アコムで増額するには審査通過が必須!申請する際の注意点

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

この記事の目次

  1. アコムで増額するには再び審査がある
  2. アコムの増額審査について
  3. 増額審査を通過できなかったケースも…
  4. 【注目】アコムで増額できるか確認してみましょう!
  5. 増額に成功すれば金利が下がる可能性もある
  6. 増額手続きを進める際の注意点
  7. アコムで増額するにはリスクがある
  8. アコムの増額が間に合わない…そんな時は!
  9. まとめ

この記事の要点

  • アコムの限度額を増額したい!
  • でも、増額するには再び審査が…
  • 増額審査を通過できるか不安

まとまったお金が必要な時に頼れるアコムですが、利用するうちに限度額が少なくなってしまうケースもあるでしょう。

そんな時に、多くの人は限度額の「増額」を考えるのではないでしょうか?

しかし、増額してもらうにはもう一度アコムの審査を通過しなければいけません。

アコムで増額するには再び審査がある

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

大手消費者金融のアコムでは、増額を申請することで限度額をアップしてもらえる可能性があります。

おおまかな増額手続きの流れは、以下の通りです。

  1. 増額申請
  2. 必要書類を提出
  3. 審査
  4. 限度額の再設定

フローを見て頂いても分かる通り、増額してもらうには再び審査を受けなければいけません。

審査を通過しなければ増額してもらえない

限度額の増額は、アコムとの契約内容を変更する手続きになります。申請したからと言って、すべての方が限度額を増額してもらえる訳ではありません。

本当に増額しても問題ない人かどうか、厳正な審査のもとに判断されるのです。

アコムから増額案内が届いた場合も審査は行われます

アコムで増額を希望する場合、どのような人であっても必ず審査が行われます。

増額申請する人の中には、アコムから増額案内のメールが届いた方がいるかもしれません。このようなケースでも、増額審査を受ける必要があります。

ある程度優遇される可能性はありますが、増額審査はすべての人が受けなければいけない手続きであることを理解しておきましょう。

アコムの増額審査について

アコムの限度額を増額してもらう場合、初回申し込み時とは異なる基準で審査されます。
入会時は特に問題なかったとしても、増額審査を確実に通過できるとは限りません。

限度額を増額するという行為は、アコムにとって貸し倒れのリスクが大きくなってしまう可能性があるので、入会時よりも厳正な審査が行われていると考えておきましょう。

これまでの利用実績も加味される

増額審査では、収入状況や信用情報の状態に加え、これまでの利用実績も重要なポイントとなってきます。

アコムを使い始めてどれくらい経つのか、いくら借入しているのか、毎月きちんと返済しているのか等、入会時の審査にはなかった要素が増額の判断材料になるのです。

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

増額審査を通過できなかったケースも…

アコムに増額申請した人の中には、審査を通過できずに限度額を上げてもらえなかったケースもあります。

どのような理由で審査落ちしてしまったのか、増額できなかった人の特徴を確認していきましょう。

1|アコムの利用期間があまりにも短い

増額審査を通過できなかった理由として、アコムの利用実績があまりにも短かった場合が考えられます。

例えば、初回申し込み時に30万円の借入を希望していたものの、設定された限度額が10万円だった場合を想像してみてください。

申込者としてはあと20万円足りないことになりますが、限度額不足なので10万円以上は借入できません。そこで、増額というひとつの選択肢が生まれます。

しかし、契約してから1ヶ月にも満たない状況で増額を希望しても、利用実績が足りずに審査落ちしてしまうのです。

Q.利用開始から何ヶ月程度で増額可能になるか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

目安としては半年~1年程度となります

カードローン会社が増額を認めてくれるためには、ある程度の期間きちんと遅延なく返済を行い、信用を積み重ねることが必要となります。
カードローン会社は、優良顧客に増額の勧誘を行うことが多いです。増額の勧誘を行うタイミングは、おおむね利用開始から半年~1年程度となっています。
増額申込みの条件として利用期間半年以上などと明示しているカードローン会社もあり、実際半年経過前に増額申し込みを行ったとしても審査に通らないケースも多くあるでしょう。

2|虚偽の申し込みをしてしまった

どうしても増額してほしいという気持ちから、嘘の申込情報を申告してしまうケースもありますが、このような場合も審査を通過できません。

申込情報は、増額審査する際の大切な判断材料です。内容に意図的な虚偽があれば、審査落ちしてしまうのは必然と言っていいでしょう。

増額の申し込みフォームに入力する際は、間違いのないよう正確に記載してください。

3|初回契約時よりも収入が減っている

増額を希望する際に、アコムと契約した時よりも収入状況が悪くなっている場合も、審査を通過するのは難しいでしょう。

例えば、初回契約時の年収は300万円だったが、会社の経営状況や転職などが原因で年収200万円になってしまった場合、返済能力が低下していると判断されてしまいます。

限度額を増やしても問題なく返済していける収入が必要になるので、現状維持もしくは年収アップしていなければ審査通過は難しいでしょう。

4|他社を含めた借入総額が年収の1/3ギリギリ

増額申込者の借入総額が、すでに年収の1/3近くまである場合も、審査を通過するのは難しいでしょう。

アコムのような消費者金融のカードローンは、貸金業法に定められる「総量規制」というルールの影響を受けます。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

例えば、以下のような場合は総量規制の影響を受けるので、残念ながらアコムから増額してもらうことはできません。

総量規制の対象になるケース
例)年収300万円、アコムで10万円増額希望
A社:50万円(アコム)
B社:20万円
C社:30万円

借入総額:100万円

上記の例で説明すると、年収300万円の1/3にあたる100万円まで借入していることになります。この状態で10万円の増額を希望しても、総量規制によって審査落ちしてしまうのです。

5|アコムの利用状況が良くない

増額する際には、これまでのアコムの利用状況が大切になるので、毎月の返済に問題があると審査を通過できません。

確実に審査落ちしてしまうのは、過去5年以内にアコムへの返済を2~3ヶ月以上滞納している場合です。この場合は、「延滞」として信用情報に記録されてしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。


アコムの増額だけでなく、完済から5年間は住宅ローンや自動車ローンなど、すべての審査を通過できません。心当たりのある方は、増額を見送りましょう。

【注目】アコムで増額できるか確認してみましょう!

「増額申請したとしても、正直審査を通過できるか不安…」

上記のように考えてしまう方は、アコムで増額してもらえるのか確認してみましょう。短時間で確認できる方法は2通りあるので、ぜひ活用してみてください。

確認方法1|アコム総合カードローンデスクに電話する

限度額の増額を希望する際は、「アコム総合カードローンデスク」に電話してみてください。

アコムの担当者が、限度額を変更可能かどうかすぐに調べてくれます。増額できる場合は、そのまま契約変更の手続きが進められるでしょう。

アコム総合カードローンデスク
電話番号:0120-629-215
受付時間:9:00~18:00

確認方法2|会員ページで増額案内をチェック

直接オペレーターと電話するのに抵抗がある人は、会員ページ内に増額案内があるかどうか確認してみてください。

acom_situmon.PNG

増額案内の表示があれば、お手持ちのスマートフォンから増額手続きが進められます。

万が一、会員ページに増額案内がない場合は、電話もしくは自動契約機(むじんくん)にて審査を受けましょう。

増額に成功すれば金利が下がる可能性もある

増額申請して限度額を増やしてもらえれば、それに伴い金利が下がる可能性もあります。

融資額が増えれば月々の返済額も増えるので、金利の引き下げによってその負担が軽減される仕組みとなっているのです。

もちろん、増額したからといって金利が下がるわけではありませんが、場合によっては今までよりもお得にアコムを利用できるでしょう。

増額手続きを進める際の注意点

少しでも早くアコムの限度額を増やそうと考えるのであれば、増額手続きをスムーズに進めなければいけません。

必要書類、確認事項、増額までにかかる時間など、増額手続きにおける注意点を確認しておきましょう。

注意点1|限度額によっては収入証明書が必要

アコムで増額申請する際は、運転免許証などの本人確認書類だけではなく、希望限度額によっては収入証明書が必要になる可能性があります。

収入証明書が必要になるケース
アコムでのご利用限度額が50万円を超える場合
アコムのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

増額することで上記のいずれかに該当する人は、収入証明書を用意しておきましょう。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

※入社が前年1月以降のお客さまは、原則直近の給与明細書2ヶ月分をご提出ください。

上記の証明書よりいずれか1点を準備して、増額申請してください。

注意点2|場合によっては在籍確認が必要

初回審査を通っていたとしても、申請者の現状によっては増額審査で再び在籍確認の電話がおこなわれる可能性があります。

在籍確認が再度必要になるケース
勤務先を転職などで変更している
収入が初回審査時よりも減少している
収入証明書を提出していない

職場に電話がかかってくると不都合がある人は、在籍確認が再度おこなわれる可能性があることも頭に入れておきましょう。

Q.入会時と比べて返済能力が下がっていても増額はできるのか?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

必ずしも不可能ではありませんが可能性は低いでしょう

入会時に申告した収入よりも年収が大きく下がってしまっている場合、基本的には増額審査に通るのは難しいと考えておいたほうが良いでしょう。年収が大きく下がるということは安定継続した収入とは言えなくなってしまうからです。このような状況の場合、前回の年収の記録がない他社への新規申込みに比べると、審査の通りやすさは格段に低くなってしまいます。どうしてもお金が必要というのであれば、他社への新規借り入れ申し込みを検討したほうが良いかもしれません。

注意点3|審査に時間がかかる可能性もある

アコムの増額審査は、原則申し込んだその日に結果を通知してもらえます。

しかし、申請者の状況によっては申込んだその日に審査が終わらない可能性もあるのです。

これまでの利用状況など、初回時とは異なる要素も審査しなければいけないので、お急ぎの方は注意しておきましょう。

Q.増額審査はどれくらいで完了するのか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

増額時は審査に時間が掛かります

カードローンの入会審査は各社しのぎを削ってサービス向上に努めており、最短30分などという、審査時間の短縮は目を見張るものがあります。
しかしながら、このスピード審査は新規入会時に限られることが多く、ほとんどの場合増額審査では数日以上の期間が必要です。
また、増額審査の場合融資枠の増枠にともない、収入証明書の提出が求められるケースが多くなってきます。


急ぎの申込みの場合、すぐに手元に用意できない場合では収入証明書の提出がネックとなるケースもあることでしょう。

アコムで増額するにはリスクがある

アコムで増額を希望する人の多くは、メリット部分しか見えていないものです。

増額審査を受ける際にはいくつかのリスクも伴ってくるので、下記の要素もしっかり踏まえてから決めましょう。

リスク1|限度額の減少・利用停止の可能性も…

増額審査では、これまでの利用状況も重要な判断材料です。

利用履歴に問題があると、場合によっては減額処分や利用停止にされてしまいます。

具体的には、今までに遅延・延滞といった事態があると、増額審査を通過するのは難しいです。

今までの利用状況を振り返り、少しでも返済トラブルがある場合、増額に申し込むのは控えてください。

リスク2|手続き中は借入自体ができなくなる

増額申し込みは、残りの限度額分も使えなくなるリスクも持ち合わせています。

そもそも増額審査とは、入会時の契約を見直す手続きでもあります。

現時点で、利用者の返済能力と限度額が見合っていないと判断されると、結果として利用制限がかかるのです。

例えば、以前と比べて収入状況が悪化していたり、他社借入れが多くなったりしていた場合には注意してください。

アコムの増額が間に合わない…そんな時は!

 ここから先はこんな人向け 
  • 支払期限ギリギリの請求がある
  • 欲しいものがあるが借入限度額が足りない
  • 公共料金の支払いができそうにない

お金が無いと本当に困る状況なのに、肝心のアコムは限度額不足で使えない。そんな状況でも、お金を用意できないリスクは無視できませんよね。

どうしてもお金が必要な方は、その他の選択肢にも目を向けてみてください。

他カードローンに新規申し込みするという選択肢

その他の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みするというものです。

もちろん、入会審査を受ける必要はありますが、アコムの増額審査とは異なる仕組みが採用されています。

そもそも、審査基準というものは各金融機関で個別に設定されているので、「増額審査に落ちてしまった」「増額審査に通過する自信がない」といった方でも、お金を借りられる可能性があるのです。

新規申し込みする方が手間がかからない

増額を申し込むと、基本的に収入証明書の提出を求められるため、人によっては手続きに手間がかかってしまいます。

収入証明書なしで利用できるカードローンを選べば、スマホと身分証明書さえあれば新規申し込みできるので、面倒な思いをせずに済むでしょう。

※借入希望額や金融機関の判断によっては収入証明書の提出を求められるケースがあります。

審査が早いカードローンなら即日借入もOK

特におすすめは、最短30分で審査が完了する大手消費者金融のカードローンです。

ネット上で申し込みを行い、手持ちの銀行口座への振り込みを依頼すれば、最短で即日融資も可能となっています。

増額は手続きで数日以上待たされる可能性があるので、数日中にお金を用意したい方は、ぜひ大手消費者金融の利用を検討してみてください。

アコムからの借入金額を確認しておきましょう

他カードローンに新規申し込みする際は、フォームにアコムからの借入金額を入力しなくてはいけません。

アコムからの借入金額は、会員ページの「ご利用状況」もしくは「アコム総合カードローンデスク」で事前に確認できます。

借入金額のお問い合わせ先
・会員ページ|ログインページ
・アコム総合カードローンデスク|0120-629-215
※お電話による担当者受付時間は「9:00~18:00」となっております。

借入金額の確認ができた方は、以下の審査が早くて手続きもシンプルなカードローンを参考にしてみてください。

おすすめのカードローンはこちら

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

最短1時間で借入れできます。
お振込みで借入しても、通帳に「アイフル」の文字は残りません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

WEB完結申し込みで、電話・郵送物なしでご利用いただけます。
クレジットカード・電子マネーの機能がついたカードもあります。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アコムの限度額を増額するには、初回時とは仕組みが異なる審査を再度受けなければいけません。

記事中の大切なポイント
増額する際は再度審査が行われる
場合によっては審査に時間がかかる
結果次第では限度額が減少してしまう
カードが利用停止になる可能性もある

上記のポイントを見ても分かる通り、増額にもリスクが伴います。まずは、それらを確認して、申し込みをするか判断しましょう。

緊急でお金を用意したい人は、記事中で紹介したような他の選択肢にも目を向けてみてください。

増額審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る