車検にかかるお金の平均相場と車検費用が払えない場合に今すぐできる解決方法

2017年06月02日更新

8152146298 cbcc6105d9 b

この記事はこんな人向けです
■車検のお金が高くて払えない…
■駐車場代・保険など、車の維持費がキツイ…
■車にお金がかかりすぎて生活費がヤバイ

車は私達の日常に欠かせないものですが、車のある生活をするには何かとお金がかかるものです。

とはいえ、きちんとお金を払わなければ、車に乗ることができなくなって、生活に何かと不便な点が出てきてしまいます。

今回は、車検代をはじめとする車関係の支払いについて見ていくとともに、払えない時の対処法なども紹介します。

車検に必要な費用とは?

1000

車検の費用というのは具体的にどれくらいかかるのでしょうか。車検費用以外にも税金や保険料が必要になります。まずは払わなければいけない項目を見てみましょう。

車検時にかかる費用の内訳
◇自動車重量税:自動車の重量に掛かる税金
◇自賠責保険料:自動車に掛かる保険料
◇印紙代:車検の登録に必要な書類代金
点検費用:車検つまり自動車検査自体の事

この中で高いものは自賠責保険料と点検費用でしょう。

車検の費用は合計10万円近くかかる

 車検にかかる費用をザックリ言うと
◆ 自賠責保険料:2万円~4万円程度
◆ 重量税:1万円~4万円程度
◆ 印紙代:数百円

費用をザックリ紹介すると、このような感じです。軽自動車であれば、重量税はかなり安く抑えることが可能です。逆に大きくて重量のある車になればなるほど、車検にかかる費用も上がります。これに加えて、点検代がかかります。

車検は、検査を通すための最低ラインをクリア必要があります。そのために整備工場は安全策として部品の交換を多めに行う傾向にあります。一方で、保有者自身が行う「ユーザー車検」の場合はギリギリの点数で通そうとするので、部品交換も少なくなって費用が安く済むというわけです。

そうして合計で10万円近く掛かる車検代金を払えない事態は十分に考えられます。しかも、2年に1度必ず回ってくるのです。特に若い人には急に払えない金額かもしれません。

車検費用はクレジット支払いできるケースもある

Dentaku

車検はまず先に税金を収めて、その後に車検場へ行くという流れです。税金の納付証明書が無ければ車検自体を受けさせてもらえないので、まず先に重量税と自賠責保険のお金を納付して、その後に車検を受けるという仕組みです。

そしてこの車検の費用は、場合によってはクレジット払いが可能です。一括で払えない場合には、クレジット払いを検討してみましょう。

ただし、県や市によっては対応していない場合があるので、事前に確認してみてください。

「カードローン」で車検代を準備する人も多い

車検代を準備する方法の1つとして、テレビCMなどで有名な「カードローン」を利用するという手段があります。カードローンの大手と言うと、「アコム」「プロミス」といったところです。

カードローンであれば、引き出したお金はどのように使っても問題ありません。次の給料日に返済すれば、「利息ゼロ」で借りることができます。

カードローンを利用するには、面倒な口座開設なども必要なく、PCやスマホから申し込みをすれば、ほとんどの場合で当日中にお金を借りることができます。以下で多くの人に利用されているカードローンを紹介しますので参考にしてみてください。

おすすめカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分

車検切れは絶対に避けるべき

Hirune

車検の費用を払えないからといって無視したまま運転していると、無車検車運行という「法律違反」になります。当然、警察が介入することとなりますので、「前科・前歴」がついて経歴に傷がつきます。

また、車両保険が切れている状態で運転すると「無保険車運行」に当たり、6ヶ月月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。

免許停止・免許取消

さらに、免許から各6点減点され計12点減点となり、違反が初回であれば90日の免許停止で済みますが、一回でも違反していれば免許取消となります。

これらはあくまでも刑事事件としての話であり、事故を起こした場合には民事事件としての不幸が待っています。あなたが違反者のために損害賠償額の上限もおよそ検討がつきません。

仮ナンバーは超面倒

車検の期限がすぎてしまってから車検を受けようとすれば、仮ナンバーの交付を申請しなければいけません。つまり、車検に持っていくために運転をしなければならないからです。

最寄の市役所などで仮ナンバーの申請を行い、使用した後は期限終了後から5日以内に返却しなければいけません。たかが車検と思っていても、期限をすぎてしまうとかなり面倒なことになるのです、

【注目】車検をカードローンで建て替える人は多い

Ok

ここから先はこんな人向けです
■車検のお金がどうしても払えない…
■車検のお金を払ったから生活費がキツイ
■車が無いと生活できない…

紹介した通り、車検の費用はどうしても「10万円前後」のお金が必要になります。それがどうしても払えないと、車に乗れなくなるだけでなく、手続きなどでかなり面倒になります。

一時的に車検のお金が用意できないだけであれば「カードローン」の利用を検討してみてください。

最初の30日間は利息0円「アコム」

カードローン業界最大手のアコムには、全国で140万人以上の利用者がいます。テレビCMなどで、アコムの名前を知っている人も多いはずです。

最初の1ヶ月間は利息ゼロで利用可能です。その次の1ヶ月は利息が発生しますが、10万円借りた場合でも利息は1,500円以下です。

車検代が払えない場合でも、次の給料日とその次の給料日で返済できれば、負担はかなり少く済むはずです。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
【評価】★★★★★(4.8)
金 利:3.0~18.0%
限度額:最大800万円
審 査:最短30分

利用者数が全国でダントツNo.1!
30日分の利息が完全ゼロ円!
最短60分で借りられる!

 かんちゃんさん
 30歳男性会社員
★★★★★(4.7)

車検のためにアコムでお金を借りられました。

申し込んでから半日も掛からず簡単だったんですけど・・・、そこまでは良かったけど・・・、ちょっと別のことに使っちゃって。結局、親に泣きついたんですけどね
申込方法:web契約審査時間:3時間以内借入方法:ATM借入金額:20万円


 JSBさん
 24歳男性アルバイト
★★★★★(4.8)

車がないと生活できない場所に住んでるので、車検代をアコムで借りました。次の給料日に返済したのですが、本当に利息は1円もかかりませんでした。

世の中にはこんなに便利なサービスがあるなんて、まったく知りませんでした。
申込方法:web契約審査時間:当日中借入方法:ATM借入金額:30万円

公式サイトへ


審査最短30分でお金を借りられる「プロミス」

プロミスもアコムに勝るとも劣らないカードローンの大手で、全国に約130万人の利用者がいます。

プロミスは土日でも平日なみのサービス水準で、ユーザーをお待たせすることがありません。スマホさえあれば24時間365日申込み可能です。

アコムと同じく、初回30日は利息ゼロ、低金利でユーザー満足度も高く、車検代が払えない人にはオススメです。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
【評価】★★★★★(4.6)
金 利:4.5~17.8%
限度額:最大500万円
審 査:最短30分

他消費者金融よりも金利が安くてお得!
銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1
アルバイト・パートでも当日利用可能!
30日分の利息が完全ゼロ円!※2

 サキさん
 42歳女性契約社員
★★★★★(4.7)

仕事で色々と必要になるものがあって、急ぎだったので、ちょっと勇気を出してプロミスへ。

10万円を希望したのに実際にはもっと借りれるみたいで、ビックリしています。
申込方法:web契約審査時間:30分以内借入方法:振込借入金額:10万円


 なおたろうさん
 24歳男性アルバイト
★★★★☆(4.4)

車検代けっこうキツイんですよね。みんなどうやってお金を準備してるのか不思議です。

私はどうしてもお金がなかったので、プロミスで借りました。10万円を3ヶ月かけて返しましたが、負担はそこまでって感じでしたね。
申込方法:web契約審査時間:1時間以内借入方法:振込借入金額:10万円

公式サイトへ

車検は切らさない!払えない場合は色々な方法を検討して

Tzlvb1yhvt1eo4o1492668052 1492668258

10万円ほどかかる車検代は、思いのほか負担になるものです。払えないからといって、車検代をそのままにして運転してしまうと、取り返しのつかない事になってしまうかもしれません。

必要に応じてクレジットカード払いやカードローン払いを検討してみてください。特に、生活するうえで車が絶対に必要な方は、考えてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

◆三菱東京UFJフィナンシャル・グループ
「アコム」公式ページ

◆SMBCコンシューマーファイナンス
「プロミス」公式ページ

ここが重要
まずは専門機関で相談してください
車検の支払いが出来そうにない・遅れそうといった方は、税務署や市役所といった専門機関に相談してみてください。
納税義務そのものは無くなりませんが、支払い期日の猶予を得られたり、延滞税の発生や財産差し押さえを予防できたりします。

▼こちらもご参考に▼

特徴から探す

低金利で借りられるカードローン徹底比較
この記事に関するキーワード

無利息期間に関する記事

注目の特集

ページトップに戻る