クレジットカードでお金を借りる方法【仕組みや返済について解説】

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. クレジットカードでお金を借りる方法=キャッシング
  2. クレジットカードでお金を借りるまでの流れ
  3. キャッシングの利用限度額の仕組み
  4. キャッシングの返済や利息について
  5. キャッシング枠の付与に時間がかかる場合あり
  6. まとめ

この記事はこんな人におすすめです

  • 今月生活するお金が足りない...。
  • 最近、遊びや飲み会が増えてきて首が回らない
  • クレジットカードでお金借りられたのかな?

お金が足りない。何か乗り切る方法はないのか...。そんな時に、頭に浮かぶのがクレジットカードでお金を借りる方法です。

ただ、クレジットカードを商品決済には使っているものの、現金を借りるのには使ったことがない人もいるでしょう。

今回はクレジットカードでお金を借りたい人に向けて、その方法を紹介。あわせて、仕組みや返済についても解説します。

クレジットカードでお金を借りる方法=キャッシング

クレジットカードでお金を借りることを「キャッシング」と呼びます。クレジットカードには、商品決済の機能とは別に、キャッシングの機能を付けられることがほとんどです。

キャッシング機能があるクレジットカードであれば、金融機関やコンビニATMにカードを挿入してお金を借りられます。そのほか、振り込みでの借り入れサービスを提供している会社もあります。

クレジットカードにもよりますが、24時間365日借入ができる場合もあります。このように、いざお金が必要になったときに、すぐに借りられるのがキャッシングの強みです。

商品決済をするショッピング枠とは異なる

キャッシング機能は、クレジットカードを持っていれば、必ずついているわけではありません。

基本的にクレジットカードを発行したら、必ずつくのはショッピング機能だけと考えてください。キャッシングの機能は、カード発行をする際に、「キャッシング機能をつける」と申請する必要があります。

キャッシング機能

クレジットカードを利用してお金を借りられる機能

ショッピング機能

普段お使いいただいているクレジットカードを利用して商品を決済する機能。現金を直接出すことはない。

ただカード発行時にキャッシング枠をつけなくても、あとから申請できることがほとんどです。新たにカード発行する必要もありません。公式サイトや専用ダイヤルから電話をかけて付与してもらえるのです。

クレジットカードでお金を借りるまでの流れ

実際にクレジットカードでお金を借りる方法ですが、お近くの提携ATMや公式サイトで借りられます。ただし、これができるのは、クレジットカードのキャッシングの機能がついている方です。

まずはご自身のクレジットカードに、キャッシング枠があるか確認してみましょう。キャッシング枠とは、キャッシングできる限度額のことを指します。

公式サイトでキャッシング枠の有無を確認

キャッシング枠の確認は、クレジットカードの公式サイトから確認できます。公式サイトにログインして、クレジットカードの利用限度額のページを確認してみましょう。

すると、ショッピング枠○○万円、キャッシング枠○○万円と記載があるはずです。このキャッシング枠に記載のある金額まで借りられます。これが0円の場合はキャッシングできません。

公式サイトへのログイン方法が分からない場合は、専用ダイヤルで問い合わせることも可能です。多くの場合はクレジットカードの裏面に問い合わせダイヤルの記載があるので確認してみましょう。

キャッシング枠がなければ別途申請が必要

キャッシング枠がない場合は、クレジットカード会社に申請する必要があります。多くの場合は、公式サイトから申請をすることができます。

「キャッシング枠の申請」や、「キャッシング枠の増額」というかたちで記載あるはずです。場合によっては、専用ダイヤルで依頼をするケースもあります。

申し込み時に、どれくらいの限度額を希望するのか伝えます。その後、キャッシング枠を利用できるかどうかの審査へ手続きが移ります。

申請後、審査に通過する必要がある

キャッシング枠は審査に通過しないと利用できません。審査に通過したという通知がメールに届くと、確認後に借り入れができます。

審査は「返済をしていけるのかどうかを判断する工程」です。その人の年収やこれまでのカードの支払い履歴をもとに検討します。不適切と判断されれば、審査に落ちてしまいキャッシングは利用できません。

ちなみに、20歳未満の方は制度の関係上、キャッシングができません。カードは持ててもショッピング枠のみ利用に限られ、キャッシング枠の審査には落ちます。

借り入れ

既にキャッシング枠がある方、またカード会社に申請して、審査に通過した方は借り入れができます。

お近くの金融機関またはコンビニATMで借り入れをしましょう。そのほか、振り込みでの借り入れも可能です。

ATMでのキャッシング

クレジットカードによっては、利用できる提携ATMが異なるので、あらかじめ利用できるATMや利用可能時間は調べておきましょう。

提携しているATMにカードを挿入すると、案内にしたがってお金を借りられます。銀行口座からお金を引き出すように、すぐ手続きできます。

クレジットカードでお金を借りる手順については以下のとおりです。

  1. 提携しているATMで「引き出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入
  3. 暗証番号を入力
  4. 画面の「お借入れ」を選択
  5. 「リボ払い」か「一括払いか」を選択
  6. 借り入れ金額の入力
  7. 現金の受け取り
  8. 利用明細書の受け取り

振り込みキャッシング

こちらはクレジットカード会社に依頼して、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう方法です。

直近で引き落としの請求があるが残額が足りないなど、口座にお金が必要な場合は役立ちます。

  1. カード会社の公式サイトにログイン
  2. 振り込みキャッシングの依頼ページへ
  3. パスワード入力
  4. 希望金額の入力
  5. 振り込み口座の確認
  6. 銀行口座にお金が振り込まれる

キャッシングの利用限度額の仕組み

キャッシングの利用金額は、ショッピング枠の利用限度額とは別に用意されています。

公式サイトからご自身のキャッシング枠を確認できるので、借りた金額は念頭に置いておきたいところです。

利用限度額の上限は年収の3分の1まで

キャッシングの限度額は基本的に審査で決定されます。もちろん、申請をする際にご自身で希望額を伝えますが、その通りになるとは限りません。

なお、キャッシングの限度額は、どんなに多くてもその人の年収の3分の1までです。これは「総量規制」という制度で決まっています。

ちなみに全てのクレジットカードのキャッシング枠をあわせた金額です。例えば年収300万円の人は年収100万円までですが、既に他のクレジットカードでキャッシング枠70万円がある場合は、残り30万円までしか枠を付けられません。

限度額はショッピング枠との兼ね合いに注意

支払い決済のショッピング機能と、キャッシング機能は別々の限度額が用意されています。しかし、キャッシング枠の限度額は、ショッピング枠のなかに含まれているケースがあるので注意が必要です。

利用限度額の例

  • 総ご利用枠  :50万円
  • ショッピング枠:50万円
  • キャッシング枠:30万円
  • 上記はよくあるクレジットカードの限度額の記載です。総ご利用枠は、すべての枠をあわせて使える上限を指します。これがショッピング枠と同様の金額になっています。

    これが仮に、キャッシング枠で30万円を使うと、総利用枠、ショッピング枠ともに20万円になります。

    キャッシングの返済や利息について

    クレジットカードのキャッシングを利用する際に、把握しておきたいのが返済や利息についてです。

    キャッシング枠の返済は、これまで利用していたショッピング枠と仕組みが異なる場合があります。

    よくわからないまま利用すると、返済が厳しくなる可能性もあるので確認しておきましょう。

    ショッピング枠の一括払いとは異なり金利がある

    キャッシング枠は、ショッピング枠と異なり、一括払いでも金利がかかります。金利手数料の相場は、だいたい15%~18%です。

    キャッシング枠で3万円を借りた場合は、金利と借りている日数をもとの算出した利息の支払いをする必要があるのです。

    例えば、金利18%で3万円を借りて、30日後に返済する場合は以下の通りです。

    利息443円=借入金額3万円×金利18%÷365日×借入日数30日

    上記の計算式ですが、利息は借入金額に金利や借入日数をかけて求めます。つまり、借りる金額が大きいほど、借りる期間が長いほど利息は増えるのです。

    返済方法はリボ払いか一括払いを選択する

    クレジットカードでキャッシングした場合は、返済方法を「一括払い」か「リボ払い」から選択できます。ただし場合によっては、初期の設定でリボ払いになっている可能性があるので注意しましょう。

    一括払いであれば、借りた翌月の支払日に、借りた金額が一括で引き落としされます。リボ払いであれば、借りた金額に応じた一定の金額を毎月返済していきます。

    リボ払いは毎月の返済金額が少ないため、返済しやすいのですが、返済期間が長引き結果として多く利息を支払うデメリットがあります。

    利息を節約するには繰り上げ返済が必須

    キャッシングを利用する際は、あらかじめ返済の計画を立てておきましょう。必要な時にすぐ借りられるキャッシングですが、無計画に利用するとあとあとの返済が大変になります。

    借入金額が多く返済期間が長いと、支払う利息の総額は大きくなります。キャッシングの返済は毎月の返済金額に加えて、余裕がある場合は繰り上げ返済も可能です。

    繰り上げ返済をすることで、借り入れ元金が減り、それにともない発生する利息も減ります。少しでも利息を節約したい方は繰り上げ返済を心がけましょう。

    キャッシング枠の付与に時間がかかる場合あり

    クレジットカードにキャッシング枠が付与されていない人は、申請をして審査に通過する必要があります。その審査ですが、場合によっては時間がかかってしまうケースがあるのです。

    クレジットカードを発行したときのことを思い出してみてください。申し込みから手元にカードが届くまで何日かかりましたか?すぐにクレジットカードは届かなかったはずです。これは審査があったからです。

    長いと1週間以上かかることもある

    キャッシング枠の審査は、長いと1週間以上かかる場合もあります。利用者が現金を借りても返済できるのか、カード会社が慎重に考えているためです。

    審査の際に判断材料となるのは、利用者の年収や職業、カードの支払い状況、返済遅延の記録の有無などです。

    これらを総合的にみて、問題なく返済できるかどうかを確かめます。判断が難しい場合は、審査に数日要するケースがあるのです。

    キャッシングの審査を待てない人の対処法

    ここからはこんな人向け

    • 今すぐ手元にお金を用意したい
    • でも、申請に時間がかかるのは避けたい
    • そもそもキャッシングの審査に落ちてしまった

    カード会社や利用者によっても異なりますが、時間がかかってしまうケースもあるのです。

    このような悩みがある場合は、別の解決策を用意しておくのが良いでしょう。

    金融機関から借りるという選択肢

    クレジットカードのキャッシング枠は時間がかかりそうだ..。と感じている方は、金融機関からの借入を検討してみてはいかがでしょうか。

    具体的には金融機関の「カードローン」を利用する方法です。借入専用のサービスで、クレジットカードのキャッシングと同様に、ATMから現金を用意できます。

    消費者金融のカードローンなら今日中に借りられる

    消費者金融のカードローンを利用すれば、申し込みをして60分後には借りられる可能性があります。消費者金融は、審査スピードが早く、最短30分で完了します。

    申し込みは、スマホやPCから可能。必要項目を入力して、運転免許証をはじめとした身分証を提出するだけ。身分証はスマホカメラで撮影して、公式サイトからアップロードするだけです。

    はじめてのひとなら無利息期間がついてくる

    消費者金融のカードローンですが、メリットは手続きが早いだけではありません。

    大手の消費者金融であれば、利用が初めての人に限り、無利息期間という30日間、利息がゼロになるサービスを受けられます。

    現金の借入に利息はつきものですが、短期で借りるのであれば、利息を支払うことなく利用できるわけです。

    以下のカードローンは、審査も早くて、無利息期間もあるので検討してみてください。

    プロミス

    限度額 最大500万円
    金利 4.5~17.8%
    審査 最短30分
    融資 最短1時間

    スマホでお借入れ可能。
    20代・30代の方から人気。

    公式サイトはこちら
    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    アコム

    限度額 最大800万円
    金利 3.0~18.0%
    審査 最短30分
    融資 最短1時間

    すぐお金が必要な方におすすめ。
    初めてのお借入れにおすすめ。

    公式サイトはこちら
    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    まとめ

    クレジットカードのキャッシングは、お近くの提携ATMで利用可能です。公式サイトから申請することで、銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

    カードによっては、24時間365日利用できるので、非常に心強いアイテムと言えるでしょう。

    しかし、お金を借りられるのは、クレジットカードにキャッシング機能が付与されている人だけです。まだ付与されていない人は、別途申請をして、審査を受ける必要があります。

    カード会社によっては、審査に日数がかかる場合があると覚えておきましょう。どうしても急ぎでお金を用意したい方は、別の解決策もご検討ください。

    おすすめの特集ページ

    クレジットカードに関する記事一覧

    記事についてのお問い合わせ・ご相談

    マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

    万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

    また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

    > 記事についてのお問い合わせ
    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
    この記事に関するキーワード

    注目の特集

    アドバイザ一覧バナー
    返済シミュレーション
    ページトップに戻る