キャッシングの返済を延滞してはいけない3つの理由|スマホの機種変ができなくなる?

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

キャッシングした際に、返済を延滞してしまった経験はありませんか?

もしかしたら、「今まさに延滞している」もしくは「今月の返済に遅れそう」という人がいるかもしれません。

返済日が迫っているのにお金が足りないと、延滞した場合にどうなるか不安になりますよね。

もくじ

理由【1】延滞すると遅延損害金が発生する

キャッシングの返済を延滞したら遅延損害金が発生し、支払わなくてはいけません。

遅延損害金とは?
金銭的な債務不履行が起きた際に債権者(貸し手)に対して債務者(借り手)が支払う損害賠償金です。

延滞利率は年率20.0%

遅延損害金が発生すると、通支払っている利息分と合わせて元金+通常の利息+遅延損害金を支払うことになり、負担は非常に大きくなります。

延滞利率は各業者が定める数値になっていますが、その上限には法的に以下の様な制限があります。

延滞利率の規定

利息制限法 第1条
金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

利息制限法 第4条
金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条に規定する率の一・四六倍を超えるときは、その超過部分について、無効とする。

利息制限法 第7条
第四条第一項の規定にかかわらず、営業的金銭消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が年二割を超えるときは、その超過部分について、無効とする。

利息制限法条文

以上の通り、延滞利率は年率20.0%を超えて設定されません。実際、ほとんどの消費者金融は延滞利率を20.0%としています。

20万円借りて90日延滞すると9,863円

遅延損害金は日割りで増加するので、延滞が長引くほど金額が大きくなります。

そのため万が一延滞した場合は、1日でも早く返済しなくてはいけません

延滞が長引くとどの程度負担が変わってくるのか、実際に計算してみます。

遅延損害金の比較

【条件】
・借入金:20万円
・延滞利率:20.0%

【1日遅れた場合】
20万円×0.20÷365日×1日=109円

【30日遅れた場合】
20万円×0.20÷365日×30日=3,287円

【90日遅れた場合】
20万円×0.20÷365日×90日=9,863円

1日延滞した場合と90日延滞した場合とでは、9,754円もの差額があります。このように、延滞は放置するほど解消が難しくなるのです。

理由【2】延滞している間はキャッシングできない

延滞すると遅延損害金が発生するだけでなく、キャッシングが利用停止になります。

つまり、返済日の翌日以降は、追加キャッシングで返済額遅延損害金を用意することができないのです。

遅延を解消するとキャッシングを再び利用できる

遅延損害金と通常の返済額を支払えば、延滞状態が解消されて再びキャッシングできるようになります。

ただし、延滞した人は返済能力が下がっていると考えられるので、返済の目途が立たない内はキャッシングを控えた方が得策です。

また、限度額が減額されるケースもあるので注意してください。限度額を元に戻すには、審査が必要になります。

理由【3】ヤミ金に狙われる

長期延滞をした場合、まともなキャッシングやカードローンは利用できなくなる可能性があります。

そんな状況でも、ヤミ金融だけは利用しないでください

「トイチ(10日で1割の金利)」という言葉に代表されるように、金利は違法な利率になっています。

利息制限法が定める利率を超える金利は無効ですが、暴力的な取り立てで貸付金と利息を回収される可能性が高いので大変危険です。

悪質なクレジット枠現金化業者にも注意

ヤミ金融の他に、クレジット枠現金化業者も注意してください。

クレジット枠現金化業者は利用者のクレジットカードで決済を行い、指定した銀行口座に後日現金を振り込む業者です。

法的に許されていませんが違法ではなく、グレーな部分なので悪質な業者も多く存在します。業者の中には詐欺もあります。

必要以上の手数料をとったり、全く還元してくれなかったりするのです。

くれぐれも、クレジットカードの現金化は極力行わないようにしてください。

3か月以上延滞するとブラックリスト入りする

延滞してから3か月間一度も返済をしないと、信用機関に遅延情報が登録されてブラックリスト入りします。

ブラックリスト入りしてしまうと、あらゆる審査に通過できなくなり、生活にも支障が出始めるのです。

この状態が5年は続きますが、解決方法は時が過ぎるのを待つしかありません。

Q.信用情報の傷を5年以内に回復させる手段はあるのか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

原則的には回復する手段はありません

信用情報機関に記録された延滞の記録については「最長5年間」保存されることが規約に明記されています。
「最長」という表現になっていますので、それより早く回復する場合もあるのではと感じられるかもしれません。
しかしながら、原則的には5年以内に記録が抹消されることはないのです。
例外的に抹消されるのは、情報が間違って登録されてしまった場合などに訂正が行われる場合に限られます。
あえて「最長」の表現がされているのは、修正の可能性を含めて、規約上そのように記載する必要があるためです。
ちなみに全国銀行個人信用情報センターの場合は最長5年ではなく、最長10年の保存期間とされていますので注意して下さい。

Q.担当者に遅延する旨を連絡すれば、滞納によって生じるリスクは生じないのか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

リスクがないと言うわけではありません

止むを得ない事情があって返済に窮した場合、まずはコールセンターに電話して返済の相談を行うのが大原則です。
担当者の裁量で返済日の延長など、ある程度柔軟に対応してもらえることが多くなっています。
コールセンターの担当者は頼りにするべき存在で、困ったときはすぐに電話するべきですが、
もちろんその対応にも限度というものはあるのです。
あまりにも延滞が度重なる場合や、相談で決めた返済日も守らないようなことを続けていますと、信用情報に延滞記録が登録されてしまう可能性があります。
コールセンターへの連絡による返済日の延長は温情措置というべきもので、借り手側の権利ではないことに留意しなければなりません。

Q.借り換えローン利用時に注意するポイントとは

Mutou

元 銀行員|武藤英次

他社の借入件数が多い方は要注意です

止むを得ない事情があって返済に窮した場合、まずはコールセンターに電話して返済の相談を行うのが大原則です。
担当者の裁量で返済日の延長など、ある程度柔軟に対応してもらえることが多くなっています。
コールセンターの担当者は頼りにするべき存在で、困ったときはすぐに電話するべきですが、
もちろんその対応にも限度というものはあるのです。
あまりにも延滞が度重なる場合や、相談で決めた返済日も守らないようなことを続けていますと、信用情報に延滞記録が登録されてしまう可能性があります。
コールセンターへの連絡による返済日の延長は温情措置というべきもので、借り手側の権利ではないことに留意しなければなりません。

住宅や車を購入できない

審査に通過できないので、ブラックリスト入りするとローンが組めなくなります。つまり、住宅や車の購入が困難になってしまうのです。

現金の一括払いなら購入できますが、現実的には難しいものです。このように、ブラックリスト入りすると人生設計にも悪影響があります。

また、延滞したキャッシングカードは永久利用停止となり、再契約は不可能です。新たに申請しても審査落ちしてしまいます。

新しいクレジットカードを作れない

ブラックリスト入りすると、新規のクレジットカードも作れません

すでに持っているクレジットカードは使えますが、期限切れしたら現金払いしかできなくなります。

ローンも組めない以上、家電製品や家具、ブランド商品などあらゆる高額商品の購入が難しくなるのです。

携帯電話の機種変更に大金がかかる可能性もある

ブラックリスト入りした人は、携帯電話やスマホの機種変更でも10万円以上の大金が必要になる可能性があります。

割賦払いの審査に通過できず、現金での一括払いを請求される場合があるのです。

期限内のクレジットカードがあれば分割払いできますが、スムーズな機種変更は難しくなります

手数料や解約金を請求される場合もある

ヤミ金融の特徴は、何かにつけてお金を請求される点です。

契約時や融資申し込み時に手数料を払わされ、結果的にお金を借りられないケースや、解約を申し込むと違約金を請求される場合もあります。

その他にも、勝手に大金を口座に振り込んで、莫大な利息を請求するヤミ金融も存在します。万が一被害にあったら、迷わず法律家に相談してください

【延滞した場合】延滞期間を思い出そう

ここからは、キャッシングで延滞した場合の対処法を紹介します。すでに延滞経験がある場合は、ブラックリスト入りしているかを考えてください。

まずは、何か月延滞したのかを思い出してください。

継続して3か月間延滞した場合はブラックリスト入りしていますが、3か月連続で1か月間の滞納をした場合は大丈夫です。

延滞解消後にキャッシング可能なら大丈夫

すでに延滞を解消している場合、その後キャッシングカードが利用できるようになったか思い出してください。

まだ解約していない場合、公式サイトの会員ページなどで借入残高を確認すればすぐに判断できます。

限度額が残っていれば、ブラックリスト入りの心配は特に必要ありません。

情報機関に情報開示請求しよう

何か月延滞したのか覚えておらず、キャッシングカードも解約している場合は、情報機関に個人信用情報の開示を請求してください。

キャッシングの延滞情報が登録されているのは、JICC日本信用情報機構です。

手数料として1,000円かかりますが、情報開示請求はパソコンやスマートフォンからWeb上で簡単に利用できます。

情報開示の詳しい方法はこちら
開示した情報の見方はこちら

【延滞している場合】3ヶ月以内に支払おう

現在キャッシングの返済を滞納している場合は、3か月以内に支払うことが重要です。

すでに3ヶ月以上延滞している場合も、事態を悪化させないために一刻も早く返済してください。

手元に現金が残っているなら、今すぐに支払いをする必要があります。前述の通り、延滞期間が長引くほど遅延損害金の負担も大きくなるのです。

一部だけの入金でもOK

返済額分のお金が無い場合は、一部でもいいので支払い返済する意思を見せてください。重要なのは、3ヶ月以上継続して延滞しないことです。

ただし、あまりにも長期間十分な支払が出来ないと、キャッシングカードの利用停止ブラックリスト入りの可能性もあります。

【延滞しそうな場合】現金を調達しよう

現在は延滞していないが、返済が遅れそうな場合は1回分の現金を調達しなければいけません。

財布や銀行口座のお金は、優先的にキャッシングの返済に充ててください。

クレジット払いで現金を節約する

日々の買い物をすべてクレジット払いで済ますのも、返済に必要な現金を用意する手段のひとつです。

マネットでは、実際にクレジットカードの使い方を工夫して返済遅れを回避したMさんからお話を伺いました。

Mさん

「返済に遅れそうなとき、私は飲み会の幹事を積極的に引き受けました。

皆を代表してクレジット払いを行い、皆から集めた現金で返済したのです。

幹事無料のクーポンを使ったので、翌月の返済にも影響はありませんでした。」



私物を売って返済額を用意する

質屋や中古店に私物を売って、現金を用意する方法もあります。

使わなくなった服や小物などを売れば、1回分の返済額を用意できる可能性は十分あります。

ただし、物を売っても満足な金額になる保証はありません。この方法は足りない金額が少ない場合に効果的だと言えるでのです。

マネットでは、実際にこの方法で返済日を乗り切ったBさんからもお話を伺いました。

Bさん

「返済日の1週間前に飲み会でお金を使いすぎてしまい、5,000円ほど足りなくなりました。

そのとき実家のクローゼットに父の古着があるのを思い出し、明らかに使われていないコートを3着ほど売って返済しました。」



限度額に余裕があるなら追加でキャッシング

延滞する前であれば、限度額の範囲内で追加のキャッシングができます。返済1回分の金額をキャッシングし、延滞を回避してください。

ただし、借入残高(借りた金額の内、まだ返済が住んでいない金額)は増加するので、返済が長引き利息の負担が増える点には注意が必要です。

なお、マネットには追加キャッシングで延滞を回避した利用者から、口コミが寄せられています。

Dさん

「アコムでキャッシングしていましたが、返済に遅れそうになり、何度か返済日前日に追加でキャッシングしました。

長い目でみたら損ですが、延滞して信用を無くすよりはマシだと思いました」

Dさんの口コミはこちら



他社のカードローンに借り換えする

借入残高を増やしたくないなら、他社のキャッシングやカードローンへの借り換えが有効です。

借り換えとは?
他社で借りたお金でキャッシングの返済を行い、借入先を変更する方法です。借入残高を増やす必要は無く、場合によっては金利が低くなります。

実際に借り換えを行い、延滞を回避した利用者の口コミは以下の通りです。

Sさん

「キャッシングの返済が迫っているのに友人とカラオケに行ってしまい、延滞しそうになりました。

急いでいたので審査が早いアイフルに借り換えたら、無利息期間があったので少し返済が楽でした。」

Sさんの口コミはこちら



借り換えるなら早めに申し込もう

借り換えで延滞を回避するなら、早めの行動を心がけてください

審査が長引いて契約が遅れると、返済日にお金が用意できず遅延損害金が発生する可能性があります。

また、審査結果がでるまでに延滞状態になると、それが原因で審査落ちする恐れもあるので、少なくとも返済日1週間前には申込みを済ませてください。

延滞しそうな人は審査が長引きやすい

延滞しそうな人は、収入が減っていたりキャッシング額が増えていたりと、返済能力が下がっていると考えられます。

キャッシング・カードローンの審査ではその返済能力が測られているので、場合によっては数日以上の時間がかかる可能性もあるのです。

少なくとも、現在キャッシングしている業者が行った審査よりは長引くと覚えておいてください。

銀行カードローンへの借り換えを検討してみる

時間に余裕があるなら、低金利な銀行カードローンへの借り換えを検討してください。

延滞する心配が無い場合も借り換えで利息の負担を軽減できますが、銀行カードローンの審査はキャッシングより長引きます。

返済日直前に申し込むと契約が間に合わなかったり、審査落ちしたりする可能性もあるので注意してください。

借り換えローンに強い、アイフル、じぶん銀行を下記で紹介しておきます。

アイフルで借り換えを

「おまとめMAX」サービス情報

金利(実質年率):3.0%~17.5%
借入限度額(最大):800万円

◎返済期間は最長10年(120回)
◎担保、保証人不要

大手消費者金融の中では、おまとめ、借り換えに比較的に力を入れているのがアイフルです。

同じ消費者金融ですが、おまとめ&借り換えは総量規制の対象外となりますので、新たにお借り入れできます。

公式サイトへ

多重債務にならないよう注意しよう

実際に借り換えで延滞を回避するなら、同時に複数の業者からキャッシングする多重債務にならないよう注意してください。

多重債務になると返済日がばらばらになり、返済計画を立てるのが難しくなります。

また、1ヶ月間に支払う金額が増えるので、金銭的な負担も大きくなってしまうのです。

借り過ぎないように注意

借り換えを行う際は、借り過ぎないよう特に注意してください。借り換えをすると、余計にキャッシングしてしまう人が少なくありません。

新しいキャッシング・カードローン契約をすると、利用できる借入限度額の合計は大きくなるからです。

例えば、アコムで50万円の限度額を持っている人がアイフルに申込み、30万円の利用枠を設定されたら、最大で80万円のキャッシングができるようになります。

限度額が増えたからと安易にキャッシングすると、翌月以降の返済が辛くなってしまいます

【まとめ】延滞のリスクはあなたが思っている以上に大きい

延滞すると場合によってはその後の生活に大きな支障があります。具体的にどんなリスクがあるのかおさらいしておいてください。

【延滞のリスク】
・遅延損害金が発生する
・キャッシングができなくなる
・ブラックリスト入りする

最も回避すべきはブラックリスト入りで、解決策は「延滞してから3ケ月以内に返済すること」です。

すでに延滞しているなら、3ヶ月経つ前に少しでも支払いを行いましょう。時間に余裕があるなら、追加でキャッシングしたり借り換えを行う手もあります。

時間に余裕がある方は低金利カードローンへの借り換えを、返済日が迫っている方は審査が早いカードローンへの借り換えを検討してみてください。

・低金利カードローンを探すならこちら
・審査が早いカードローンを探すならこちら

おすすめの特集ページ

ブラックに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る