レイクALSAの金利は?利息シミュレーションや賢い返済術を解説!

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向け 
  • レイクALSAって何?
  • 新生銀行カードローン エル(旧レイク)と何が違う?
  • 金利に変動はあったの?

2018年4月から新生銀行グループが取り扱いを開始した「レイクALSA」。

無担保ローンとして長年利用されてきた新生銀行カードローン エル(旧レイク)が、若年層向けの消費者金融カードローンとして新たに生まれ変わりました。

借入する側として気になる「金利」など、どのように変化したのかさっそく確認していきましょう。

レイクALSAの基本情報

概要
商品名 レイクALSA
お申込方法 WEB(モバイル含む)、電話、自動契約機
ご利用いただける方 • 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
•ご自分のメールアドレスをお持ちの方
• 外国人は永住許可要
資金使途 原則自由
ご利用限度額(極度額) 最大500万円(1万円単位)
借入利率(年率) 4.5~18.0%
※新規契約時、契約日翌日からお借入れ全額30日間無利息※または5万円まで180日間無利息のサービスあり。
WEBで申し込んだ場合、ご契約額が1~200万円の方に限り、60日間無利息。
※Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。
※Web申込でも契約額200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能
利息計算方法 毎日の最終残高について付利単位1円で1年365日の日割り計算(片端計算(閏年は366日)
お借入方法 ① 新生銀行カードローンATM、提携ATM・CD
② 電話(音声応答)申込による指定口座への振込
③ WEB申込による指定口座への振込
ご返済方法 ① 新生銀行カードローンATM、提携ATM・CD
② 指定口座からの口座振替(他行可能)
③ 指定銀行口座への振込送金
④ コンビニ収納(延滞時のみ)
ご返済額 直近の貸付時の残高を基準に設定
ご返済期日 ① お客さまのご指定日
口座振替は当社指定の日

新生銀行グループから公式に発表されている情報を確認したところ、基本的な要素に大きな変化は見られません。

従来の新生銀行カードローン エル(旧レイク)のように、レイクALSAも利便性が高いカードローンと言えるでしょう。

※詳細はレイクALSAのHPよりご確認ください

先進的なサービスが導入予定

基本的な要素はそのままに、若年層向けのサービスとして「AIを活用した審査」や「スマホキャッシング」など、様々な機能が実装予定となっています。

消費者金融のカードローンとして変貌を遂げ、即日性にも非常に注目が集る期待度の高いカードローンと言えるでしょう。

気になる金利は「実質年率4.5%~18.0%」

多くの人が気になっているレイクALSAの金利は、以前の新生銀行カードローン エル(旧レイク)で適用されていた「実質年率4.5%~18.0%」がそのまま引き継がれています。

「金利面にも変化があるのでは?」と考えていた人には残念ですが、大きな変化はありません。

しかしながら、先述した通り無利息サービスは健在なので、うまく活用すれば利息負担を賢くカバーできるでしょう。

初回利用時は上限金利が適用される

レイクALSAのようなカードローンを初回利用する際は、上限金利が適用されると考えておきましょう。

金利の振り幅は「4.5%~18.0%」となっていますが、初めから最低値で借入できる訳ではありません。

初めてレイクALSAを使う場合、利用実績(借入や返済の履歴)が全く無い状態なので、リスク回避のために上限金利が適用されるのが一般的です。

Q.初回から上限金利以下で借入できる条件は?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

無利息期間の併用と任意返済です

原則として、最初から最低金利で借入することはできません。属性は申し分なくても、利用実績が皆無では判断材料が不足し、寧ろ上限金利が適用される方が一般的でしょう。
ただし、実質上上限金利以下にすることは可能です。初回利用時の特典である無利息期間サービスを併用し、余裕がある時に任意返済に努めることで、利息総額はを確実に節約できます。
利息は借入残高と借入期間に応じて発生することを理解しておきましょう。

毎月金利分の利息が発生する

レイクALSAに限った話ではありませんが、カードローンの返済はリボ払いが基本なので、毎月の返済額とは別に金利分の利息が発生します。

 「リボ払い」とは?

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。
回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

借入した金額のみを返済すればいい訳ではないので、利息がいくらかかるのかを事前に把握しておくことが重要です。

1ヶ月目にかかる利息をシミュレーション

では、実際にレイクALSAで借り入れした場合、1ヶ月目にどれくらいの利息が発生するのか確認していきましょう。

基本的な利息の計算方法
借入額 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息
借入額を10万円、金利を18.0%、借入日数(返済までかかる日数)を30日とした場合、以下のような計算になります。

50,000円×0.18÷365×30日=739.72

小数点以下は切り捨てになるため、支払う利息は739円です。

上記のシミュレーションを利用すれば、利息がどれくらいかかるのかを借入前に算出できます。

返済が長期的になるほど利息負担は大きくなる…

毎月発生する利息は驚くほど高額ではありませんが、完済までにかかる総額を考えると大きな負担になりがちです。

リボ払いは月々少額の支払いで済ませられるメリットがあるものの、長期的な返済になりがちなデメリットも抱えています。

返済期間ごとに利息総額を比較
例)借入5万円,金利18%
1ヶ月で完済 → 739円
3ヶ月で完済 → 1,702円
5ヶ月で完済 → 2,381円
12ヶ月で完済 → 5,125円

上記のシミュレーション結果を見れば一目瞭然ですが、完済までの期間が長ければ長いほど、利息総額は大きくなっていきます。

自身がどのように借入するのかを踏まえ、遅延なく返済していけるかを確認しておかなければいけません。

レイクALSAのサービス内容について
  • 貸し付け条件
    満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。 お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

    ご融資額:1万~500万円、貸付利率:年4.5~18.0% (貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります)
    ご利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方)
    遅延損害金:年20.0%、ご返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
    ご返済期間(回数):最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1~60回。融資額の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します)
    必要書類:運転免許証(契約額に応じて、レイクALSAが必要と判断した場合、収入証明も提出)
    担保・保証人:不要

    ※貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
    ※当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関
    ※日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
    ※ご契約には所定の審査があります。
    ※2018年4月現在
  • 無利息期間サービス
    • WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用
      ※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
      ※WEB経由で申し込んだ方が対象です。
      ※WEB込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息。
    • お借入れ額5万円まで180日間無利息期間適用
      ※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
      ※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
      ※無利息期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
      ※180日間無利息は、ご契約額が200万円超の方は30日無利息のみになります。
      ※商号:新生フィナンシャル株式会社
      ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

おすすめの特集ページ

金利に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る