即日融資を謳う闇金は絶対にダメ!信用情報が不安な人の適切な対処法

この記事に関するアドバイザ

元 保証会社 社員

井上拓馬

保証会社(クレジットカード会社)にて、カードローン・クレジットカード・キャッシングの審査業務に従事、5,000名を超える顧客を担当。審査業務だけでなく、滞納者への対応や法務部での経験も豊富な、貸金業のプロ。

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • どうしても緊急でお金が必要…
  • 借入したいけど過去に金銭トラブルが…
  • 即日融資の闇金を使うか検討中

緊急でお金が必要なのに金欠状態…そんなときにカードローンを使ってその場を乗り切る人は少なくありません。

しかし、過去に金銭トラブルがあって借り入れは難しいと思い込み、即日融資を推す悪質な闇金の利用を検討するケースが増えているのです。

安易な即日融資を謳う闇金は絶対に使ってはいけない!

どうしても今すぐ現金が必要となるケースは、誰にでもあることです。てっとり早い融資手段はないだろうかと考えるときに頭をよぎるのが、「即日融資」を謳う金融会社の存在です。

しかし、金融機関の中には、「無審査で即日融資」「ソフト闇金で今すぐ借りれる」など、聞こえのいい広告を掲げる「闇金」と呼ばれる業者も存在します。

このような金融会社は、貸金業者として金融庁に登録をされていない、言わば違法業者なのです。即日融資につられて、利用することは絶対にしないでください。

Q.闇金の定義とは?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

回答1:違法な融資を行っている業者です

大手、中小企業を問わず、カードローンやキャッシングを生業とする会社は、金融庁へ貸金業者としての登録を申請しており、貸金業法というルールに従って営業しています。
闇金とは貸金業者としての登録をしていなかったり、貸金業法を遵守せずに営業している業者のことを指します。
闇金業者は「確実融資」「ブラックでも大丈夫」などと甘い言葉で借り入れを進めてきますが、異常に高い利息を設定していたり、法外な取り立てを行うなど、トラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。
貸金業法は督促の規制や利息の制限など、融資を受けた人を守ってくれる法律でもありますので、借り入れは正規の業者から行うようにしましょう。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答2:国や都道府県に登録していない業者

お金を貸すことを商売にする業種を貸金業者と言いますが、国や都道府県に登録が必要な業種になります。登録貸金業者は、金融庁の監督のもとに法令遵守で業務をしているため、取引をおこなっても安全です。
それに対して闇金とは、国や都道府県に登録を行うことなく、お金を商売として貸している業者です。闇金は貸金業法などの法令を遵守せずに業務を行っているため、利息も取り立ても法律を逸脱し、金融庁の監督を受けていません。
登録貸金業者は金融庁の登録貸金業者検索サービスで調べることができるため、ここでヒットしない業者は100%闇金であると判断し、絶対に取引をしないようにしましょう。

高金利・悪質な取り立て行為が待っている…

闇金は先に述べたように、違法な貸金業を行っている会社です。万が一利用してしまうと、高金利、悪質な取り立て行為が待っている可能性があります。

また、返済についても法律に定められた方法を超えているケースも多く、違法な督促をしてくる可能性もあるでしょう。

TVドラマに出てくるような、深夜に自宅に押し掛けたり、勤務先に督促の電話をかけてきたりと、通常の正規金融機関ではありえない督促をしてくるのです。

無審査で即日融資など、一見便利なようにみえる闇金ですが、その後の金銭トラブルや犯罪に巻き込まれてしまう危険性があることを理解しておいてください。

どんな状況でも正規の金融業者を選ぶべき

それでは即日融資が必要な時に、一体どこを頼ればいいのか。違法な闇金でなくても、即日融資をしてくれる金融業者はたくさんあります。

選ぶポイントとしては、「金融庁の認可を受けた金融会社であるか」です。きちんと認可された金融業者の、即日融資に対応したカードローンを検討するようにしてください。

Q.闇金と正規の金融機関の見分け方とは?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

回答1:利息、広告から見えてきます

現在日本国内には、多くの貸金業者があり、その中には違法な貸付を行う闇金も存在しています。
闇金業者かどうかの見分け方としては、まず「広告の内容」が挙げられます。必ず借りられる!といった誇大広告、業者の連絡先が携帯電話である、貸金業番号・利息(%)・問合せ先など、法律で記載を義務付けられている内容が載っていない場合は、闇金業者であることを疑いましょう。
「利息の割合が以上に高い」ことも注目点です。法律により貸付金額によって利息の上限が決まっています。(10万円までなら年率20%未満,10~100万円までなら18%未満など)それを逸脱していないかを見てみることで、見分けることができます。

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答2:金融庁に必ず確認すること

利息などで闇金を判断することはなかなか難しいのが実情です。闇金は金利が低いと見せかけるために「月利〇〇%」というような金利を設定し、正規の業者との比較ができにくくなっています。
また、正規の業者を偽装するために、架空の登録番号をホームページへ表記したり、闇金への注意喚起を呼びかけていることもあります。闇金の手口は非常に巧妙化しており、素人が素人判断で「安全な業者」と判断することは非常に危険です。
そこで、闇金と正規の金融機関の見分け方としては、金融庁への確認をおすすめします。同じような手口で相談が来ていれば、「取引をしないように」などと教えてくれますし、当該業者が登録貸金業者であるかどうかも教えてくれるでしょう。

闇金の被害に遭ったら弁護士に相談しよう

万が一、闇金を利用してしまっており、取り立てなどの被害を受けている方は、ぜひ弁護士に相談してください。

弁護士に相談すれば、あなたの代わりに闇金へ直接連絡を入れて、被害をその日のうちに止めてもらうことも可能です。

ただし、弁護士であれば誰でもいいわけではありません。闇金被害に困っているなら、闇金案件を取り扱っている弁護士に相談しましょう。

本サイトではありませんが、下記ページで闇金案件を取り扱っている弁護士を確認できるので、ぜひご覧ください。

債務整理の森「Duelパートナー法律事務所(旧デュエル法律事務所)の口コミと評判」

信用情報がブラックだと即日融資は不可…

即日融資を受ける、受けないに関らず、金融機関から借入するには所定の審査を通過しなければいけません。

多くの金融業者は信用情報機関に加盟しており、申込者の信用情報をチェックします。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

過去に金銭的なトラブルを起こしていると、あなたの信用情報が「ブラック化」している可能性があるので、審査を通過できずに融資を受けられなくなるのです。

ブラック化してしまう金融トラブル例

では、信用情報がブラック化してしまう金銭トラブルをいくつか説明していきましょう。

ブラック化してしまうケース
  • 支払いに61日以上、もしくは3ヶ月以上の遅延した
  • 支払いを滞納して保証会社が代わりに支払いを行った
  • 長期延滞による強制解約をされた
  • 返済困難になり債務整理で借金を減らした

上記のような金融事故を起こしている人は、信用情報がブラック化してしまっている可能性があるので、残念ながら借り入れは出来ません。

事故情報は5~10年間保管される

上記で紹介したようなブラック化に繋がる金融事故の履歴は、個人の信用情報に一定期間記録が残ります。

一般的に5年~10年の保存期間があるといわれており、その期間はどのローンカードの審査も通ることはありません。

自身の信用情報をきちんと確認しよう!

自分が審査に通るのかしっかり知るためには、まず信用情報の状態を確認するようにしてください。

過去の金銭トラブルの記録が保存期間経過によりクリアになっていたり、そもそもブラック化に至っていなかったり、客観的なデータで確認することができます。

信用情報機関で開示できる

信用情報を確認することができる機関は大きく分けて3つあります。いずれも信用情報を保有する機関です。

CIC (株式会社CIC)
加盟している企業、保有する個人の信用情報が3つの中でもトップクラス。加盟する企業は、消費者金融や信販会社がメインです。
個人の返済履歴は直近5年分が記録され、延滞履歴は延滞解消から5年間記録されます。

JICC (日本信用情報機関)
主に消費者金融や銀行が加盟しており、3つの中で消費者金融業者の加盟数が多いです。返済履歴はCICに比べて保存期間が短く、延滞履歴は延滞解消から1年間記録されます。
消費者金融が多く加盟する機関ですので、消費者金融の利用を予定している人は、まずJICCに信用情報の開示請求をする方がいいでしょう。

全国銀行協会(全銀協)
協会名からもわかるように、加盟しているのはほとんどが銀行です。延滞履歴の保存期間はCICと同様、延滞解消から5年間ですが、自己破産や個人再生の履歴は10年間保存されます。
(CICは自己破産は5年、個人再生は記録されない。JICCは、自己破産、個人再生ともに5年)
銀行系カードローンの申し込みを予定している方は確認しておいた方がいいでしょう。

情報開示はネットから申請可能

各機関の保有する信用情報はいずれも、インターネットで開示請求することができます。

開示は有料であることがほとんどですが、スマホも請求できますので、時間が無い方でも簡単にできます。

おすすめの特集ページ

即日融資に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る