消費者金融の評判はどこまで信じていいのかを各要素から分析

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

消費者金融で新規の借入を行う際にはどのような消費者金融を選べばいいのでしょうか?

また、ネットなどに掲載されている消費者金融の評判や口コミはどこまで信用できるものでしょうか?

金利や利便性などから借り手に有利な消費者金融の選択方法を考えてみましょう。

消費者金融の評判で重視すべきポイントとは?

現在インターネット上には様々な消費者金融の評判や口コミが掲載されています。

新規で借入を行う際や、追加での融資を依頼する際にどのような評判を参考にしたらいいのでしょうか。

金利に注目!

インターネット上の消費者金融ホームページなどを確認するとわかりますが、借入金に対する金利(実質年率)は、大手の消費者金融ではほぼ横並びです。

借入限度額にもよりますが、大体4%後半から18%の範囲で借入金利が設定されています。

上限金利を比較しよう

下限金利4%後半の適用は借入限度額がその消費者金融での最大限度額(200万円から500万円)で設定されるケースがほとんどです。

通常の新規融資では限度額が100万円未満で設定されることが多く、この場合は最大金利の17~18%が適用されますので注意してください。

このように、借入金の限度額にもよりますが、金利にもある一定の相場が存在しますので、まずは上限金利を確認してみてください

金利面でのポイントは?

消費者金融の評判を確認する際、利息負担については金利から判断するしか無いのも事実です。

その場合、利息制限法という法律の範囲内であるかどうかを必ず確認しましょう。

利息制限法が定める融資金額と上限金利の相関関係は以下の通りです。

融資金額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円~ 15.0%

表からわかるように、利息制限法では借入額10万円以上100万円未満では18%の金利を適法の上限と定めています。

この金利を上回っている消費者金融は違法な業者と判断できますので、特に注意してください。

無利息期間の活用

適用金利が低ければ返済の負担は減ります。しかし、基本的に適法な消費者金融間では金利にあまり差がないのも現実です。

そこで注目すべきは無利息期間サービスがある消費者金融の活用です。

利用の条件

無利息期間サービスが利用できる消費者金融といえば、プロミス・アコム・アイフルです。

各消費者金融で無利息期間サービスを利用する為の条件と無利息期間の起算日は以下の通りです。

商品 利用条件
メールアドレスを登録する
Web明細を利用する
初回利用者である
35日返済を選択する
初回利用者である

利便性などの評判も確認しよう

消費者金融選びの際に金利以外で確認すべきポイントは利便性です。例えば、返済や借入の手軽さ申し込み手続きの簡便さ審査に要する時間などが挙げられます。

特に返済や借入の手軽さについては提携ATM等を確認し、労力をかけずに滞りなく返済ができる環境であるかを確認する必要があります。

また、審査に落ちた人が審査が厳しいと書く場合があります。また、逆もしかりで、公務員・正社員などの方は審査のスピードが早く即日で借り入れを行えるので、審査が甘いや緩いと記載することもあります。

審査基準が厳しい・甘いと感じるのは、申し込みをした人の主観になります。そのため、口コミを書いた人と同じ年収・年齢・雇用形態などから参考にすることをオススメします。

総合的な判断を

新規融資を申し込む際に消費者金融の評判や口コミを参考にして判断することは非常に有効です。

しかし、特定のサイトだけを閲覧して判断すると偏った情報や誤った情報が記載されている可能性もあります。

必ず消費者金融のホームページも確認して、調べた情報が誤っていないか確認してください。

その後に、金利や利便性を考慮したうえで、借入期間・金額・利息・返済プランを全てシミュレートしてから最終決定を行うことが重要です。

返済することを念頭に消費者金融の評判を確認しよう

消費者金融を選ぶうえで、一度は口コミを確認することでしょう。
しかし、口コミだけでカードローンを選ぶのはおすすめできません。そのカードローンにはどんなサービスがあり、本当に自分の用途とあっているのかを確認したうえで、申込に進みましょう。

消費者金融一覧

最後に、マネットが「安心して利用できる」と判断した消費者金融と、その口コミを紹介しておきます。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
【評価】★★★★★(4.8)
金利 :4.5~17.8%
限度額:最大500万円
審査 :最短30分
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1アルバイト・パートでも当日利用可能!30日分の利息が完全ゼロ円!※2

 匿名希望さん 24歳男性アルバイト
★★★★★(4.9)
フリーターだから審査に通るか不安だったんですが、割とすんなりいけました!
年収は200万くらいなんですけど、余裕で50万つけてくれて。
実際に使ったのは5万ですけどね。毎月2,000円ずつ返済すれば良いだけなんで楽です。
申込方法:web契約審査時間:30分以内借入方法:ATM借入金額:5万円

公式サイトへ

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です


 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
【評価】★★★★☆(4.1)
金利 :3.0~18.0%
限度額:最大800万円
審査 :最短30分
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!

 匿名希望さん 28歳男性契約社員
★★★★☆(4.4)
引っ越し代が必要で、キャッシングしました。テレビでCMをよく見るから、安心できるかなと思ってアコムにしたんですけど、確かに親切な会社だと思います。
返済は月4,000円ずつで、飲み会1回ガマンする感じですね。
申込方法:web契約審査時間:1時間以内借入方法:振込借入金額:9万円

公式サイトへ


 SMBCモビット
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査
:最短即日
公式サイトで10秒簡易審査が受けられる!WEB完結申し込みなら完全電話連絡なし!
公式サイトへ▶

※:申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

 匿名希望さん 32歳男性会社員
★★★★☆(3.9)
10秒簡易審査というのがあったので、モビットにした。確かにそれは早かったんですけど、借りられるまでには3時間くらいかかりましたね。
まぁ、それほど返済もキツくないし、いざというときに使えるカードがあるのは安心ですね。
申込方法:web契約審査時間:3時間以内借入方法:ATM借入金額:20万円

公式サイトへ


 アイフルアイフル株式会社
【評価】★★★☆☆(3.2)
金利 :3.0~18.0%
限度額:最大800万円
審査 :最短30分
30日分の利息が完全ゼロ円!郵送物が届く時間を指定できる!

 匿名希望さん 27歳男性会社員
★★★☆☆(3.2)
昼前に申し込んだんですけど、審査が終わったのは14時半くらいで、銀行が閉まっていたので振込では借りられませんでした。
とはいえ、きっちり借りられましたし、一応満足しています。
返済もそれほど辛くないので、その点が一番ありがたいです。
申込方法:web契約審査時間:3時間以内借入方法:ATM借入金額:17万円

公式サイトへ


合わせて読みたい

インタビューに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る