りそな銀行のプレミアムカードローンの魅力と注意すべき条件を紹介

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 プレミアムカードローンりそな銀行
【評価】★★☆☆☆(2.2)
金 利:3.5~12.475%
限度額:最大800万円
審 査:2営業日以上

りそな銀行のプレミアムカードローンは金利が低い

りそな銀行のプレミアムカードローンも共通していますが、銀行カードローンの魅力は何と言っても金利の低さです。

りそな銀行でも最大800万円という融資限度額の「プレミアムカードローン」が、その金利の低さと限度額の大きさで人気を集め複数の借入を一本化したい人にもお勧めのカードローンとなっています。

借入金額に応じて変化する金利

ご利用限度額 利率
50万円型 12.475%
100万円型・150万円型 11.5%
200万円型 9.0%
300万円型 7.0%
400万円型 5.5%
500万円型 4.9%
600万円型 4.5%
700万円型 4.0%
800万円型 3.5%

りそな銀行のプレミアムカードローンの金利は借入金額により異なり、10種類のコースがあるので自分が必要な金額のコースを選ぶ事が出来ます。

上記の表を見てお解りの通り、限度額が大きくなればなるほど金利が低く設定されています。

まとまったお金が必要な時は他社との比較をすると思いますが、りそな銀行のプレミアムカードローンは必ず候補に入れておくべきでしょう。

Q.限度額はどのように決まる?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

他債務と年収で決まります

銀行カードローンの融資限度額は他債務との合計で年収の2分の1以内と暗黙の了解で決められています。
このため、他債務のない人が300万円を借りたいのであれば、その倍の600万円以上の年収が必要になります。
しかし、最近は銀行カードローンの過剰融資が社会問題化していることから年収の3分の1以内を融資限度額とする銀行も増えています。
このため、他債務と借入額の合計の2倍〜3倍の年収が必要になると考えましょう。

300万円までの借入には収入証明書の提出が不要

上記で挙げたコースのうち、限度額300万円までのコースであれば、収入証明書の提出は不要となっています。

給与明細書をはじめとする所得証明書を準備するのは、何かと面倒と感じる人も多いでしょうから、そうした人には嬉しいサービスと言えるでしょう。

ただし、稀にりそな銀行が審査の段階で収入証明書の提出を求めるケースがあります。その時には提出しないと融資は受けられないという点に留意しておきましょう。

申し込み資格に注意

銀行カードローンの中でも人気の高いりそなプレミアムカードローンですが、申し込み資格はどうなっているのでしょうか?

銀行でも消費者金融などでも「申し込み資格」があり、この資格がないと申し込み自体が出来ません。

年収が400万円以上でなければ申込めない

りそな銀行のプレミアムカードローンの申し込み資格は、以下のようになっています。

申し込み資格
■20歳以上60歳未満
■保証会社の保証を受けられる方
年収400万円以上で安定収入のある方

注目すべきは「年収400万円以上」という点でしょう。年収400万円は高いと感じるかもしれませんが、裏を返せば「銀行でお金を借りるのはそれぐらいハードルが高い」ということでもあります。

申込んだその日に融資を受けるのは難しい

年収など申し込み資格を確認出来たらりそな銀行に申し込みをしますが、プレミアムカードローンの申し込み方法はインターネット、郵送かFAXから選べます。

今ではネット環境が整っているので、パソコンやスマホなどからの申し込みが普通ですが、インターネットでの申し込みは必要事項の入力後、最短で即日中に電話審査結果の回答があります。

その後の流れは契約書のやり取りがあるので、審査に通過しても一週間程度の時間は必要になるので、急いでお金が必要な人はりそな銀行のプレミアムカードローンの融資までの時間を頭に入れておきましょう。

りそな銀行カードローン利用者が語る評判と口コミ情報【審査は甘いか厳しいか】
≫記事を読む

事前に口座を用意する必要は無い

銀行のカードローンを申し込む場合、通常はその銀行に口座を持っていないと申し込みが出来ないケースが多いのですが、りそな銀行では口座を持っていなくてもプレミアムカードローンへの申し込みが可能です。

りそな銀行に口座を開設する必要はありますが、りそなプレミアムカードローンの審査を終えてカードローン契約するまでに口座を開設する、という方法を取っているので申し込み時に口座がなくても安心です。

審査と同時に口座開設を進める事で、審査通過後は早く利用出来るというメリットがあります。

金利6.0%のプレミアムフリーローンもチェックしよう

りそな銀行で人気のカードローンはプレミアムカードローンですが、もうひとつプレミアムと名の付く商品がりそなにはあります。

それが「りそなプレミアムフリーローン」で、カードローンではありませんが最大限度額500万円で、金利は固定金利の6.0%。更に使途は自由という魅力のあるローンになります。

申し込めるのは以下の条件を満たしている人のみです。

利用条件
  • 申込み時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
  • 前年の年収が400万円以上で、継続安定した収入がある方※
  • 当社所定の保証会社の保証が受けられる方

※専業主婦、学生の方は利用できません

カードローンではないので月々の返済になりますが、計画的な無理のない返済計画が立てられます。どのサービスがご自身に合っているか、電話口やりそな銀行の窓口で聞いてみるのも良いかもしれません。

しかし、金利が6.0%という非常に低金利で固定されているので、申し込む条件も厳しく設定されています。

また、審査も厳しく行われるので、条件を満たしているからといって審査に必ず通るわけではありません。

りそなのプレミアムカードローンは融資可能条件が厳しいが低金利

銀行系のカードローンでは4%〜14.6%の貸付金利が多い中で、りそなプレミアムカードローンは最大でも12.475%という低金利で申込み者もかなり増えています。

ただし・・・!

銀行カードローンである以上、厳しい審査が待ち受けていることだけは覚悟しておきましょう。

審査が最短30分のカードローン

銀行カードローンは審査に時間がかかるものが大半です。

一方、消費者金融は審査が最短30分・融資まで最短60分というスピードが売りなので、お急ぎの方は消費者金融を選択肢に入れてもいいと思います。

アコムはWEBで簡単な項目を記入するだけで、借入の可能性がどれくらいか診断してくれる「3秒診断」を行ってくれているので、審査が通るか不安な方は試してみるのもいいでしょう。

Q.消費者金融のメリットを教えてください

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

時間の速さとサービスの充実度です

消費者金融はお金を貸すことを生業としています。銀行に比べて審査の応対が早く、無人契約機などを活用することで融資までの時間も短く済ませることができます。また、大手の消費者金融では、一定期間は利息が発生しないサービスを導入したり、周囲に知られないような工夫を凝らしてくれたりと、よりユーザー目線に立ったサービスを提供しています。

プロミス

審査 最短30分
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

24時間365日いつでもお申込み可能です。
公式サイトからお申込みいただいた場合、早ければ1時間後に借り入れ可能となります。

公式サイトはこちら

アコム

審査 最短30分
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

今日・明日中にでもお金が必要な方におすすめです。
借入が初めての方でも安心してご利用いただけます。

公式サイトはこちら

アイフル

審査 最短30分
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

初めてのご利用の方は、ご契約後30日間は金利が0%となります。
在籍確認の直前に、申込者本人に「これから電話します」と連絡をくれるなど、職場の方に利用を知られないよう配慮してくれます。

公式サイトはこちら

おすすめの特集ページ

ネット申し込みに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る