絶対借りられるおまとめローンはある?審査基準や申し込み時の注意点

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

中川秀人

地方銀行の法人営業担当として6年勤務。主に不動産業や製造業に対する融資を担当しつつ、地元富裕層へのコンサル型営業を行い、中小企業及び資産管理会社のコンサルタントとして総額300億以上を融通。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 借金がありすぎて困っている
  • おまとめローンの審査に通るか不安
  • 絶対借りられるおまとめローンはある?

おまとめローンは複数をまとめられるため、借金の管理がしやすくなるでしょう。場合によっては、金利が下がるため利息の節約もできます。

しかし、おまとめローンを利用するには、審査にしなくてはなりません。審査に落ちて利用できない人もいます。中には、「絶対に借りられるおまとめローンはあるの?」と悩んでいる人もいるでしょう。

今回は、『おまとめローン』の審査で確かめられる項目や、審査に落ちてしまう人の特徴を解説します。

絶対借りられるおまとめローンはない!

結論から言いますと、『絶対に借りられるおまとめローン』というのは存在しません。

確かにおまとめローンと聞くと、「返済負担で困っている人を助ける目的があるのだから、利用できないはずがない!」と感じる人もいるでしょう。

しかし、どのおまとめローンにもきちんと審査があり、利用できる人は限られてきるのです。

どのおまとめローンも審査があり利用できない人もいる

おまとめローンは、複数社のローンをまとめるものです。なので、新たに借り入れが増えるわけではありません。

ですが、通常のローンと同様に審査があります。おまとめローンの仕組みは、おまとめ先の銀行が今ある借金を返済してくれて、利用者はおまとめ先に返済する形になります。

いわば、お金の貸し借り関係が移ると言っても良いでしょう。おまとめ先の銀行は、借金が返されないリスクを背負うことになるため、あらかじめ審査でその人がどのような人なのか確かめるのです。

おまとめローンは金融機関にとってリスクが高い

なぜ、おまとめ先の金融機関は大きなリスクを背負うのか、それは『おまとめローン』の仕組みにあります。

例えば、A社:30万円、B社:80万円、C社:10万円と3社から計120万円の借り入れがあるとします。おまとめローンとはまず、3社からの借り入れ金(120万円)をおまとめローンで支払い、後からおまとめ先の金融機関へ返済をしていくのです。

このように、おまとめ先の金融機関は一気に債権を引き受けます。おまとめというだけあって、金額も高くなる傾向にあります。

おまとめローンの審査基準は

このように、おまとめローンは銀行にとってリスクの高い取引です。先にのべたように、おまとめローンの審査は厳正です。

実際におまとめローンの審査基準については正式に公開されていません。しかし、これまで審査に落ちてしまった人の特徴から、ある程度の基準がわかります。

1|借り入れ額に対して収入が安定している

まず、借入額に対して、安定した収入があることが大切です。安定した収入があることは、それだけ返済能力があることを表しています。

安定した収入を表す項目として、年収、勤務先、勤続年数、雇用形態があります。

とくに勤続年数は大変重要です。いくら高年収であっても、転職を頻繁にしている人は、安定した収入でないとみなされます。

2|過去にお金のトラブルを起こしていない

次に、過去に金銭トラブルを起こしていないことがあげられます。これは、クレジットカードやカードローンの利用状況や返済状況から判断されます。

具体的には審査を実施する際に、信用情報機関などの専門機関によって確認、管理がされています。したがって審査の結果支払い遅延や、現状未納金がある場合は「返済能力がない」とみなされ、審査に落ちるというわけです。

Q.多重債務はトラブルじゃないの?

Nakagawa

元 銀行員|中川秀人

返済可能かどうかが重要

複数の借入を行うこと自体がトラブルだと認識している方がいますが、それは間違いです。金額が大きいものを複数購入した場合、都度借入を行っていれば複数あるのは当然のことです。問題なのは借入を返済するために新たに借入を行っているようなケースです。おまとめローンの審査も借入をまとめた後に返済が可能かどうかが審査の基準となるため、現在の収入と返済のバランスが適正であるかどうかを検討しましょう。また、もし収入に対して返済の割合が多い場合は借入のしすぎです。そのような場合は支出を最大限に抑えるかご自身の物を売って積極的に繰上返済を行い、月々の返済負担を減らすようにしましょう。

3|現在の借り入れ額が利用可能額以内である

最後に、借り入れ金額が利用可能額内であることです。

おまとめローンにも、借入限度額があります。利用する前に自身の借入額が限度額を越えていないことを確認しましょう。

また限度額以内の場合であっても、審査によっては上限一杯の借入ができないこともありますので注意しましょう。限度額に対して、現在の借入額が高い場合、審査はより厳正に行われると言われています。

おまとめローンの注意点

以上のように、おまとめローンは他のローンと借り換えを行うためのサービスです。利用する場合は商品概要をしっかり確認し、その特徴を正しく理解してから、利用することが大切です。
また審査基準以外にも以下2点に注意が必要です。

おまとめローンでは新規に借り入れができない

おまとめローンは、他社の返済金の総額を借り換え、返済していくとを目的としたサービスです。

新たに借り入れるのではなく、あくまで現在の債務を返済していくことを目的にしていることはしっかり理解ください。そのため、新たにお金を借り入れることができない場合あります。

返済負担が減るか確かめることが大切

利用する場合、返済負担が減るかどうかを確認してください。

具体的には、①利息(金利)が今より低くなるか。②毎月の返済金額がどうなるか。を確認することが大切です。

利息が今より高くなると、総返済額がその分多くなることに繋がりますし、月々の返済額増えるとなると、おまとめローンを使うメリットはないといえます。

申し込み前に詳細や条件を確認しましょう!

おまとめローンを利用する際は、金利・毎月の返済額など条件が良くなるか吟味してみましょう。

大切なことは、無理なく生活できて、かつ効率的に返済が行えるかです。申し込み前にローンの詳細をしっかりと確認しましょう。

おまとめ・借り換えにおすすめの東京スター銀行カードローン

おまとめ借り換えを考えている人におすすめなのが、東京スターのおまとめローンです。金利は12.5%に固定されていますが、一般的なカードローンと比較してとても低金利であると言えます。

ただし、アルバイトやパートの人は利用できないので注意してください。加えて、年収が200万円以上必要です。

このように、利用するための条件は通常のカードローンに比べて制限されるものの、12.5%という金利は魅力的なので、是非検討してみてください。

公式サイトはこちら

まとめ

このように、おまとめローンは使い方次第で返済金額や月々の返済額を軽減させることができる、大変便利な商品です。

利用する場合は、商品の概要や、一般的な審査項目を認識したうえで、利用することを利用しましょう。

銀行それぞれ商品概要は異なります。自身の希望にあうものを選び、適切に利用することが大切です。

おすすめの特集ページ

おまとめに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る