銀行カードローン35社を徹底比較!審査・金利・返済しやすさから見る優秀な金融機関

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 銀行カードローンとは
  2. 比較ポイント1:審査
  3. 比較ポイント2:金利と限度額
  4. 比較ポイント3:毎月の返済額
  5. マネット編集部が厳選する銀行カードローン
  6. まとめ

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは、一言にすると銀行からお金を借りられるカード商品です。

銀行から発行されるローン専用カードやローン機能付きキャッシュカードを用いて、ATMからキャッシュカードで預金を引き出す要領でキャッシングできます。

銀行カードローンの特徴

都市銀行から地方銀行、ネット銀行、信託銀行など、国内でも多くの銀行がカードローンを提供しています。

もちろん、提供元の銀行によって異なる特徴もありますが、「銀行カードローン」という商品にはある程度の共通点もあるのです。

共通点1:借入金の使い道が自由

銀行カードローンでキャッシングしたお金は、原則としてどのような目的に利用しても問題ありません。

例えば、不足している生活費・冠婚葬祭による急な出費・海外旅行のための資金など、あらゆる状況で助けになってくれます。

事業性資金・犯罪目的の利用はNG
どのような銀行カードローンも、原則として事業性資金に利用することはできません。事業資金の借入を希望する場合は、プロパー融資やビジネスローンの利用を検討してください。

また、借入金を犯罪目的で利用することも禁じられています。なお、銀行は審査において「申込者と反社会勢力との関係」を確認するので、犯罪利用の可能性があると判断されると審査に落ちます。

共通点2:リボ払い返済が基本

銀行カードローンでキャッシングした場合、返済は基本的にリボ払いとなります。

借入残高に応じて決まる一定額を返済すればいいので、自分のペースで無理なくご利用いただけるでしょう。

もちろん、任意で一括返済もできるので、計画的にキャッシングができます。

最低返済額は銀行によって異なる
月々の返済額は限度額に応じて段階的に変化しますが、具体的な金額は銀行ごとに個別で設定されています。
実際にいくらずつ返済すればいいのかは、必ず各銀行の公式サイトを確認してください。

共通点3:信用情報に記録が残る

銀行カードローンの利用は、専門用語で金融取引という扱いで、キャッシング金額・返済状況などが信用情報として逐一記録されます。

信用情報は、専門機関に加盟している金融機関同士で共有されるので、万が一トラブルを起こすと他社との取引に悪影響となるのです。

61日以上尾の延滞・貸倒で信用情報がブラックになる
銀行カードローンにまつわるトラブルの中でも、長期延滞と貸倒は特に問題視されます。
信用情報にそういった記録が残ってしまうと、いわゆるブラック状態となり、あらゆるローン審査に通過できなくなってしまうのです。

具体的には、住宅ローンや自動車ローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりします。
なお、この状態は5年~10年間続くので、少なくとも継続的な返済ができるよう注意してください。

比較対象の銀行35社

上記のような共通点がある銀行カードローンですが、細かなスペックについては各行で異なります。

この記事では、下記の代表的な銀行35社に着目し、カードローンの詳細を比較します。

種類 銀行名 カードローン名 金利 限度額
都市銀行 三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
都市銀行 三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
都市銀行 みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
都市銀行 りそな銀行 りそなカードローン 3.5~12.475% 10~800万円
地方銀行 横浜銀行 横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円
地方銀行 東京スター銀行 スターカードローン 1.8~14.6% 10~1,000万円
地方銀行 京葉銀行 京葉銀行カードローン 4.5~13.0% 最大300万円
地方銀行 北洋銀行 スーパーアルカ 1.9~14.7% 10~1,000万円
地方銀行 千葉銀行 クイックパワー 1.7~14.8% 10~800万円
地方銀行 群馬銀行 ナイスサポートカード 2.8~14.5% 1万~800万円
地方銀行 北海道銀行 ラピッド 1.9~14.95% 1~800万円
地方銀行 スルガ銀行 リザーブドプラン 3.9~14.9% 10~800万円
地方銀行 静岡銀行 セレカ 4.0~14.5% 500万円
地方銀行 愛媛銀行 ひめぎんクイックカードローン 4.4~14.6% 10~800万円
地方銀行 常陽銀行 キャッシュピット 2.5~14.8% 最大300万円
地方銀行 親和銀行 親和銀行カードローン 3.0~14.5% 10~1,000万円
地方銀行 七十七銀行 77スマートネクスト 4.9~14.8% 10~500万円
地方銀行 十八銀行 十八銀行カードローン 2.0~14.6% 10~800万円
地方銀行 北陸銀行 カードローン スーパーNOW 6.8~14.6% 10~500万円
地方銀行 伊予銀行 いよぎん新スピードカードローン 2.0~14.5% 10~1,000万円
地方銀行 大分銀行 ハッピーカードローン 5.0~14.5% 10~500万円
地方銀行 福井銀行 福井銀行カードローン 2.8~14.6% 10~1,000万円
地方銀行 東邦銀行 TOHOスマートネクスト 4.8~14.6% 30~500万円
地方銀行 紀陽銀行 紀陽銀行カードローンプラス 3.8~14.9% 10~800万円
地方銀行 山形銀行 山形銀行カードローン 4.5~14.6% 10~500万円
地方銀行 山口銀行 マイカード やまぐち君 4.5~14.5% 30~300万円
地方銀行 百五銀行 百五銀行カードローン 3.8~14.7% 10~500万円
ネット銀行等 じぶん銀行 じぶんローン 2.2~17.5% 10~800万円
ネット銀行等 イオン銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
ネット銀行等 セブン銀行 セブン銀行カードローン 公式サイト参照 10~50万円
ネット銀行等 楽天銀行 楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
ネット銀行等 ソニー銀行 MONEYKit 2.5~13.8% 10~800万円
ネット銀行等 オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 10~800万円
ネット銀行等 住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 8.39~14.79% 10~300万円
ネット銀行等 ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円

比較ポイント1:審査

銀行名 審査時間 口座開設
三井住友銀行 最短2営業日 不要
三菱UFJ銀行 2営業日~1週間 不要
みずほ銀行 2営業日~1週間 必要
りそな銀行 最短1週間 必要
横浜銀行 2営業日~1週間 必要
東京スター銀行 2営業日~1週間 不要
京葉銀行 最短10日間 不要
北洋銀行 最短10日間 不要
千葉銀行 2営業日~1週間 必要
群馬銀行 2営業日~1週間 不要
北海道銀行 2営業日~1週間 不要
スルガ銀行 2営業日~1週間 不要
静岡銀行 最短10日間 不要
愛媛銀行 7~10日間 不要
常陽銀行 最短10日間 不要
親和銀行 最短10日間 必要
七十七銀行 最短10日間 必要
十八銀行 2営業日~1週間 不要
北陸銀行 最短3営業日 必要
伊予銀行 最短3営業日 不要
大分銀行 最短4日間 不要
福井銀行 最短3営業日 不要
東邦銀行 最短7日間 必要
紀陽銀行 最短7日間 必要
山形銀行 2営業日~1週間 不要
山口銀行 2~4日間 必要
百五銀行 最短10日間 必要
じぶん銀行 2営業日~1週間 不要
イオン銀行 2営業日~1週間 不要
セブン銀行 2営業日~1週間 必要
楽天銀行 2営業日~1週間 不要
ソニー銀行 2営業日~1週間 必要
オリックス銀行 2営業日~1週間 不要
住信SBIネット銀行 2営業日~1週間 不要
ジャパンネット銀行 2営業日~1週間 必要

ポイント1:審査時間とお金が必要なタイミング

カードローンの審査に要する時間・日数は、銀行によって異なります。

例えば、翌月以降に備えて銀行カードローンを作っておくというなら、どこに申し込んでも違いは無いかもしれません。

しかし、お金が必要なタイミングが明確に決まっており、それが数日~2週間以内にあるなら、少しでも審査時間が短い銀行を選んだ方がいいでしょう。

地方銀行のカードローンは審査が長い

ちなみに、銀行の種類に着目して審査時間を比較すると、地方銀行のカードローンは特に審査時間が長引くようになっています。

例えば、都市銀行である三井住友銀行などは、最短で申し込みの翌日には審査が完了しますが、地方銀行は最短で10日間以上待たされるケースも少なくありません。

ポイント2:口座開設の必要性

一部の銀行カードローンは、審査を受けるにあたって普通預金口座が必須となっています。

そういったカードローンに、口座を持っていない方が申し込みを行うと、審査前に開設手続きを行わなくてはなりません。

開設手続きには1週間~3週間を要する

審査と併せて開設手続きを行う場合、口座ができるまでには一般的に1週間~3週間はかかってしまいます。

単純にその分だけ契約手続きが長引くので、取り引きが無く口座開設必須の銀行カードローンは申し込みを避けた方がいいでしょう。

口座を持っている銀行なら手続きが楽
すでに普通預金口座を持っている銀行のカードローンであれば、手続きがネット上で完結したり、契約と同時に振り込みでキャッシングできたりと、申し込みがしやすくなります。

口座開設が必須の銀行であっても、口座を持っているなら、それほど手間をかけずに審査を受けられるでしょう。

比較ポイント2:金利と限度額

銀行名 金利 限度額
三井住友銀行 4.0~14.5% 10~800万円
三菱UFJ銀行 1.8~14.6% 10~500万円
みずほ銀行 2.0~14.0% 10~800万円
りそな銀行 3.5~12.475% 10~800万円
横浜銀行 1.9~14.6% 10~1,000万円
東京スター銀行 1.8~14.6% 10~1,000万円
京葉銀行 4.5~13.0% 最大300万円
北洋銀行 1.9~14.7% 10~1,000万円
千葉銀行 1.7~14.8% 10~800万円
群馬銀行 2.8~14.5% 1万~800万円
北海道銀行 1.9~14.95% 1~800万円
スルガ銀行 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行 4.0~14.5% 500万円
愛媛銀行 4.4~14.6% 10~800万円
常陽銀行 2.5~14.8% 最大300万円
親和銀行 3.0~14.5% 10~1,000万円
七十七銀行 4.9~14.8% 10~500万円
十八銀行 2.0~14.6% 10~800万円
北陸銀行 6.8~14.6% 10~500万円
伊予銀行 2.0~14.5% 10~1,000万円
大分銀行 5.0~14.5% 10~500万円
福井銀行 2.8~14.6% 10~1,000万円
東邦銀行 4.8~14.6% 30~500万円
紀陽銀行 3.8~14.9% 10~800万円
山形銀行 4.5~14.6% 10~500万円
山口銀行 4.5~14.5% 30~300万円
百五銀行 3.8~14.7% 10~500万円
じぶん銀行 2.2~17.5% 10~800万円
イオン銀行 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行 公式サイト参照 10~50万円
楽天銀行 1.9~14.5% 10~800万円
ソニー銀行 2.5~13.8% 10~800万円
オリックス銀行 1.7~17.8% 10~800万円
住信SBIネット銀行 8.39~14.79% 10~300万円
ジャパンネット銀行 2.5~18.0% 10~1,000万円

ポイント1:上限金利

キャッシングするにあたり、金利を確認しない方はいないと思います。

しかし、銀行カードローンの金利は「○○%~○○%」というように、幅をもった記載がされてるため、どのように比較すればいいかわからない人もいらっしゃるのでは?

これは比較を行う際の基礎知識ですが、銀行カードローンの金利は上限値に着目してください。

契約当初の金利は上限値になることが多い
銀行カードローンの金利は限度額に応じて変化するのですが、契約当初は比較的に少なめの金額が設定されるため金利も上限値になりやすくなっています。
そのため、金利の比較は上限に着目すべきなのです。

ネット銀行などは金利が高め

銀行の種類に分けて比較すると、ネット銀行や新たな形態の銀行は上限金利が高めに設定されています。

例えば、都市銀行みずほ銀行のカードローンは年率2.0~14.0%ですが、ネット銀行であるじぶん銀行などは年率2.2~17.5%です。

金利に着目するなら、できるだけ都市銀行や地方銀行のカードローンを選んだ方がいいでしょう。

ポイント2:最大の限度額

どれだけ金利が低かったとしても、十分な金額を借り入れできなければ意味がありません。

しかし、銀行カードローンの公式サイトに記載されている最大限度額は、あまり気にしなくていいと思います。

実際の限度額は収入状況や信用情報の状態によって変化する

銀行カードローンの限度額というものは、審査で確認される返済能力(収入状況・他社借入状況や信用情報の状態)で決まります。

つまり、収入が高くトラブルの経験がない人ほど、より大きな金額をキャッシングできるのです。

何百万円もキャッシングするつもりであれば、上限限度額を確認した方がいいですが、数十万円~100万円程度ならどのような銀行カードローンに申し込んでも違いはないでしょう。

年齢が高い人ほど限度額が高くなりやすい
マネット編集部が独自調査をしたところ、一般的に、20代の若者より30~40代のミドル世代の方が、高めの限度額が設定されやすいようです。
もちろん、収入状況や他社借入状況、希望額によっても上下しますが、年齢を重ねて信用力が上がっている人ほど、銀行カードローンの利便性も高まると言えそうです。

比較ポイント3:毎月の返済額

銀行名 最低返済額
三井住友銀行 2,000円
三菱UFJ銀行 2,000円
みずほ銀行 1万円
りそな銀行 1万円
横浜銀行 2,000円
東京スター銀行 5,000円
京葉銀行 1万円
北洋銀行 1,000円
千葉銀行 2,000円
群馬銀行 3,000円
北海道銀行 2,000円
スルガ銀行 3,000円
静岡銀行 2,000円
愛媛銀行 2,000円
常陽銀行 2,000円
親和銀行 2,000円
七十七銀行 2,000円
十八銀行 2,000円
北陸銀行 1万円
伊予銀行 1万円
大分銀行 2,000円
福井銀行 2,000円
東邦銀行 1万円
紀陽銀行 2,000円
山形銀行 2,000円
山口銀行 1万円
百五銀行 2,000円
じぶん銀行 1,000円
イオン銀行 1,000円
セブン銀行 5,000円
楽天銀行 2,000円
ソニー銀行 2,000円
オリックス銀行 7,000円
住信SBIネット銀行 2,000円
ジャパンネット銀行 3,000円

ポイント:自分の利用計画に適した返済額かどうか

毎月の返済額は、実際にキャッシングした金額に応じて段階的に変化します。

その具体的な金額は銀行ごとに異なるので、事前に公式サイトを確認して「希望している金額を借りると毎月いくら返済することになるか」を把握してくべきです。

しかし、そこに大きな差があると、返済額が安い方が良いか高い方が良いか、迷ってしまいますよね。

最低返済額が高い銀行カードローン

すぐ完済して、利息をできるだけ安く抑えたい。そういった方は、月々の返済額が大きい銀行カードローンが適しているかと思います。

自分に厳しいタイプの方は、毎月の最低返済額が1万円を超えるようなカードローンが合っているのではないでしょうか?

メリット
  • 早めに完済できる
  • 合計の利息が安くなる
デメリット
  • 返済額を用意できず延滞につながりやすい
  • 返済の負担が大きいと金欠になりやすい

最低返済額が安い銀行カードローン

無理なく、少しずつ返済を続けたい。ボーナスや臨時収入があるタイミングで、一気に返済したい。

そういった方には、比較的に返済額が安い銀行カードローンが適しているでしょう。

毎月返済に悩むような生活はしたくない、そういった方にも、例えば毎月2,000~3,000円ずつ返済できるカードローンが合っていると思います。

メリット
  • 自分のペースで無理なく返済できる
  • 生活費を圧迫しにくい
デメリット
  • 返済期間が長引きやすい
  • 利息が比較的に大きくなりやすい

マネット編集部が厳選する銀行カードローン

さて、審査・基本スペック・返済負担に着目して35社の銀行カードローンを比較してきましたが、適切な借入先は見つかりましたか?

なかなか1社に絞り込めないという方も居ると思うので、編集部が独断で選ぶ厳選カードローンを紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローン

代表的な都市銀行のひとつ、みずほ銀行のカードローンです。

審査には時間がかかりやすいので、緊急でお金が必要な方には向いていませんが、時間にある程度余裕があれば大きな助けとなってくれます。

利息をがっつり節約したい方向け
みずほ銀行カードローンの特徴は、金利が比較的に安いことと、毎月の返済額が高めに設定されていることです。
だらだらと返済し続けるのではなく、しっかり返済して利息を安く抑えたい。そんな方には、みずほ銀行カードローンがピッタリではないでしょうか?
みずほ銀行カードローン
限度額 10~800万円
金利 2.0~14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照
  • 大手の銀行を利用したい方におすすめ
  • みずほ銀行がメインバンクの方におすすめ
公式サイト

三井住友銀行カードローン

みずほ銀行と同じく、都市銀行のひとつである三井住友銀行。

当行のカードローンは、比較的に審査がスピーディーで、ローン契約機でカードの即日発行もできます。

初めてカードローンを使う方におすすめ
三井住友銀行カードローンは、口座開設の必要がなく、比較的に審査も早く終わるので、キャッシング経験が無い方に向いていると思います。
借入についての知識がないので色々不安、審査で何日も待たされたくない、できれば大きな銀行からキャッシングしたい。そういった「初心者」に優しいカードローンです。
三井住友銀行カードローン
限度額 10~800万円
金利 4.0~14.5%
審査 -
融資 -
  • 初めての方でも安心!
  • 銀行ならではの金利が魅力!
詳細ページ

横浜銀行カードローン

地方銀行としては比較的に知名度が高い、横浜銀行のカードローンです。

口座を持っている方などにとっては、借入先として最初に思い浮かぶカードローンのひとつではないでしょうか?

関東在住の方に合ったカードローン
最大金利が年率14.6%であり、月々の返済額も最低2,000円など、地方銀行でありながらメガバンク並みのスペックを持つのが横浜銀行カードローンです。
横浜銀行の口座を利用していたり、神奈川県や関東地区にお住いの方にとっては、申し込みやすいカードローンかと思います。
横浜銀行カードローン
限度額 最大1,000万円
金利 1.9~14.6%
審査 最短翌日
融資 最短翌日
  • 低金利に借入したい方におすすめ
  • 横浜銀行がメインバンクの方におすすめ
公式サイト

じぶん銀行じぶんローン

auと三菱UFJ銀行が共同出資して立ち上げた、ネットバンクじぶん銀行のじぶんローン。

手続きがネット上で完結したり、スタッフと対面するタイミングが一切ないなど、ネット銀行ならではの商品となっています。

借り換えを検討している方におすすめ
じぶんローンには「借り換えコース」というものがあり、これを利用すると、通常のコースより比較的に金利が安くなります。
すでに他社で借入をしているけど、もっと条件が良い金融機関に借り換えたい。そういった人は、一度じぶんローンを検討してみてはいかがでしょうか?
じぶん銀行じぶんローン
限度額 最大800万円
金利 2.2~17.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照
  • ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ
  • au利用者におすすめ
公式サイト

まとめ

銀行カードローン35社をリストアップし、審査、金利・限度額、返済額の3点に着目して比較してきました。

いかがでしょうか?適切なカードローンはみつかりましたか?

もちろん、カードローンはこの記事で紹介したものばかりではありません。
これは、あくまでも選択肢のひとつです。

実際にキャッシングする際は、各銀行の公式サイトもしっかり確認し、返済計画を立てたうえでお申し込みを検討してください。

銀行に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る