アコムの在籍確認は会社への電話連絡が基本!職場バレが不安な人は事前対策

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. アコムの在籍確認とは
  2. アコムの在籍確認は電話連絡が基本
  3. 在籍確認で会社バレする心配はない
  4. 出来る限り配慮してくれるがバレることもある
  5. どうしても電話連絡が不安な人向けの対処法
  6. アコムの在籍確認に関するQ&A
  7. まとめ

アコムの在籍確認とは

アコムの在籍確認は、「申込者が本当に働いているかどうか裏付けを取るため」に行われる手続きです。

個人融資を行うすべての金融機関に義務化されているので、アコム以外を検討しても在籍確認なしで借入できる可能性はまずありません。

カードローンに申し込んだ全ての人が、在籍確認を受けることになるでしょう。

定職に就いていない人は借入不可

アコムで借入した場合、毎月少額ずつ返済していくのが基本です。従って、毎月無理なく返済していけるだけの「安定した収入」がなければいけません。

例えば、長年正社員として働きながら毎月給料を貰っているような人は、安定収入があると判断してもらえるでしょう。

逆に、定職に就いていない人は収入に安定性が見込めません。

上記のような背景があるため、何らかの理由で在籍確認が取れなかった場合は「定職に就いていない」「安定した収入がない」と判断され、アコムから借入することができなくなってしまう、という訳です。

アコムの在籍確認は電話連絡が基本

アコムの在籍確認は、カードローン担当者が勤務先へ直接電話するのが一般的です。

ではなぜ、原則として電話連絡を採用しているのか?

理由はいくつか考えられますが、短時間で確実に申込者が働いているかどうか確認できる、という要素が大きいのでしょう。

審査中に職場へ電話確認される

在籍確認の電話連絡は、審査の工程で行われています。

申し込み~借入までの基本フローを記載しておくので、確認してみましょう。

  1. アコムに申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 審査(ここで在籍確認)
  4. 契約手続き
  5. カード発行・受取
  6. 借入開始

申し込みフォームに入力した勤務先の情報や提出した書類をもとに、在籍確認の電話連絡が行われているのです。

審査の終盤に行われるのが一般的

電話連絡でアコムから借入することがバレてしまうかもしれない、という在籍確認の性質上、一般的には審査の終盤に行われていると推測できます。

万が一、在籍確認後に他要素で審査落ちとなってしまっては、申込者から反感を買ってしまう可能性も十分あるはずです。

このような申込者側の悩みも、アコム側はきちんとくみ取ってくれているのでしょう。

在籍確認で会社バレする心配はない

会社の同僚や上司に、アコムから借入することがバレるかもしれない…と考える方は確かに多いかもしれません。

ですが、実際にバレてしまったケースはほとんどないのが現状です。

マネットに寄せられている口コミを確認したところ、バレなかった人の感想が大半を占めていました。

Male

20代 / 男性 / 職業: 派遣社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 医療費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

会社に電話がくることは正直不安だったんですが、一瞬で終わりましたし、職場でも誰も気にしてない様子で、全くバレませんでした。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 学費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.8

会社に電話がくるのは、不安でした。小さい会社で自分宛に電話なんかないので、怪しまれるだろうと。でも、実際詮索してくるやつなんかいないし、案外大丈夫でした。

電話は個人名でかかってくる

職場にバレにくい理由として、在籍確認の電話連絡で「アコムの〇〇と申しますが~」といったように、社名を名乗らない点が挙げられます。

基本的な電話連絡の流れは、以下を参照ください。


オペレーター
「わたくし、△△(個人名)と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」
「はい。少々お待ちくださいませ。」

同僚
「お電話代わりました、〇〇です。」

申込者

オペレーター
「〇〇 〇〇様(フルネーム)、ご本人様でいらっしゃいますか?」
「はい、〇〇です。」

申込者

オペレーター
「申し遅れました、わたくしアコムの△△です。この度はお申込みありがとうございます。こちら在籍確認のお電話となっており、これにて確認完了とさせていただきます。」

基本的には担当者の個人名でかかってくるので、アコムからの電話だと第三者が認識する可能性はまずないでしょう。

担当者の性別を指定することも可能

例えば、既婚者相手に異性から個人名で電話が掛かってくるようなことがあれば、職場の方に怪しまれてしまうかもしれませんよね?

こういった細かな不安についても、アコムでは可能な限り、申込者へ配慮した対応を取ってくれます。

アコムからお客さまへご連絡時の配慮
勤務先(もしくはご自宅)への在籍確認のお電話は、ご本人以外の第三者に知られることがないようアコムとは名乗らず必ず個人名を名乗ります。
また、お電話をかける担当者が男性か女性かなどのご希望もできる限り配慮をいたしますのでご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

出典: カードローンのよくある疑問

電話のタイミングは把握できる

ちなみに、職場にバレるのが不安であれば、事前に申込者の了承を得てから電話してもらえます。

在籍確認のタイミングに不都合があれば、電話連絡の時間をずらしてもらうことも可能です。

「いつ電話がかかってくるか分からない…」と不安を抱えながら、アコムからの電話連絡を待つ必要はないので安心してください。

早ければ1分程度で対応完了

在籍確認の電話にかかる時間が短いのも、職場にバレにくい要素と言えます。

実際どれくらいの時間を要するのか、以前マネットが行ったアンケート結果を確認してみたところ、「1分もかからなかった」と回答された方がほとんどでした。

その場に居なくても特に問題はない

ちなみに、申込者が在籍確認の電話を受ける必要はありません。

例えば、電話連絡を受けた同僚や上司から「〇〇は席を外しています」といった回答が得られれば、申込者が在籍していることを確認できるからです。


オペレーター
「わたくし、△△(個人名)と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」
「申し訳ございません。〇〇はただいま外出しております。代わりにご用件をお伺いいたしましょうか?」

同僚

オペレーター
「いえ、後日個人的にお伝えさせていただきますので結構です。お忙しいところ、失礼いたしました。」

上記のようなやり取りでも、在籍していることが確認できます。
用件のお伺いだけでなく、折り返し連絡も断ってくれるので安心してください。

在籍確認の電話連絡が来るタイミングに合わせ、休憩を取ったり、外出したりするといいでしょう。

出来る限り配慮してくれるがバレることもある

アコム側も、可能な範囲で申込者に配慮した対応を取ってくれます。

それでも、「職場に100%バレない!」という訳ではありません。

職場環境や電話を受けた人の対応によって、借入することがバレてしまったケースもあります。

ケース1|電話番号を検索された

1つ目は、会社の電話報告メールに記載されている番号を調べられてしまったケースです。

アコムから非通知でかけてもらうことも可能ですが、逆に怪しまれるかもしれません。

仮に非通知でかけてもらったとしても、拒否設定にしている会社であれば、在籍確認の電話を受けてもらえない可能性もあるでしょう。

ケース2|折り返しの電話をかけてしまった

2つ目は、電話対応した方が折り返しの連絡を入れてしてしまうケースです。

原則として、アコムの担当者は折り返しの電話でも「アコムの〇〇です」と名乗ることはありません。

一般向けには「ACサービスセンター」と名乗っているので、アコムとは分からない仕様になっているのですが、やはり検索されるとバレてしまいます。

ケース3|個人名だったので怪しまれた

3つ目は、そもそも個人名で電話がかかってくるような職場ではないのでバレてしまうケースです。

例えば、大規模な会社で従業員が非常に多い場合など、個人宛てに電話がかかってくることはほとんどありません。

会社名を言わないのは、逆に不自然に思われてしまう可能性も十分あるでしょう。

ケース4|電話対応した人が借入経験者だった

4つ目は、借入経験のある人が電話対応したことで、在籍確認であるとバレてしまうケースです。

オペレーターの対応や電話内容から、金融機関からの連絡だと推測される可能性があります。

打開策としては、「新しくクレジットカードを作るから~」等の言い訳を考えておくといいかもしれません。

どうしても電話連絡が不安な人向けの対処法

職場にバレる心配はほとんどないと分かっていても、やはりアコムから電話連絡が来るのは不安ですよね?

どうしても電話連絡を避けたい…そんな人は、「在籍確認前にできること」をぜひ実践してみてください。

1.申込後に担当者へ相談してみる

アコムでは、申込者本人かどうか確認するために電話がかかってきます。

本人確認の電話は、申込時に記載した携帯電話番号や自宅の固定電話等にかかってくるので、勤務先に連絡が行くことはありません。

  1. アコムに申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 本人確認の電話
  4. 審査
  5. 契約手続き
  6. カード発行
  7. 借入開始

上記のタイミングで、在籍確認について相談してみてください。

申込者の状況によっては、アコムの担当者が柔軟に対応してくれるでしょう。

電話連絡以外の方法を検討してくれる場合あり

実際にどのような対応を行ってくれるのかは、申込者によって個人差があるようです。

以前、マネットがアコムの在籍確認を受けた方にアンケート調査したところ、電話連絡以外の方法として書類確認に変更してもらえたケースもありました。

在籍確認の電話連絡が不安な方は、申込時にぜひ実践してみてください。

2.職場が休みのタイミングに申し込む

アコムの在籍確認は、営業時間内であれば土日祝日でも行ってくれます。

もし、勤務先の公休が土日祝日であれば、敢えてこのタイミングに申し込むのも選択肢のひとつと言えるでしょう。

アコムの担当者にあらかじめ相談する際、在籍確認が取れない理由として「今日は会社が休みなので…」と伝えることができます。

お急ぎの方は連休等を避ける

少しでも早く借入したい場合は、ゴールデンウィークや年末年始などの大型連休をできるだけ避けましょう。

アコムの営業日や対応時間に変動があったり、申し込みが多く審査が混み合っていたりすると、希望日までに借入できなくなってしまう可能性があります。

3.電話連絡なしのカードローンを検討する

大手消費者金融のひとつであるSMBCモビットは、WEB完結申込を利用すれば「電話連絡なし・郵送物なし」で借入できます。

申込者のステータスや状況によっては電話確認が必要な場合もありますが、原則不要です。

在籍確認の電話連絡も含まれていますので、職場にバレてしまう可能性はまずないでしょう。

アコムの在籍確認に関するQ&A

では最後に、アコムの在籍確認に関する疑問や不安をQ&A形式で紹介していきます。

「アコムの公式サイトを見たけど分からなかった…」といった方は、気になる項目があればぜひ参考にしてみてください。

Q.申込後に相談できるのか?

A.フリーコールから相談可能です

本人確認のタイミングで相談できると解説しましたが、既に申し込みを済ませてしまった場合でも問題ありません。

在籍確認についての相談は、専用のフリーコールを使いましょう。

お昼時や夕方以降は混雑しやすくなっているので、繋がらない場合は時間帯を避けて問い合わてみてください。

はじめてのお客さまのお問い合わせ

フリーコール|0120-07-1000

Q.バイトでもバレずに確認してもらえる?

A.事前対策しておけばバレにくくなります

アルバイトやパートとして働く人は、在籍確認に不安を感じやすいものです。

例えば、掛け持ちで複数の仕事を行っていたり、規模の大きな勤務先だと個人を特定してもらうのが難しかったりする可能性もあるでしょう。

このような状況でも、「収入の多いバイト先を選ぶ」といったコツをいくつか確認しておけば、特段心配することはありません。

Q.転職後は再度確認される?

A.例外はありますが、原則確認されません

基本的に、在籍確認が行われるのは初回契約時だけです。

仮に、アコムと契約後何らかの理由で転職した場合、会員ページからステータスを変更すれば問題ありません。

転職後のステータスをチェックされ、在籍確認が必要だと判断された場合のみ、再度行われると認識しておきましょう。

まとめ

アコムの在籍確認について、手続きを行う目的や仕組み、職場にバレてしまう可能性やその対処法まで、幅広く解説していきました。

記事中の大切なポイント

  • 勤務先が休業日
  • 勤務先の営業時間が終わっている
  • 会社が個人情報の管理に厳しい
  • 会社が社員個人への電話は取り次いでくれない

結論としては、在籍確認の電話連絡で職場にバレる心配はありません。不安に感じるかもしれませんが、スムーズに進めば1分程で終わります。

アコム側も申込者のプライバシーを十分配慮してくれますので、あまり過度に不安がらず、どうしても気になるのであれば担当者に相談してみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめの特集ページ

アコムに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る