専業主婦はプロミス申し込み後にお金の借り入れは可能なのか

2016年08月22日更新

M67

専業主婦の中にも「お金に困っている」「カードローンで借り入れをしたい」と考えている人は居るでしょう。

専業主婦の方だったら借り入れ可能なのか、心配や不安になることはあると思います。特に初めて消費者金融のプロミス、アコムなどを利用しようと検討している方にとっては、そうかもしれません。

今回紹介するのは、専業主婦は借り入れ可能なのか、その注意点、そしてプロミスよりもオススメの借り入れ方法を紹介したいと思います。お小遣いが欲しい方や生活費が足りない方は是非ご覧ください。

プロミスの特徴

◆金利4.5%~17.8%(実質年率)
◆即日融資の可能性あり
◆無利息期間サービスあり(初めての利用かつ、メールアドレスを登録し、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した場合)
◆WEB完結申し込みできる可能性あり
※対象金融機関は200行以上あります。

収入が無い専業主婦はプロミスに申込みしても審査落ちする

Saya160312200i9a3531 tp v

プロミスでキャッシングを利用する場合、「安定した収入がある」ことが必須条件となります。つまり無収入では利用できないのです。当然、専業主婦も利用することはできません。

プロミスには「レディースキャッシング」と呼ばれる商品もありますが、これは女性が借りやすいように、窓口となるコールセンターのオペレーターを女性に限定しているだけであり、特別に金利を低くしたり、審査基準を変えているわけではないのです。

消費者金融は利用者の年収の3/1を超えた貸付ができない

専業主婦がプロミスをはじめ、貸金業者や信販会社のキャッシングを利用できない背景には、「総量規制」があります。総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れができないというもので、専業主婦や学生、無職など収入がゼロであれば借りられる金額も当然ゼロになります。

総量規制の年収とは「給与」「年金」「不動産の賃貸収入」「事業収入」であり、ギャンブルでの儲けや、慰謝料は対象外となります。

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

日本貸金業協会

プロミスは配偶者貸付を行っていない

Fregthdyjrset tp v (1)

総量規制には例外として「配偶者貸付」があります。これは、「配偶者と合わせた年収の3分の1以下までなら借りられる」というもので、貸金業法の施行規則で謳われています。配偶者の同意書が必要ですが、専業主婦も利用することはできます。

ただし、配偶者貸付はあくまでも各貸金業者の裁量で行うため、プロミスをはじめ、大手で実施している消費者金融の貸金業者は無いのが実状です。手間がかかるし、リスクも大きいからでしょう。

銀行系カードローンなら専業主婦でも申込める

一方、貸金業法はプロミスのような貸金業者や信販会社に対して効力を発揮しますが、銀行は「銀行法」に則って運営されているため、総量規制の影響を受けません。

そのため、安定した収入のない専業主婦でも利用できますが、審査のハードルが高く、特に返済において貸金業者ほどの融通は効かないでしょう。少額なら在籍確認はありませんが、高額の借り入れとなると配偶者への在籍確認が行われます。

そのため、初めての借入れだったら、まずは限度額が一番小さな金額を選んでください。

パートやアルバイトをしていれば主婦でもプロミスに申込める

Fcfg100113202 tp v (1)

同じ主婦でも、パートやアルバイトで定収入があれば、キャッシング可能です。パート・アルバイトの収入の多い少ないは関係なく、安定した収入があるのでプロミスのキャッシングを利用できます。

自分の信用力でお金を借りるので家族に知られず、迷惑をかけることもありません。

もし、キャッシングを利用できる余裕を持ちたいと考えているなら、短い時間でもパートやアルバイトとして継続して働けば、給料が入りキャッシングも出来るので、一石二鳥です。

申込めても年収の3/1以上の金額は借入できない

ただし、借りられるのは年収の3分の1までなので、専業主婦から働きに出た程度なら、そんなに多くはないでしょう。例えば配偶者控除の適用額である103万円が年収なら、プロミスで借りられるのは理論上31万円までです。実際はこれよりも低くなる可能性が高いでしょう。

本人の返済能力を考えれば、むしろ安全かもしれません。また、臨時出費や生活費のちょっとした不足に対応するなら、これくらいのキャッシング枠があれば十分でしょう。

専業主婦のキャッシング体験談

千葉県柏市在住 専業主婦Hさんの体験談

専業主婦でプロミスに借り入れの申し込みをしましたが、収入が無いということで借り入れができませんでした。その時は、少しでもいいからパートをしていればという気持ちになりましたね。その後に銀行に申し込みをして、少し借り入れをすることができたので、事なきを得ました。やっぱり主婦でも、何かしらの仕事はしていた方がいいですね(笑)

専業主婦はプロミスを利用できないが少しでも収入があれば申込める

5

このように総量規制の影響で、収入の無い専業主婦はプロミスをはじめ、ほかの大手の貸金業者からキャッシングすることはできません。例外となる配偶者貸付も、残念ながらプロミスでは取り扱ってません。仕事をしていない専業主婦でお金を借りる場合は、銀行カードローンを利用しましょう。

ただし、パートやアルバイトで安定した収入があれば、少額ではありますがキャッシングを利用できます。専業主婦にしてみれば、誰にも気兼ねすることなくお金を借りれるし、収入とキャッシングによって、金銭面での余裕が増えるメリットもあります。

特徴から探す

低金利で借りられるカードローン徹底比較
この記事に関するキーワード

無利息期間に関する記事

RSS

注目の特集

ページトップに戻る