レイクALSA(レイクアルサ)の全貌を貸金業務取扱主任者が解説

Img 8529

この記事のアドバイザ

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

この記事の目次

  1. レイクALSAの基本情報
  2. レイクALSAの特徴4つ
  3. レイクALSAは銀行カードローンではなく消費者金融
  4. レイクALSAの申し込み方法
  5. レイクALSAの審査
  6. レイクALSAの借入方法
  7. レイクALSAの返済方法
  8. レイクALSAの増額
  9. まとめ

 この記事のポイント! 
  • レイクALSAとは?
  • これまでのレイクとの違い
  • 審査が大きく変わる可能性


2018年4月1日からサービスが始まる「レイクALSA(レイクアルサ)」。運営母体である新生フィナンシャルは以下のようにレイクALSAについて述べています。

新商品では、消費者金融商品ニーズのあるお客さまに加えて、デジタルリテラシーの高い、若年層のお客さまに向けた商品としての
商品性やマーケティングに力を入れてまいります。

若年層に向けたサービスとは、どのようなものでしょうか?

レイクALSAの基本情報

レイクALSA
最短即日融資可能!大手コンビニチェーンを含めた提携ATMの手数料0円
金利 4.5~18.0% 審査 最短即日
限度額 最大500万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

レイクALSAの商品概要は以下のとおりです。

概要
商品名 レイクALSA(レイクアルサ)
お申込方法 WEB(モバイル含む)、電話、自動契約機
ご利用いただける方 国内に居住する満20 歳~70 歳以下
(外国人は永住許可要)
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
資金使途 原則自由
ご利用限度額(極度額) 最大500万円(1万円単位)
借入利率(年率) 4.5~18.0%
※新規契約時、契約日翌日から30日間無利息または5万円まで180日間無利息のサービスあり
利息計算方法 毎日の最終残高について付利単位1円で1年365日の日割り計算(片端計算(閏年は366日)
お借入方法 ① 提携先の新生銀行レイクATM、提携ATM・CD
② 電話(音声応答)申込による指定口座への振込
③ WEB申込による指定口座への振込
ご返済方法 ① 提携先の新生銀行レイクATM、提携ATM・CD
② 指定口座からの口座振替(他行可能)
③ 指定銀行口座への振込送金
④ コンビニ収納(延滞時のみ)
ご返済額 直近の貸付時の残高を基準に設定
ご返済期日 ① お客さまのご指定日
口座振替は当社指定の日

これまでの新生銀行カードローン「レイク」と比較してみても、金利や限度額は据え置きなので、商品概要に大きな変更点はありません。単純に最短即日融資可能になったと思ってください。
※詳細はレイクALSAのHPよりご確認ください

レイクALSAのブランドコンセプト

レイクALSAのALSAに新商品のブランドコンセプトが隠されています。

商品コンセプトである「Agility(はやい)、Linked(つなげる)、Security(あんしん)、According to our vision(私たちのビジョンに則って)」から取った英語表記「ALSA」を組み合わせ、ターゲットとする若年層のお客さまへの訴求を意識したブランド名としています。

特にAgility(はやい)に注目すべきでしょう。

大手消費者金融の「審査が最短30分」は各消費者金融で横並びになっていて、審査スピードで消費者金融を選べなくなっているのが現状です。

レイクALSAの審査も最短即日となってはいますが、今後AIが審査に導入されるようになったときに、さらに早くなる可能性があります。

新生銀行カードローン「レイク」の新規申し込みは2018年3月で終了

レイクALSAを新しくカードローンとして売り出すことに伴い、新生銀行カードローン「レイク」は2018年3月末を持って、新規申し込みを停止します。

新生銀行カードローン「レイク」の申し込み手続きの具体的な停止時間は以下のとおりです。

お申込み方法 お申込み手続きの停止時間
インターネット
(パソコン・スマートフォン・携帯電話)
2018年3月29日(木)17時
電話 2018年3月29日(木)17時
店舗(自動契約機) 2018年3月31日(土)21時30分
24時間店舗の夜間新規受付は2018年3月28日の夜間営業をもちまして、終了します。


※2018年3月で新生銀行カードローン「レイク」の新規申し込みは終了しますが、これまでにレイクを利用していた人は引き続きレイクでの借入や返済をすることは可能です。

平成30年3月末日までにご契約いただく「新生銀行カードローン レイク」のお客さまについては、平成30年4月以降も引き続き当行でサービスを提供いたしますので、レイクの無人店舗や提携 ATM・CD などで、これまでと同様にお借入やご返済、ご照会が可能です。

新生銀行カードローンが無くなるわけではない

新生銀行カードローン「レイク」が銀行カードローンでしたが、レイクALSAは消費者金融です。しかし、銀行カードローンとしてのニーズは一定数あります。

そのため、銀行カードローンを利用したいという人には、新生銀行スマートカードローン プラスで対応しています。これまでレイクの上限金利は大手消費者金融と変わらず、銀行カードローンの低金利という特徴は持ち合わせていませんでした

しかし、新生銀行スマートカードローン プラスは上限金利が14.8%なので、一般的な銀行カードローンの金利設定と同じ程度です。消費者金融のニーズはレイクALSAで、銀行カードローンのニーズは新生銀行スマートカードローン プラスで満たすというのが、新生銀行グループの今後の方針といえます。

新生銀行グループでは、第三次中期経営計画における成長分野の一つである無担保カードローン事業について、銀行カードローンニーズのあるお客さまに対しては「新生銀行スマートカードローン プラス」で対応し、消費者金融商品ニーズのあるお客さまに対しては、当社の「レイク ALSA」および当社の子会社である新生パーソナルローン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 元森 修二)の「ノーローン」にて対応する方針といたしました。

レイクALSAの特徴4つ

レイクALSAの特徴は、主に4つあります。
新生銀行カードローン「レイク」時代から引き継がれた特徴に加えて、新たに追加された特徴もあります。

レイクALSAがメインターゲットを若年層にしているのがポイントです。若い人の利便性を追求した特徴になっているので、それぞれ詳細を確認していきましょう。

1.WEB完結で申し込みできる

WEB完結という申し込み方法が、レイクALSAの特徴の1つです。 Web完結とは、スマホ・PCがあれば本人確認の郵送や来店などが不要で全てWeb上で手続きを進められる内容になります。

利用がバレない

WEB完結で申し込みをすると書類や明細をWEB上で管理できるので、自宅に郵送物が届きません家族や同居人にカードローンを利用していることがバレたくないという人にオススメです。

また、WEB完結であれば、カードレスで借入を行うことができます。普段利用している銀行のキャッシュカードで借入できるので、財布のカードを増やさなくて済むのです。

WEB完結で申し込みができる消費者金融は実は少なく、レイクALSA以外にはプロミスSMBCモビットの2社しかありませんでした。

2.専用アプリで入出金が可能

レイクALSAの特徴に専用アプリを用いたカードレスキャッシングがあります。

専用アプリについての新生銀行グループの発表がこちらです。

平成30年5月10日、新生フィナンシャルのアプリをリニューアルいたします。アプリ名称も「e-アルサ」に刷新、新たに機能を追加し、より手軽に便利にサービスをご利用いただけるようになります。

上記のような、アプリを使って出入金が出来るサービスはSMBCモビットが先んじてサービスを開始しています。SMBCモビットも専用アプリを使ってセブン銀行ATMで出入金できるので、ほとんど同じサービスと言えるでしょう。

SMBCモビットのスマホキャッシング


3.シチュエーションで選べる2つの無利息期間

これまでのレイクから引き継がれた特徴が、2つの無利息期間です。レイクALSAは新生銀行カードローン「レイク」と同様に、2つの無利息期間サービスを提供します。

  お借り入れ額5万円まで
180日間利息0円
お借り入れ全額
30日間利息0円
対象の方 当行で初めてご契約いただいた方
無利息開始日 ご契約日の翌日から開始
無利息期間中の返済日 あり
ご契約額(極度額) 1万円~200万円まで 1万円~500万円まで
5万円超分または無利息期間終了後の貸付利率(実質年率) 12.0%~18.0% 4.5%~18.0%

お借り入れ全額30日間の無利息サービスは、他のカードローンでも行っているサービスですが、お借り入れ額5万円まで180日間の無利息サービスはレイクALSAだけが行っています。

このお借り入れ額5万円まで180日間の無利息期間中は5万円を超えた分にのみ利息が発生するということは覚えておきましょう。もし、借入れ額が8万円だった場合は、3万円分に対してのみ利息が発生するということです。

また、無利息期間中は何度利用しても5万円分まで無利息で借入れできます。つまり、5万円借りても全額返済すれば、再び5万円の借入れが、利息なしで利用できます。

4.AIによる審査やサービス

レイクALSAはAI(人工知能)による審査やサービスを導入する予定です。

AIによる審査は、すでにみずほ銀行とソフトバンクが合同で設立した『J.Score(ジェイスコア)』という消費者金融で行われています。

AIスコアリング審査

「性別は?」
「最終学歴は?」
「勤務形態は?」
などの簡単な質問に答えるだけで、申し込み者が借り入れ可能か、金利はいくらかをAIが自動的に判断してくれるのです。

レイクALSAにおいて、AIがどのように審査に用いられ、サービスにも活用されるのか全貌は2018年3月現在分かっていません。しかし、おそらくは上記のJ.Scoreのように蓄積されたレイクALSAの膨大な顧客データを基に借り入れ可能か金利はいくらかなどをAIが判断するようになるはずです。

Q.AIによる審査のメリットは?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

審査にかかる時間が短縮される点。審査業務を行う業者側の手間が省ける点が挙げられます。

AIによる審査のメリットは審査にかかる時間短縮が挙げられます。利用者側にとっては短時間で審査結果がわかるため、急ぎで融資を受けたい方にはおすすめです。しかしAIによる審査の正確性、利用者側の入力した情報の正確性など人間が必ず最終確認する過程が出てくると思われますので、AI審査が完了した時点で必ずしも最終的な審査結果がわかるとは言い切れないと言えます。業者側にとっても利用者の情報を1から聞き出す必要がなくなり、その点では手間が省ける、人員を削減できると言ったメリットが生まれるといえます。

公式サイトへ

レイクALSAは銀行カードローンではなく消費者金融

新生銀行カードローン「レイク」は、その名の通り銀行カードローンですが、レイクALSAは消費者金融です。

銀行カードローンと消費者金融の違いをあまり知らない人もいると思います。銀行カードローン=低金利。消費者金融=金利が高い。このような認識の人も多いのではないでしょうか。

しかし、銀行カードローンと消費者金融では、守らなければならない法律が異なるのです。

レイクALSAは総量規制の対象

銀行カードローンは銀行法。消費者金融は貸金業法という法律の基でそれぞれ運営されています。

これまでのレイクは銀行カードローンだったので、貸金業法の総量規制というルールを守る必要がありませんでした。しかし、レイクALSAは消費者金融なので、この総量規制を守らなければなりません。

総量規制とは年収1/3までしか融資を行えないと業者側に定められたルールのことです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

専業主婦(主夫)の借り入れが不可能に

消費者金融は総量規制で、年収の1/3までしか融資をできません。そのため、自分の収入がない専業主婦(主夫)は年収が0円とみなされ、消費者金融を利用できません。

一方、銀行カードローンは銀行法に基づいているため、総量規制の対象外なり、専業主婦でも借り入れができます。

レイクALSAは消費者金融なので、専業主婦への融資をすることが法律的にできません。

最短即日融資が可能に

銀行カードローンは、2018年から融資を実行する前に顧客が反社会的勢力に該当しないかどうか警察庁へ確認を行うことを義務付けられています。

この作業に最低でも1日かかるため、たとえ「お金を貸すかどうかの審査が申込日当日に終了したとしても、確認完了まで融資実行ができないため、銀行カードローンは最短即日融資は不可能なのです。

レイクは銀行カードローンだったので、最短即日融資ができませんでしたが、レイクALSAは消費者金融なので最短即日融資が可能になりました。

レイクALSAの申し込み方法

レイクALSAに申し込む方法は、以下の3通りです。

レイクALSAの3つの申し込み方法

お申込方法 WEB(モバイル含む)、電話、自動契約機

この申し込み方法は、新生銀行カードローン「レイク」と同じなので、これは変更なしと考えていいと思います。

【1】WEB

レイクALSAは、パソコン・スマートフォン・アプリを使ってインターネット上で申し込むことができます。

時間や場所に関係なく、インターネットに繋がれば申し込みができるのが、この方法の優れているところです。

また、カードローンの審査は運転免許証のような本人確認書類を提出する必要があります。WEBでの申し込みならば運転免許証を写真に撮って、送信するだけで良いので、申し込みに手間がかかりません。

【2】自動契約機

レイクは街中に自動契約機を設置しています。この自動契約機はレイクALSAになっても利用できるはずです。

自動契約機での申し込みは、24時間申し込めないのが欠点です。自動契約機を利用した申し込み受付時間は以下のようになっています。

平日・土曜日 8時~24時
日曜日・祝日 8時~22時
毎月第3日曜日 8時~19時

毎月第三日曜日だけ申込可能時間が短いので注意してください。

【3】電話

レイクは電話でも24時間申し込みをすることができました。レイクALSAにおいても、それは変わらないでしょう。

審査で申し込みをした場合、審査結果を知らせてくれる時間が短いので注意してください。

通常時間帯 9時~21時
毎月第3日曜日 9時~19時

公式サイトへ

レイクALSAの審査

銀行カードローンのレイクから、消費者金融になったレイクALSA。

「銀行カードローンの審査は厳しい」とカードローン業界でよく言われています。では、消費者金融に変わったレイクALSAの審査は厳しいままなのでしょうか。

レイクALSAの審査は甘い?

一般的に、銀行カードローン>大手消費者金融>中小消費者金融の順番で審査が厳しくなると言われています。また、低金利であればあるほど審査は厳しく行われるというのは、貸し倒れのリスクを考えると当然といえます。

それでは、レイクALSAの審査は甘いのでしょうか?

結論から言うと、決して甘くはありません審査が甘い金融機関なんて無いという方が正しいです。

審査基準は非公開

各金融機関で審査基準が異なるので、一概に審査が甘い・厳しいというのを比較できません。大手消費者金融のアコムの審査に落ちて、同じ大手消費者金融のプロミスの審査には通過したという人もいます。

審査基準は社外には絶対出ません。そのためレイクALSAの審査基準を知る術は無いのです。しかし、消費者金融であることと上限金利が18.0%ということを鑑みると、返済能力を有していて、信用情報に問題が無ければ、審査に通過する可能性は十分にあるでしょう。

Q.消費者金融になって、レイクALSAの審査基準は変わる?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

変わります。総量規制の対象となります。

銀行系カードローンの場合、総量規制の対象とならないため、申込時消費者金融からの借入が年収の3分の1以上でも返済履歴、属性などにより融資が受けられる可能性が出てきます。しかしレイクALSAが消費者金融の位置づけとなるとその審査基準は変わり、年収の3分の1以上借り入れがある時点で借入が不可能になります。その他の審査基準については現在存在している消費者金融の審査基準と別段変わらないものになると考えます。

審査時間は最短即日

レイクALSAに限らず、多くのカードローンの審査はスコリング審査で行われています。例外は、AIによる審査を行っているJ.scoreと、人力で審査を行っている中小消費者金融くらいではないでしょうか。

レイクALSAは、AIによる審査を導入する予定ですが、現状は審査は最短即日で行われています。

今後、AIが導入されて、AIによる審査の精度が上がれば上がるほど、審査の時間が短縮されるはずなので、審査が最短15分や5分という時代も、そう遠くないうちに訪れるかもしれません。

在籍確認は避けられない

レイクALSAの在籍確認は絶対に避けられません。

レイクALSAはWEB完結で申し込みをすることができますが、SMBCモビットのWEB完結と異なり、会社への電話連絡を無くすことはできません。

ただし、電話では「新生フィナンシャル株式会社」または「個人名」を名乗るので、同僚にレイクALSAに申し込みをしたことがバレることは基本的にありません。電話も1~2分で終わるので、怪しまれることはないでしょう。

それでも、会社への電話連絡が嫌だという人は、SMBCモビットのWEB完結の利用を検討してみてください。

レイクALSAの借入方法

レイクALSAの借入は以下の3つの方法から選べます。

それぞれの方法によってメリット・デメリットが異なるので、自分の状況に応じたサービスを活用するのが理想的です。お金を借りる方法や利用できる時間などを確認してから、3つの借入方法から適切なものを選択するようにしましょう。

借入方法1|インターネット(最短即日振込み)

インターネット振込を利用した借入方法は、指定した口座に振込を依頼すると、自分の指定した口座に入金してもらえます。

すでに会員になっている人であればスマホから平日14時までに振込依頼をすれば、その日のうちに振込キャッシングしてもらえるので、家賃やクレジットカードの支払いの引き落としに間に合わないといった場合におすすめです。

まだ会員になっていない場合の最短即日振込みは、平日14時までに申し込みと必要書類の確認が完了していなければなりません。

メリット
  • スマホやPCを使って自宅から借入できる
  • 家賃などの引き落とし日に残高不足でも安心
デメリット
  • 事前に本人名義の金融機関口座登録が必要になる
  • 平日14時以降や土日祝日は翌営業日の振込になる

借入方法2|提携先の新生銀行 レイクATM

提携先の新生銀行レイクATMを使った借入方法もあります。これは、まとまった現金が必要なときにおすすめです。

契約後に発行される借入専用のローンカードを使い、提携ATMで簡単にキャッシングできます。

メリット
  • 現金が必要なときに引き出せる
  • 夜間や休日でも提携ATM手数料がかからない
デメリット
  • 借入しているのがバレやすい
  • 利用できる時間が限られている  
    (平日・土曜日 7:30~24:00、日曜日・祝日 7:30~22:00)

借入方法3|その他提携ATM

借入できるのは提携先の新生銀行レイクATMだけではありません。提携先の大手コンビニのATM端末でもキャッシング可能です。

提携先の新生銀行レイクATMと同じように、借入専用のローンカードを使って現金を引き出します。また、レイクALSAは大手コンビニチェーンを含め、提携ATMの手数料が0円で利用できるので、無駄なお金を払いたくないという人におすすめです。

メリット
  • 最寄りのコンビニで24時間いつでも借入できる
  • 提携ATMの利用手数料がかからない
  • 周囲にバレにくく、内緒で借入できる
デメリット
  • お住いの地域に提携ATMがないと利用不可
  • 最寄りの提携ATMまで向かう必要がある

※メンテナンスによる休止時間や設置先の施設・店舗などの営業時間によりご利用いただけない場合がございます。詳細はレイクALSAのHPよりご確認ください

レイクALSAの返済方法

レイクALSAの返済方法は、借入方法と同じく3種類あります。

ご返済方法 ① 提携先の新生銀行レイクATM、提携ATM・CD
② 指定口座からの口座振替(他行可能)
③ 指定銀行口座への振込送金

返済方法に関しても、レイクALSAと新生銀行カードローン「レイク」の違いはありません。

ただし、スマホを用いた返済ができるようになり、セブン銀行と提携したことで利便性が今後向上していく可能性があります。

レイクALSAの増額

レイクALSAで増額をしたい場合は、会員ページの「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」から申し込み可能です。また、フリーダイヤルからでも、増額の申し込みができます。

レイクALSAの増額方法

フリーダイヤル
・電話番号:0120-09-09-09


まとめ

レイクALSAについて紹介しました。これまでのレイクとの変更点は以下の3点です。

変更点
①銀行カードローンから消費者金融に
②最短即日融資
③スマホキャッシングが可能に(カードレス)

特に②については、最短即日融資が可能になるというメリットが生まれる一方で、総量規制による専業主婦の借り入れ不可と融資額の制限というデメリットも生じてしまいました。

ただし、銀行カードローンは自主規制で融資額を年収の1/3までにする取り組みを始めているので、消費者金融に変わる前から規制はされていたはずです。

レイクALSA
最短即日融資可能!大手コンビニチェーンを含めた提携ATMの手数料0円
金利 4.5~18.0% 審査 最短即日
限度額 最大500万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

レイクALSAの融資時間について
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※お申込みの時間帯によっては翌日以降の対応となる場合や、審査によりご希望に沿えない場合がございます。

レイクALSAに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る