必ずお金を借りられる方法はない|ブラックか不安な人への打開策

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 必ずお金を借りられる方法はない
  2. ブラックの人はお金を借りられない
  3. お金を借りたい人が審査に通過するコツ
  4. お金を借りられるところを探す際の注意点
  5. 金融機関以外でお金を工面する手に入れる手段
  6. まとめ

必ずお金を借りられる方法があるのか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から申し上げますと、銀行や消費者金融等の金融機関は誰にでもお金を貸すわけではないため、必ずお金を借りられる方法はありません。

ブラックでもお金を借りられるところがあるのか、審査を通過するためのコツや借入先を探す際の注意点など、気になるものはこの記事で解消します。
また、金融機関以外でお金を手に入れる手段についても紹介しますので、そちらもぜひ参考にしてください。

必ずお金を借りられる方法はない

大前提として、金融機関などから必ずお金を借りられる保証はありません。

なぜなら、お金を貸す側は借り手に対して必ず審査を行っており、通過できなければ融資してもらえないからです。

例えば、銀行や消費者金融などの金融機関は、審査において収入や過去の金融取引状況などをもとに、借り手に返済能力があるかどうかを以下図のように確認しています。

お金を借りられるかどうかは、審査次第だと考えておきましょう。

自分が借りられる可能性があるのか確認すべき

必ず借りられる手段を探すのではなく、まずは自分が借入できる可能性があるのか確認しましょう。

適切なサービスを見つけられれば、人によっては借りられる可能性があるからです。

例えば、過去に「何日か滞納したことがあるのでブラックかも」と思っていたが、実はそうではなかったケース等もあります。

そのため、まずは自分のステータスを再度確認し、適切な金融機関を探してみるところから始めましょう。

ブラックの人はお金を借りられない

金融機関にブラックだと判断された人は、一定期間お金を借りられません。

ブラックとは、信用情報機関に金融事故の情報が記録されている状態を指し、5~10年間はどんな審査も通過できなくなってしまいます。

具体的に、以下の項目に当てはまる人は金融機関の審査において、ブラックだと判断される可能性が高いです。

■クレジットカードの支払いを61日以上または3ヶ月以上延滞した
■クレジットカードや各種ローンを強制解約された
■過去10年以内に債務整理を行った

上記のような項目に心当たりのある方は、各種ローンでのお借入れは見送りましょう。

自分がブラックかは信用情報を開示すれば確認できる

自分がブラックなのか正確な判断が難しい場合は、各種借入サービスを検討する前に信用情報を事前に確認してみてください。

なぜなら、信用情報機関で保有されている情報は、申請すれば個人でも開示してもらえるからです。

具体的には、以下3つの信用情報機関で、確認したい情報を開示してもらえます。

信用情報機関名 主に取り扱っている情報
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融の情報など
CIC(株式会社シー・アイ・シー) クレジットカードや携帯料金の情報など
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行の情報など

上記のように、信用情報機関によって取り扱う情報が異なるので、開示を希望する際は自身の状況に応じて申請先を選びましょう。

以下記事で信用情報の確認方法についてより詳しく解説していますので、自分がブラックか気になる人はご参照ください。

ブラックでも融資してくれる所には注意が必要

インターネット上には「ブラックでもOK」といった謳い文句で、金融機関からの借入を勧めてくるWEBサイトもありますが、絶対に利用してはいけません。

なぜなら、上記のようなWEBサイトは闇金などの違法業者が運営している可能性が高いため、知らずにお金を借りてしまうと様々なトラブルに発展する可能性があるからです。

具体的には、以下のような事例が金融庁の公式サイトで公表されています。

・出資法で定める上限金利の年20%を無視した貸付行為
・勤務先や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取立て
など

出典: 引用先:違法な金融業者にご注意!

正規の金融機関が「ブラックでもOK」などの表現を使用するケースは絶対にないので、ステータスに自信がないからといって安易に手を出さないようにしてください。

ブラックでない場合は消費者金融のカードローンを検討してみる

きちんと調べてみた結果、「実はブラックではなかった」と判断できた場合、一部の金融機関であれば少額ですが借入できるかもしれません。

なぜなら、軽微な信用情報のダメージであれば融資を検討してもらえる金融機関もあるからです。

具体的な例を挙げると、銀行や信販会社とは異なる審査基準を設けている「消費者金融のカードローン」が挙げられます。

大手の一部消費者金融は新規申込者の「成約率」を公表しているので、「ブラックではなかったが、ステータスにはあまり自信がない」といった人は、以下のようなカードローンを視野に入れてみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短30分※1

アコムの成約率は38.4%※2
すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※1 申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※2 2023年3月期6月のデータになります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※ 申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短25分
融資 最短25分

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※ WEBからお申し込みの方に限ります。また、審査状況や申込の時間帯等によってはご希望に沿った融資を受けられないケースもございます。

大手が難しい場合は中小消費者金融のカードローンを検討してみる

仮に「大手消費者金融は既に審査落ちしてしまった」という人は、中小消費者金融も検討してみましょう。

なぜなら、中小消費者金融は大手で借入できなかった場合でも融資を検討してくれるので、人によってはお金を借りられる可能性があるからです。

実際に、大手消費者金融の審査には落ちてしまったが、中小であれば少額だが借入できたケースもあります。

以下の記事では、安心して借入できる中小規模の正規業者を一覧化していますので、ご検討される方は一度目を通してみてください。

お金を借りたい人が審査に通過するコツ

金融機関からお金を借りられる可能性がある人は、審査に通過する可能性を少しでも上げるコツをいくつか確認してみましょう。

1.必要最低限の金額で申込みする
2.同時に2社以上の申込みをしない
3.収入証明書は可能であれば必ず提出する
4.他社借入件数を確認する

これらのコツは審査を通過するための必須項目ではありませんが、実践すれば融資をより前向きに検討してもらえる可能性は十分あります。

以下で各の項目について解説していますので、希望通りに借入するためにもコツを押さえておきましょう。

必要最低限の借入希望金額で申込みする

金融機関に各種ローンを申し込む際には、必要最低限の借入金額を希望してください。

借入希望金額は、審査でも必ず確認される要素のひとつで、高額になるほどより高い返済能力が求められるからです。

例えば、同じステータスの人でも借入希望額が100万円だった場合と10万円だった場合であれば、前者のほうがより慎重に審査される傾向があります。

金融機関の審査に通過する可能性を上げるためにも、借入希望金額は必要最低限にして申し込みましょう。

短期間に2社以上の申込みをしない

金融機関の各種ローンを検討される方は、短期間に2社以上へ申し込まないようにしてください。

なぜなら、上記のような方は審査で「現状かなりお金に困っているのかもしれない」と判断される可能性があるからです。

審査基準が公表されることはないため、具体的な期間や件数は把握できませんが、一般的には「1ヶ月以内に3~4社へ申し込んでいる場合」は、申込ブラックとして扱われるケースが多いようです。

どうしてもお金を借りたいからといって、一度に複数社へ申し込みするのは逆効果なのでやめましょう。

収入証明書は可能であれば提出する

可能であれば、金融機関から求められていなくても「収入証明書」を提出してみましょう。

なぜなら、収入証明書類を提出すれば、金融機関側はより精度高く審査を行うことが出来るからです。

具体的には、以下のような書類が挙げられます。

・源泉徴収票
・直近2ヶ月以上の給料明細
・所得(課税)証明書
・住民税課税決定通知書
・確定申告書
・年金証書
・年金通知書 など

必要書類ではないものの、運転免許証などの本人確認書類と共に提出すれば、信用度の面からも一定の評価はあるでしょう。

他社借入件数を確認する

他社借入がある人は、自分の借入先件数を把握しておきましょう。

あまりにも借入件数が多い場合は、多重債務状態にあると判断される可能性があるからです。

借入先が1~2件程度であれば、審査に大きく影響する可能性は低いですが、仮に5社以上からお金を借りているような場合はまず通過できないと考えておくべきでしょう。

現状すでに借入件数が多いと感じる方は、以下記事でさらに詳しく解説していますので、該当する場合はぜひ参考にしてみてください。

すでに複数社から借入がある人はおまとめローンを検討する

すでに複数の金融機関から借入がある人は、おまとめローンの利用を検討してください。

借入先を1社にまとめ、返済負担の軽減を主目的としたサービスなので、新規借入を増やすよりも無理なく完済を目指せます。

具体的には、以下図のようなイメージで他社借入がまとめられる仕組みです。

とはいえ、きちんとした知識がないと返済期間が過度に長期化するケースもあるため、利息負担が増えてしまう可能性も考慮しておかなければいけません。

以下の記事でおまとめローンを利用する際の注意点や選び方について解説していますので、ご検討される方は一読されるのをおすすめします。

お金を借りられるところを探す際の注意点

お金を借りられる所を探すうえでは、以下3項目に注意してください。

1.個人間融資を利用しない
2.クレジットカードの現金化を行わない
3.無理に借入で解決しようとしない

これらの項目に注意しておかないと、お金を借りるうえで不利益が生まれる可能性が高いです。

それぞれ以下で解説しているので、これからお金を借りられるところを探していく方は、事前に詳細を把握しておきましょう。

個人間融資を利用しない

金融機関から借りられないからといって、個人間融資に手を出してはいけません。

個人間融資とは、TwitterなどのSNSを使ったお金の貸し借りを指し、貸金業法に抵触する違法行為です。

金融庁の公式サイトにも、「#お金を貸します」「#融資します」などのハッシュタグをつけ、個人間での金銭の貸し借りをうたった書き込みを行い、違法な貸付を行っているケースが実例として掲載されています。

上記のような行為はすべて闇金などの違法業者なので、法外な利息や手数料を課されたり、個人情報を悪用されたりする恐れもあるため、どんなにお金が必要でも絶対に利用しないようにしましょう。

クレジットカードの現金化を行わない

クレジットカードの現金化は、カード発行先の規約に違反する行為であるため、絶対に行ってはなりません。

万が一、クレジットカードの現金化が発覚した場合、カードの利用停止もしくは強制解約されてしまう可能性もあります。

具体的には、以下のような行為がクレジットカードの現金化に該当するのでご注意ください。

クレジットカードの現金化はグレーゾーン等と解説するWEBサイトも見受けられますが、利用停止・強制解約となれば自身の信用情報にも大きなダメージが残ってしまうので、絶対にやめましょう。

無理に借入で解決しようとしない

信用情報や収入面などのステータス等に何らかの問題がある方は、無理に借入で解決しようとしてはいけません。

過度な借入は多重債務状態に陥ってしまいますし、不用意に審査落ちを重ねると今後のローン契約にも悪影響を及ぼす可能性があります。

具体的な対処法としては、新規借入ではなく「債務整理」などの法的な解決策を検討してみることです。

無料相談できる弁護士事務所も多数あるので、債務の減額・免除・支払い期間の調整など、法的な借金問題の解決も可能です。

相談先の一例を以下にまとめておきましたので、借金の返済にお悩みの方はご検討ください。

・法テラス
・アディーレ法律事務所

金融機関以外でお金を工面する手に入れる手段

どうしてもお金が必要な場合、金融機関から借りる以外にも以下のような複数の手段が挙げられます。

1.質屋で借りる
2.即日バイトで稼ぐ
3.公的融資制度を利用する

ブラックであったり、金融機関の審査に通らなかったりした人でも、上記手段の利用によってお金を工面できるかもしれません。

それぞれお金が手に入る早さや条件が異なるため、以下の解説で確認してください。

質屋

質屋であれば、ブラックであったり、金融機関の審査に通らなかったりした人でも、お金を借りられる可能性があります。

なぜなら、質屋では価値のある品物を預ける代わりに、最短即日でお金を融資してもらえるからです。

質入れした品物は、期限までに借りたお金と利息を返済することで返してもらえます。

しかし、返済期限が過ぎてしまうと、品物がそのまま質屋のものになるので注意しましょう。

価値のある品物は、具体的に以下が該当するので参考にしてください。

■腕時計
■アクセサリー、宝石
■ブランドのバッグや財布
■パソコンやカメラ

上記の中でも、より高価な品物であれば希望金額を融資してもらえる可能性は高くなります。

最近ではWEBで取引できるケースもあるので、融資してもらえるだけの価値ある品物を所持している方は、質屋の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

・大黒屋
・質屋さんドットコム-稲毛質店
・高山質店

即日バイト

即日バイトであれば、その日のうちにお金を手に入れられます。

なぜなら、即日バイトは原則1日だけ仕事を行い、日払いで給料を貰える仕組みだからです。

とはいえ、条件や給料のいい即日バイトは競争率も高いため、早めに申込みをしなければならない点に注意しましょう。

時間に余裕があるのであれば、ブラックであったり、金融機関の審査に通らなかったりした人は、即日バイトを検討してみてください。

公的融資制度

金融機関の審査に落ちてしまった人でも、公的融資制度であれば借入できる可能性があります。

公的融資制度の多くは、生活困窮者の生活支援が目的であるため、低所得で必要な資金を金融機関から借入するのが困難な世帯でも、前向きに貸付を検討してもらえるからです。

公的機関が行っている融資制度には、以下のようなものがあります。

■生活福祉資金貸付制度
■求職者支援資金融資制度
■母子父子寡婦福祉資金貸付
■年金担保貸付
■緊急小口資金貸付
■教育一般貸付

これらの公的融資制度は対象者が細かく分類されているため、自分がどの制度を利用できるのか知りたい人は、お住いの地域にある自治体に相談してください。

とはいえ、どの公的融資制度も基本的に審査期間が1ヶ月程度かかるため、即日お金を受け取れない点も踏まえたうえで検討しましょう。

まとめ

金融機関などから、必ずお金を借りられる方法はありません。

お金を貸す側は借り手に対して必ず審査を行っているため、収入をはじめとした自分のステータスを再度確認し、適切な金融機関を探してみるところから始めましょう。

以下の項目に当てはまる人は、金融機関の審査においてブラックだと判断される可能性が高く、その場合はお金を借りられません。

■クレジットカードの支払いを61日以上または3ヶ月以上延滞した
■クレジットカードや各種ローンを強制解約された
■過去10年以内に債務整理を行った

自分がブラックかは信用情報を開示すれば確認できるので、そうではなかった人は消費者金融のカードローンを検討してみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短30分※1

アコムの成約率は38.4%※2
すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※1 申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※2 2023年3月期6月のデータになります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※ 申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短25分
融資 最短25分

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※ WEBからお申し込みの方に限ります。また、審査状況や申込の時間帯等によってはご希望に沿った融資を受けられないケースもございます。

また、金融機関からお金を借りたいと希望する人は、審査に通過する可能性を少しでも上げるために以下のコツを確認しましょう。

1.必要最低限の金額で申込みする
2.同時に2社以上の申込みをしない
3.収入証明書は必ず提出する
4.他社借入件数を確認する

お金を借りられるところを探す際には、「個人間融資を利用しない」、「クレジットカードの現金化を行わない」、「無理に借入で解決しようとしない」といった点に注意しなければお金を借りるうえで不利益が生まれる可能性が高いです。

ブラックであったり、金融機関の審査に通らなかったりした人でも、お金を手に入れられる可能性がある以下の手段についても解説していますので、参考にしてください。

1.質屋
2.即日バイト
3.公的融資制度

どうしてもお金が必要な方向けに、本記事では様々な情報を網羅していきましたが、何よりもまずは自分の状況をしっかりと把握することが重要です。

現状をしっかり理解したうえで、記事内で紹介した様々な対処法の中から自分にあった適切な選択肢をご検討ください。

おすすめの特集ページ

信用情報に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る