アコムの審査を解説!基準と通る・落ちる人の違いや流れ・所要時間など総まとめ

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

ファイナンシャルプランナー

飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は、FPとして各種相談業務やセミナー講師として活躍する一方、多数の執筆活動も行っている。海外移住に関する相談にも対応しており、特にカナダや韓国への移住や金融・保険情報に関して多数の相談を受けている実績がある。
>公式ウェブサイト

「アコムの審査に自分は通るのか」と、疑問に感じる人もいるでしょう。

審査の結果は受けてみないと分からないので、完ぺきな予測を立てることはできません。ただ、一般的なカードローンの仕組みから、審査の目的やアコムの審査で何が見られているのかは分かります。

今回は、それらをもとに「どんな人が審査に通過して、どんな人が落ちるのか」を解説します。そのほか、具体的な審査の流れや、申し込みから審査、融資までどれくらいの時間がかかるかもあわせて紹介します。

この記事の目次

  1. アコムの審査で行われること
  2. 審査に通る人、落ちる人の特徴とは
  3. アコムの審査の流れを解説
  4. アコムの審査にかかる時間は最短30分
  5. まとめ

アコムの審査で行われること

「自分がアコムの審査に通るかどうか」を予測するには、まず審査で何が行われるのか、また、どんな項目が見られるのか、を知っておく必要があります。

ご存知のとおり、アコムは「融資するかどうか」を審査で決めます。

審査の目的

  • 融資するかどうかを決める
  • 融資する場合の条件を決める(金利・限度額)

まず審査では「融資するのか・しないのか」を決めます。次に融資をする場合は、どれくらいの限度額にするか、金利はいくらか、といった点を決めるのです。

審査で返済ができる人かどうかを見極める

審査で基準になるのは、シンプルに「借りたお金を返済できる人かどうか」です。

きちんと返済ができると判断された人のみ、融資を受けられます。反対に、審査に落ちる人は「返済ができなさそうな人」だと判断されたことになります。

利用者は、借りたお金に利息を足して返済します。それがアコムの利益になります。しかし、返済をしてもらえないと、収益どころかアコムの損失になってしまいます。

それを回避するためにも、あらかじめ「返済ができる人かどうか」はきちんと確かめる必要があるのです。

利用条件を満たさないと審査に通らない

返済ができると判断されるには、少なくともアコムの利用条件を満たしている必要があります。アコムの利用条件は以下のとおりです。

アコムの利用条件
画像引用:カードローン・キャッシングならアコム

これらを大きく3つに分けると以下のとおりです。

利用条件

  • 20歳以上
  • 安定収入と返済能力がある
  • アコムの基準を満たしている

「安定収入・返済能力」というのが、シンプルに収入があって返済できるひとを指します。また「アコムの基準を満たす」というのも、おおむねそれと同様です。

返済ができるかどうかはあくまでアコムの基準です。自分が「返済できる」と思っていても、アコムがダメだと判断すれば審査に落ちます。

アコムの審査で見られる項目を解説

では、アコムは何をもって「安定収入や返済能力があるのか」を見極めているか。また何が審査の基準になっているのか。

それについて、アコムは審査基準を公表していません。

反対に、「こうであれば審査に落ちる」というのはあります。
しかし、カードローンの仕組み上、ローン提供者が審査の際に何を見るのかは大体決まっています。また、申し込みフォームに記入する項目から、何を見ているのかが分かります。

具体的に、アコムが審査で確認している項目は以下のとおりです。

アコムの審査で見られる項目

  • 個人情報および住居に関わる情報
  • 勤務先や収入にかかわる情報
  • 他社借り入れ状況や希望限度額
  • 金融トラブルの経験の有無

アコムの審査で確認されることは、基本的に申し込みフォームに記載したことだと覚えておきましょう。以下でアコムの申し込みフォームを踏まえて、どのような点が審査で確認されるのか解説していきます。

情報1.個人情報および住居に関わる情報

アコムの申し込みフォームでは、まず氏名や年齢・住所といった基本的な情報を記入していきます。

アコムの申し込みフォーム

アコムの申し込みフォーム

ここで年齢が20歳以上でない方は、申し込みができません。

そもそも、未成年は、返済に関する能力が十分でないと考えられており、一般的に契約行為は無効になると定められています。そのため、アコムに限らず、未成年は借り入れができません。

アコムの申し込みフォーム

アコムの申し込みフォーム

そのほか、現在住んでいるところの家賃や住宅ローン支払額、さらには持ち家か賃貸かといった情報も記入していきます。

住居に関する項目も、その人の収入支出にかかわるポイントであるため、アコムの審査で確認されるのです。

例えば、毎月の家賃や住宅ローンが高い人は、そのためにお金を捻出する必要があります。新たにアコムから借りても返済がきつくなることが予想されるため、審査に落ちてしまう可能性があるのです。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

住まい方は確実に返済できるかの参考になる

持ち家の場合、借入よりも多くの資産を有している目安となるため、審査では有利になります。住宅ローンがあるときには、これ以上借り入れても大丈夫か?という見方を審査に取り入れます。ただ、必ずしも賃貸が不利になる訳ではありません。居住年数が長い場合には、家賃の滞納がないことの証明であり、審査で有利になります。反対に居住年数が短い場合には、不利になることがあります。

情報2.勤務先や収入にかかわる情報

アコムの審査では、年収や勤務先にかかわる情報も記入します。
一般的に返済へ充てるお金は、お給料から捻出されると考えられるため、審査で確認されるのです。

アコムの入力項目 アコムの入力項目

アコムの入力項目 アコムの入力項目

そのほか、勤務先の業種や社員数、申し込み者がその会社に入社した年月、雇用形態、職種など細かなところまで確認します。このような点を確認するのは、収入が安定しているかどうかを確認するためです。

世の中には、会社が倒産して職を失ったり、契約が打ち切られて、職を失ったりするケースもあります。まとめると、会社都合で職を失うケースです。

職を失えば、当然無給。そうなると、返済が滞る可能性もあります。このような事態を避けるためにも、会社規模や雇用形態などから、職の安定性を見極めるのです。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

働き方は、信用度の指針になる

雇用形態が正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートなど働き方によって、定期的に安定した収入が得られるのかを知ることができます。また、勤務年数も重要になります。雇用形態に関係なく、同じ会社に長く働いているというのは、安定した収入が得やすい人として判断されます。つまり、お金を貸しても返してくれる人なのかどうかの、信用度の指針となります。

情報3.他社借り入れ状況や希望限度額

アコム以外で既に借金がないか確認されます。

多くの借り入れがあると、毎月の返済は厳しいと予想されるでしょう。その状況で、アコムから新規で借りても、返済がより厳しくなるだけです。

利用者が返済に苦しまないためにも、他社借り入れから、融資が可能か、どれくらいの限度額が適正なのかを判断します。

アコムの申し込みフォーム

ちなみに、個人が借りられる上限は、「総量規制」という法律で決められています。

それは、年収の3分の1までです。

これは他社との合計なので、他社から借りている分、アコムから借りられる金額は減ります

年収の3分の1から他社借入を引いた金額が貸し付けできる上限

例えば、年収300万円の人が借りられるのは、100万円までです。

しかし、他社で既に50万円の借り入れがある場合は、どんなに高くてもアコムで借りられるのは50万円までとなるのです。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

総量規制は貸金業者に義務付けた法律

総量規制は、消費者金融・カード会社・信販会社などの貸金業者を対象に義務付けた法律です。そのため、個人を罰することはありません。とはいえ、借り過ぎてしまうと、返済が苦しくなるので、計画的に利用しましょう。

情報4.過去に金融トラブルがあるかどうか

・ローンやクレジットカードの滞納
・債務整理(任意整理や自己破産など)
・ローンやクレジットカードの強制解約

上記のようなトラブルを経験していると、審査に落ちてしまうでしょう。
ローン会社やカード会社は、これらの記録を専門機関に登録しています。アコムは、審査の際に、その記録を照会するのです。

アコムも、トラブルを起こした人には、融資したくありません。お金を貸しても、返済がまた遅れるのではと懸念するためです。

信用情報が確認される

ローンやクレジットカードの利用履歴をまとめたものを信用情報と言い、その情報を保管している機関を信用情報機関と言います。ローン会社は審査の際に必ず信用情報機関に問い合わせて、情報を確認します。

なお、個人でも信用情報機関にて申請すれば、自分の情報が見られます。以下が信用情報の見本です。

信用情報
画像引用:指定信用情報機関のCIC『信用情報開示報告書の見方』

上記の画像、Aの箇所に「異動」とあります。金融トラブルと起こすと、自身の情報に異動と書かれるのです。この異動情報は、5年~10年残り続けるので、その間はどのローン会社も融資を断ります。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

延滞・滞納の履歴は金融トラブルになる

ここで言う金融トラブルとは、信用情報機関でブラックリストに載ってしまった状態のことを意味します。これを異動と言います。異動になる主な3つのケースとは、返済期日から61日以上延滞してしまった、クレジットカードで未納があり代わりに保証会社が支払ったことがあった、債務整理をした場合などです。これらの情報は確実にバレます。隠さずに正直に記入するようにしましょう。

信用情報について気になる方は、以下の記事で詳細を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

審査に通る人、落ちる人の特徴とは

アコムの審査で見られる項目を紹介しましたが、具体的にどんな人が審査に通り・どんな人が落ちるのか以下で解説します。

アコムの審査に通る人の特徴

  • 以下の「チェックリスト」にひとつも該当しない人

単刀直入に、「こうであれば、審査に通る」というものはありません。

反対に、「こうであれば審査に落ちる」というのはあります。

アコムの審査に落ちる人のチェックリスト

  • 無職や専業主婦など収入がない人
  • 収入が極端に少ない人、収入が途切れそうな人
  • 他社からの借り入れが年収の3分の1以上ある
  • 他社からの借り入れが4社以上ある人
  • 直近5年に金融トラブルを起こしている人
  • 直近10年に金融トラブルを起こしている人
  • 直近1ヶ月以内に複数社へ申し込みをしている人

審査に通る人は、NGなポイントがひとつもない人です。例えば、収入が安定していても、上記のチェックリストに該当する人は落ちる可能性が高いでしょう。

前項の審査で見られる項目でも、いくつか解説しましたが、それ以外の細かな部分について、以下で解説します。

無職や専業主婦は借りられない

アコムの利用条件が「安定収入があること」なので、借りられません。ここでいう安定収入とは、ご自身で稼いだ給与所得を指します。

親からの小遣いや、夫から渡される生活費は、安定収入に含まれません。パート・アルバイトでも、安定収入と判断される可能性があるので、利用したい方はまず職を探すところから始めましょう。

収入が途切れそうな人は借りられない

安定収入とは、毎月一定のお金を稼ぐことです。収入の高さより継続していることに注目されます。アコムの借り入れは、何ヶ月かに分けて返済をしていくため、継続性が重視されるのです。

毎月の収入額が激しく上下したり、極端に収入が少なかったりすると、審査に落ちる可能性があります。

例えば、アルバイトの人は、会社員のように毎月の収入が一定ではありません。全然にシフトに入っていない、働かない月もあるという場合は、収入が途切れる可能性もあるので審査に落ちやすいです。

パート・アルバイトが審査に落ちないためには?

  • 3ヶ月~半年以上アルバイトを続ける
  • 毎月、一定の給料になるようにする
  • 希望額は年収の年収の1/3以下にする

他社借り入れが4社以上あると借りられない

他社から借りている金額以外に、件数も見られている可能性があります。
借り入れの件数が、多いと返済を管理できなくなり、返済不能となる可能性も考えられるからです。
具体的な件数は公表されていませんが、一般的4社以上借りていると懸念されます。

金融トラブルを起こしている人は借りられない

金融トラブルを起こしたという記録は、だいたい5年残ります。その間はアコムに限らず、ローンやクレジットカードは利用できないでしょう。

延滞にだけではなく、債務整理も記録として残ります。これについても、返済ができないことを表すためです。
債務整理の中でも、自己破産は、5年~10年と長めに残ります。

直近1ヶ月に複数社へ申し込みした人は借りられない

アコムに申し込みをするのと同時に複数社へ申し込みをした人は、審査に落ちる可能性があります。

複数社に申し込みをした人は、極度にお金に困っていることが考えられて、返済不能になる可能性もあります。そのため審査に落ちる可能性があります。

この状態のことは「申し込みブラック」と呼ばれていて、アコムに限らず他社でも審査に落ちる可能性があります。

通過した人の口コミ・落ちた人の口コミ

実際にどういう人が審査に通過して、どういう人が審査に落ちたのか、実例を参考にしてみましょう。

以下でアコムに申し込みをした人の口コミを、通過した人・落ちた人、それぞれ紹介します。

審査に通過した人の口コミ一覧

Face 審査結果:通過(限度額10万円・金利年18.0%)
女性既婚(25歳) アルバイト 年収:60万円 他社借入:0円
Q.審査は不安でしたか?A.【はい】
初めての借入なので、正直借りられるのか不安でした。アルバイトの主婦でも借りる条件を満たしてるのか疑問でした。ある程度収入がないと、貸す側も簡単に貸すわけにはいかないでしょうからね。しかし、情報を入力する際に【主婦】や【パート・アルバイト】という選択肢があったので、借りられるかもしれない!とも思い、申込みをしました。
Face 審査結果::通過(限度額50万円・金利年18.0%)
男性独身(32歳) 正社員(営業職) 年収:450万円 他社借入:合計200万円
Q.審査は不安でしたか?A.【いいえ】
正社員で収入もあったため、年収面ではクリアしていると思いました。バンクイックで200万借り入れがありましたが、銀行系なので総量規制に関係ないため、「審査に響かないかな」と思っていました。バンクイックの返済に遅れた経験もありません。以上のことから、審査は意識しなかったです。
Face 審査結果:通過(限度額50万円・金利年18.0%)
男性独身(52歳) 正社員(現場職) 年収:550万円 他社借入:合計130万円
審査結果:通過(限度額50万円・金利年18.0%)
Q.審査は不安でしたか?A.【はい】
債務整理して完済後、5年まであと1ヶ月残っていました。過去に何件か審査落ちを経験しているのと、他社借り入れが130万円もあるという理由から、審査に通過するのは厳しいと感じていました。また、同時期に数社申し込んだので、その点も審査に影響する可能性も考えました。

年収が60万円の方でも、借りられています。他社からの借り入れも少なくて、限度額10万円という少額なので、大丈夫だろうとアコムは判断したのでしょう。

また他社からの借り入れがあっても、ある程度の年収がある方は審査に通過していることが分かります。

審査に落ちた人の口コミ一覧

Face 審査結果:落ちた
男性独身(29歳) アルバイト  年収:240万円  他社借入:0円
審査結果:通過(限度額50万円・金利年18.0%)
Q.なぜ落ちたと思いますか?
アコムへ申し込んだ際はアルバイトで、その2ヶ月前までは無職でした。そのため、年収そのものが低い状態でした。また夜の仕事だというのが審査に響いたのかもしれません。他はよそのカード会社にも数社申し込んでいたので、申込みブラックになっているのかと思います。
Face 審査結果:落ちた
男性既婚(31歳) 正社員(事務職) 年収:310万円  他社借入:合計400万円
審査結果:通過(限度額50万円・金利年18.0%)
Q.なぜ落ちたと思いますか?
アコムへ借り入れを申し込んだ時点で、他社からの借り入れが私自身の年収に対して多すぎるために、総量規制に抵触したのかと思われます。また、私の属性が悪く、審査に通らなかったのかもしれないと考えています。
Face 審査結果:落ちた
女性独身(30歳) アルバイト 年収:150万円  他社借入:合計130万円
審査結果:通過(限度額50万円・金利年18.0%)
Q.なぜ落ちたと思いますか?
他社からの借り入れが既に130万円あったので、審査に影響したと思います。また前の職場を退職した後、短期派遣や日雇いのアルバイトで生計を立てていたことから、収入が少なかったことも原因だと考えています。また、携帯料金の滞納、家賃の滞納もあったので影響したかもしれません。

アルバイトを始めたばかりの人は、続くかどうか怪しいので審査に落ちた可能性があります。そのほか、何らかの理由で、年収と同じかそれ以上の借り入れ担ってしまった人は審査に落ちていることが分かります。

審査に通過した人・落ちた人の詳しいデータは、以下の記事にて掲載しています。審査が通るか不安な人は、ぜひチェックしてみてください。

アコムの審査難易度はどれくらい?

結論、アコムの審査難易度をはかることはできません。なぜなら、審査基準が公開されていないからです。

また他社と比較して、どっちが甘い・厳しいというのも、それぞれ重視するポイントが異なる場合もあるので比較することはできません。

ちなみに「アコムに申し込みをした人のうち、どれくらいの人が利用できているのか」を表す指標はあります。成約率というもので、アコムが公表しているものだと成約率は44.8%です。参考:アコム『DATE BOOK』

結局のところ、審査というのは、個人の収入の安定性や返済能力を元に決めるものなので、どこの会社が通る・どこが通らないで考えるのはおすすめできません。しかし、審査が不安な人は、こういった数値もひとつの参考にしてみるのは良いでしょう。

審査が不安な人は3秒診断を受けましょう

アコムの公式サイトには、3つの項目を入力するだけで、借りられるかどうかを簡易的に予測してくれるツールがあります。それが「3秒診断」です。

アコムの申し込みフォーム

「年齢・年収・他社借入金額」を入力するだけなので、時間はかかりません。アコムの公式サイトにあるので、不安な方は、まずこのツールを使ってみましょう。

アコム

簡易診断
審査時間 最短30分
即日融資
3秒診断で借入できるかすぐ分かる
審査の前に、借入可能か分かる「3秒診断」を受けられます。入力項目は、年齢・年収・他社借入額のたった3つだけ!
「お借入できる可能性が高いです」と出た方は、審査に通過する可能性があります。
年収の3分の1までなら借りられます
キャッシングの借入額合計が、年収の3分の1を超えない範囲であれば、借りられる可能性あり!
すでに他社で借入経験のある方でも、2社目、3社目としてアコムをご利用しているケースもあります。
全国で157万3,000人が利用している
アコムの利用者数は、業界トップクラスの157万3,000人となっています。(2019年12月時点)
利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

アコムの審査の流れを解説

アコムの審査開始から結果が出るまでの流れは、以下のとおりです。

  1. 申し込み情報の確認
  2. 必要書類の確認
  3. 本人確認の電話
  4. 個人信用情報の確認
  5. 勤務先への電話連絡(在籍確認)
  6. 担当者が審査結果を判断する

アコムの審査は、まず申し込み情報や提出された書類をもとに、融資できるのかできないのかの判断を仮で行います。

その後、専門機関に情報を問い合わせたり、申込者の勤務先に電話を掛けたりといった手順を経て、最終的に結果が出ます。

流れのなかにある、「個人信用情報」「在籍確認」などの専門用語が分かりにくいと思うので、以下で具体的に何を行っているのかを解説していきます

申し込み情報の確認

アコムの審査は、申し込みフォームの入力・送信後、すぐに行われます。入力した情報が、審査をするコンピューターに送信されて、機械的に判断されます。

年収・他社借入金額や、勤務先・雇用形態といった情報ひとつひとつに点数をつけて、その人の収入が安定しているかどうかを判断するのです。

ちなみに、この機械的な審査のことを仮審査と言い、それ以降の審査を本審査と言います。

仮審査、本審査の違いとはなにか

仮審査は機械が行う審査で、本審査は人が担当する審査です。順番としては仮審査→本審査という順番で行います。

仮審査はあくまでも、年収や他社借入の金額から条件を満たしているかどうかを判定するものです。この時点で条件に満たない人は問答無用で審査に落ちます。

本審査は人間が行う審査のことで、書類を確認したり、在籍確認をしたりします。最終的に融資するかどうかを決めるのも人間です。仮審査に通過しても、最後の最後で審査に落ちるということもあります。

必要書類の確認

アコムへの申し込みが完了すると、書類の提出を求めるメールが申し込み者のもとへ届きます。メールに記載してあるURLからサイトにログインして、スマホで撮影した画像をアップロードすれば完了です。

この書類に不備が無いかどうかを、アコムは確認します。

アコムが確認する書類は、具体的に2種類あります。

この2つのうち、本人確認書類は必ず提出し、確認されます。収入証明書は、提出が求められるかどうかは個人によって異なります。

本人確認書類の提出

本人確認書類とはシンプルに「身分証明書」です。金融サービスの利用する際は、身分証明書を提出することが必須で、アコムも例に漏れません。

身分証明書は、審査というより「本人が申し込みをしているのか」「不正利用されないか」などの観点からきちんと確認します。
具体的には、以下のような書類が本人確認書類となります。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

直近で引っ越しをした人は注意しましょう。本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、本人確認書類として認められない場合もあります。身分証明書の住所は現住所と合致するものにしましょう。

収入証明書の提出

収入証明書とは、その名の通り、「どれくらい収入があるのか」を証明するための書類です。高額な借り入れになるときは、より精密に審査をするため、この書類の提出が求められます。

具体的に該当する書類は以下のとおりです。

収入証明書

  • 源泉徵收票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書·青色申告書·収支内訳書

これらの書類は、以下の条件に該当すると必ず求められます。

収入証明書が必要なケース

  • アコムから50万円以上借り入れをしたい場合
  • 他社の借り入れとアコムで合計100万円を超える場合

上記の条件は「総量規制」という法律で定められたものなので、例外はありません。またアコム以外で借りる場合も、同様の条件で収入証明書が求められます。そのほか、アコムが独自に必要だと判断した場合も、収入証明書の提出が求められます。

本人確認の電話

申し込みが完了すると、本人のもとへ電話がかかってきます。必要書類の提出と本人確認の電話は前後します。

この電話で、「本人が申し込みをしたか」の確認が行われます。
そのほか、申し込み情報だけでは、結果の判断をしづらいという場合は、電話で追加の質問をいくつかされることもあります。

そのほか、審査中は「会社への電話連絡」が行われるのですが、この電話で「勤務先へ電話をしてもよいか」と許可を求められます。

個人信用情報の確認

審査中は「個人信用情報」の確認が行われます。過去にローンやクレジットカードの利用状況はどうだったかを確認するのです。

これらの情報は「信用情報機関」という専門機関のデータベースに登録されています。信用情報機関のデータベースにアクセスすれば、氏名・生年月日・電話番号といった情報を入力するだけで、過去に利用したローンやクレジットカードの情報が分かります。

この情報から、「過去に返済の遅れを起こしていないか」「破産をしたことはないか」などを確認するわけです。

勤務先への電話連絡(在籍確認)

審査が終盤にさしかかると、勤務先へ電話がかけられます。この工程を「在籍確認」と言います。かかってくるのは、申し込み時に記入した勤務先の電話番号です。

勤務先へ電話がかけるのは、申し込み者が本当に働いているのかどうかを確認するためです。

会社に属していれば、お給料をもらっている(収入を得ている)ということになるので、収入が安定していることの根拠になります。

申し込みフォームでも会社を申告する欄はありますが、あくまで自己申告です。それだけでは根拠としては薄いため、確証を得るため電話をかけるのです。

勤務先への電話はすぐに終わる

勤務先への電話と聞くと、周りの人に借金がバレるのでは?と不安になる人もいるでしょう。在籍確認はすぐ終わるので、過度に心配する必要はありません。

在籍確認は、申し込み者が会社に勤めていると分かれば完了します。「◯◯さんはいらっしゃいますか?」と聞かれるだけです。本人が電話に出ても良いですし、例えば同僚が「今は離席中です」というだけでも、在籍はしていると判断されて、完了します。

電話をする過程で、「アコムです」や「借金の件です」とは言いません。同僚が質問しても、「個人的な用事ですので」と内容は伏せられます。在籍確認について、不安な方は以下の記事で詳細をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

担当者が最終的な判断をくだす

申し込み情報の確認・信用情報の確認・勤務先への電話連絡などを経て、最終的にアコムの審査担当者が、融資をするかどうかの決断をくだします。

それ以外にも、どれくらいの金利で、いくら融資するのかも判断します。

担当者が融資の可否を決めたら、申し込み者に対して、結果を通知します。

審査結果はどう連絡がくるのか

これについては、申し込み時に選択した連絡先に結果が来ます。多くの人は、ご自身の携帯電話を選択するでしょう。

アコムの申し込みフォーム

「審査に落ちて連絡が来ない」ということはありません。アコムは結果がどうであれ、必ず結果の通知はしてくれます。

申し込みをしたのに、なかなか連絡が来ないという人は、営業時間外で翌日に対応が回されているか、在籍確認が完了していない可能性が考えられます。

アコムの審査にかかる時間は最短30分

申し込みが完了してから審査結果が通知されるまで、最短30分です。
また、審査後、すぐに契約ができるので、即日融資も可能です。

申し込みから借り入れまでの流れがスムーズなので、早めにお金を借りたい人には向いていると言えるでしょう。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.4
30代 /女性 /職業: パート・アルバイト /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

審査が速いし使いやすくて良い

審査時間が短くて、必要な金額はその場で借り入れができたので、急ぎで必要な場合には良かったと思います。

利用したカードローン アコム
Kckm 2003
借入金額 120万円 金利 年15.0%
審査時間 30分以内 借入事実の把握 友人
重視した点 審査の容易さ

アコムの審査時間は他社と比較してどう?

アコムの審査時間は、消費者金融のなかでは一般的ですが、銀行カードローンと比較して、早いと言えるでしょう。

なぜなら銀行カードローンは審査の仕組み上、当日に審査結果が出ないからです。アコムは当日に借りることができるので、その点は強みでしょう。

商品 金利 限度額 審査時間
プロミス 4.5~17.8% 最大500万円 最短30分
アコム 3.0~18.0% 最大800万円 最短30分
アイフル 3.0~18.0% 最大800万円 最短30分
SMBCモビット 3.0~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査
レイクALSA 3.0~18.0% 最大800万円 最短15秒審査

他の消費者金融と比較すると、短時間で結果を表示してくれるサービスがあります。

しかし、申し込みから借り入れまでは、どこも最短60分での融資なので、実際のところはそんなに変わらないでしょう。

営業時間と審査対応時間には注意しましょう

すぐお金を借りたい方は、アコムの営業時間と審査対応時間を確認してみましょう。まずはアコムの営業時間ですが、以下の通りです。

サービス 営業時間
店頭窓口 平日9:30~18:00
休業日:土・日・祝日
自動契約機(むじんくん) 営業時間:9:00~21:00
年中無休(年末年始は除く)
インターネット 24時間申し込み受け付け
アコムのコールセンター フリーコール自体は24時間対応
18時以降は、翌日の審査結果回答

店頭窓口は土日祝日が休みですが、それ以外は土日も対応しています。
次にアコムの審査対応時間は以下のとおりです。

審査対応時間

  • 9時~21時(※電話申し込み以外)

審査対応時間は9時から21時と比較的長めです。しかし、電話での申し込みをすると、18時までしか審査対応してくれません。

おすすめはインターネットです。24時間申し込みができます。

自動契約機も店舗窓口は移動が伴いますし、審査は最短でも30分で、待ち時間が発生します。無人店舗のなかで、ひとり待ち続けるのは時間がもったいないでしょう。

アコムは土日でも審査してくれる

アコムは土日祝日も平日と変わらず、審査の対応をしてくれます。もちろん、審査時間も平日と変わりません。

土日に審査を受ける人は、勤務先への電話連絡に対応できるようにしましょう。連絡がつながらず、翌営業日になる可能性もあります。申し込み方法はいくつかありますが、一番早いのはインターネットです。

電話対応できないが、どうしても借りたいという人は、あらかじめアコムに相談をしましょう。

アコムの審査を早く終わらせるコツ

今日中にお金を借りたいという人は、審査を早く終わらせたいと思っているかもしれません。審査は最短30分と記載されており、それよりも早くすることはできません。

しかし、審査が長引いてしまわないように、心がけることはできます。

インターネットから申し込みする

24時間365日、申し込み可能です。ご自身のタイミングで申し込みをすることができて、情報を入力したらすぐに審査が行われます。

申し込みを方法としては、店頭窓口や無人店舗もありますが、営業時間がありますし、混んでいる可能性もあります。電話については、なかなか繋がらないケースも予想されますし、繋がったとしても会話に時間を拘束されます。

早い時間に申し込みを行う

急ぎでアコムからお金を借りたい人は、早い時間帯に申し込みを済ませましょう。理想は午前中~お昼頃です。

審査の途中に行われる勤務先への電話連絡は、勤務先の営業時間が終了してしまえば行えません。そのため、夕方に申し込みをするのは避けたいところです。

会社員の方は、お昼頃に申し込みを済ませて、午後に審査完了。会社帰りにお金を借りるという流れがスムーズでしょう。

提出する書類に不備がないようにする

書類に不備があると、再提出を求められます。直近で引っ越した人は、現住所と書類の住所が異なっていないか注意しましょう。

そのほか、スマホカメラで書類を撮影する際は、情報がはみ出ない。また画像がボヤけないように注意しましょう。

高額な借り入れやアコムが2社目の人は、収入証明書を用意しておきましょう。求められる可能性が高いです。
給与明細書を提出するつもりの人は、2ヶ月~3ヶ月分求められる可能性もあるので、用意しておきましょう。

勤務先への電話連絡をスムーズに行う

在籍確認が取れないと、審査は先に進みません。電話が繋がりづらい場合は対策を取りましょう。

自分で電話の前に張り付いているのもありです。また、同僚に「クレジットカードの在籍確認があるから」とお願いするのがおすすめです。

クレジットカードにも在籍確認はあるので、そう嘘をついても同僚に怪しまれないでしょう。

それでもダメなら、アコムにあらかじめ相談しましょう。解決策を提案してくれる場合があります。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

今回はアコムの審査について解説しましたが、重要なポイントをまとめると以下のとおりです。

この記事のポイント

  • 審査では融資するかどうかを決める
  • 融資する場合は限度額・金利を決める
  • 審査の基準は「返済できる人かどうか」
  • 審査の前に書類の提出がある
  • 審査中に会社へ電話連絡が行われる
  • アコムの審査は最短30分で完了する

審査では返済できる人かどうかが確認されます。返済できなさそうな人は審査に落ちてしまうと覚えておきましょう。確認される情報についても振り返ると以下のとおりです。

審査で確認される項目

  • 個人情報や居住情報
  • 年収や勤務先にかかわる情報
  • 他社からの借入金額
  • 金融トラブルの経験の有無

返済できるかどうかというのは、その人の支出や収入状況、および過去の実績から判断されると覚えておきましょう。

審査時間については、最短30分で土日祝日も対応。ただし、時間帯や審査状況によっては長引く可能性もあるので、早い時間帯に申し込みをしておくのが良いでしょう。

図解でわかる!アコムの全て(借り方や審査など徹底解説)
アコムについてイチから詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。メリットだけでなくデメリットもしっかり解説しているので、参考になると思います。

おすすめの特集ページ

アコムに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る