京都銀行キャッシングカードローンの気になる審査と利息・限度額など徹底紹介

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

中川秀人

地方銀行の法人営業担当として6年勤務。主に不動産業や製造業に対する融資を担当しつつ、地元富裕層へのコンサル型営業を行い、中小企業及び資産管理会社のコンサルタントとして総額300億以上を融通。

 この記事に向いている人… 
  • 京都銀行でキャッシングしたい!
  • 審査って何を見られるの?
  • 今日中にお金を借りるには?

京都銀行カードローンは京都銀行が提供している銀行カードローンです。

低金利でキャッシングできることから人気を集めています。

京都銀行カードローンでキャッシングをする際の注意点を知らないと、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

京都銀行のキャッシングカードローン

原則担保なし、保証人なしで借入できるのがキャッシングカードローンです。京都銀行では京銀カードローンWというローン商品を提供しています。

京都銀行「京銀カードローンW」
金利 3.975~11.975%
限度額 上限500万円
即日融資 不可
≫公式サイトはこちら

申し込み条件は以下の通りです。

ご利用いただける方
次の条件をすべて満たされる個人の方
●申込時の年齢が満20歳以上、満60歳以下の方
※インターネット申込については、当行に普通預金口座をお持ちでない場合、京都府・大阪府・滋賀県・
兵庫県・奈良県にお住まいの方に限らせていただきます。

●安定かつ継続した収入のある方(注1)
パート・アルバイトの方など、収入があれば、どなたでもお申込可能
※パート・アルバイト、派遣・契約社員の方は、お借入限度額「30万円」を上限とさせていただきます。
(ご本人に収入がない方、年金収入のみの方および学生の方はご利用いただけません。)

●現在、当行で他のカードローンのご契約がない方(注2)
(注1)ご年収によってお申込みいただける借入限度額は異なります。
(注2)現在、ご契約中のカードローンをご解約される場合はお申込みいただけます。

借入限度額は以下の通りです。
・30万円
・50万円
・100万円
・300万円
・500万円

契約までに普通預金口座の開設を行えば京都銀行の口座を持っていなくても利用できます。
借入は全国にある金融機関、コンビニのATMにて行えます。

利用するためには審査が不可欠

借入限度額の範囲なら繰り返し利用できるため、追加借入したい時にも便利です。

京都銀行の店舗が近くに無くても利用しやすいカードローンとなっています。しかし審査に受からなければ借入ができません。

審査をスルーするという事はできませんので注意して下さい。

京都銀行キャッシングカードローンの審査は厳正

審査で重視しているのが申し込み者の安定した収入と信用です。安定した収入と信用には密接な関係があります。

同じ収入でも安定している人と、不安定な人では後者の方が低い信用となる訳です。京都銀行では他の目的別ローンをたくさん用意しています。

京都銀行カードローンによるキャッシングはあまり積極的ではない可能性があるため、申し込みしても必ず借入できる訳ではありません。

Q.審査に落ちやすい人の特徴は?

Nakagawa

元 銀行員|中川秀人

同一企業への勤務歴は重要である

審査がなかなか通らないという方はこれまで他の借入等で延滞をしていませんか。もし思い当たる節がなければ年収や勤務先のことで引っかかっているのかもしれません。特に年収や勤務先が一流であっても社歴が短いと「この人は職を転々と変える人かもしれない」と思われ、安定した収入がないと判断されるケースもあります。このため、カードローンを申し込む場合はある程度同一企業への勤務歴が長い状態で行いましょう。

京都銀行キャッシングの利用に求められる安定した収入

京銀カードローンWでは申し込み時に職業、勤続年数、前年の税込み年収を申告する事が必要です。

職業は公務員、勤続年数は10年以上という人は安定した収入を得やすいため、信用も上がりやすくなります。

安定を重視しているため、高い税込み年収は必要ありませんが、転職したばかりという人や不安定な職業の人は評価が下がりやすいために難しくなります。

京都銀行キャッシングの審査で見られる信用

借りたお金を約束通り返済できる人は信用が上がります。逆に約束を守れない人は信用が下がってしまう事があります。

個人の返済状況を収集しているのが信用情報機関です。キャッシングカードローンに申し込みすると信用情報の確認を行います。

過去に遅延や債務整理などの金融事故を起こしている人は信用情報に記録され、審査が厳しくなってしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

京都銀行キャッシング返済時に支払う利息

借入した後は元金に利息を付けて返済します。利息は金利が高いほど増えるため、事前に確認したいところです。

京銀カードローンWでは年3.975%~年11.975%までの金利となっています。

利息=借入残高×金利÷365×借入日数という計算式で簡単に求められます。

例えば借入金額10万円、金利年11.975%、1年で返済した場合の利息は11,975円となる計算です。

京都銀行キャッシングの返済方法

約束を守るため、事前に理解しておきたいのが返済方法です。

京銀カードローンWでは次の2種類あります。
・約定返済
・任意返済

約定返済では口座からの自動引き落としとなります。毎月5日引き落としされますので残高不足には注意して下さい。
任意返済は京都銀行ATM、提携ATM、店頭にて行います。

京都銀行キャッシングを申し込むときの注意点

京銀カードローンWは金利が低いという魅力がありますが、以下のような注意点もあります。

これから紹介する注意点を確認し、無理だと感じた時は別の選択も考えてみて下さい

利用できる限度額は低い可能性がある

ギリギリ審査に受かるという人は借入限度額が低くなる可能性があります。

増額申請を行い、増額審査に受かれば上げて貰えますが増額審査は厳しいために必ず上がる訳ではありません。

利用実績を積み重ねるなどで信用を上げる必要があります。

残念ながら即日借り入れは不可能

銀行カードローンは2018年より実質即日融資が受けられなくなりました。それは警察庁へのデータベース照会が必要になったからです。

このデータベースには反社会的勢力の情報が記録されています。

資金源を無くすために照会が必要になりました。

審査がスピーディーなカードローンでも、データベース照会には時間が掛かるために即日融資は期待できません。急な出費があった時は他の借入方法を探した方が良いです。

すぐにでもキャッシングが必要な場合はこちら

申込みをした日に、キャッシングすることも可能なカードローンを3社紹介します。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
 公式サイトへ▶ 

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が基本的にゼロ円!郵送物が届く時間を指定できる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

京都銀行のカードローンや審査の厳しさ、注意点などを紹介してきましたが如何でしたか。京都銀行ではダイレクトバンキングセンターを用意しており、お問い合わせができます。

カードローンについて分からない事がある時はフリーダイヤルにて質問してみて下さい。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分

審査項目に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る