レイクALSA(アルサ)で増額する3つのリスクと緊急時の対処法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • どうしよう今月の生活費が足りない
  • よしレイクALSAでお金を借りよう
  • あ、借入限度額が足りない!

2018年の4月1日からサービスが始まった「レイクALSA」。お金が必要でこのサービスを利用している人もいるでしょう。

しかし使いすぎてしまうと、やがて限度額不足に陥る可能性があるでしょう。

その際に、「増額」という手段が真っ先に浮かぶかもしれません。しかし、必ず増額できるとは限らないのをご存知ですか?

レイクALSAの基本情報

概要
商品名 レイクALSA
お申込方法 WEB(モバイル含む)、電話、自動契約機
申込資格 • 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
※外国人は永住許可要
• ご自分のメールアドレスをお持ちの方
資金使途 原則自由
ご利用限度額(極度額) 最大500万円(1万円単位)
借入利率(年率) 4.5~18.0%
利息計算方法 毎日の最終残高について付利単位1円で1年365日の日割り計算(片端計算(閏年は366日)
お借入方法 【1】新生銀行カードローンATM、提携ATM・CD
【2】 電話(音声応答)申込による指定口座への振込
【3】 WEB申込による指定口座への振込
ご返済方法 【1】 新生銀行カードローンATM、提携ATM・CD
【2】 指定口座からの口座振替(他行可能)
【3】 指定銀行口座への振込送金
【4】 コンビニ収納(延滞時のみ)
ご返済額 直近の貸付時の残高を基準に設定
ご返済期日 【1】お客さまのご指定日
【2】 口座振替は当社指定の日

レイクALSAは最短即日融資ができるカードローンです。

WEBでの申し込みも選べて、カードレスでお金を借りることもできます。

※詳細はレイクALSAのHPよりご確認ください

実際の限度額は審査によって決定される

レイクALSAの限度額は最大で500万円です。しかし実際の限度額は審査によって決められ、人によって異なります。

審査は利用者の収入状況や信用情報から、返済能力を見極める手続きです。つまり、本人の返済能力が限度額に影響していると言えるでしょう。

メリット|増額すると金利がある可能性あり

レイクALSAで限度額を増やすと、それに伴い金利が下がる可能性があります。

借入額が増えれば月々の返済額も増えるので、金利の引き下げによってその負担が軽減される仕組みなのです

もちろん、増額=確実に金利が下がるわけではありませんが、場合によっては今までよりもお得に借りられる可能性があります。

レイクALSAの増額方法

レイクALSAの増額は、申し込みをしたら必ずできるものではありません。

所定の手続きを行い、審査を受ける必要があるのです。

増額申し込み
申し込み内容の確認
増額審査・結果待ち
 借り入れ限度額の再設定 

このように増額審査を行うのは、利用者の収入を確かめるためです。入会のときと比べて、利用者の収入が増えているのか、減っているのかを確認します。

レイクALSAは、利用者の返済能力に見合った貸し付けを徹底するため、増額の際も審査を行うのです。

レイクALSAの増額申し込みは会員ページから

レイクALSAで増額をしたい場合は、会員ページの「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」から、手続きできます。

また新生銀行カードローンATMやフリーダイヤルによって、増額申し込みも可能です。

レイクALSAで審査落ちすると増額できない

上記で解説したとおり、レイクALSAで増額するには、所定の手続き・審査を受けないといけません。

増額審査では、レイクALSAの利用状況や収入状況、信用情報が確かめられ、場合によっては、審査落ちするのです。審査落ちした人は残念ながら、増額はできません。

Q.増額審査と入会審査にはどんな違いがあるのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

増額は信用度がより重要になります

カードローンの入会審査は、金額ありきで行われるわけではありません。
たとえ「50万円」と申し込んだとしても、ローン会社が申込者に対して「30万円までしか融資をできない」と判断すれば、30万円で審査に通ることがあります。
ローン会社は申込者のリスクを判定し、リスクに見合った金額までしか融資を行いません。
一方、増額審査は、1社に対して、「今までよりも多くのリスクを負って、さらにお金を貸してくれ」という意味ですので、少なくとも新規契約時よりも信用情報や年収が増加して、より高いリスクを負うことができる人でないと増額審査に通過することはできません。

増額審査に落ちやすい人の特徴をチェック

増額の可否を決定する審査に通過できない人には、ある傾向が共通して見られます。

まず増額に申し込む前に、以下の5つの項目に自分が当てはまっていないかチェックしましょう。

 増額審査に落ちやすい人の特徴 
返済に遅れがち
常陽銀行カードローンの返済状況が好ましくない人は、増額審査に対して不利になります。
他社借入金額が増えている
他社借入の増加は、返済能力の低下を意味します。
収入状況が改善されていない
転職等で雇用形態や年収状況が悪化していたり、勤続期間が短い人は、返済能力が低下していると見なされ審査に落ちる可能性があります。
金融事故で信用情報が悪化している
クレジットカードや他社ローン商品で、支払い・返済の長期延滞を起こしている人は、ほぼ審査落ちします。その利用状況が金融事故化し、信用情報が傷つくからです。
増額申込時に虚偽申告をした
収入状況等を故意に偽ると、その嘘は必ずバレてしまい、増額審査に通過しない可能性があります。

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

増額に申し込む際は注意が必要

増額審査に落ちてしまう人の特徴に当てはまっていなかったとしても、レイクALSAで増額をする際は以下の項目に注意してください。

 増額申込時の注意点 
希望額を大きくしすぎないように
申し込み額が収入に対して大きすぎると、希望通りの増額ができません。場合によって、審査落ちにつながることもあります。
収入証明書の提出を求められる
50万円を超える限度額への増額を希望する場合、収入証明書の提出が必須となります。
場合によって在籍確認がある
勤務先に変更があったり、収入状況に大きな変化があった場合などは、在籍確認(会社連絡)が生じる可能性があります。

※注意※増額には3つのリスクがある

「レイクALSAの入会審査に通過したし、増額審査も通過するだろう...。」このように考えている人は注意が必要です。

増額に申し込みをするのなら、それに伴うリスクも把握しておきましょう。場合によっては、思いもよらない事態になる可能性もあるのです。

リスク1|増額審査は時間がかかる可能性

レイクALSAのカードローンは、必ずしも早く終わるとは言い切れません。

入会時と異なる基準で審査が行われているため、申し込みをしてから結果が出るまで数日かかる可能性があるのです。

「明日お金が必要」という場合でも、間に合わないことがあるでしょう。

リスク2|審査結果次第で減額処分になる

増額の審査は、単に「限度額を増やすか」を決めるものではありません。利用者の返済能力に対して、適正な限度額を付与するために、審査が行われるのです。

入会時と比べて、収入が下がっている人は注意してください。場合によっては、「返済能力が低下している」と見なされて、限度額を減らされる可能性があるのです。

リスク3|最悪の場合は借り入れ停止になる

これまでレイクALSAの利用で、返済遅延を起こした経験がある人は注意が必要です。

利用状況が好ましくない人に、これ以上貸すのはリスクが高まるとして、借り入れ停止にされる可能性があります。

どうしてもお金が必要、そんな時の解決策

  • どうしても追加で融資を受けたい
  • 時間がかかるのは避けたい
  • なるべくリスクを低く借りたい

「どうしても急ぎでお金を用意したい。」このような場合でも、肝心のレイクALSAで限度額不足。

そんな状況でも減額や利用停止のリスクを考えると、増額に申し込みをするか迷う人もいるでしょう。

それでも、お金を用意できない状況を打開したいですよね。このような場合は他の選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

他カードローンに新規申し込みする選択肢

その他の選択肢とは、他のカードローンへ申し込みをするというものです。

もちろん、新規でカードローンを契約するには、入会審査を通過しなくてはいけません。

しかし、入会審査と増額審査は仕組みが異なるので、レイクALSAの増額ができないから、他のカードローンも利用できないとは限らないのです。

新規申し込みの方が手間もかからない

レイクALSAで増額をするには、基本的に収入証明書の提出が求められます。手元に給与明細や源泉徴収票がないと、時間がかかってしまうでしょう。

しかし他のカードローンへ申し込む場合は、希望額が50万円を超えない場合は、基本的には収入証明書の提出は不要です。

※プロミスからの借入金額と希望額の合計が100万円を超える場合や、審査状況によっては提出を求められるケースもあります。

審査が早いカードローンなら最短で即日融資も可能

ちなみにおすすめなのは、審査が最短30分で終わる、TV-CMでも有名なアコム、プロミス、アイフルといった大手消費者金融のカードローンです。

手続きが早く、最短60分で借りられる可能性があります。

今日中・明日中に借りたいという人でも、すぐに対応できるでしょう。

注意:レイクALSAの借り入れ金額を確かめておこう

1点、他のカードローンに新規申し込みをするにあたっては、レイクALSAからの借り入れ金額を記載する必要があります。

レイクALSAの利用状況は『お取引状況のご確認』で、見ることが可能です。借り入れ金額を把握できたら、審査が早いカードローンを参考にしてみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

早ければ本日中に借入れできます。
初回契約の方であれば最大30日間、利息がかかりません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

最短1時間で借入れできます。
お振込みで借入しても、通帳に「アイフル」の文字は残りません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

レイクALSAは、使いやすくて人気が高いカードローンです。しかし使い続けていれば、やがて限度額不足になってしまうでしょう。

このような場合に「増額をするのは悩む」という方は、別の選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

増額審査と新規申込時の審査は仕組みが異なります。金融機関によっても審査の基準が異なるので、場合によっては、違った審査結果になる可能性があるのです。

審査が早い大手消費者金融であれば、最短で即日融資も可能なので、今日・明日中にお金が必要な人でも重宝するでしょう。

※レイクALSAの融資時間について
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※お申込みの時間帯によっては翌日以降の対応となる場合や、審査によりご希望に沿えない場合がございます。
レイクALSAのサービス内容について
  • 貸し付け条件
    満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。 お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

    ご融資額:1万~500万円、貸付利率:年4.5~18.0% (貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります)
    ご利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方)
    遅延損害金:年20.0%、ご返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
    ご返済期間(回数):最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1~60回。融資額の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します)
    必要書類:運転免許証(契約額に応じて、レイクALSAが必要と判断した場合、収入証明も提出)
    担保・保証人:不要

    ※貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
    ※当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関
    ※日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
    ※ご契約には所定の審査があります。
    ※2018年4月現在
  • 無利息期間サービス
    • WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用
      ※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
      ※WEB経由で申し込んだ方が対象です。
      ※WEB込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息。
    • お借入れ額5万円まで180日間無利息期間適用
      ※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
      ※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
      ※無利息期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
      ※180日間無利息について、ご契約額が200万円超の方は30日無利息のみになります。
      ※商号:新生フィナンシャル株式会社
      ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
カードローンの増額とは?条件・方法やメリット・デメリットなど全て解説
カードローンの増額について、条件や所要時間などを解説。増額審査で見られる項目や、増額のメリット・デメリットについても解説しています。

おすすめの特集ページ

レイクALSAに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る