ブライダルローンとは?みずほ銀行多目的ローンの活用方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • 結婚式を挙げたいけどまとまったお金がない…
  • メインバンクのみずほ銀行で借入を検討中
  • ブライダルローンってどうやって使うの?

結婚式を挙げたいと考えるカップルは多いものですが、そのほとんどは資金不足で実行に移せないままとなっています。

そんな時の資金調達に便利なサービスが「ブライダルローン」。メインバンクのみずほ銀行で借入しようと考えるカップルも少なくありません。

ブライダルローンとは

ブライダルローンとは、結婚式に必要なお金を借りるためのローンです。

大切な人達に囲まれて祝福される結婚式や愛する人と過ごすハネムーンは、想像以上にお金が必要です。ブライダルローンは、挙式以外にもあらゆる用途にお使いいだけます。

結婚式(披露宴)や婚礼衣装・結婚指輪・ハネムーンはもちろん、これからお二人で暮らすための新居に必要な家具や家電購入など、ブライダルに関係していれば幅広い用途でお使いいただけますので、高額な費用の工面にお悩み方におすすめです。

※利用用途は借入先によって異なるので事前に確認しておきましょう。

高額な費用を工面できる

高額な費用をブライダルローンで工面するには、結婚式の費用相場を知る必要があります。

結婚式の費用相場
全国平均:359.7万円
《内訳》
挙式:平均31.5万円
料理・飲物:平均122.9万円
婚礼衣装:平均66.7万円(新郎新婦二人分)
その他(写真・ビデオ・装花など):平均74.1万円

上記は一例ですが、結婚式を挙げるにはかなりの費用を準備しなければいけないので、正直厳しいと感じるのではないでしょうか。

それでも、ブライダルローンをご利用いただければ高額な費用を補填して結婚式が挙げられます。

みずほ銀行にブライダルローンはない

結婚式に向け、メインバンクのみずほ銀行でブライダルローンに申し込もうと検討されている方も多いものです。

しかし、みずほ銀行ではブライダル専用のローンは取り扱っておりません。みずほ銀行で借りたいという方は、お借入金の用途が自由な多目的ローンをお使いいただくことで、結婚式の費用を補填できます。

多目的ローンは用途自由

みずほ銀行の多目的ローンは、どのような用途にもお使いいただけるので結婚式のためにお借入れしても問題はありません。ただし、事業性資金にはご利用いただけませんのでご注意ください。

自由といっても、借りたお金をどのように利用するのか、見積書・請求書・契約書をお申込み時にご提出しなければなりません。ブライダルローンとして利用するなら、結婚式の見積書やハネムーンの請求書などを提出しましょう。

Q.多目的ローンとは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

申込時に申告した使途にのみ利用可能

多目的ローンとは、借りたお金を何に使ってもいい自由なローンです。しかし、申込時に申告した使い道以外には1円も使うことはできません。

例えば、「結婚資金」という使い道であれば、結婚式場や新婚旅行の見積書以上の金額より多くのお金を借りることはできません。

また、「確かにその使い道に使用した」ということを銀行に証明するため、融資金は直接銀行がその支払い先に振り込むか、領収書の提出が必要になります。

余計な使い道には1円も使用することができないため、リスクが低いことから多目的ローンは金利が低く、その分審査が厳しくなっています。

商品詳細をチェック

みずほ銀行多目的ローン(無担保)
金利 変動金利:年5.875%
固定金利:年6.650%
限度額 10万円以上300万円以内
利用条件 ・満20歳以上、満66歳未満の方で完済時年齢が満71歳未満
・勤続年数2年以上
・前年度税込年収200万円以上で安定・継続した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方
返済方法 毎月元利均等返済
お借入期間 6ヵ月以上7年以内(1ヵ月単位)
担保・保証人 不要
保証会社:株式会社オリエントコーポレーション

多目的ローンでは、資金用途が自由なだけでなく、無担保でお借入れができます。

みずほ銀行の金利は変動金利・固定金利と2種類あり、変動金利はお借入期間中に金利が変わるタイプです。

毎月金利を見直して変動、固定金利は契約時の金利が完済までそのまま適用されます。

申し込み方法はこちら

みずほ銀行の多目的ローンは、ネットからお申込みいただけるようになり、より多くの方から選ばれるようになりました。

お申込みからご融資までの手順を、下記のフローで簡単にご説明しましょう。

お申込みフォーム入力
申込み内容に基づき審査
審査結果をお知らせ・ご契約方法を選択
契約書や必要書類を提出(郵送またはご来店)
ご資金入金

適用される金利は、5ステップ目の「ご資金入金」時点の金利となります。

みずほ銀行多目的ローンを利用する際の注意点

みずほ銀行の多目的ローンはブライダルローンと同じようにご利用いただけますが、いくつかの注意点があります。

新生活にローン返済で悩むことがないように、ご自身の借入プランに適しているのか確認も大切です。具体的に何をどう注意すればよいのか不安な方は、下記をご参考ください。

注意点1|手続きに時間がかかる

みずほ銀行からお借入れをするのであれば、お手続きに時間がかかる旨を把握しておかなければなりません。

銀行は低金利で融資してくれる分だけ審査基準が厳しく、借り入れするには高いハードルを超えなければいけません。

万が一、貸したお金を返してもらえなかった場合、貸し倒れとなって銀行は大きな損をしてしまいます。リスクを背負う分、審査はとても厳しくなっているのです。

さらに、2018年度からは警察庁への照会が必要になるので、お申込みからご融資までのお手続きに時間がかかると考えておきましょう。

注意点2|追加借入ができない

ローン審査に通ると、みずほ銀行の預金口座にまとめてご入金されます。

しかし、あと少しだけ借入したい…と思っても、多目的ローンでは追加でお借入れできません。もし追加借入したい場合には、再度「新規申し込み」をしていただかなければご融資は受けられないのです。

何度も審査を受けるリスクや時間を考えると、お申込み前にしっかりと借入計画を立てておくことが大切なのです。

多目的ローンではちょっと…そんな人は!

 ここから先はこんな人向け 
  • 希望日までには間に合わせたい
  • 追加で借り入れするかもしれない
  • どうやって借り入れするのが効率的?

みずほ銀行の多目的ローンでは、現状の資金調達に支障がある…そんな人は、他の選択肢にも目を向けてみましょう。

結婚式に関わる費用を工面できるのは、何もブライダルローンや多目的ローンだけではないのです。

みずほ銀行のカードローンを検討しよう

ブライダルローンや多目的ローン以外でみずほ銀行から結婚式の費用を借入するには、カードローンを使うのも選択肢のひとつです。

カードローンは借入専用のローンサービスで、事業性資金以外であればどんな用途でもお金を借りることができます。

他のローン商品とは異なり、保証人を立てたり土地などを担保に入れたりする必要はなく、自身の信用のみで借入できるのが大きな特徴です。

緊急で不足分を補填したい人は他の選択肢も!

幅広い目的で借入できる面は多目的ローンと変わりありませんが、注目すべきは追加借入にも対応している点です。

みずほ銀行の発行する借入専用のカード、もしくは既存のキャッシュカードに借入機能を追加することで、必要な時に何度でも当行や提携先のコンビニATMから現金を引き出せます。

限度額までなら何度でも借入できるので、指輪の購入費用が足りない…エステに行っておきたいけど余裕がない…など、お金が必要なタイミングにスムーズな対処が可能です。

結婚式に関わる資金繰りをなるべく円滑に運べるよう、みずほ銀行カードローンもぜひ検討してみましょう。

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行のカードローンは、業界トップクラスの低金利が魅力です!
金利 2.0~14.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 公式サイト参照
コンビニ
公式サイトへ ▶

まとめ

銀行のローンは低金利なので、これからの新生活にも負担になりません。そのため、結婚資金のために銀行のブライダルローンを活用しようと検討されている方も多いのではないでしょうか。

こちらではブライダルローンとしてもご利用いただける「みずほ銀行多目的ローン」についてご紹介させていただきました。

ご融資を急がれている方や追加でお借入れが必要な方は、最後にご紹介させていただいた「みずほ銀行カードローン」の利用や他のお借入れ方法も視野に入れて、ご自身に最適なお借入れ方法をご検討ください。

その他ローンに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る