アコムの審査を徹底解説【所要時間と落ちる理由】

この記事に関するアドバイザ

元 クレジットカード会社職員

熊澤健

クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

この記事の目次

  1. アコムの審査時間は最短30分
  2. 審査結果はどのように通知されるのか?
  3. アコムの審査に落ちる6つの原因
  4. 審査に通っても希望通りに借り入れできないケースも
  5. アコムの審査を受ける前に必要書類を準備
  6. アコムが行う審査の流れ
  7. アコムの在籍確認は避けられない
  8. アコムの審査に関する口コミ
  9. まとめ

アコムの審査時間は最短30分

アコムの審査は、最短で申し込みから30分後に結果が出ます。

大手の消費者金融であるアコムには、膨大な顧客データを持っています。

審査においては、申し込み者の情報と顧客データを比較することで「返済を続けられる人物かどうか」を判断するため、スピーディーな判断が可能となっているのです。

大手の消費者金融は基本的に審査時間が短い

最短30分で審査が終わるのは、アコムだけではありません。
テレビCMなどで名が知られている消費者金融は、いずれも審査時間の短縮に力をいれており、大手と言われる業者であれば基本的に最短30分で結果がわかります。

実際は3時間程度かかるケースも

審査が30分で済むのは、あくまでも最短時間だった場合の話。
実際のところ、アコムの審査時間には個人差があり、人によっては3時間程度かかるケースも珍しくありません。

もちろん、何の理由もなく審査時間が長引いたりはしないもの。
数時間以上待たされてしまう人には、それなりの原因があります。

審査が長引く原因

  1. 申し込み内容に不備があった
  2. 書類提出が遅れた
  3. 電話連絡にすぐ対応できなかった
  4. 機械的な判断が難しかった

1~3の原因については、お申し込みの際に注意すれば解消できます。
しかし、4については、お客様自身のステータスがアコムの審査に通過する基準ギリギリだったということなので、努力して解決できるものではありません。

判断が難しい人ほど審査時間が長い

審査時間が長引く人=落ちる人というイメージを持つ方は多いと思いますが、実際は違います。

アコムのような大手消費者金融は、コンピューターシステムを用いて審査を行っているのですが、その機械的な判断では結果が出なかった人こそ、時間がかかってしまうのです。

万が一、審査で長く待たされているとしても、だからと言って「落ちた」と判断するのは早計でしょう。

遅くても2日以内に結果が届く

融資の可否に関係なく、アコムは可能な限りスピーディーに審査結果を通知するよう努めています。

もちろん、個人差はありますが、基本的には2日以内に結果を通知してもらえるでしょう。

数時間程度待たされることはあっても、何日も待たされることは基本的にありません。

土日も審査時間は変わらない

ちなみに、アコムは土日祝祭日も通常通り審査を行っています。

年末年始を除いては、年中無休で手続きを行っているので、休日にお申し込みしても審査時間は平日と変わりません。

ただし、21時以降など遅い時間に申し込んだ場合は、対応が翌日以降となってしまうためご注意ください。

審査結果はどのように通知されるのか?

では、アコムの審査結果は具体的にどういった形で通知されるのか?
手続きの最中に担当者から説明がありますが、事前に把握しておいた方が計画も立てやすいかと思いますので、説明します。

基本的に電話とメールで通知される

アコムの審査結果は、原則として電話とメールの両方で通知されます。

ちなみに、電話で通知されると都合が悪いという方は、担当者に事前相談すればメールでの通知のみにしてもらえます。

忙しくて電話に出られる時間がない、アコムの担当者と話している様子を人に見られたくない、そういった方は、お申し込み後に一度相談しておいてください。

審査結果の内容は具体的な貸し付け条件

では、「審査の結果」とは具体的にどういった内容か。当然、単純な合否が知らされるだけではありません。

審査に通過している場合、結果通知時には

  • ご利用可能限度額の上限
  • 適用金利
  • その後のお手続きの流れ

の3点について報告されます。

限度額:提示された金額内で決定する

通知内容には、審査の結果として決まった「ご融資可能金額の上限」、つまり限度額が記載されています。

例えば、限度額50万円と通知された場合、1~50万円の範囲内で実際に利用する金額を設定できるわけです。

限度額がどれだけ高かったとしても、ご自身の判断で「10万円」の契約をした場合、それを超える借り入れはできません。

「貸付金額」は実際に借りた金額ではない

アコムと正式に契約すると、契約内容確認書類というものが発行されるのですが、記載内容には貸付金額があります。

一見すると「いつの間にか借りてしまった」と焦ってしまうでしょうが、これは借入可能な金額が記載されているだけで、実際に融資されたものではありません。

記載されている金額分の利息を突然請求されたりはしないので、ご安心ください。

金利:提示された利率が適用される

当然ながら、限度額とあわせて金利(実質年率)も通知されます。
限度額はご自身の判断で調節できますが、金利は提示された利率が必ず適用され、自由に変更することができません。

例えば、「限度額50万円・金利18.0%」の条件で審査が通った場合、限度額は10万円まで引き下げることができても、金利は年率18.0%のまま変わることがないのです。

増額すれば金利が下がる可能性もあります

今後、アコムとの取引を続けていくと、一定のタイミングから増額手続きができるようになります。
審査を受けなおして、限度額の見直しを行う手続きです。

増額手続きの結果、限度額が当初より大きくなると、場合によって金利が下がることもあります。

必ずしも希望通りの金利になるわけではないのですが、契約当初の条件が一生続くというわけでもありません。

その後の手続きの流れも説明される

審査結果が通知される際には、その後の契約手続きの流れについても説明が行われます。

審査が完了した後は、実際の借り入れ限度額を設定し、本人確認を行えば契約完了となります。

説明されるのは、その具体的な手続き方法についてです。
アコムは、ご契約の方法を2通り用意しています。

契約手続きの方法を選択できる

契約の方法は以下の2通りで、都合に合わせてお客様が自由に選択できます。

  • 店頭でのご契約
  • ネット上でのご契約

店頭での契約を選択した場合、有人窓口もしくは無人契約機(むじんくん)に来店のうえ、限度額を決定してカードと契約関連書類の発行を済ませることで手続きが完了します。

ネット上で契約する場合、カードと書類は後日郵送されてきます。

お急ぎの場合は契約方法で初回の借り入れ方法が決まります
もし、契約後すぐに借り入れを行いたいのであれば、手続きの方法は慎重に選んでください。
店頭での契約を行った場合、カードをその場で受け取れるため、すぐATMでの借り入れができますが、ネット上で契約するとお振込みでの借り入れが最短ルートになります。

お振込みであっても、最短数秒で指定口座に入金してもらえますが、現金を直接引き出せるわけではないため手間が掛かってしまいます。

審査結果が来ない場合の対処法

人によっては、何日待っても審査結果が通知されず、焦ったり不安に思ったりしてしまうでしょう。

しかし、融資の可否に関係なく、審査の結果が通知されないということは有り得ません。

もしかしたら、すでに審査は完了しており、通知された結果に気づけていない可能性もあります。

メールの受信設定を見直そう

ドメイン設定によっては、アコムからのメールが迷惑ボックスに振り分けられており、スパムメールなどに埋もれているかもしれません。

アコムのメールドメインは「online-a.com」、アドレスは「acmail@online-a.com」なので、設定を見直したうえで受信ボックスを確認してみてください。

万が一、迷惑ボックスにも見当たらず、アコムからの着信履歴も無い場合は、一度担当者に連絡のうえ確認してみてください。

なお、その際の電話番号は0120-07-1000です。

アコムの審査に落ちる6つの原因

当然ながら、一定数の人たちはアコムの審査に落ちています。
一方で、何の問題もなく審査に通過し、借り入れできている人がいることも事実。

では、アコムを利用できなかった方は、何が原因で審査に通らなかったのか。
正直なところ、確実な答えは知る術はありません。アコムは、審査の内容や基準を公開していないからです。

しかし、明らかに審査が通らない人の特徴や、不利になってしまう原因なら、ある程度わかります。

原因1:申し込み内容に問題がある

アコムは、お客様の申し込み内容を審査の判断材料にしています。そのため、申し込み内容に重大な問題があると、その時点で審査が不利になり、場合によっては落ちてしまうのです。

問題1:暴力団と関係している疑いがある

職業などから、「暴力団と関係している可能性がある」と判断された場合、審査は通りません。

アコムだけでなく、反社会組織の資金になり得る融資を行う金融機関が存在するはずもないです。

問題2:詐欺の疑いがある

ご利用目的や本人からヒアリングした内容などから、詐欺名義貸しの可能性を疑われた場合も、審査は通りません。

その他、犯罪行為に関係している恐れがあると判断された場合も、当然ですが審査に落ちてしまいます。

問題3:借り入れ希望額が多すぎる

年収に対して多すぎる借り入れを希望している場合も、審査が通らない可能性があります。

実際の限度額を引き下げる形で審査通過となる場合もありますが、例えば年収と同じ金額の融資を望んでいるなど、極端に高額な場合は落ちてしまうでしょう。

原因2:安定した収入がない

安定した収入を得られていない方も、アコムの審査に落ちてしまいます。
そもそも、毎月の返済を続けられるだけの収入を得られていない人は、返済能力が無いため借り入れができません。

失職中・休職中は審査が通らない

現在、収入を得られていない方は、そもそもアコムの審査を受けることすらできません。

以前働いていたという方であっても、失職中であったり、休職中であったりした場合は、「収入がある」と見なされず審査は通らないのです。

少し詳しく説明すると、これには総量規制という法制度も関係しています。
簡単に言うと、年収の3分の1を超える借り入れができないというルールなのですが、年収が0円である無職の方は1円も借りられないということです。

お借入れは年収の3分の1までです

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。
・引用:日本貸金業協会

収入額はあまり重要ではない

実のところ、「審査に落ちるかどうか」という観点においては、年収の金額はそれほど重要ではありません。

もちろん、総量規制の都合もあり、一定の年収が無ければ借り入れできませんが、金額だけで否決となることは稀です。

年収の高低は、審査の合否よりも、限度額に大きく影響します。

雇用形態から失職リスクを汲み取られる

雇用形態は、「収入が安定しているかどうか」を判断する材料となります。
とはいえ、非正規雇用だからと審査が不利になるわけではありません。

審査で不利となるのは、収入が突然途絶えたり、失職したりといったリスクが高いと思われる職業です。

極端な例ですが、年収100万円のアルバイトの方と、年収500万円の自営業者であれば、審査では前者の方が有利となります。

有利
  • 公務員
  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • パート
不利
  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 日雇いアルバイト
  • 日雇い派遣

勤続期間が極端に短いと不利

転職などの理由から極端に勤続期間が短い場合も、審査では不利になります。

もちろん、勤続期間が短いという理由だけで審査が通らないというわけではありません。

しかし、年収が明らかに低く、安定性が非常に高いというわけではない職業の場合、更に勤続期間が短いとなれば、審査への悪影響は否めないでしょう。

原因3:他社借入が多すぎる

すでに、他消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用している方は、その借り入れ状況も審査に影響します。

銀行や信用組合のローンは関係しませんが、消費者金融や信販会社などから借りている金額と件数が多すぎると、アコムの審査は通りません。

これも、総量規制が関係しています。
総量規制は、個人の返済負担が大きくなり過ぎないように作られた制度なので、複数社で借り入れがある場合、その金額も合算して年収の3分の1を超えられません。

ちなみに、この点については専門家の方にも意見を伺ったので、参考にしてみてください。

Q.他社借入が審査に与える影響とは

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

借り入れしている件数と額による

複数の貸金業者やクレジットカード会社から借入があるとき、その総額が総量規制の対象になります。
お金は、年収の3分の1までしか借りることができません。

他社の利用は、利用実績があると考えて審査でプラスに働く場合もあります。
しかし、逆に借入金額や借入先が多すぎると、審査にマイナスになることもあります。

銀行カードローンやクレカのリボ払いは無関係

気になる方もいらっしゃるでしょうから、ご説明します。
銀行カードローンを利用して借りている金額・件数や、クレジットカードのリボ払い残高は、「他社借り入れ」に含まれません。

銀行は総量規制の対象外であり、クレジットカードのショッピング利用額は、たとえリボ払いにしていても「借り入れ」に該当しないからです。

原因4:信用情報に問題がある

審査においては、過去に行った金融取引の記録である信用情報も確認されます。これは、法律で義務付けられた手続きのため、決して回避できません。

では、アコムは信用情報から何を読み取るのか。
法律には、以下のように記載されています。

貸金業法 第十三条

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
2 貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。
・引用:e-gov『貸金業法』

このように、法律上は、信用や借入れの状況を調査するために、信用情報を確認しなければならないとされています。

借り入れの状況については、先ほど説明した通り。
では、信用とは何を指すのか?アコムが明言しているわけではありませんが、一般的には「返済の意思」とされています。

つまり、真面目に返済を続ける意識が低いと判断されると、審査に落ちるわけです。

そして、信用情報に記載されている内容において、明らかに返済の意志が無いと判断できるようなトラブルを、専門用語で金融事故と言います。
具体的にどういったトラブルが金融事故と見なされるか、説明します。

金融事故の例1:クレジットカードの長期延滞

代表的な金融事故のひとつが、クレジットカードの利用代金を長期延滞することです。
具体的には、61日を超える延滞があると、信用情報に「異動」という記載が行われ、アコムの審査においても金融事故として見なされるようになります。

ちなみに、長期の延滞がなかった場合も、毎月のように支払いが遅れていたり、これまでに何度も延滞していたりすると、審査に落ちる原因となり得ます。

金融事故の例2:スマホ本体料金の長期延滞

スマホの利用料金を長期延滞した場合も、信用情報上の問題になり得ます。
基本料金や通信料の延滞は問題にならないのですが、スマホの本体料金を分割払いにしている場合、その支払いが長期間滞ると金融事故と扱われてしまうのです。

少し、詳しく説明します。
本体料金の分割払い、つまり割賦払いは、保証会社を通じて支払いを行う方法であり、その内容は信用情報に記録されるのです。

ちなみに、金融事故として扱われるのは、クレカの延滞と同じく61日目以降です。

金融事故の例3:奨学金の長期返済遅れ

学生時代に、JASSO(日本学生支援機構)の奨学金を利用していた方は、その返済が滞った場合も信用情報に記録が残ります。

これは、JASSOの公式サイトにも明確に記載されていることです。

個人信用情報機関に個人情報を登録する条件

個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出していただいている方のうち、現在奨学金を返還されている方は、延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。
・引用:独立法人 日本学生支援機構JASSO

多くの方は、口座振替(自動引き落とし)で奨学金を返済しているかと思います。
つまり、残高不足が続くと、返済が滞ってしまうということ。

公式サイトに明記されている通り、3ヶ月以上延滞すると金融事故になってしまうので、その点には注意しなくてはなりません。

金融事故の例4:自己破産や任意整理

これは、耳にしたことがある方も多いでしょうが、自己破産や任意整理など、債務整理を行っている方は審査が通りません。

いつ、どのような債務整理を行ったかにもよりますが、例えば自己破産した場合は、10年間は信用情報に記録が残り、その間は必ず審査落ちとなります。

債務整理については、詳しく解説されているサイトもありますので、そちらも参考にしてみてください。

ちなみに、金融事故についても専門家の方から解説を頂いたので、ご紹介します。

Q.金融事故歴のある人は二度と審査に通過できないのか

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

期間が経過すると状況が変わります

消費者金融会社が多く登録している指定信用情報機関のJICCでは、情報の保有期間は5年間です。

つまり、完済または解約から5年経過すると、延滞などの情報はなくなります。
そのため、支払いが遅れた時から時間が経過すれば審査が通りやすくなるといえます。

ただし、延滞の情報がないからといって、必ず通過できるとは限りません。ご注意ください。

原因5:複数社に同時申し込みした記録

実際の取引内容に関わらず、短期間に複数社への申し込みをしていると、アコムの審査が通らない可能性があります。

具体的に何社申し込むと審査に落ちるのか、その点についてもアコムは公表していません。
しかし、一般的には1ヶ月以内に4社以上の申し込み履歴があると、審査が通りにくくなるようです。

多重債務を疑われるため審査に落ちる

複数社への同時申し込みが審査で問題視される理由は、多重債務者になる恐れがあると判断されるからです。

多重債務社とは、複数社から同時にお金を借りていて、借金を借金で返す悪循環に陥り、著しく返済能力が低下した人のこと。

そういった方への融資は、回収の見込みが非常に低いとされているため、審査に落ちるわけです。

原因6:過去のアコムとのトラブル

過去にアコムを利用した経験があり、その際にトラブルを起こしていた方は、それが大昔の話であっても審査が通らない可能性があります。

一般的に、信用情報で金融事故と判断されるようなトラブルがあった場合は、少なくとも審査に悪影響があると思っていいでしょう。

過払い金請求については問題視されない

過払い金請求をしたら、同じ会社で借り入れできなくなる。そういった話を聞いたことがある人もいるでしょうが、少なくとも、アコムにおいてそれはありません。

というのも、過払い金請求は2010年の法改正以前の借り入れのみ対象となる手続きで、これから新規で借り入れをした場合に同じことは発生しえないのです。

アコムにとって、過払い金請求の対応はメリットのあることとは言えないでしょうが、それが原因で新たな取引を断るということにはならないでしょう。

審査に通っても希望通りに借り入れできないケースも

たとえ審査に通ったとしても、必ずしも希望通りの借入ができるとも限りません。
人によっては、申し込み時に希望した金額未満しか借入できないケースもあります。

限度額が10万円になる

アコムは、原則として最低でも10万円の限度額をつけてくれます。
反対に言えば、限度額が10万円となった場合、アコムから大きく信用を得ることができなかった、ということです。

希望通りの借り入れが難しい人の特徴

では、具体的にどういった特徴をもつ人は、希望通りの借入が難しくなってしまうのでしょうか。

明らかに信用を得られない人であれば、審査落ちとなり融資は受けられません。
ステータスや信用情報が優良であれば、すぐに審査が通って希望通りの借り入れもできるでしょう。

希望通りの借り入れが難しくなるのは、その判断が難しいような方々です。
具体的に、以下のような特徴が挙げられます。

特徴1:他社で年収の3分の1ギリギリまで借りている

他社借り入れが多すぎるというわけではないが、総量規制のボーダーライン(年収の3分の1)にはギリギリとなっている。

そういった方は、必ずしも審査に落ちるとは限らないものの、希望通りの借り入れは難しいと考えておきましょう。

ただし、前述の通り銀行カードローンやクレジットカードのリボ払い残高は無関係です。
アコムにお申し込みの際、他社借入金額の記入時には十分ご注意ください。

特徴2:年齢が高すぎる

アコムの年齢制限は「20歳以上」となっており、上限については明言されていません。
しかし、一般的に65歳以上の方は、希望通りの借り入れが難しくなってしまうようです。

もちろん、収入状況や家族構成、居住状況などにもよりますが、年齢も判断材料のひとつであるという点については頭にいれておいてください。

特徴3:極端に年収が低い

年収額だけで審査の結果が決まったりはしませんが、それでも、極端に収入が少ない場合は、希望通りに借り入れできない可能性があります。

具体的なボーダーラインは当然明かされていないため、予測するしかありません。
一般的に、年収60万円以下の場合は、限度額が10万円になりやすい傾向にあるようです。

特徴4:勤続期間が0ヶ月

転職したばかりで勤続0ヶ月といった方も、希望通りの借り入れが難しくなるようです。

勤続期間が極端に短い場合は、収入証明書の用意もできず、また試用期間であり早期離職の可能性もあると判断されるためです。

ただし、勤続が長引けば審査の結果も変わってきますので、契約当初の限度額が少なかったとしても、数ヶ月後に増額を申し込んでみるといいでしょう。

ご返済状況にもよりますが、必要な分の限度額を用意してもらえる可能性があります。

アコムの審査を受ける前に必要書類を準備

ここまで、アコムの審査基準について詳しく解説してきました。
では、これから審査を受けようと考えている方に向けて、申し込み前の準備についてもご説明します。

審査に向けた準備とは、つまり必要書類の用意です。

必要書類1:本人確認書類

アコムの審査を受けるうえで、本人確認書類の提出は必須です。
具体的には、氏名と現住所の記載がある身分証明書を用意しなくてはなりません。

具体的には、以下のような書類を用意しておいてください。

本人確認書類の例

  • 自動車運転免許証
  • 個人番号カード※1
  • 健康保険証※2
※1マイナンバーが記載されている部分は隠して提出してください。
※2健康保険証を提出する場合は、住民票・公共料金領収書・納税証明書いずれかもあわせて提出してください。

必要書類2:収入証明書

収入証明書は、借り入れ希望額によっては提出を求められる書類です。
具体的に、以下いずれかの状況に当てはまる場合は、用意が必要となります。

  • アコムからの借り入れが50万円を超える場合
  • 他社からの借り入れ金額とアコムからの借り入れ金額の合計が100万円を超える場合

実は、これも総量規制で定められているルールで、要するに、アコムとしても収入証明書が無ければ一定額以上の融資ができないわけです。

アコムに提出できる収入証明書は、下記の通りです。

収入証明書の例

  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

スマホで撮影した画像を送信するだけで提出可能

用意した書類は、スマホで撮影のうえネット上でアップロードするだけで提出できるようになっています。

アコムの会員ページか、公式スマホアプリから簡単にアップロードできるので、手間はほとんどかからないと思います。

アコムが行う審査の流れ

書類の準備が整い、アコムに申し込みを行ったら、即座に審査が開始されます。
では、その審査は具体的にどういった流れで行われるのか?

人によって順序が前後するケースもありますが、基本的には以下の流れで手続きが進みます。

  1. スコアリング審査で足切り
  2. 電話による本人確認と在籍確認
  3. 最終判断と結果通知

STEP1:スコアリング審査で足切り

審査開始と同時に行われるのは、自動システムによるスコアリングです。

スコアリングとは、お客様の申し込み内容を一定基準に基づいて採点し、合格ラインに達していない方を足切りする審査手続きです。

どのような基準で採点が行われ、何点以上であれば審査が通るのか、その点については残念ながら全くわかりません。

しかし、この記事で解説した「審査に落ちる原因」に心当たりがない方なら、それほど不安に思う必要はないでしょう。

ちなみに、スコアリングは自動システムのため非常にスピーディーであり、早ければ10分前後で完了します。

STEP2:電話による本人確認と在籍確認

スコアリング審査による足切りが行われた後は、随時、電話による本人確認が行われます。

本人確認の電話は、お客様が指定する電話番号(携帯電話・自宅電話・勤務先電話のいずれか)にかかってきます。
その内容は、お申し込み内容の再確認と詳しい借り入れ目的のヒアリング、および「急ぎで融資が必要かどうか」の確認です。

審査時間にどの程度影響しているのかは不明ですが、お急ぎであればその旨をしっかり伝えておいた方が良いでしょう。

本人確認の電話では、同時に「これからお勤め先に在籍確認のお電話を行います」という説明もされます。

都合が悪ければ、在籍確認のタイミングを指定・変更できるので、状況に応じて相談しておいてください。

在籍確認の詳細については、後述します。

STEP3:最終判断と結果通知

電話による確認作業が完了すると、アコム社内で最終的な判断が行われます。
つまり、いくらまでの融資が可能か、限度額を具体的に設定する段階に進むわけです。
以上で、アコムの審査は完了となります。

審査落ちとは、つまり「限度額は0円(融資できない)」と判断された結果です。

最終的に決定された契約内容は、前述の通り、電話・メールにて通知されます。

アコムの在籍確認は避けられない

不安や疑問を感じる方も多いかと思いますので、在籍確認について詳しく解説します。

そもそも、在籍確認とは、「お客様が実際に働いていることを確認する手続き」であり、多くの消費者金融は電話で行っています。これは、アコムも同じ。

実のところ、法律で「在籍確認は電話で行うように」と決まっているわけではありません。
では、なぜアコムは電話で在籍確認を行うのか?それは、電話が最も確実に在籍確認できる方法であるとされているからです。

タイミングは本人確認の直後

在籍確認のタイミングは、先ほどご説明した通り、本人確認の電話の直後です。

少なくとも、お客様本人に何の連絡もなく、勝手に勤務先へ電話されることはありません。

アコムが行う在籍確認の内容

在籍確認の電話は、どういった内容なのか。
はっきり言って、とてもシンプルなものであり、所要時間も1分程度です。

ちなみに、電話は担当者本人の名前でかかってくるので、本人以外の社員が対応した場合もアコムの利用がバレたりはしません。

具体的な文言は担当者によって差があるようですが、基本的に、以下のような内容が話されます。

  • ご本人様確認
  • 「お申し込みいただいた内容についての確認」であること
  • これで確認が完了したこと

本人不在でも問題ない

在籍確認は、本人が離席していても問題なく完了します。
要するに、現在その勤務先で働いていることが確認できれば良いので、必ずしも本人が対応しなくても良いのです。

人によっては、会社でアコムと電話している様子を見られたくないと感じるでしょうから、そういった方は意図的に席を外してしまうと良いでしょう。

在籍確認が失敗するケースとは

では、在籍確認はどういった場合に失敗するのか?
働いていることが確認できないときに失敗するわけですが、具体的に、以下のようなケースがあります。

電話に出た社員が「わかりません」と答えた

在籍確認の電話は、多くの場合でお客様本人以外の方が最初に対応すると思います。

その際、アコム担当者の「○○様はいらっしゃいますか」という問いに、電話に出た社員が「わかりません」や「お答えいたしかねます」などと答えてしまうと、働いていることの確認ができず在籍確認は失敗します。

この場合、すぐに審査落ちとなるわけではなく、まずはお客様本人に再度電話連絡が入り、状況と代替案についての説明が行われます。

電話がつながらなかった

在籍確認の電話は、申し込みフォームに記入された勤務先電話番号にかかってくるのですが、その内容が間違っていると失敗してしまいます。

この場合も、電話がつながらないからと審査落ちになったりはしません。
お客様本人に電話が入り、正しい勤務先電話番号の確認が行われ、再度在籍確認が行われます。

派遣社員の場合は派遣元の会社に電話がある

上記の通り、電話番号を間違えると在籍確認が正しく行われません。
そうなると、派遣社員の方などは、「自分の場合はどの電話番号を申告すればいいのか」と悩んでしまうかもしれません。

アコムの場合、派遣社員の方は、派遣元の会社が在籍確認先となります。
お申込み時は、派遣先の電話番号を記入しないようご注意ください。

アコムの審査に関する口コミ

最後に、アコムの審査に関する口コミをご紹介します。
審査に落ちてしまった方の口コミも紹介しているので、参考にしてみてください。

審査に落ちた人の口コミ

Female

40代 / 女性 / 職業: 派遣社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
non star
non star
non star
non star
1.0

審査に落ちてしまったので、サービス内容についてはわかりません。審査に落ちたのが、私にとっては悪いところと言えるかもしれません。

Male

20代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.9

安定した収入がなければ審査が通らない。過去に返済不可能になった人も借り入れできない。ヒアリング等の介入が激しい。

審査に通った人の口コミ

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

本当に審査が早くて、申し込んで一時間以内にはお金が借りられていたことです。収入証明書も不必要だったことです。

Male

30代 / 男性 / 職業: 契約社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.4

申し込みをした時にオペレーターと話をしたのですが、あまり人当たりがよさそうでなくコンピューターのような感じだったのが嫌でした。事務的な感じがして、人の温かさが感じられませんでした。それでも機械的な作業なので仕方がないとは思っています。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

すべてにおいてスムーズな対応であるということにつきます。お金を必要としている時というのは非常に精神的なストレスがかかっており、ネガティブ心理の悪循環にはまっています。審査、借入が当日中にできるのは本当に助かります。

まとめ

アコムの審査について、詳しく解説してきました。
審査は、返済能力の確認を目的に行われており、一定の問題を抱えている方は落ちてしまうものです。

しかし、この記事でご紹介した「審査に落ちる原因」に心当たりが無ければ、アコムでお借入れいただける可能性は十分と言えるでしょう。

そういった方は、ぜひ、公式サイトを確認のうえお申し込みを検討してください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る