アイフルは年収が低くても借りられる?収入証明書や限度額などの確認事項

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

この記事の目次

  1. アイフルは年収が低くても借りられる?
  2. アイフルに嘘の年収を申告してはいけない
  3. アイフルで50万円以上の高額借り入れをする場合は収入証明書が必要
  4. 総量規制により個人が借入れできる総額は年収の1/3までと決まっっている
  5. まとめ

 この記事に向いている人… 
  • アイフルは年収が低くても借りられる?
  • アイフルに申し込みをするには、いくら年収が必要?
  • 年収が低い場合、いくらまで借りることができるの?

アイフルを利用したいけど、年収が低くて申し込みを躊躇している人は多くいます。

実際、いくら年収があればアイフルに申し込みできるのでしょうか?

また、年収が低い場合、いくらまで借りることができるのでしょうか?

アイフルは年収が低くても借りられる?

金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
即日融資 可能
無利息期間 初回30日間
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフルではインターネットで申し込みができます。

申し込みフォームにアクセスするとお客さま情報やお勤め先情報など様々な入力欄があります。

申告した情報を元に審査を行っていますが、審査項目の中に税込年収が含まれています。なぜ年収が含まれているのか、それは年収をチェックせずに審査通過させると貸し倒れのリスクが高まるからです。

審査の際に必要な項目となっていますので、きちんと申告して下さい。

低収入でも安定収入とみなされれば借入可能

アルバイトや派遣社員など、比較的収入が少ない場合でも安定していれば借入できる事が多いです。

働いていない方は収入じたいが無いと判断されかねません。

無職で申告しても借入できないために注意が必要です。

Q.毎月いくら位稼いでいれば、アイフルを利用できますか?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

収入額より収入の安定性が重要です

重要なポイントは、毎月の収入額の多さよりも、一定の収入を継続して得る事ができるかどうかという事です。例え毎月の収入が少なくとも、安定した勤務先に一定期間以上勤務しており、個人信用情報に問題が無ければ、誰でも収入に応じた融資を受けられます。収入が安定していること、つまり、貸したお金を返してもらえるかどうかが審査のポイントであり、その根拠となるのが勤続年数、勤務先、雇用形態等であると理解しましょう。

勤続年数が重要な項目となる

年収の他にも重要なのが勤続年数です。勤続年数によって収入の安定性が分かるため、長い方が有利となっています。

1年以上の勤続年数が望ましいですが、若い年代のアルバイトや派遣社員の方だと勤続年数が短めになる事が多いです。

1年に満たないという場合でも最低3か月以上の勤続年数があれば借入できる可能性があります。

アイフルに嘘の年収を申告してはいけない

審査に通過させるため、嘘の年収を申告してはいけません。

嘘の申告がバレるとその時点で審査中止となり、借入できなくなってしまうのです。

明らかに嘘の年収を申告した場合、年齢や職種、勤務形態、会社規模など他の情報で分かってしまう事があるのです。信用を失うために嘘の申告には注意が必要です。

後ほど嘘がバレると強制解約の場合も

例え審査に通過して借入できても、後で嘘の申告がバレると強制解約の可能性があります。

カードローンには契約期間が設けられており、過ぎると自動更新される仕組みになっています。

しかし強制解約となるとカードローンからの借入ができなくなる上に、借入残高の一括返済を求められる事があるのです。

不正申し込みが他社借り入れに影響する可能性も

強制解約となると本人の信用情報にもキズが付く事があります。

約5年過ぎれば削除されますが、今までクレジットやローンを利用していた方が急に5年間何も記録が無いという状況になると、強制解約を疑われる可能性もあるのです。

嘘の申告によって他社からでも借入が難しくなってしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

アイフルで50万円以上の高額借り入れをする場合は収入証明書が必要

アイフルの申し込みフォームには1万円から500万円までの希望限度額を入力する欄があります。

50万円以上といった高額な借入を希望すると収入証明書の提出が求められる事があります。

この収入証明書によっても嘘の年収がバレてしまいますので注意して下さい。収入証明書の提出が難しい時は50万円以下で申告してみて下さい。

しかし本人の属性によっては提出が求められる事があります。

収入証明書として提出する書類

アイフルに提出が必要な収入証明書は以下の通りです。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

最新のものを準備して提出して下さい。

収入証明書の提出方法

アイフルでは書類提出サービスを提供しており、インターネット環境があれば郵送なしで提出できます。

必要事項に入力または選択を行い、画像化した収入証明書を添え付けして送信を行います。

スマートフォンのカメラ機能、デジタルカメラ、スキャナーを使用する時は内容が良く確認できるように画像化して下さい。書類提出サービスは運転免許証など本人確認書類の提出にも利用できます。

総量規制により個人が借入れできる総額は年収の1/3までと決まっっている

500万円までの希望限度額があるといっても必ず500万円借入できる訳ではありません。

それは総量規制により貸金業者からの借入額には制限が掛けられているからです。

多額な借金を抱えてしまう個人の方が見られたため、保護する意味で総量規制が設けられました。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

他社借り入れ金額・借入件数も関係する

アイフルでの借入額は他社からの借入額や借入件数も大きく関係します。

総量規制で借入額は年収の3分の1までとなっています。これは1社だけじゃなく他社も含めてです。

アイフルでの借入額+他社での借入額=年収の3分の1以下である事が必要です。借入件数が多いと年収の3分の1以下であっても審査が厳しくなるために注意して下さい。

極度に収入が低い場合は借りられない可能性も

30万円以下といった年収が少なすぎる方は審査が厳しいです。

アイフルの希望限度額は先ほど述べたように1万円から500万円までとなっています。

しかし年収30万円の3分の1では10万円となってしまいます。年収が少なすぎると3分の1以下であっても貸し倒れのリスクが高まるというのが大きな理由となっています。

借入限度額は変更することができる

借入限度額はカードローンの使い勝手を左右しますが、初回に設定される限度額は低めに設定されることが多くあります。

利用期間や利用状況に応じて、借入れ限度額の増額をすることもできるので、返済の延滞などを起こさずに利用することを心がけましょう。

まとめ

:

金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
即日融資 可能
無利息期間 初回30日間
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

ここまでアイフルの審査と年収などについて解説してきました。高年収である必要はありませんが、低すぎる場合も審査が厳しくなってしまうのです。

アイフルではホームページにて1秒診断を提供しています。年齢や雇用形態、年収、他社借入額といった簡単な情報だけで診断が受けられます。

正式に申し込みする前に利用してみて下さい。

アイフルのすべて!他カードローンとの違い・審査について
アイフルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。他社との違いや審査・借入方法など、わかりやすく解説しています。

おすすめの特集ページ

総量規制に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る