアコム店舗
港区のアコム店舗
神奈川県 横浜市のアコム店舗
川崎市のアコム店舗
愛知県 名古屋市のアコム店舗
京都府 京都市のアコム店舗
大阪府 大阪市のアコム店舗
福岡県 福岡市のアコム店舗
沖縄県 那覇市のアコム店舗
最寄りの店舗を探す

即日キャッシングOKのカードローン2:プロミス

アコムと同様に知名度が高いカードローンと言えば、プロミスです。
プロミスも、申し込みから最短1時間で即日キャッシングができます。

プロミスで即日キャッシングするメリット

プロミスも、アコムと同じく30日間の無利息期間サービスがあります。しかし、最大のメリットと言えるのは最短10秒でキャッシングできる瞬フリでしょう。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでも口座振込で即日キャッシングができます

プロミスで即日キャッシングする流れ

プロミスで即日キャッシングをするなら、以下の流れを実践してください。

流れとしては非常にシンプルですが、具体的な瞬フリのやり方はログイン後の下院ページを見なければわからないもの。

というわけで、実際の会員画面を見ながら瞬フリの流れを解説します。

ログイン後に右上のメニューを選択

お借入・ご返済の手続き を選択

瞬フリのお手続き を選択

瞬フリを利用する を選択

希望額を入力

たったこれだけで、瞬フリで即日キャッシングができてしまいます。
審査さえ通過すれば深夜でも利用できるサービスなので、遅い時間にお金が必要になった方には特におすすめと言えるでしょう。

即日キャッシングOKのカードローン3:SMBCモビット

モビットは、こっそり即日キャッシングしたい方にぴったりのカードローンです。こちらも、審査は最短30分で終了します。

SMBCモビットで即日キャッシングするメリット

モビットなら、公式サイト限定の10秒簡易審査があるので、どのカードローンを使いよりも素早く「借りられるかどうか」の目安がつけられます。

また、電話連絡・郵便物が一切発生しないWEB完結申し込みを利用すれば、モビットを利用している証拠を一切残さずに即日キャッシングすることも可能です。

更に特筆すべきは、スマートフォンだけでセブン銀行から現金の出入金ができるスマホキャッシングが用意されていること。
振込先口座の登録どころかカード発行すらせず、最寄りのセブンイレブンで24時間いつでも即日キャッシングできます。

SMBCモビットで即日キャッシングする流れ

即日キャッシングをモビットで行うなら、WEB完結スマホキャッシングを使うのが一番です。

申し込みから審査終了までの所要時間は、早ければ30分程度です。遅い時間に申し込むと翌日以降まで待たされる可能性はありますが、審査さえ通過できれば時間を一切問わずに即日キャッシングができるでしょう。

即日キャッシングOKのカードローン4:アイフル

家族に内緒でお金を借りたい方は、アイフルに目を向けてみましょう。
もちろん、アイフルも最短30分で審査結果を通知してくれます。

アイフルで即日キャッシングするメリット

アイフルは、アコム・プロミスと同様で30日間の無利息期間サービスを実施しています。

アイフルで即日キャッシングする流れ

アイフルで家族に内緒の即日キャッシングを成功させるには、以下の流れで手続きをしてください。

何よりも、必ずWeb申し込みを行うことが重要です。他申し込み方法では配達時間を選べないので、アイフルで即日キャッシングをするメリットが半減します。

また、申し込みの時間帯・曜日にも注意してください。口座振込を利用したアイフルの即日キャッシングは、銀行営業時間内しか利用できないため、遅い時間や休日に申し込むと翌営業日まで待たされます。

即日キャッシングは4ステップでできる!手続きの流れを確認

どのようなカードローンを選んだとしても、即日キャッシングまでの手続きはたったの4ステップです。
流れをナビゲーションするので、頭に入れておいてください。

公式サイトでWeb申し込み
カードローンの公式サイトで、申し込みフォームへの記入・送信を行います。
担当者から審査結果通知
審査の結果は、電話もしくはメールで通知されます
無人契約機で
カード発行
ネット上で
口座登録
無人契約機に来店し、カード発行と契約手続きを行います。 ネット上で契約手続きを行い、振込先口座を登録します。
ATMキャッシング 振込キャッシング
店舗内に設置されている専用ATM、もしくは最寄りのコンビニATMでカードキャッシング 登録した銀行口座に、スマホで入金依頼をすれば、最短1分程度で振込キャッシングができます。

Q.今から審査開始までが最短時間となる申し込み方法とは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

回答1:ネット申し込みにフォーカスして回答

審査開始までの時間を最短とするには、Webから申し込んでください。申し込み後、審査結果が電話またはメールで通知されますので、無人契約機でカードを発行しATMを利用するか、web上で口座を登録し振込融資を選択する流れになります。
必要書類は鮮明な画像を送るようにし、振込融資の場合は、一般的には平日の14時までに契約しないと、翌銀行営業日の入金となることに注意しましょう。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答2:WEBから申込のあとに電話をかける

カードローンは週末などになると申し込みが増える傾向にあります。
申込状況が殺到している時というのは、審査担当者が忙しく、申し込んでもすぐに審査に入ってくれないことがあります。
このような時にも大手消費者金融はできる限り顧客の事情を優先させようとしてくれます。
急ぎでお金が必要で、一刻も早く審査に入って欲しい場合には、まずはWEBから申し込みをしましょう。
そして、申込完了後にカードローンのコールセンターへ電話をかけ「急いでお金が必要だから、早く審査をして欲しい」という旨をオペレーターへ伝えるようにしましょう。
ほとんどの消費者金融がこの電話をかけることで、ほかの人よりも優先して審査をしてくれます。

必要なのはスマホと身分証明書だけ

即日キャッシングに必要なのは、スマートフォン1台と身分証明書1枚だけです。通帳や印鑑、保証人などは一切必要ありません。

即日キャッシング可能なカードローンの公式サイトに移動し、申し込みボタンをクリックするだけで、3分もあれば手続きを開始できるのです!

手続き終了時間で即日キャッシングの方法が変わる

即日キャッシングを成功させるまでには、最短1時間もあれば十分です。

とはいえ、時間をまったく気にしなくていいわけではありません。
手続きが完了する時刻によって、お金の借り方そのものが変わってくるからです。

時間で決まる即日キャッシング
平日14時までに契約
銀行営業時間内なので、ネット上で口座振込を依頼して即日キャッシング!
14時以降・土日に契約
銀行が閉まっているので、無人契約機でカード発行を行い、最寄りの提携ATMで即日キャッシング!

振込キャッシングは来店不要!

振込キャッシングとは、指定した銀行口座にお金を直接振り込んでもらう借り方です。

振込の申し込みは、スマホから会員ページにアクセスすれば1分もかからずに完了します。
つまり、自宅のベッドに寝転びながらでもできる来店不要の即日キャッシングなのです。

振込キャッシングのメリット

・自宅から出る必要がない
・口座残高を直接増やせる
・カードを人に見られない

振込キャッシングのデメリット

・銀行営業時間内にしか利用できない
・休日は基本的に利用できない

カードキャッシングはコンビニATMで!

カードキャッシングとは、ローンカードを使ってATMから現金を引き出す借り方です。

必要な時に必要な金額をすぐに引き出せるので、ちょっとだけ足りないお金もすぐ現在の時間に用意できます!

ただし、即日キャッシングするには、無人契約機(無人店舗)でカード発行をする必要があるので注意してください。

カードキャッシングのメリット

・コンビニATMで24時間利用できる
・キャッシュカードと同じ要領で使える

カードキャッシングのデメリット

・ATM手数料が発生することがある

誰でもすぐ現在の時間に即日キャッシングできる?

今すぐ、それこそ現在の時間にお金を用意したい。そんなとき、「自分でも即日キャッシングできるの?」という不安を感じる人もいるでしょう。

たしかに、手続きに多少時間がかかってしまう人はいます。
特に毎月一定の収入を得ていない人などは、審査にかかる時間が長引いていまうでしょう。

即日キャッシングできる人の条件

では、スムーズに即日キャッシングできるのはどんな人なのか?それには、ある条件があります。

即日キャッシングの条件 

以下の条件を満たせている人は、すぐ現在の時間に即日キャッシングできるでしょう。

・スマホかPCを持っている
・免許証か保険証を持っている
・同じ職場で1ヶ月以上勤めている 
・クレジットカードを持っている

土日の即日キャッシングには注意も必要

条件を満たせている人でも、土日祝日などの休日に申し込む場合は、注意しておくべきポイントがあります。
適切な申し込み先と借り方を選ばなければ、土日祝日の即日キャッシングは成功しません。

ポイントは審査を受けられるかどうか

土日祝日に即日キャッシングしたいなら、休日でも審査を行っているカードローンを選んでください。

つまり、土日祝日が休業日の銀行カードローンはNGです。
休日の即日キャッシングは、必ず消費者金融カードローンで行いましょう。

ここがポイント!
選ぶのは「即日融資可能」
消費者金融の中でも、審査が長引くカードローンはNGです。申し込み先は、「即日融資可能」と宣伝しているカードローンにしましょう。

土日はカードキャッシングが基本!

もう1点、休日は基本的に振込キャッシングができないので注意してください。
つまり、土日祝日はローンカードでATMキャッシングが基本となるのです。

そのためには、前述した通り無人契約機でのカード即日発行が必須条件となります。
マネットでは全国の無人契約機設置場所をまとめたマップを用意しているので、最寄りの店舗を確認しておいてください。

無人店舗検索
社名 営業時間 検索
アコム 08:00~21:00 店舗検索
プロミス 09:00~22:00 店舗検索
SMBCモビット 08:00~21:00 店舗検索
アイフル 08:00~22:00 店舗検索
※一部店舗は21時まで

「即日キャッシング可能=審査が甘い」は間違い!

即日キャッシングを希望するなら、肝心のカードローン選びでは審査に着目するべきです。
しかし、「審査が甘いこと」を条件に探してはいけません。

即日キャッシング可能なカードローンは、コンピューターを使用した自動スコアリングシステムを導入しています。そのため、個人的な事情で所要時間や結果が変わるような甘い審査は行われていません。

着目すべきは、甘さではなく「早さ」です。

Q.審査が甘い=即日融資できるという考えは正しいのか

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

回答1:決して審査が甘い訳ではありません

消費者金融は審査の早さを売りにしていますが、審査時間が早い=審査が甘いという訳では決してありません。
最短30分審査を可能にしているのは、コンピューターを使用した自動スコアリングシステムの導入など、独自に培われたノウハウに基づき審査しているからです。
審査が甘い事業者があるとしたら、それは闇金です。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答2:早く回答=審査がざっくりではない

審査が早いということは、適当な審査をしているから早く審査を終えている訳ではありません。
審査が早いカードローンというのは、審査のシステムをシステム化したり、審査部門の人員を多くしたり、要するに、お金をかけているから審査の回答が早いのです。
カードローンの審査はスコアリングという方法で行っており、審査体制にお金をかけていないカードローンでは、スコアリングチェックシートなどを元に、審査担当者が手作業で申込者の点数付けを行っています。
審査体制にお金をかけているカードローンは、お金をかけていない銀行が手作業で行う審査をコンピューターが行っているだけですので、スピードが変わるだけで審査の基準は変わりません。

すぐ現在の時間に借りたいなら「最短30分で審査可能なカードローン」

解説にもあるように、即日キャッシングのポイントは最短30分で審査ができるカードローンを選ぶことです。
最短当日中の審査結果通知を行っているカードローンは沢山ありますが、そういった金融機関に申し込んでしまうと、実際には何日も待たされてしまいます。

最短30分で審査ができるカードローンなら、少なくとも当日中の結果通知をしてもらえます。

即日キャッシング可能な6社

冒頭にも紹介した、即日キャッシング可能なカードローン。
一覧を掲載するので、自分に合った申込先を選んでみてください。

アコム
金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 公式サイト参照
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

レイクALSA
金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
審査 最短15秒※1
公式サイト
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

J.Score (ジェイスコア)
金利 最大12.0%
限度額 最大1,000万円
審査 最短即日※1
公式サイト
※1.仮審査最短30秒
※2.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

ただし即日キャッシングには注意も必要

家賃の支払いが今日だった!
明日から旅行なのにお金がない!
クレジットの支払い日を忘れていた!

具体的な事情は千差万別でしょうが、即日キャッシングが必要な人は緊急でお金が必要になっているということに違いありません。

切羽詰まった状況でカードローンの審査にすぐ通過できると、借りすぎるリスクはより大きくなります。

キャッシングしたお金は貯金ではない

言うまでも無く、カードローンの限度額は自分の預金残高ではありません。

消費者金融や銀行カードローンの限度額は、最低でも10万円程度はつくものです。余裕のある額面に、「借りられる」ではなく「自由に使える」という感覚が大きくなってしまうと、予定外の出費をキャッシングしたお金で賄ってしまう可能性もあります。

特に、即日キャッシングに成功すると容易に利用できたという勘違いが生じやすいので、あくまでも計画的な利用を心がけてください。

未使用額は即日返済が鉄則

場合によっては、いくら必要になるか定かではないといった状況で、即日キャッシングが必要になる可能性もあります。

そういった状況では、念のために多めのキャッシングをしておく必要も出てくるかもしれません。
もしもキャッシングした金額が必要額以上になり、手元に現金が余ったなら、必ず当日中にコンビニATMなどから返済しましょう。

即日返済できれば利息は完全ゼロ円!

即日返済をすれば、一切の利息が発生しません。
そもそも、利息は金利と利用日数に基づいて算出されます。利用日数が0日の時点で返済すれば、そもそも利息が発生しようがないのです。

まとめ

「すぐ現在の時間にお金を用意したい」という要望を満たしてくれる、即日キャッシング可能なカードローン。
申込先さえ間違わなければ、たったの4ステップでお金を用意できてしまいます。

ただし、申し込む曜日や手続きが完了する時間帯によっては、お金の借り方そのものが変わるので注意してください。

また、何よりも重要なのは「すぐ現在の時間に申し込みを完了させること」です。
各カードローン会社の公式サイトに行けば、短時間で手続きを開始できます。急いでいる時こそ、適切なカードローン選びを心がけてください。

即日審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る