サラリーローンとは?借入先を選ぶ際の注意点とおすすめのローン

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • まとまったお金が必要だけど金欠…
  • カードローンで借入を検討中
  • サラリーローンって一体何なの?

まとまったお金が必要なのに金欠…そんな時に多くの人は、金融機関の提供するカードローンで借入しようと考えるものです。

そんな中、インターネット上で見かける「サラリーローン」とはいったい何なのか、さっそく記事内で確認していきましょう。

サラリーローンとは

サラリーローンとは、一般的に「サラ金」と呼ばれているもので、土地や不動産ではなく個人の信用を担保としてお金を借りられるものです。

サラリーローンはお申込みからご融資までお待ちいただくことなく、すぐにお金が必要な方にとって便利なローンです。申し込み方法や返済方式もさまざまなので、自由度が高く感じます。

しかし、便利なだけでなく、サラリーマンに向けて高金利で融資するローンも過去にはあったようで、ご利用にはある程度知識が必要です。

現在は消費者金融を指す言葉として使われている

無担保で借りられるサラリーローンは現在、消費者金融を指す言葉として使われています。

高金利な貸付で危険なローンだと誤った認識を持たれている方も多く、一度サラリーローンを組んでしまうと生活が厳しくなるほど返済に苦しめられてしまう…と懸念されています。

確かに昔は高金利ではありましたが、消費者を守るためにできた「利息制限法」の制定により、常識を逸脱した金利ではないのです。

 利息制限法

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が10万円未満の場合 年2割
 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分

サラリーローンの金利は高い?

現在は、高金利のサラリーローンはなくなっています。
消費者を守るために制定された「利息制限法」とは、あまりにも高い利息や遅延損害金の利率を制限するための法律です。大手消費者金融も利息制限法に基づいて、高金利での貸付は行っておりません。

【大手消費者金融のカードローン金利】
アコム:3.0%~18.0%
プロミス:4.5%~17.8%
アイフル:4.5%~18.0%
SMBCモビット:3.0%~18.0%

上記を見てもお分かりいただけるように、大手消費者金融の金利は18.0%が上限の目安となっています。

法外な金利を利用しているのは違法業者

利息制限法に基づいた金利を設定している大手消費者金融と違って、中には法外な金利で個人融資を行っている悪質なサラリーローンもあります。

こうした違法性のある消費者金融は、金融庁のデータベースに登録されていません。もし、ご利用を考えている消費者金融が金融庁に登録されていない場合には、違法な闇金業者である可能性もあるため注意が必要です。

知らずに利用してしまうケースも…

昔とは状況も大きく変わり、現在ではインターネットでさまざまな情報を得ることができます。

違法な金利で貸付をする闇金業者は、インターネットのサイト上では一見優良な業者のフリをしていることもあるのです。

「優良だと思って利用してみたら闇金業者だった…」など、知らずに利用させる悪質なケースも増えています。こうした悪質な業者を見極めるためにも、ご自身で正しい知識を学ばなければなりません。

Q.違法業者を利用してしまった場合のリスクとは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

違法性の高い取り立て行為などが考えられます

違法業者は法外な利息を設定し、半永久的に利息だけを払わせ続けることを目的としてお金を貸し付けることもあります。もちろん、このような行為は違法ですので、しかるべき所へ相談すれば支払う義務はありません。

このことは違法業者も十分に分かっているため、正常な判断ができないように精神的に徹底的に追い詰めてくるケースもあるようです。

深夜や早朝の電話による督促、自宅や会社への連絡などありとあらゆる手段で「お金を払えば解放される」という精神状態に追い込んでくる事例もあります。

自分だけでなく、家族にも悪影響を与えてしまう可能性もあるので、絶対に違法業者からお金を借りてはいけません。

悪質なサラリーローンは絶対に使ってはいけない!

どんな理由であっても、高金利でお金を貸すような悪質なサラリーローンは使ってはいけません。そのため、法律から逸脱しているサラリーローンを提供している業者は利用しないように心がけましょう。

【サラリーローンを選ぶポイント】
1高金利ではない
2返済方式が選べる
3審査もしっかりと行う
4多様な申し込み方法

悪質な業者を選ばないためにも上記の4つのポイントを押さえて、ご自身にとってベストなサラリーローンを選びましょう。

大手のサラリーローンを選ぶようにしよう

リスクを抱えている場合、「審査なし」「ブラックOK」など甘い言葉で誘ってくる広告を目にすると、惑わされてしまうこともありますよね。

しかし、あまり名前が知られていない、初めて見るような業者なら法外な貸付を行う業者である可能性もあります。もし見極めるのがむずかしい…と感じるならTVCMでもおなじみの大手消費者金融を選んでみてはいかがでしょうか。

不安な人は登録番号を確認

いくらTVCMでよく見かけるからといっても、法律を守っているのか分からないので安心して利用できない…というのであれば、金融庁に登録されているのかご確認ください。

金融庁のホームページにある「登録貸金業者情報検索サービス」で確認可能です。お調べになりたい貸金業者の登録番号・所在地・商号または名称・代表者名・電話番号のうち、お分かりになるものをご入力いただければ検索できます。

「登録貸金業者情報検索サービス」に出てこない業者は、違法取引をおこなうサラリーローンである可能性が高いので絶対に利用しないようにしましょう。

おすすめのサラリーローンはこちら!

 ここから先はこんな人向け 
  • サラリーローンが何なのか理解できた!
  • 悪質な違法業者は絶対に使わない!
  • おすすめのサラリーローンはどれ?

サラリーローンは、きちんと金融庁に登録された正規業者のサービスを使えば、非常に便利なローン商品です。

では、そんな正規のサラリーローンの中でも、特に人気のあるカードローンを紹介していきましょう。

知名度の高い大手消費者金融が人気

数あるサラリーローンの中からどれを選べばいいのか迷っているのであれば、TVCMでもおなじみの大手消費者金融を利用しましょう。

正規の消費者金融会社であるだけでなく、他のカードローンにはない即日性や無利息サービスなど、利用者が得られるメリットはたくさんあります。

たくさんの人が利用しているので安心

「アコム」や「プロミス」など、おなじみの大手消費者金融の利用者数は年間100万人を超えています。それだけの利用実績があることは、安心感にも繋がる大きな要素となるでしょう。

成約率も高いので、初めてサラリーローンを利用する人は、ぜひ下記を参考にしてみてください。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
 公式サイトへ▶ 

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が基本的にゼロ円!郵送物が届く時間を指定できる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

どうしてもまとまったお金が必要でサラリーローンの利用を考えている方。サラリーローンって怖いイメージがあるけど、実際どうなんだろう…と気になっている方はこちらでご紹介した内容から、サラリーローンについてご理解いただけましたでしょうか。

利息制限法に基づいていた金利であるか、金融庁に登録されている業者であるのか正しい知識を持つことで安心して利用可能です。サラリーローンを選ぶポイントを押さえて、ご自身にとってベストなカードローンをご検討ください。

違法業者に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る