銀行系カードローンは金利がお得!消費者金融との決定的な違いとは?

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 銀行系カードローンとは?
  2. 大手の銀行系カードローンを紹介
  3. 消費者金融のカードローンと何が違う?
  4. 銀行系カードローンの審査は甘い?厳しい?
  5. 審査が不安な人はセルフチェック
  6. 銀行系カードローンを利用する際の注意点
  7. 編集者おすすめの銀行カードローンを紹介
  8. まとめ

銀行系カードローンとは?

銀行系カードローンは、メガバンクやネット銀行、地方銀行など、いわゆる「銀行が取り扱うカードローン」の総称です。

原則として、保証人を立てたり土地などを担保に入れたりする必要もないので、銀行の取り扱うローンの中でも比較的利用しやすいサービスと言えるでしょう。

特徴1:低金利

銀行系カードローンと言えば、やはり低金利なイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?

確かにそのイメージ通りで、様々な金融機関のカードローンと比べて、銀行系カードローンの金利は比較的低く設定されているものが多いです。

返済時に支払う利息額に影響するため、利用者にとってカードローンを選ぶ際の重要なポイントとも言えますね。

他社からの借り換えに利用する人も多い

金利が比較的低めに設定されているので、他社からの借り換えに利用するのもおすすめです。

いくつか注意点もありますが、現在の返済負担を軽減できる可能性があります。

借り換え目的で銀行系カードローンを検討されている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

特徴2:安心感がある

「いつも利用している銀行のカードローンだから」という安心感が得られるのも、銀行系カードローンならではの特徴と言えます。

お金を借りたいとは思うものの、銀行以外の金融機関を利用するのは確かに不安なものですよね。

こういった借入初心者のマインド部分においても、銀行系カードローンは安心感という大きなメリットを持っているのではないでしょうか。

大手の銀行系カードローンを紹介

銀行系カードローンの利用を考えている方は、お近くの地方銀行が取り扱うサービスをまず検討するものでしょう。

編集者は地方出身(九州です)なので、都心でよく目にするメガバンク等を利用する機会はまずありませんでした。居住エリアの地銀、もしくは第二地銀ばかりです。

もちろん、日頃から利用している地方銀行のカードローンを選ぶのも良いのですが、せっかくなので全国展開するメガバンクやネット銀行のカードローンを紹介していきましょう。

3大メガバンクのカードローンまとめ

金融機関 商品名
三菱UFJ銀行 バンクイック
マイカード プラス
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン

日本の3大メガバンクは「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」、お住まいの地域や口座の有無に関わらず、全国どこからでも申し込めます。

三菱UFJ銀行のみ、2種類のカードローンを取り扱っていますが、知名度があるのはバンクイック。

マイカードプラスは、手持ちのキャッシュカードで借入できるサービスなので、三菱UFJ銀行ユーザー向けですね。

ネット銀行のカードローンまとめ

金融機関 商品名
ジャパンネット銀行 カードローン
※新規申込受付終了
ソニー銀行 カードローン
楽天銀行 楽天銀行スーパーローン
住信SBIネット銀行 カードローン
auじぶん銀行 じぶんローン
大和ネクスト銀行 なし
GMOあおぞらネット銀行 なし

編集者が確認したところ、カードローンを取り扱っていない、もしくは新規申し込みの受付を既に終了しているネット銀行もありました。

ネット銀行は実店舗を持たないので、カードローンに関する手続きは基本インターネット上で行われます。

日常的にパソコンやスマートフォンを利用する人向けのサービスと言えますね。

地方銀行のカードローンを確認したい人はこちら

大手銀行のカードローンだけでなく、お住まいの地域にある銀行のカードローンも他と比べてみたいと考える人もいるのではないでしょうか?

以前、マネット編集部が全国の地方銀行カードローンを取りまとめた記事があるので、気になる方はご覧ください。

消費者金融のカードローンと何が違う?

銀行系カードローンを検討される方の多くは、消費者金融の取り扱うカードローンと何が違うのか気になるものですよね?

原則として、保証人や担保が不要でどんな用途でも借入できる、といった点は特に相違ありませんが、各カードローンのスペック面には大きな差があります。

相違点1:金利

銀行系カードローンを希望する人からすれば、やはり金利面が気になるところですよね。

実際に、メガバンクと大手消費者金融のカードローンを金利で比較してみましょう。

金融機関 金利
三菱UFJ銀行 年1.8%~年14.6%
三井住友銀行 年4.0%~年14.5%
みずほ銀行 年2.0%~年14.0%
アコム 年3.0%~年18.0%
プロミス 年4.5%~年17.8%
アイフル 年3.0%~年18.0%

金利を比較する場合、初回契約時に設定されやすい上限値を確認するのが基本です。

比較表を見ると、メガバンクの上限金利は14%台、対して大手消費者金融は17%~18%台であることが分かります。

利息の差額をシミュレーションしてみました

適用される金利によってどれくらい利息に差が出るのか、実際にシミュレーションしてみます。

例)10万円借入、毎月2,000円ずつ返済する場合

金融機関 金利 完済期間 利息総額
銀行 年14.0% 76ヶ月 51,346円
消費者金融 年18.0% 94ヶ月 87,180円

利用するカードローンによって多少の誤差はありますが、上記のシミュレーションでは「35,834円」の差が出ました。

4%程度の違いかもしれませんが、長期的な目で見るとその差は意外と大きいものですね。

金利に関しては、やはり銀行系カードローンにメリットがあると言えるでしょう。

相違点2:融資スピード

金利面だけ見るとあまりメリットを感じられないかもしれませんが、消費者金融のカードローンには「即日融資できる」という強みがあります。

融資までに時間がかかりやすい銀行系カードローンでは、どうしても得られないメリットですね。

実際どれくらい差があるのか、比較表にしてみました。

金融機関 融資までにかかる時間
三菱UFJ銀行 最短翌営業日
三井住友銀行 最短翌営業日※
みずほ銀行 最短翌営業日
アコム 最短60分
プロミス 最短60分
アイフル 最短60分

※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

上記は最短時間で融資してもらえた場合の数値を比較したものですが、その差は歴然ですね。

大手消費者金融の場合、特に問題なければ最短1時間で融資可能。

銀行は2~3営業日かかる可能性あり

対して銀行系カードローンは、口座の有無やカード発行でさらに時間がかかることも多く、申し込んだ時間帯や曜日によっては、2~3営業日かかることもあります。

融資スピードに関しては、大手消費者金融にメリットがあると言えるでしょう。

相違点3:借入限度額

個人が借入できる金額には、限度があります。
例えば「借入限度額:最大800万円」と記載されていたとしても、必ず800万円まで借りられる訳ではありません。

ちなみに、消費者金融のカードローンは貸金業法に定められる総量規制というルールに基づき、個人に融資できるのは「年収の1/3まで」と制限されています。

銀行は総量規制の影響を受けません

対して、銀行系カードローンは特に縛りがなく、銀行法の対象となるので総量規制の影響もありません。

「じゃあ銀行系カードローンなら、いくらでも借入できるのでは?」と思うかもしれませんが、その解釈は間違いです。

編集者が調べたところ、以前までは融資上限を年収の1/2程度に設定する銀行が多かったようです。

最近では、独自に規制を強める銀行も増えつつあり、過度な借入になると判断した場合は融資してくれません。

【結論】金利もしくは融資スピードが決め手!

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンは異なる特性を持ったサービスなので、どちらか甲乙つけるのは難しいものです。

結論としては、ご自身の状況に応じてどちらかのカードローンを選ぶのがベストでしょう。

重視するポイント 銀行 消費者金融
金利
融資スピード

少しでもお得な金利で借入したいなら、銀行系カードローン。

金利は気になるが、希望日までに借入するのが難しいのであれば消費者金融のカードローンも視野に入れる、といった具合に検討してみてください。

銀行系カードローンの審査は甘い?厳しい?

銀行系カードローンの審査は、決して甘くはありません。

とはいえ、「申し込んでも、審査通過できるのはほんの一握り…」という程厳しいものでもないので、正直判断しづらいポイントではあります。

個人差が大きく出るので、ネット上でよく見かける「〇〇銀行のカードローンは審査が甘かった」「すぐに審査が終わった」などの口コミは、鵜呑みにしないようにしてください。

「審査が早い=審査が甘い」という考えは誤り

審査にかかる時間と審査のハードルを関連付けて考えるパターンもありがちですが、実際そのようなことはありません。

例えば、

「銀行の審査には時間がかかる=カードローンの審査が厳しいから」

といった考えですね。

逆に、

「消費者金融の審査は早い=審査が甘いだろう」

というイメージを持っている人も、意外と多いのではないでしょうか?

これは審査の仕組みが異なるためであって、審査が甘い・厳しいからではありません。くれぐれも誤解のないようにしてください。

どんな金融機関も厳正に審査している

銀行側の目線で考えると分かりやすいですが、仮に審査を甘く行った場合、返済能力のない人にお金を貸してしまう可能性も出てきます。

融資する側にしてみれば、貸し倒れのリスクが増すだけなので何のメリットもありません。

上記のような点から考えても、すべての金融機関が申込者に対して厳正な審査を行っているのは当然の結果と言えるしょう。

金利を指標にするのも選択肢のひとつ

審査のハードルについては、実際に受けてみなければ分からない部分です。

とはいえ、審査に不安を感じながら申し込むのはメンタル的にも避けたいものですよね。

そんな人は、カードローンの「金利」に注目してみるといいかもしれません。審査のハードルを予測する目安のひとつになるので、不安な方は参考にしてみてください。

審査が不安な人はセルフチェック

結局のところ、審査を通過できるかどうかは申込者のステータスが大きく影響します。

どうしても審査が不安な人は、重要なポイントだけでもセルフチェックしてから申し込んでみてください。

実際に何を審査しているのか正確に把握することは出来ませんが、利用条件や申し込みフォームからある程度予測できます。

ポイント1:安定した収入がある

銀行系カードローンの返済方法はリボルビング払い(リボ払い)が基本なので、少額ずつ長期的に返済していくことになります。

つまり、審査を通過するには毎月無理なく返済していけるだけの安定した収入が必要不可欠という訳です。

会社務めで、毎月一定の給料を貰っているような人は特に気にする要素ではありませんね。

年収が高ければ良いという訳でもない

収入については、申込時に「年収」を記入するのが一般的です。
しかし、必ずしも年収が高ければ審査を通過できる、という訳ではなく、あくまでも収入の安定性が重視されます。

分かりやすい例を挙げるとすれば、「今月は100万円稼いだが、来月以降の収入は未確定」といった場合など。主に、自営業の方やフリーランスとして働いている人に多いケースです。

このように収入が不安定な人は、正社員として長年勤務している人に比べると、審査で不利になってしまうかもしれません。

ポイント2:借入し過ぎていない

「お金を借りること自体初めて」という人は特に問題ありませんが、既に年収の半分近く借入を行っているような場合は注意してください。

過度な融資は、借り手を返済困難な状況に追い込んでしまう可能性もあります。

このようなトラブルを未然に防ぐため、比較的シビアに審査される項目であることを理解しておきましょう。

他社借入が多い人はおまとめローンを検討

銀行系カードローンは確かにお得な金利ですが、残念ながら複数の借金をまとめる目的で作られたローンではありません。

なので、複数社から借入している方は、銀行系カードローンではなく「おまとめローン」を検討してみてください。

A社
  • 借入
    20万円
  • 金利
    18.0%
  • 返済額
    6,000円
B社
  • 借入
    50万円
  • 金利
    18.0%
  • 返済額
    15,000円
C社
  • 借入
    30万円
  • 金利
    18.0%
  • 返済額
    9,000円
おまとめローン
  • 借入 :100万円
  • 金利 :15.0%
  • 返済額:14,000円

複数の借金を1本化できれば、毎月バラバラだった返済を1度で済ませられます。

おまとめローンを賢く利用すれば、月々の返済負担を軽減できる可能性もあるので、他社借入でお困りの方は一度検討してみてください。

ポイント3:信用情報に問題がない

カードローンの審査では、あなたの「信用情報」を必ず確認されます。簡単に説明すると、これまでの金融取引に関する情報ですね。

例えば、クレジットカード代金の支払いや各種ローンの返済、さらにはスマホ代金の割賦払いなども該当します。

上記のような金融取引において、長期滞納・強制解約・債務整理などのトラブルを起こしたことがある方は要注意です。

万が一、信用情報に金融トラブルの記録が残っていれば「きちんと返済する意思がない人」と判断されてしまうので、審査落ちは免れないでしょう。

何らかの理由に該当する人は打開策を確認

「銀行系カードローンの審査に通らないかも…」と思った人は、審査に通らない原因を洗い出し、改善していかなければ現状のままです。

再度カードローンの審査を受けるために行うべきことや法的な解決手段まで、考えられる打開策をまとめました。

このまま放っておくのではなく、まずは何が出来るのかを確認してみてください。

銀行系カードローンを利用する際の注意点

銀行系カードローンの特徴や審査基準について解説していきましたが、申し込む前にいくつか注意点があります。

他社より金利がお得だからと言って安易に借入すると、返済トラブルに繋がる可能性もあるので、しっかり確認しておきましょう。

注意点1:返済は長期的になりやすい

銀行系カードローンは少額ずつ返済していけますが、その反面、完済までに時間がかかりやすくなる傾向があります。

例えば、10万円借りても毎月の返済額は2,000円程度で済みますが、試しにシミュレーションしてみたところ、完済までに6年以上かかります。

毎月の返済を負担に感じにくいかもしれませんが、返済期間は長くなっていくので注意しておくべきでしょう。

【対処法】完済するまで追加借入しない

毎月の返済負担が思いのほか軽いので、「もうちょっと借りても大丈夫」と追加借入するケースも少なくありません。

このような悪循環が生まれると、必然的に返済期間が伸びてしまいます。

ちなみに、借入金額が高くなるのに比例して返済額も増えていくので、現在借りているお金を完済してから追加借入するようにしましょう。

注意点2:低金利でも利息負担は大きい

銀行系カードローンの金利は他と比べてお得ですが、だからといって利息を甘く見てはいけません。

まずは、毎月の返済額に利息がどれくらい含まれているものなのか、例を挙げてシミュレーションしてみましょう。

例)10万円借入、金利15.0%、毎月2,000円返済

「10万円×15.0%÷365日×30日=1,232.87…」

上記の例でシミュレーションしてみると、1ヶ月目にかかる利息は「1,232円」です。

つまり、借り手は毎月2,000円ずつ返済しているつもりでも、実は利息を差し引いた768円しか返済に充てられていないのです。

返済額に含まれる利息の割合は意外と大きいので、完済までにかかる総額を考えると侮ってはいけません。

【対処法】繰り上げ返済で利息負担を軽減

仮に、毎月決められた最低返済額が2,000円だったとしても、可能であればそれ以上返済するのが理想的です。

このような返済方法を、「繰り上げ返済(追加返済)」と呼びます。

例えば、「今月はボーナスが入ったので、いつもより1万円多く返済する」といったイメージですね。

実際に、繰り上げ返済をすることでどれくらい効果があるのか、シミュレーションしてみました。

例)10万円借入、金利15.0%、最低返済額2,000円

返済プラン 完済期間 利息総額
毎月2,000円ずつ返済 79ヶ月 57,948円
毎月+1,000円繰り上げ返済 44ヶ月 30,617円

毎月の最低返済額2,000円とは別に、+1,000円ずつ繰り上げ返済するだけでも十分効果はあります。

利息を節約しながら早期完済を目指せるので、銀行系カードローンの利用を検討されている人はぜひ実践してみてください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

編集者おすすめの銀行カードローンを紹介

では最後に、編集者がおすすめする銀行のカードローンをいくつか紹介します。

金利はもちろん、借入や返済に関するサービス面も考慮して、4つの銀行カードローンをピックアップしてみました。

借入経験のある編集者だからこそ分かることも多いので、選びきれない人はぜひ参考にしてみてください。

総合的に見ると「楽天銀行スーパーローン」

限度額 最大800万円
金利 1.9~14.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

総合的なバランスが取れているのは、「楽天銀行スーパーローン」です。

実店舗を持たないネット銀行のカードローンということもあり、基本的な手続きはスマートフォンがあれば対応可能。

銀行系カードローンの中でも比較的お得な金利で、審査時間も最短翌営業日となっており、スペック的にも大きな問題はないでしょう。

既に楽天会員の方、楽天銀行の口座を持っている方など、楽天ユーザーに対する付帯サービスも充実しているので、該当する方には特におすすめです。

公式サイトはこちら

金利重視なら「ソニー銀行カードローン」

限度額 最大800万円
金利 1.9~14.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

単純に金利がお得なカードローンを選ぶのであれば、「ソニー銀行カードローン」をおすすめします。

これは銀行系カードローンの金利をマネット編集部が実際に比較した結果です。

金利がお得なカードローンですが、利用するにはソニー銀行の口座を開設しなければいけません

これから口座開設が必要な方は、融資までに数日~数週間かかる可能性があることを念頭に置いておきましょう。

公式サイトはこちら

安心感重視なら「メガバンクのカードローン」

安心感を求めるのであれば、メガバンクのカードローンをおすすめします。

やはり「日本三大メガバンク」というポジショニングは強く、資本力もあり、個人情報などのセキュリティー面を考慮してもまず心配ないでしょう。

メガバンクに関しては、正直どれも均質なカードローンと言えます。

万が一、どれを選べばいいか迷ってしまったら、口座の有無や今後利用する可能性のあるメガバンクのカードローンを検討してみてください。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

限度額 最大500万円
金利 1.8~14.6%
審査 -
融資 -

毎月の返済は1,000円から!※1
テレビ窓口でカードの即日発行が可能!※2

公式サイトはこちら
※1.金利が年率8.1%以下の方の場合
※2.カードの発行は即日で可能ですが、借入は審査終了後となります。

三井住友銀行カードローン

限度額 10~800万円
金利 4.0~14.5%
審査 -
融資 -

サポート体制がしっかりしているので初めての方でも安心。
銀行ならではの金利が魅力。

公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローン

限度額 10~800万円
金利 2.0~14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

大手の銀行を利用したい方におすすめ。
みずほ銀行がメインバンクの方におすすめ。

公式サイトはこちら

借り換え目的なら「auじぶん銀行じぶんローン」

他社からの借り換え目的で銀行系カードローンを検討されている方には、auじぶん銀行じぶんローンがおすすめです。

このauじぶん銀行じぶんローンには借り換え目的の人に向いている「au限定割借り換えコース」があります。

借り換えコースはauユーザー限定ですが、金利は「0.98%~12.5%」となっており、数ある銀行系カードローンの中でも比較的お得な金利が設定される仕組みです。

利用するにはいくつか条件もありますが、すべてクリア出来る人はぜひ活用してください。

auじぶん銀行じぶんローン

限度額 最大800万円
金利 通常 1.48~17.5%
誰でもコース 1.38~17.4%
借り換えコース 0.98~12.5%
審査 最短翌営業日以降
融資 最短翌日以降

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。
au利用者におすすめ。

公式サイトはこちら
※誰でもコースは、auユーザー限定の金利となります。また、借り換えコースは、auユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

まとめ

銀行系カードローンについて幅広く解説してきましたが、いかがでしたか?

記事中の大切なポイント

  • 銀行の取り扱うカードローンを指す
  • 銀行は金利面を重視したサービス
  • 消費者金融は即日性に特化したサービス
  • 銀行系カードローンの審査は甘くない
  • 長期返済になりやすいので利息に注意
  • 借入するなら繰り上げ返済を活用する

これから銀行系カードローンを利用する方は、サービスの特性を良く理解しておきましょう。

おすすめの特集ページ

銀行に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • アコム「あなたの"はじめて"を応援キャンペーン」について
  • ※最大で現金12,000円を進呈
  • 1.カードローン初回利用でもれなく2,000円(2020年10月末日まで)
  • 2.カードローン残高20万円以上の方にもれなく5,000円(2020年10月末日時点)
  • 3.クレジットカードご利用金額(決済)合計25,000円以上でもれなく5,000円(2020年10月末日まで)
  • ※11月21日時点でクレジットのご利用残高をアコム株式会社が確認できた場合に限ります。
  • ※対象のお客様
  • 1.本キャンペーンページ内の「本キャンペーンへ申し込む」ボタンからのお申し込みであること
  • 2.はじめてアコム株式会社でご契約のうえ、2020年10月末日までにご利用があること
  • 3.アコム株式会社へ銀行口座(ご契約者ご本人さま名義)のお届けがあること
  • 4.2020年8月20日(木)~2020年9月30日(水)までのお申し込みのお客様
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る