カードローンの審査で確認される属性とは?有利・不利になる人の特徴

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

ファイナンシャルプランナー

飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は、FPとして各種相談業務やセミナー講師として活躍する一方、多数の執筆活動も行っている。海外移住に関する相談にも対応しており、特にカナダや韓国への移住や金融・保険情報に関して多数の相談を受けている実績がある。
>公式ウェブサイト

カードローンの審査で確認される、申込者の「属性」。実際、どういった項目をチェックされているのか気になりますよね?

結論から申し上げますと、カードローンの申し込みフォームに記載されている年齢や家族構成、収入や勤務状況などの項目が、審査で確認される「属性」を指します。

この記事では、上記のような一般的なカードローンの審査でチェックされる属性について解説していきましょう。

その他、「自分のステータスで審査を通過できるか不安…」といった方もいらっしゃると思いますので、有利・不利になる属性についても解説します。

この記事の目次

  1. カードローンの審査でチェックされる属性とは
  2. カードローンの審査で有利・不利になる属性
  3. 今からできる審査を通過するためのコツ
  4. まとめ

カードローンの審査でチェックされる属性とは

カードローンの審査における属性とは、年齢・職業や年収・家族構成・居住状況といった個人情報のことです。

これらの情報は、申し込みフォームで記入を求められます。

一般的な申し込みフォームの項目例

  • 年齢
  • 家族構成
  • 住居年数
  • 住宅ローンもしくは家賃の負担額
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 収入形態
  • 他社借入件数
  • 他社借入金額

きちんと返済していける人か判断している

ではなぜ、審査で属性をチェックされるのか?それは、申込者がきちんと返済していける人かどうか判断するために必要な情報だからです。

そもそも審査は「この人を信用してお金を貸して良いか?」という判断をするために行われています。
その判断をするにあたっては、「過去に利用した顧客のステータスの傾向」と申し込み客を見比べる工程があるのです。

その際、精度高く「貸して良いかどうか」の判断をするために必要と考えられるのが、先ほど申し上げたような個人情報だからです。

申込者の属性が、過去に問題なく返済できている人と似たようなステータスであれば、「この人は返済してもらえる」と判断する材料になります。

属性以外にも信用情報を確認される

ちなみに、申込者の属性以外にも「信用情報」と呼ばれる個人データが確認されます。

信用情報には、これまで申込者が行ってきた金銭取引に関する情報が保管されており、過去に返済トラブル等を起こしていないかチェックするのが目的です。

仮に、この信用情報に何らかの問題があった場合、「お金を返済していく意思がない」と判断されてしまいます。

カードローンの審査で有利・不利になる属性

申込者の属性によっては、カードローンの審査で有利もしくは不利になるケースがあります。

これは金融機関の定める基準を満たせていない可能性があるからです。

属性ごとにそれぞれ解説していくので、ご自身のステータスに何らかの不安がある方は目を通してみてください。

年齢

有利
  • 20~30代
借入後も継続的に働ける年数が長く、仮に仕事を辞めたとしても次の転職先が見つけやすい等の理由が挙げられます。
不利
  • 40~50代
社会的地位もあり、収入も安定している印象を受けますが、借入後に返済していける期間が20~30代より短いと判断される可能性があります。
高額融資を希望する場合、不利になる可能性があると考えておきましょう。

家族構成

有利
  • 既婚者
扶養家族がいることで、きちんと返済してくれるだろうと判断されやすくなります。
配偶者も働いている場合、評価が高くなる傾向もあるようです。
  • 同居する両親あり
万が一、返済するのが困難になったとしても、両親からお金を借りる等で回収できると判断されます。
同居する両親が働いている場合、評価が高くなる傾向もあるようです。
不利
  • 独身で一人暮らしの方
万が一、返済するのが困難になったとしても、金銭的な援助を頼れる相手が身近にいないと判断されてしまいます。

既婚で子供がいる場合は金融会社によって判断が異なる

既婚者で子供がいる場合、以下のように意見が分かれるようです。

有利
子供がいることで責任感が強くなり、きちんと返済してくれると判断されている。
不利
子供がいることで、生活費の負担が大きいため、返済に充てるお金が少ないと判断される。

シングルマザーもしくはシングルファーザーの場合、収入・子供の人数・同居者(両親等)といった属性を総合的に判断されるので、必ず不利になる訳ではないようです。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

家族構成で有利不利は、金融機関次第⁈

子供がいる人は、責任感があると判断するケースもあるようです。ただし、既婚で夫婦二人のみで生活している家庭なのか、子供がいる家庭なのかによって、必然とかける費用の内容が変わってきます。特に教育費は、固定支出であり、進路等によって変動しますので、返済が困難になるのでは?と考えてしまうこともあります。とはいえ、融資は、あくまでも相対取引です。決して、子供がいるから有利になる、いないから不利になるというわけではありません。

居住年数

有利
  • 1年以上
同じ住居に長期間お住まいの方が、審査では有利とされています。
ちなみに、自己所有や家族所有の持ち家であれば、居住年数が1年未満でも問題ない場合もあるようです。
不利
  • 1年未満(賃貸の場合)
借金から逃れるため、短期間のうちに転居を繰り返している可能性を危惧されます。
  • 1年未満(引っ越しされた場合)
引っ越ししたことで居住年数が1年未満となっている場合も、引っ越し費用等の支払いでお金に困っていると判断される可能性があるようです。

居住形態

有利
  • 持ち家
返済を免れて逃げる、といった可能性が低いと判断されます。
万が一、返済を滞納したとしても自宅を差し押さえることができるため、といった考もあるでしょう。
不利
  • 公営住宅
所得の低い方がお住まいになるため、収入条件が設けられている場合などが挙げられます。
毎月継続的に返済できるだけの収入がないと判断される可能性があるようです。

住宅ローンもしくは家賃の負担額

有利
  • 支払い負担なし
住宅ローンや家賃の負担がない分、返済に充てられるお金が多いと判断されます。
不利
  • 支払い負担あり
支払額が収入の何%を占めているのかが重要で、「40%」を超えると審査に不利とされています。

職業

有利
  • 公務員
  • 医師
  • 弁護士
  • 教職員
上記のように、社会的信用のある専門的な仕事は評価が高いようです。
ちなみに、地方公務員よりも国家公務員の方が信用力は高い傾向にあります。
不利
  • アルバイト
  • パート
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • 自営業
  • 個人事業主
有利なものと比べて評価が低めになるというだけで、収入が安定していれば特に大きな問題はありません。

勤務先

有利
  • 一流企業
  • 上場企業
  • 国家・市区町村、その他資格職など
不利
倒産やリストラ、失業する可能性のある勤務先は評価が低いとされています。
Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

勤務先が不利になることがない

単純に、勤務先によって融資が不利に働くことはありませんが、反対に、有利になることもあります。そのケースとは、収入が安定している公務員、上場企業に勤務している場合などです。不利に働くことがあるとすれば、勤務形態によることが大きいでしょう。たとえば、期間限定、単発で一定期間のみ働いている、自営業のような場合には、将来の収入が得られるかが判断できないので、不利に働くことがあります。

勤続年数

有利
  • 3~5年以上
同じ職場で長く働き続けている方は、退職する可能性が低いと判断されます。
勤続年数は長いほど良いとされており、3年以上あれば審査では特に問題ないでしょう。
不利
  • 1年未満
入社1年にも満たない場合、大手企業の正社員でも評価は低くなる可能性があるようです。
仕事内容や職場環境が合わず、辞めてしまう可能性を危惧されてしまいます。
※申込先や借入金額第では、1勤続年数が年未満でも審査に通過できる可能性もあるようです。

年収

有利
  • 高年収
年収は高いほど審査では有利です。
国税庁が公開している平均年収のデータがあるので、そちらを目安にしてみるといいでしょう。

■給与所得者数
 5,026万人(男性2,946万人・女性2,081万人)
■平均給与
 441万円(男性545万円・女性293万円)

出典: 民間給与実態統計調査|国税庁
不利
  • 低年収
年収が低いほど、審査では不利です。
とはいえ、収入の安定性を重視されるケースが多いので、平均年収を下回っているからといって審査を通過できない訳ではありません。

年収が重要視されるのは高額融資を希望する場合

一般的なカードローンでは、50万円以上の融資を希望する際や、借入総額が100万円を超える場合に「収入証明書類」の提出が求められます。

収入証明書類の一例

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与の支払明細書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

審査結果によっては、年収や借入金額に関係なく収入証明書類を求められるケースもあります。

収入形態

有利
  • 固定給
毎月一定の給料が入る場合、安定した収入があるとみられるので評価が高くなります。
不利
  • 歩合給
一部歩合、もしくは完全歩合でも、安定した収入が見込めれば審査を通過できる可能性はあります。

他社借入件数・他社借入金額

有利
  • 他社借入なし
他社借入件数や他社借入金額は、少ない方が有利です。
不利
  • 他社借入あり
他社借入件数や他社借入金額が多い方は不利です。
Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

3社以上からの借り入れは審査に不利?

他社借入の金額としては、総量規制が目安ですが、件数については、明確に判断することはできません。ただし、すでに3社、それ以上の会社からお金を借りている場合には、審査に通らない可能性があります。その理由としては、複数から借りている場合には、いずれも高い金利で支払っていると言うこと、既契約の会社では増額できない理由があると考えられるからです。複数から借りている場合は、たとえ総量規制内であっても、審査に通りにくくなります。

4社から借入経験がある人とのインタビュー内容を一部紹介

―既に3社借りていて4社目不安はなかったのですか?

山田さん
あったはありましたが、まぁしょうがないなという感じで、慣れはありました。
まぁ不動産ローンとか自動車ローンとかとなんら変わりはないのかなと思っていましたし、不安はなかったですね。

―信用情報の不安はありましたか?

山田さん
えっと...。信用情報ってなんですか?
クレジットカードやカードローンの利用履歴です。審査の際に見られるのですが、返済に遅れた記録とかがあると、審査に落ちるんですよね。
マネット
編集部
山田さん
クレジットカードとか他のローンは基本的に返済をしているので、その点については不安はなかったですね。まぁあんまり気にならなかったですね。

山田さん(仮名)とのインタビュー内容が気になる方は、以下の記事をご参照ください。

電話の種類

固定電話があった方がいい等、様々な情報が見受けられますが、金融機関と連絡が取れるかどうかが重要なので、電話の種類は特に気にする必要はありません。

ご自身の携帯電話、もしくは住居に固定電話があれば問題ないでしょう。

健康保険の種類

社会保険、組合・共済保険、国民健康保険などありますが、保険証は勤務先を確認する判断材料となる場合がほとんどなので、種類によって有利・不利になることはありません。

国民健康保険なのに、以前使っていた社会保険証を提出するなどの行為があった場合は審査を通過できません。

最終学歴

有利
  • 大学院卒業
  • 大学卒業
不利
  • 中学卒業など
Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

返済能力があると判断されれば問題ありません

上記のような棲み分けが一般的ですが、実際のところ年齢条件を満たしており、安定した収入があれば申し込めます。
返済できる人かどうか判断することが大前提なので、学歴まで心配する必要はないでしょう。

今からできる審査を通過するためのコツ

確実に審査を通過できる訳ではありませんが、属性によっては申し込み前に対策しておくことが可能です。

これは、申し込み前に改善できる属性もあるからです。

審査に有利な属性が多いからといって、希望通り融資してもらえる訳ではありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

審査を通過するためのコツ

  • 一部属性を可能な限り改善する
  • 申込時のケアレスミスを防ぐ
  • 適切なカードローンを選ぶ

コツ1.一部属性を可能な限り改善する

事前に改善できる属性については、以下の通りです。

・勤続年数が短い人は伸ばしてから申し込む
・可能な限り、借入件数や借入金額を減らしておく

できるだけ有利な属性に改善してから申し込むことで、審査を通過できる可能性が上がります。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

滞納・延滞についても改善しましょう

審査を通過するには、申込者の属性の善し悪しが大きく影響します。それゆえ、審査前にできるだけ様々な属性を改善しておくことが大切です。
ちなみに、滞納・延滞があるのなら払い込みだめでも済ませておきましょう。ただし、直ぐに申し込んでも審査落ちの可能性はあります。一般的には3~6ヶ月以上経過してから申し込むと良いですね。
あとはできるだけ収入を上げる、不要なローンカードを解約するのも大切です。

コツ2.申込時のケアレスミスを防ぐ

属性の他にも、申込時にできるコツもあるので紹介しておきます。

・複数のカードローンに同時申し込みしない
・申込時に嘘の情報を提出しない
・電話がかかってきたら、丁寧に対応する

ご自身の属性だけでなく、こういった点にも気をつけてみてください。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

金融機関との信頼関係が重要です

上記に記載されている項目は、いずれも金融機関側が受けるイメージを良好に保つための行動です。
複数のカードローンに同時申し込みすれば、現在かなりお金に困っている人だと判断されてしまう可能性があります。虚偽の申し込みをするような人は、そもそも信用してもらえません。電話対応時に粗雑な返答をする人に対しても、良い印象は持たないでしょう。
このように金融機関との信頼関係を崩さないよう行動することも、カードローンでお金を借りる際は大切なポイントです。

希望限度額を低めに設定するのもアリ

属性の中でも、ご自身の「年収」に不安を抱えているケースも少なくありません。そういった場合は、年収に応じて希望額を低めに設定してみましょう。

ちなみに、消費者金融が取り扱うカードローンの場合、借入できる限度は年収の1/3までです。

こういった規制も、希望限度額を設定する際の目安にしてみるといいかもしれません。

コツ3.適切なカードローンを選ぶ

申込者の属性に応じて、適切なカードローンを選ぶのも大切なポイントです。

例えば、「アルバイトやパート収入しかないから…」と考えている方は、アルバイトやパート収入でも申し込めるカードローンを選びましょう。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

借入できる金額は低めに設定されるケースもありますが、年収が低くても審査で安定した収入と判断してもらえれば問題ありません。

以下は、過去にアルバイト・パート勤務の女性を対象に行ったアンケート結果です。

アルバイト・パート収入で借入できる平均額は、「1万円~10万円」という結果でした。

他にも、「専業主婦だから借入できない」と考えている人は、銀行のカードローンを検討してみてください。配偶者のステータス次第で、少額の借入は見込めるでしょう。

上記のように、ご自身の属性を加味して申込先を選ぶことも覚えておきましょう。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

専業主婦なら、銀行での借り入れを検討を

銀行は総量規制の対象外で金利も低いため、人気のある融資検討先のひとつです。そのため、専業主婦であっても、少額なら融資してくれる可能性はあります。ただし、多くの銀行では、配偶者である夫の収入を基準に判断することで、専業主婦にも融資しています。そのため、夫の収入に左右されることになります。しかしながら、すべての銀行で専業主婦に対して融資を行っているわけではありません。申し込む前に確認することをお勧めします。

まとめ

カードローンの審査でチェックされる「属性」とは何なのか解説しました。

記事中の大切なポイント

  • 年齢や職業、年収、家族構成などの個人情報を指す
  • 属性をもとに返済していける人か判断している
  • 審査で有利・不利になるケースがある
  • 有利属性が多くても100%通過できる保証はない
  • 可能な限り、属性を改善しておくのがおすすめ

申し込みフォームで何気に入力している項目ではありますが、いずれも融資の可否を判断する重要な要素です。

属性 有利 不利
年齢 ・20~30代 ・40~50代
家族構成 ・既婚者
・同居する両親あり
・独身で一人暮らしの方
居住年数 ・1年以上 ・1年未満(賃貸の場合)
・1年未満(引っ越しされた場合)
居住形態 ・持ち家 ・公営住宅
住宅ローンもしくは家賃の負担額 ・支払い負担なし ・支払い負担あり
職業 ・公務員
・医師
・弁護士
・教職員
・アルバイト
・パート
・派遣社員
・契約社員
・自営業
・個人事業主
勤務先 ・一流企業
・上場企業
・国家、市区町村、その他資格職など
・倒産やリストラ、失業する可能性のある勤務先
勤続年数 ・3~5年以上 ・1年未満
年収 ・高年収
(民間平均給与:441万円)
・低年収
収入形態 ・固定給 ・歩合給
他社借入件数・他社借入金額 ・他社借入なし ・他社借入あり
最終学歴 ・大学院卒業
・大学卒業
・中学卒業など

自分の属性が審査にどのような影響を与えるのか確認し、不安があれば必要に応じた対策を行ってから申し込むようにしましょう。

おすすめの特集ページ

審査項目に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る