即日でお金を借りる方法9選【所要時間や手順など詳細情報まとめ】

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 方法1:消費者金融から借りる
  2. 方法2:クレジットカードで借りる
  3. 方法3:ビジネスローンで借りる
  4. 方法4:学生ローンで借りる
  5. 方法5:親・友人からお金を借りる
  6. 方法6:会社から給料を前借りする
  7. 方法7:生命保険会社から借りる【契約者貸付】
  8. 方法8:質屋から借りる
  9. 方法9:警察から借りる
  10. まとめ

この記事では「即日でお金を借りる方法」を紹介し、それぞれについて以下のような情報をまとめています。

詳細

  1. 条件
  2. 手順
  3. 所要時間
  4. 借りられる金額

今すぐ借りたい人のために情報をまとめていますので、参考にしてみてください。

方法1:消費者金融から借りる

この方法は、消費者金融が発行しているカードを使って、専用のATMやコンビニエンスストア設置のATMからお金を借ります。

そのほか、インターネットや電話で申請をして、ご自身の銀行口座へ振り込んでもらうことも可能です。

項目 詳細
借りる条件 20歳以上で収入が安定している方
保証会社から保証を得られる方
所要時間 最短1時間
借入金額 ~50万円程度
担保の有無 なし

借りる際の条件や金額は、上記のとおりです。収入が安定しているかどうかというのは、きちんと働いていることを指します。
働いて、収入を得ている人でないと、利用することはできません。

お金を借りる手順

消費者金融からお金を借りる流れは以下のとおりです。

  1. 申込み
  2. 消費者金融が融資可能か判断
  3. 借りるためのカードを発行
  4. 借入

消費者金融に申込みをして、特に問題がなければ、カードを発行してもらえます。
そのカードさえあれば、お近くのATMですぐに借入ができます。

実際に消費者金融へ申込みをしてから、手元にお金が用意できるまで、早い場合だと1時間くらいで済みます。

注意点:振込で借りるなら早い時間帯に申込もう

今日中に振込でお金を借りたい場合は、早い時間に申込みを済ませておきましょう。

なぜなら、振込の場合は銀行の営業時間を過ぎてしまうと、お金の口座への反映が翌営業日になってしまうからです。

方法2:クレジットカードで借りる

クレジットカードを持っている人であれば、この方法ができるか試してみましょう。クレジットカードは、商品の決済をする以外にも、現金を借りられるサービスがあります。

具体的には、カードをATMに挿入して、お金を借りられます。また、カード会社によっては、ATM以外にも振込で借りられる場合があります。

項目 詳細
借りる条件 クレジットカードを持っている
キャッシング枠がついている
所要時間 即時
借入金額 ~50万円程度
担保の有無 なし

キャッシング枠というのは、現金を借りられる金額のことです。クレジットカードには、決済で使える金額を表す「ショッピング枠」と、現金を借りられる額である「キャッシング枠」があるのです。

お金を借りる手順

クレジットカードを発行した際に、キャッシング枠をつけた方は、今すぐATMでお金を借りられます。不明な方は、以下の手順で確認してみましょう。

  1. クレジットカードの公式サイトにログイン
  2. キャッシング枠の有無を確認
  3. キャッシング枠があればATMで借入

まずは、クレジットカードにキャッシング枠が付与されているか確認しましょう。クレジットカードの会員ページにログインをするか、カード会社に電話をしてください。

クレジットカードにキャッシング枠がついていれば、今からでもお金を借りられます。

注意点:キャッシング枠がないと借りられない

クレジットカードにキャッシング枠が付いていない場合は、カード会社に申請をする必要があります。会員ページか専用のダイヤルから手続きをしましょう。

ただし、すぐにキャッシング枠が付くとは限りません。カード会社にもよるのですが、キャッシング枠を付与する手続きに数日かかる場合があります。

方法3:ビジネスローンで借りる

法人や個人事業主で事業性資金の調達を考えている方は、こちらの方法を検討してください。

ただし、こちらのローンや生活費や交際費といった、プライベートに関わる用途としては利用できません。

項目 詳細
借りる条件 法人または個人事業主の満20歳以上の方
所要時間 即日(金融業者による)
借入金額 最大500万円程度
担保の有無 無し(場合によってはあり)

ビジネスローンであれば、事業性資金の範囲内で自由にお金を使用できます。
融資のスピードについても、銀行や公的機関の融資と比較して手続きが早いと言えるでしょう。

ただし、他の個人事業主や法人向けローンよりも、利用限度額が低い傾向にあります。

お金を借りる手順

まずはビジネスローンの公式サイトから、借入条件の確認をして申込みをしましょう。利用について何か疑問点がある場合は、前もって問い合わせてしておくのもひとつの手です。

  1. 申込み・書類
  2. 金融業者が融資可能か判断
  3. 可能と判断されれば契約
  4. 融資を受ける

まずは、ビジネスローンの公式サイトから申込みをしましょう。その申込み情報から、金融業者が融資可能かどうか、簡易的に判断をします。

金融業者が融資可能だと判断した場合は、必要書類の提出を行います。その書類をもとに、再度、融資をするかどうか正式に決められるのです。

金融業者が申込情報や書類を確認して、正式に融資可能だと判断をすれば、お金を借りられます。

参考:『ビジネクストなら即日融資』

注意点:決算書や確定申告書類が必要になる

ビジネスローンで融資を受けるには、書類の提出が必要です。法人の方であれば、決算書や代表者本人を確認する書類を用意してください。

個人事業主の方であれば、確定申告書や本人確認書類、その他事業内容の確認書類を提出する必要があります。

なぜなら、それらの書類から、金融業者が申込者の資金繰りを確認するからです。金融業者はきちんと返済できると判断した人にしかお金を融資しません。

方法4:学生ローンで借りる

ローンと聞くと、一般的に社会人が利用するものだと考えられますが、こちらの方法であれば学生でも借りられる可能性があります。

ただし、学生といっても、高卒以上の学生でないと借入はできません。

項目 詳細
利用条件 日本国籍で高卒以上の大学生・予備校生・専門学生の方
安定収入のある方
所要時間 最短30分程度
借入金額 ~最大50万円程度
担保の有無 なし

学生ローンを検討するならば、アルバイトで収入を得ている必要があります。
なぜなら、毎月収入がない学生は、返済できる可能性が低いとして、融資を断られてしまうからです。

この収入というのは、アルバイトのお給料に限られます。仕送りやお小遣いでの収入は含まれませんので注意してください。

お金を借りる手順

学生ローンは店舗に足を運ぶ以外にも、インターネットから申込みができます。ただし、申込みの方法によっては、手続きの手順が異なるので注意してください。

  1. 申込み・書類提出
  2. 申込み確認の電話
  3. 金融業者が融資可能か判断
  4. 許可がおりれば契約
  5. お金を借りる

学生ローンへ申込みをする際は、基本的に学生証と運転免許証(保険証)、そしてキャッシュカードが必要になります。

ただし、来店ではなくインターネットから申込みをする場合は、それに加えて、公共料金の領収書を提出する場合が多いので注意してください。

注意点:借りられる金額は基本的に少額

学生は社会人と比べて収入が安定していないと考えられるため、融資を受けられる金額も一般的なローンと比較して少額です。

学生ローンの限度額は、50万円までというのがほとんどです。どれだけアルバイトで収入があったとしても、限度額を超えた融資は受けられないので注意してください。

なお、法律により年収の3分の1までしか借りられないと決められているので注意しましょう。例えば、年収が60万円であれば、限度額が20万円以下に設定されます。

方法5:親・友人からお金を借りる

親や知人にお願いをして、お金を借りる方法です。頭を下げるという点に関しては気が引けるかもしれませんが、他の手段とは異なり手続きが発生しないのが特徴です。

また、一般的には金利が発生しないというのもメリットです。ローンを利用した際は、返済時に利息を支払う必要があるため、その点を考えると返済しやすいと言えるでしょう。

項目 詳細
利用条件 親や友人から承諾を得る
所要時間 即時
借入金額 数万円程度~
担保の有無 なし

お金を借りる手順

まずは親や友人に連絡を取り、お金を貸してほしいと頼みましょう。
ただ、できるのであれば、会う約束を取り付けて、直接あって相談をする方が誠実です。頼み方をよく考えて、連絡をしてください。

  1. 親や友人に相談をする
  2. 相手の承諾を得る
  3. お金を借りる

相談をする際は、借りたい金額のほかに、なぜ借りたいのかという理由を伝えてください。それ相応の理由があれば、相談に載ってもらえる可能性があるでしょう。

ただし、飲み会やギャンブルのしすぎといった、自己責任とも考えられる理由であれば話をしない方が良いでしょう。

注意点:信頼関係に崩れないように配慮する

お金を借りる際は、約束をして、それを守るようにしましょう。返済する期日を取り決めて、証拠を残しておくことが重要です。

お金を貸す側からしてみれば、お金がいつ返ってくるのかという点は不安なポイントでもあります。曖昧なまま借りてしまうと、後々それが信頼関係に影響してくるでしょう。

一回で返済できない場合は、分割にして定期的に返済をしてください。ローンのように返済日は決まっていませんが、その約束を厳守することが重要です。

方法6:会社から給料を前借りする

会社によっては、給料の前借り(前払い)に対応してくれる場合があります。即日借りられるかは、会社の申請フローにもよるので注意しましょう。

この方法であれば、お金は給料から引かれるので、返済額について心配をする必要はありません。ただし、もちろん借りた分はその後の収入から減ることになるので、のちのち生活費を切り詰めなくてはなりません。

項目 詳細
利用条件 会社からの許可を受けること
緊急時であること
所要時間 即日~数日程度
借入金額 数万円程度
担保の有無 なし

借りられる(払われる)金額については、ご自身の給料の範囲内となります。そのため、高額な借入はできないと覚えておきましょう。

お金を借りる手順

気が引けるかもしれませんが、まずは上司に相談をしましょう。その上で会社から給料を前借りできるかどうか聞いてみてください。

  1. 直属の上司に相談をしてみる
  2. 借用書を用意する(必要な場合が多い)
  3. 借入の条件を確認する
  4. 前借り(前払い)を受ける

ひとつ注意していただきたいのは、上司からの許可を得たとしても、会社から却下される場合もあるということです。また借りる場合はきちんと借用書の内容を確認しましょう。いくら借りるのか、手数料はかかるのかといった点に注意してください。

注意点:非常時でないと借りられない

会社から給料を前借する条件は、非常時に限られると労働基準法に明記されています。

手持ちの資金がないものの、病気や災害でどうしてもお金が必要だという場合は借りられる可能性があるのです。

結果、借りられなかった場合は、社内貸付制度がないか確認してみましょう。給料の前借りとは異なり、金利のかかる借入になりますが、検討する余地はあります。

労働基準法:第二十五条(非常時払)

使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。
・引用:労働基準法

方法7:生命保険会社から借りる【契約者貸付】

これは生命保険の契約者が利用できる制度です。ほとんどの保険会社が用意しているサービスであるため、保険の契約をしている人は検討してみてください。

ただし、利用できるのはあくまで契約者本人です。たとえ被保険者であっても申請をすることはできません。

項目 詳細
利用条件 積立型の保険を契約していること
所要時間 最短即日
借入金額 数万円~数百万(解約返戻金額の70~90%)
担保の有無 あり(解約返戻金)

保険会社にもよりますが金利3%~8%程度と、低金利で借りられる可能性があります。

その理由は、担保がある貸付であるためです。一般的なローンは、担保がないため保証料が上乗せされ、金利が上がります。この方法であれば、解約返戻金を担保とするため、低金利が実現しているのです。

お金を借りる手順

保険会社にもよるのですが、インターネットの公式サイトから申請をすることで、すぐに借りられる可能性があります。

  1. 生命保険会社の公式サイトにログイン
  2. サイト内の「契約者貸付」から申請
  3. 条件を確認して契約
  4. ご自身の口座へ振り込み

上記はインターネットで申請をする流れです。インターネット会員の登録がお済みでない方や、ログインの方法が分からない方は保険会社に問い合わせましょう。

インターネットに限らず、お電話で相談することも可能な場合が多いので、ネット上での手続きが面倒な方はそちらから申請をしましょう。

注意点:返済できないと保険が失効される

契約者貸付で返済ができないと、保険が失効される可能性もあります。

契約者貸付は一般的なローンとは異なり、毎月決まった返済とならない場合が多く、2~3か月に一回返済をする場合もあります。そのため、返済が進まず借入額が増えてしまう可能性があるのです。

借入の元金が解約返戻金の一定額を超えてしまうと、保険が失効されてしまう場合があります。このような事態を回避するためにも返済は計画的に行いましょう。

方法8:質屋から借りる

価値がありそうな品物を持っていれば、質屋からお金を借りるのも一つの手です。品物を担保にして、一時的にお金を借りることができます。

項目 詳細
利用条件 価値が付く物品があること
所要時間 最短1時間
借入金額 1万~5万円程度
担保の有無 必要(物品)

どれくらいの金額を借りられるかは、預けた品物の価値にもよります。そのため、想定よりも借りられる金額が少ない場合もあるので注意しましょう。

なお、どうしても返済する分のお金を用意できない場合でも、商品を手放すことで返済をする必要がなくなるので安心して利用できます。

お金を借りる手順

まずは身分証と価値の付きそうな品物を持って、お近くの質屋に足を運びましょう。
大手のブランド買取店であれば、質屋をやっている場合がほとんどなので検討してみてください。

  1. 品物と身分証を持って来店
  2. 品物の価値を査定してもらう
  3. 査定金額の確定および契約
  4. 融資金額と預かり証を受け取る
  5. 期間内に返済して品物を返してもらう

質屋では品物の査定が一品一品行われます。商品によって、大体の相場が決まっているため、それほど時間はかかりません。

商品の金額に納得をすれば、契約・借入となります。もちろん金額に納得をしなければ、品物を持ち帰ることも可能です。

注意点:期日までに返済できないと品物の権利を失う

質屋で借りたお金の返済期日は、ほとんどが2ヶ月~3ヶ月に設定されています。その期間内に、借りた金額と発生した利息を支払わなくてはなりません。
なぜなら、3ヶ月以内に設定しなくてはならないと法律で定められているからです。

この期限を過ぎてしまうと、「質流れ」となり品物の権利を失います。ただ、場合によっては期間を延長することも可能です。その場合は、延長する分の利息も追加で払う必要があります。

質屋営業法第17条

前項第三号の流質期限は、質契約成立の日から三月未満(質置主が物品を取り扱う営業者であり、かつ、その質に入れようとする物品がその取り扱つている物品である場合においては、一月未満)の期間で定めてはならない
・引用:質屋営業法施行規則

方法9:警察から借りる

外出中のトラブルにより、手元にお金がなくなってしまった場合は、警察からお金を借りることも可能です。公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)という制度を利用します。

資金がなく、どうしても帰宅できないという場合は、この方法を検討してください。

項目 詳細
利用条件 用途が交通費や応急処置の費用であること
所要時間 即日
借入金額 原則1,000円以内
担保の有無 なし

手持ち資金がない場合に借りられますが、条件が限られているので注意しましょう。

利用の条件

  1. 外出中に所持金を盗まれる、または遺失した場合
  2. 行方不明者の保護にあたり、応急的な処置をする経費
  3. 道端の急病人や交通事故の負傷者を救護する経費
  4. その他、公衆接遇の範囲と判断された場合の経費

お金を借りる手順

まずはお近くの警察に行き、お金がないという事情を伝えましょう。条件に当てはまる方はお金を貸してもらえます。

  1. 警察署および派出所に行く
  2. 借りたい事情を説明する
  3. 借受願書に氏名や連絡先を記載する
  4. お金の借りる

警察からお金を借りる際は、「借受願書」という書類を記入します。その書類には、借受の日付、氏名、住所、年齢、職業、金額、理由といった項目があります。

注意点:借りられる上限は原則1,000円

公衆接遇弁償費は、基本的に借りられる金額は1,000円までとなっています。なぜなら、よほど遠くに住んでいる人でない限り、1,000円あれば自宅まで帰宅できると考えられるからです。

なお、事故や急病の応急処置でお金を借りる場合は例外で、1,000円以上借りられる可能性があります。

ただし、それ以外の理由で1,000円以上を超える場合は、警察官は貸付の判断ができません。警察署長や地域課長といった責任者の承認を得る必要があるため、時間がかかる可能性があります。

まとめ

即日でお金を借りる方法はいくつかありますが、その種類によっても借りられる金額や手順は異なります。それぞれの特徴を確認して、何が自分にあった借り方なのかを考えてみましょう。

今回ご紹介した方法はどれも即日で借りられる可能性があります。ただし、場合によっては時間がかかってしまう可能性があるので注意してください。

また、どれくらい借りたいのか、振り返ってからにしましょう。お金を借りすぎてしまうと、返済の際に困ってしまいます。ご自身の収入を加味して、無理のない借入をするように心がけてください。

おすすめの特集ページ

お金借りるに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る